▼2017年上半期BL漫画TOP100▼


BLコミック上半期ランキングベスト100


▼もっとも売れたBL漫画ランキング▼


【人気】もっとも売れたBL漫画ランキング


▼10年分のBL漫画ランキング▼


【2007~2016】BLコミックランキングまとめ


▼今週のスタンプ作品▼


スタンプが貯まるお得な作品一覧


▼電子コミックセール情報まとめ▼


お得なBLコミックセール情報まとめ




▼要チェックな新人BL作家特集▼


今から要チェック!新人BL作家さんたち


▼秋の名作BL特設サイト▼


秋の夜長におすすめの名作BLマンガ


▼BL小説上半期ベスト2017▼


BL小説2017上半期ランキングベスト30




▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼おすすめオメガバース▼

オメガバースBL漫画ランキング


▼2017上半期お気に入りBL20冊▼


【ランキング】上半期お気に入りBLコミック20


▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼このBLがやばい2017ランキング結果▼


【ネタバレ感想】このBLがやばい2017 BL漫画ランキング結果

カテゴリ:BL 活字本

BL 活字本のカテゴリ記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2016-06-08 BL 活字本
BLインタビュー集「あの頃のBLの話をしよう」が6月30日に発売されます。インタビューにはよしながふみ先生やこだか和麻先生、松岡なつき先生や霜月りつ先生など、表紙はナツメカズキ先生が担当します。BLというジャンルの黎明期を、渦中にあった作家や編集者が語りつくすBLインタビュー集ということで、これは気になります。歴史あっての今ですからね。私がBLにはまる前にどんなことがあったのか、いったいどんな流れで今のBLとい...

記事を読む

No Image

2016-03-11 BL 活字本
マンガやイラスト、アニメやゲームなどの総合誌「季刊エス」に、BL作家へのインタビューが掲載されます。「季刊エス VOL.53 2016 Spring」号は「男子特集」宝井理人先生や秀良子先生へのインタビューや取材記事が掲載され、ネームや下絵など制作工程の素材も公開されています。これは貴重な記事になりそう。必見です!●秀良子 メイキング&インタビュー秀良子のさまざまな作品についてのインタビューと、「STAY GOLD」の漫画原稿メ...

記事を読む

No Image

2016-02-24 BL 活字本
「大人の少女マンガ手帖 偏愛!美少年の世界」が発売されました。1970年代の少女マンガのガイドブックという位置付けの書籍ですが、後半の文字が気になります。「偏愛!美少年の世界」とは。「風と木の詩」「トーマの心臓」「日出処の天子」「摩利と新吾」などの名作の数々を“あの頃のときめき"を道しるべに振り返るのがコンセプトになっています。70年代少女マンガの中でも、美少年たちの活躍するドラマ作品にフォーカスをあてた...

記事を読む

No Image

2015-08-08 BL 活字本
ダ・ヴィンチでBL特集今月の「ダ・ヴィンチ」9月号で、BL特集が組まれています。「あなたの読書に新しい風を。開こう、BLの扉!」という特別企画。表紙は福士蒼汰。さすが爽やかなイケメンです。ダ・ヴィンチ 2015年9月号 05987‐09posted with ヨメレバ KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-08-06 AmazonKindle楽天ブックス 雑誌「ダ・ヴィンチ」はエンタメ寄りの本とマンガの情報誌なんですが、私...

記事を読む

No Image

2015-08-05 BL 活字本
初心者のためのBL解説書「はじめての人のためのBLガイド」が8月20日に発売されます。表紙は宝井理人先生の「テンカウント」から、黒瀬くんと城谷さん。ばっちり2人が赤い糸で結ばれています。城谷さんが安心して眠っているとホットしますね。ガイド書の内容は、すごく豪華です。インタビューの先生だけを見ても、宝井理人・志村貴子・門地かおり・SHOOWA・草間さかえ・はらだ・秀良子と、有名どころがずらり。「はじめての...

記事を読む

No Image

2015-05-28 BL 活字本
BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす 表紙は中村明日美子先生BL評論「BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす」(溝口彰子)が6月6日に発売されます。表紙は「同級生」シリーズなどの中村明日美子先生が担当です。BL進化論 ボーイズラブが社会を動かすposted with ヨメレバ溝口彰子 太田出版 2015-06-06 AmazonKindle楽天ブックス 【内容】いま、BLに何が起きているのか?女性たちを虜にする快楽装...

記事を読む

あの頃のBLの話をしよう よしながふみ・こだか和麻などのBLインタビュー集6/30発売

BLインタビュー集「あの頃のBLの話をしよう」が6月30日に発売されます。

インタビューにはよしながふみ先生やこだか和麻先生、松岡なつき先生や霜月りつ先生など、表紙はナツメカズキ先生が担当します。

BLというジャンルの黎明期を、渦中にあった作家や編集者が語りつくすBLインタビュー集ということで、これは気になります。歴史あっての今ですからね。

私がBLにはまる前にどんなことがあったのか、いったいどんな流れで今のBLというジャンルが出来上がっていったのか。

しかもその当時をリアルに通ってきた作家さんという「当事者」が答えてくれるというのはとても興味深いです。



熱に浮かされたようにBLを書き、作り、読んでいた私たち――ボーイズラブという言葉が生まれたあの頃。激変する業界の渦中にあった作家・編集者が語る、それぞれのBLファーストインパクト!

インタビュー:よしながふみ、こだか和麻、松岡なつき、霜月りつ
太田歳子(株式会社リブレ代表取締役)
コラム:三崎尚人(同人誌生活文化総合研究所)

【Amazon】あの頃のBLの話をしよう [BLインタビュー集]より

インタビューは「きのう何食べた?」や「大奥」の大御所よしながふみ先生など。

きのう何食べた? 1巻

きのう何食べた? 1巻

きのう何食べた? 1巻



大奥 1

大奥 1

大奥 1



「BORDER-境界線-」や「恋愛方程式」のこだか和麻先生。

BORDER−境界線−1

BORDER−境界線−1

BORDER−境界線−1



恋愛方程式

恋愛方程式

恋愛方程式



BL小説「FLESH & BLOOD」や「声にならないカデンツァ」の松岡なつき先生。

FLESH & BLOOD(1)【SS付き電子限定版】

FLESH & BLOOD(1)【SS付き電子限定版】

FLESH & BLOOD(1)【SS付き電子限定版】



声にならないカデンツァ

声にならないカデンツァ

声にならないカデンツァ



「神様の子守はじめました。」の霜月りつ先生。先生は真坂たま名義でTL小説もたくさん書かれています。




BL関連の活字本も増えてきました。






【BookLive!】でBL漫画を探す

【ひかりTVブック】でBL漫画を探す

【コミックシーモア】でBL漫画を探す

【eBookJapan】でBL漫画を探す

 カテゴリ
 タグ
None

「季刊エス」で男子特集 宝井理人・秀良子・ヤマシタトモコ等BL作家へのインタビュー

マンガやイラスト、アニメやゲームなどの総合誌「季刊エス」に、BL作家へのインタビューが掲載されます。

「季刊エス VOL.53 2016 Spring」号は「男子特集」

宝井理人先生や秀良子先生へのインタビューや取材記事が掲載され、ネームや下絵など制作工程の素材も公開されています。

これは貴重な記事になりそう。必見です!

●秀良子 メイキング&インタビュー
秀良子のさまざまな作品についてのインタビューと、「STAY GOLD」の漫画原稿メイキング。

●漫画「テンカウント」宝井理人 インタビュー
「テンカウント」についてのインタビューと、ネームや下絵など制作工程の素材も公開した取材。

●ヤマシタトモコ 10周年記念インタビュー
漫画家10周年を記念して、ヤマシタトモコの様々な作品をインタビュー取材。

●漫画「東京心中」トウテムポール インタビュー
「東京心中」や「或るアホウの一生」のネームなど制作素材を紹介した取材記事。

「季刊エス」公式サイト



本の企画のひとつとして、女性漫画家へのアンケート「好きな男子について」がありますが、このアンケート回答者のラインナップがすごい。

いくえみ綾、岩本ナオ、おかざき真里
加藤和恵、河内遥、くらもちふさこ
咲坂伊緒、椎名軽穂、志村貴子
鈴木ジュリエッタ、高尾滋

宝井理人、多田由美、田村由美
トウテムポール、中村明日美子
鳩山郁子、葉鳥ビスコ、秀良子
星野桂、星野リリィ、水城せとな
望月淳、ヤマシタトモコ、やまもり三香

豪華ですねー!!宝井理人先生や中村明日美子先生、秀良子先生やヤマシタトモコ先生などBL漫画家陣もたくさんいます。

インタビューもですが、普段は見ることのない作家さん達の頭の中を少し見せてもらえるようでワクワクします。

 カテゴリ
 タグ
None

偏愛!美少年の世界「風と木の詩」のジルベールなど美少年をフォーカス

「大人の少女マンガ手帖 偏愛!美少年の世界」が発売されました。

1970年代の少女マンガのガイドブックという位置付けの書籍ですが、後半の文字が気になります。「偏愛!美少年の世界」とは。

「風と木の詩」「トーマの心臓」「日出処の天子」「摩利と新吾」などの名作の数々を“あの頃のときめき"を道しるべに振り返るのがコンセプトになっています。

70年代少女マンガの中でも、美少年たちの活躍するドラマ作品にフォーカスをあてたガイドブックです。



1月には竹宮惠子先生の自伝書になる「少年の名はジルベール」も発売されて、こちらもすこぶる評判がいいので気になっています。

よく「風と木の詩」が元祖BLという感じで特別な扱いを受けているのですが、私は読んだことがないんですよね。

70年代、当時はタブー視されていた少年同士の恋愛を扱った作品ということで興味津々なんですが、世代も違うしなかなか読む機会がなくて。

よくBLの世界で「風と木の詩」の話題を耳にしては、いつか読みたいなと思っています。

Kindle版もあるしまとめ買いしようかな。でもその前に積みBLを早く読んでしまいたいし新刊も続々出るし。。。うーん悩みどころです。



 カテゴリ
 タグ
None

ダ・ヴィンチでBL特集 今日マチ子先生の「吉野北高校図書委員会」と再会

ダ・ヴィンチでBL特集

今月の「ダ・ヴィンチ」9月号で、BL特集が組まれています。

「あなたの読書に新しい風を。開こう、BLの扉!」という特別企画。表紙は福士蒼汰。さすが爽やかなイケメンです。



雑誌「ダ・ヴィンチ」はエンタメ寄りの本とマンガの情報誌なんですが、私も好きでたまに読んでいます。

小説とか漫画家のインタビューや対談、各著名人のコラムやニーズのある分野の特集記事、話題の本や新刊情報なども豊富で重宝しています。

エンタメ寄りというのがポイント高くて、読んでいて疲れない本の雑誌です。9月号は「BL特集」ということで、またチェックしてみようと思います。



「吉野北高校図書委員会」と再会



さて、ここからは蛇足。BLとは全然関係のないお話です。

私はだいぶ昔(6.7年前)に、この「ダ・ヴィンチ」で本の存在を知って読んだ「吉野北高校図書委員会」という甘酸っぱい高校生の青春小説があります。

著者は山本渚先生で、挿絵は今日マチ子先生。

それが、今日マチコ先生によって昨年から「ダ・ヴィンチ」で漫画化され、その単行本1巻が今年発売されたんです。懐かしくて速攻で買いました。

小説はかなり昔に読んだんですが、登場人物のピュアさに心が洗われた記憶が残っていて、それが今日マチ子先生の絵柄で再現されていて、とても心温まる漫画になっていました。



昔仲が良かった友達に、大人になって偶然また再会できたような懐かしい気持ちになれて、すごく嬉しかったです。

6.7年前の「ダ・ヴィンチ」がつないでくれて、現在の「ダ・ヴィンチ」が再会させてくれたということになりますね。

ちなみに今日マチ子先生の漫画連載は今も継続中ですが、9月号と10月号はお休みだそうです。

というわけで、私は「ダ・ヴィンチ」にはちょっとした思い入れがあるのでした。






 カテゴリ
 タグ
None

テンカウント(宝井理人)の2人が表紙「はじめての人のためのBLガイド」

初心者のためのBL解説書「はじめての人のためのBLガイド」が8月20日に発売されます。

表紙は宝井理人先生の「テンカウント」から、黒瀬くんと城谷さん。ばっちり2人が赤い糸で結ばれています。城谷さんが安心して眠っているとホットしますね。

ガイド書の内容は、すごく豪華です。

インタビューの先生だけを見ても、宝井理人・志村貴子・門地かおり・SHOOWA・草間さかえ・はらだ・秀良子と、有名どころがずらり。

「はじめての人のための」となっていますが、ベテランの腐女子にも十分楽しめそうです。SHOOWA先生の描きおろし漫画とか、楽しみすぎます!



「BLって何?」と興味を持った人。これからBL作品を読もうと思っている人。数冊読んでみて次の本を探している人。本書は、そんな“BL初心者”に、もっとBLの魅力を知ってもらいたいと構成した1冊です。

しかし侮るなかれ、充実のラインナップはBL好きの中級者以上も注目に値するはず。まずは大人気・宝井理人先生の描き下ろしカバー&手書きコメント&インタビュー。

さらに志村貴子・門地かおり・草間さかえ・はらだ・秀良子の描き下ろしイラストとインタビューが続きます。SHOOWA先生は4ページの描き下ろしマンガを提供してくれました。

幅広い世界観を持つBLに入門していただくために、テーマ別に分類して、代表作をガイド。

80年代から現在までの歴史も「クロニクル」として解説し、ターニングポイントの作品を紹介しています。おっと、もちろんBL雑誌や小説、電子書籍のガイドも忘れてません。その数、総数200冊越え。

本書後半の注目は「私の選ぶ○○BLベスト5」!BLに精通するセレクター29名が、それぞれ「人外BL」「泣けるBL」「年下攻めBL」「ほのぼのBL」などテーマを設定して5冊ずつ選んでいます。

気になるコメントを見つけたら、そこからBLに入っていくのも良いはず。とにかく初心者にやさしく、中上級者も大満足の1冊です。


【表紙】
宝井理人(描きおろしイラスト)

【巻頭描き下ろしカラーイラスト】
門地かおり/草間さかえ/はらだ/志村貴子/秀 良子

【巻頭描き下ろし漫画】
「つながり」SHOOWA

【インタビュー 7名】
宝井理人/志村貴子/門地かおり/SHOOWA/草間さかえ/はらだ/秀 良子
※全員手書きコメントあり

【主な内容】
◆ボーイズラブのきそのきそ BLとは/BL用語
「オメガバース」などの流行についても触れ、「ツンデレ」「鬼畜」など定着している用語は代表的な作品を例に挙げ、タイトル+図版を掲載します。
◆描きおろしマンガ SHOOWA 
◆BLクロニクル(ボーイズラブの歴史)
◆BL通に聞く名作ガイド
◆私が選ぶ◯◯BLベスト5
◆メディアミックス
アニメ化リスト/実写化リスト



最近こういう解説書なども普通に見かけますね。

昨年の「美術手帳」(これも本当に豪華だった)もそうですし、中村明日美子先生が表紙の「BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす」や、「オトコのカラダはキモチいい」「BLカルチャー論: ボーイズラブがわかる本」なども話題になりました。

最近BLを好きになった、何から読もうか迷っている人にとっては、ひとつの目安になる入門書として、ポップなものから、研究としてのがっつり分析・評論まで、たくさん発売されています。



解説書も漫画もそうですが、オタク的な趣味を卑下したりバカにしたりせずに、あくまでも真面目に、そして前向きに捉えて語られると、腐女子としては嬉しいし読みやすいですね。

他にも腐女子の漫画家の婚活エッセイ漫画やオタクに関するコミックスなど、腐女子やオタクがらみの漫画もたくさんあります。

さくっとライトに読めるので、仕事や生活にちょっと疲れた時におすすめです。




31歳BL漫画家が婚活するとこうなる ネタバレ感想










腐っていても腐っていなくても、オタクでもオタクでなくても、誰にも迷惑をかけずに自分なりに趣味として(作家さんなら仕事として)楽しく過ごせているのなら問題なし。

といういいわけをしつつ、今日もBLを読むのでしたw

 カテゴリ
 タグ
None

「BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす」中村明日美子先生の表紙の2人のBLが切実に読みたいと思うのは私だけでしょうか?

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす 表紙は中村明日美子先生

BL評論「BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす」(溝口彰子)が6月6日に発売されます。表紙は「同級生」シリーズなどの中村明日美子先生が担当です。



【内容】

いま、BLに何が起きているのか?女性たちを虜にする快楽装置=BLの歴史と本質に迫る画期的評論。男性同士の恋愛を軸にした一大エンタテインメント・ジャンルであるBL(ボーイズラブ)

BLは、おもに異性愛女性が作り手・読み手であるにもかかわらず、近年、現実よりもホモフォビア(同性愛嫌悪)や異性愛規範、ミソジニー(女性嫌悪)から自由な作品が生まれている。

本書は、BLの歴史をたどりながらその謎に迫り、作品や作り手・受け手の意識、社会との向き合い方がどのように変化してきたかを、作品分析によって明らかにする試みである。

三浦しをん氏、絶賛。

「“あらゆるひとにとって自由で居心地のいい社会”のありかたを、BLは追求し、提示しつづけている。その事実を、愛をもって冷静に分析した論考。本書を読んで、これからもBLを愛していこうと改めて決意しました!」

BL進化論 ボーイズラブが社会を動かすより)



表紙の2人で漫画を書いてほしい



と思った腐女子は全国に多数。明日美子先生、ぜひ。

勝ったも同然のこの表紙。

カラーじゃないのにこの素敵さよ・・・!この構図、好きです。2人とも目を開けているのも余裕を感じられてGOODですね!いいいですね!

我らが中村明日美子先生の担当された表紙です。表紙の下は30年後のこの2人。(Amazonでも両方見られます)

表紙が中村明日美子先生、帯で三浦しをん先生がおすすめされているので、俄然興味が出てきました。

溝口彰子公式サイト

評論なので漫画ではありません。でも願わくばリアル本屋さんではBLコミックスのコーナーの棚に並べてほしいな。

中村先生のこの表紙を見て手にとる人は多いと思います。

私はアマゾンのおススメにこの本が挙がってきていたので、本の存在に気づいたんですが、そうでなければBLコーナーに置いてもらわないと知らなかったかもしれない。

買い物履歴や、BL本の検索履歴からお勧めに挙がってくるので、私はいつもどんだけBL見てるんだって話ですが・・・w

ところで「BL進化論」の新聞広告が大変なことに。




ボーズラブw



1文字抜けただけで大事故・・・w

ですが、アマゾンのランキングの「文学理論」のカテゴリーでも1位!すごいですね。

専門書なのでいいお値段。そこだけがつらい。でも360ページもある分厚い本なので、読みごたえたっぷりです。

本の中でBL漫画もたくさん取り上げられています。

ヤマシタトモコ先生の「恋の心に黒い羽」

恋の心に黒い羽

恋の心に黒い羽

恋の心に黒い羽



よしながふみ先生の「1限めはやる気の民法」



寿たらこ先生の「SEX PISTOLS」

SEX PISTOLS(1)

SEX PISTOLS(1)

SEX PISTOLS(1)



雲田はるこ先生の「いとしの猫っ毛 小樽篇」



永井三郎先生の「スメルズライクグリーンスピリット」



もちろん表紙イラストの中村明日美子先生の「同級生」も取り上げられています。

同級生

同級生

同級生



BLの歴史を解明して分析した評論で、1960年代からのBL史や、BLに対する一般的な意識の変化、現代に至るまでの社会の認識など、盛りだくさんの内容です。

長年腐女子やってますという人にも、最近はまったばかりという人にも面白く読めそうですね。

中村明日美子先生の漫画作品一覧

 カテゴリ
 タグ
None

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます