▼【ネタバレ】このBLがやばい2018▼


【ネタバレ】このBLがやばい2018 BL漫画ランキング


▼一番売れた!年間BLランキング▼


【おすすめ】もっとも売れたBLマンガランキング


▼今週のスタンプ作品▼


スタンプが貯まるお得な作品一覧


▼電子コミックセール情報まとめ▼


お得なBLコミックセール情報まとめ


▼BL小説年間ベスト2017▼


【人気】BL小説年間ベスト2017




▼いいカラダがいっぱい▼


いいカラダのBLコミックまとめ


▼要チェックな新人BL作家特集▼


今から要チェック!新人BL作家さんたち




▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼おすすめオメガバース▼


オメガバースBL漫画ランキング


▼2017上半期お気に入りBL20冊▼


【ランキング】上半期お気に入りBLコミック20


▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼このBLがやばい2018ランキング結果▼


【ネタバレ】このBLがやばい2018 BL漫画ランキング

タグ:結城中佐

結城中佐のタグが付いた記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2016-09-29 ジョーカーゲーム
黒猫ヨルの冒険後編の感想です。イベントの抽選が外れた人が多いようでやっぱり密かに人気作だったんだなと実感しています。後編も約5分のアニメでしたが、ヨル&三好が中心となり見事に解決。甘利はセリフがほぼないまでも暗躍という言葉にふさわしい働きっぷりでした。もっと見ていたいような気持ちにさせられるけれど、このスマートな前後編くらいでちょうどいいような、いやいやでも動くD機関員を見守りたいという不思議な気持...

記事を読む

No Image

2016-07-30 ジョーカーゲーム
黒猫ヨルの冒険の感想です。たった5分で萌えポイントがありすぎてゴロンゴロンする有り様で、控えめに言って最高オブ最高でした。まず最初に黒猫ヨルは佐久間さんでした(キリッ)ウィスパーやスネ夫ではない方のイケボ関さんです。きっと佐久間ボイスでというオファーがあったに違いない。確信。そんな佐久間さんが、じゃなくて佐久間ボイスの黒猫ヨルがネズミを追いかけるところからお話はスタートします。月明かりの下、かっこ...

記事を読む

No Image

2016-06-15 ジョーカーゲーム
ジョーカーゲームの11話の真木はまぎれもなく三好であり、アニメの中ではっきりと死が描かれたことによって三好のスパイとしての生き様がいっそう浮き彫りになるというすばらしい描写でした。真木(三好)の顔をはっきりと映さないかもしれないなーと放送前はぼんやりと考えていましたが、そんなことはありませんでした。甘かった。IGさんは言い訳も憶測も何一つ入り込む余地のないほど愚直なまでに三好の死に真摯に向き合い、その...

記事を読む

No Image

2016-06-12 ジョーカーゲーム
ジョーカーゲーム11話のWEB版の次回予告の結城中佐かっこよすぎました。公式が爆弾を落として逃げて行ったみたいな。それまで「三好生きろ」とか「三好が心配すぎて眠れない」とか「三好回に耐えられる気がしない」とか「柩が鬱すぎる」とか三好三好とザワついていた空気が一瞬にして「ゆ、結城中佐あああ」「青年結城イケメン!」と今までとはまた違う意味でざわっとしたこの週末。11話が終わってから感想を書こうと思いましたが...

記事を読む

No Image

2016-06-02 ジョーカーゲーム
いよいよ終盤に差しかかってきたアニメジョーカーゲームの感想です。小説の柩のざっくりとしたあらすじとネタバレがあるのでお気をつけください。4月からはじまった春アニメの中でも最もお気に入りのアニメとなったジョーカーゲーム。原作の小説も読みアニメも毎回楽しく見ています。終わってからニコニコでコメントつきで見返すのもまた楽しい。正直1回見ただけでは理解しにくく何回か見てようやく納得する部分もあり、原作を読ん...

記事を読む

黒猫ヨルの冒険 後編 ネタバレ感想 三好と甘利が目立った後編

黒猫ヨルの冒険後編の感想です。イベントの抽選が外れた人が多いようでやっぱり密かに人気作だったんだなと実感しています。

後編も約5分のアニメでしたが、ヨル&三好が中心となり見事に解決。甘利はセリフがほぼないまでも暗躍という言葉にふさわしい働きっぷりでした。

もっと見ていたいような気持ちにさせられるけれど、このスマートな前後編くらいでちょうどいいような、いやいやでも動くD機関員を見守りたいという不思議な気持ちになりますね。

オープニングは前編と同じで、本編OPをぎゅぎゅっと凝縮したおしゃれなトランプが舞うショートバージョン4秒OPでした。変えてくるかなあと思いましたがエンディングも前編と同じです。

「黒猫ヨルの冒険」前編の感想もよろしければどうぞ。(ネタバレ注意です)

それでは以下ジョーカーゲーム「黒猫ヨルの冒険」後編の感想です。ネタバレしているので未視聴の方はどうぞお気をつけください。

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

» 記事の続きを読む

黒猫ヨルの冒険 前編 ネタバレ感想 ジョーカーゲームはやはり最高だった

黒猫ヨルの冒険の感想です。たった5分で萌えポイントがありすぎてゴロンゴロンする有り様で、控えめに言って最高オブ最高でした。

まず最初に黒猫ヨルは佐久間さんでした(キリッ)ウィスパーやスネ夫ではない方のイケボ関さんです。きっと佐久間ボイスでというオファーがあったに違いない。確信。

そんな佐久間さんが、じゃなくて佐久間ボイスの黒猫ヨルがネズミを追いかけるところからお話はスタートします。月明かりの下、かっこよくスマートにいくかと思いきや、まっすぐな佐久間さんを彷彿とさせるように直進して壁に激突するヨルがただただ愛しいです。

ドラマCDと同じく本編のBGMが使われていて、それだけでもテンションアップ!オープニングもありましたが、例のグッズにもなったハイセンスなトランプが舞うだけのたった4秒のOP曲にさっそくにんまりです。こういう細かいところのこだわりに作品愛を感じます。

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

» 記事の続きを読む

ジョーカーゲーム11話 柩 ネタバレ感想 三好と結城中佐

ジョーカーゲームの11話の真木はまぎれもなく三好であり、アニメの中ではっきりと死が描かれたことによって三好のスパイとしての生き様がいっそう浮き彫りになるというすばらしい描写でした。

真木(三好)の顔をはっきりと映さないかもしれないなーと放送前はぼんやりと考えていましたが、そんなことはありませんでした。甘かった。IGさんは言い訳も憶測も何一つ入り込む余地のないほど愚直なまでに三好の死に真摯に向き合い、その死をはっきりと描写してくれました。

冒頭のナレーションで三好があの飄々とした艶のある声で話し始め、まず私たちを奈落の底に突き落とします。

その後、ヨハンによって撮られた死体の写真に写った三好。瞳を開けたまま一文字に口を閉じ穏やかにすら見える美しい顔のままの三好は、壮絶な列車事故に巻き込まれたとは到底思えぬ静けさでそこに横たわっていました。

全身写真のみならず顔のアップの死に顔まで見せられてしまうともう私たちは閉口するしかありません。まさに絶句。

異国の地に潜み誰にも正体を明かせないまま真っ暗闇の孤独に耐え、自分はこれくらいはできるという自負心のみによって動くスパイ。信じられるのは必要とされるのは、どのような状況に置かれても己の一瞬の正しい判断のみ。

死ぬな殺すなを掲げるD機関。しかしどんな人にも訪れうる避けられない不運の死。無敵にも見えた結城中佐の元で腹心として認められ、ドイツで粛々とスパイマスターとして有益な情報を日本にもたらしていた三好でも事故死は免れなかった。

しかし悲惨な事故の犠牲者にして即死であったと推測されるも、一瞬の恐怖も絶望も焦燥も何も感じさせない穏やかな三好の死に顔。

1話から何度も繰り返されてきた「スパイは死ぬな殺すな」

人の死は完全にコントロールできるものではなく、時に運命は残酷に選択を迫ってきます。孤独なスパイに求められているのは不測の事態におけるとっさの正しい判断力のみ。

その不測の事態の死に際においてなお、スパイが成すべきこととは一体何か。

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

» 記事の続きを読む

ジョーカーゲーム11話柩の予告の結城中佐がかっこよすぎる

ジョーカーゲーム11話のWEB版の次回予告の結城中佐かっこよすぎました。公式が爆弾を落として逃げて行ったみたいな。

それまで「三好生きろ」とか「三好が心配すぎて眠れない」とか「三好回に耐えられる気がしない」とか「柩が鬱すぎる」とか三好三好とザワついていた空気が一瞬にして「ゆ、結城中佐あああ」「青年結城イケメン!」と今までとはまた違う意味でざわっとしたこの週末。

11話が終わってから感想を書こうと思いましたが予告だけでここまで惹きつけられるとは思いませんでした。柩の放送前にもうしてやられた感じです。

おかげで余計に11話が気になって気になって、原作を読み直してはまたWEB版の次回予告を見るという無限ループに陥っています。ジョーカーゲーム公式はこういうのが本当にうまい。あっぱれです。14日の放送までは絶対に生きる。

» 記事の続きを読む

ジョーカーゲーム 柩 ネタバレ感想 真木は三好か問題とあらすじ

いよいよ終盤に差しかかってきたアニメジョーカーゲームの感想です。小説の柩のざっくりとしたあらすじとネタバレがあるのでお気をつけください。

4月からはじまった春アニメの中でも最もお気に入りのアニメとなったジョーカーゲーム。原作の小説も読みアニメも毎回楽しく見ています。終わってからニコニコでコメントつきで見返すのもまた楽しい。

正直1回見ただけでは理解しにくく何回か見てようやく納得する部分もあり、原作を読んでいる人と未読の人には温度差がありそうです。

しかしそれでも、キャラクターの誰かを気に入ったらきっと世界観ごと楽しめるのではないかと思います。私はどハマりしました。

どの話数にも結城中佐が背後に感じられてかっこよすぎます。放送が終わってから、キャラクター原案の三輪士郎先生のツイッターの落書きを見るのも恒例の楽しみになっています。

本編では見られないおちゃめなD機関員たちが素敵で、ときどきあの結城中佐の笑顔の次回もよろしく☆な決め顔からの、D機関員がそれを見て固まってる落書きが最高です。

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

ジョーカー・ゲーム THE ANIMATION 1

» 記事の続きを読む

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます