お手を拝借 佐久本あゆ ネタバレ感想です。


こいつ、メガネ外すとけっこう男らしい。


お手を拝借

お手を拝借

お手を拝借



手フェチの後輩ワンコ×無愛想なイケメン先輩


美大1年生の有村聡(攻)は重度の手フェチ。ある日図書館で運命のように手が重なった湯浅先輩(受)の手に夢中になります。

「今日も本当にお綺麗ですね、手が」

会うたびにうっとりと湯浅の手を見つめてにぎにぎする有村に、湯浅先輩は引き気味です。「変態!」と罵ろうがめげない有村。犬のように懐いて先輩の手をキラキラらした目で眺めまわします。

先輩を見かけると、目をキラキラさせて駆けて行くのが本当にワンコそのものでかわいいです。犬っころのように耳がくっついてるのも笑えます。

焦ったり落ち込んだり赤くなったり青くなったりと、表情もよく動くので見ていて飽きないタイプです。


無愛想な美人にもワケがある


先輩のほうはイケメンがゆえに昔から人が寄ってきては、人間関係でつらい思いをしたりしてきたため多少ひねくれた性格。

友達はいますが全員変わった趣味の持ち主ばかり。自分の外見には関心のない人を友達に選んでいます。これはある意味自己防衛のようなものですね。ですが大学にはつるんでいる仲のいい友達がいるようでホッ。

外見に寄ってくる人を避けて生きるようになった先輩。そっけない中身とのギャップによって、まわりの人は遠巻きに見るようになっていくのが常でした。

が、無愛想な先輩の態度にもまったくひるまず先輩(の手)に真っすぐな有村。ツンツンしながも尻尾をふって懐いてくる有村に少しずつほだされていく先輩。


エロティック指舐め


やりたいことや夢には真剣な姿勢を見せ、将来はジュエリーデザイナーになりたいという有村を多少見直した矢先、夜の学校で先輩が指を少し切ってしまい、その指をついエロく舐めてしまう有村。

先輩も動揺しますが酔っていたこともありされるがままに・・・。指舐めシーン、エロいです。

先輩の指をなめている途中、欲情して勃ってしまう有村にドン引きする先輩ですが、なんとも微妙な雰囲気になる2人・・・

手に執着する有村に対して「手だけかよ・・・」と先輩は妙にイライラ。翌日、反省して平謝りする有村はなんとか先輩に許してもらいます。


当て馬には王道のつきあってるフリ


そんな時、先輩のバイト先の仕事関係のデザイナー・上条が先輩にちょっかいをかけてきます。強引なチャラい男でどう見ても当て馬ですが、バイト先の関係者なので邪見に扱えないのがつらいところ。

しかし先輩はとっさにそばにいた有村とつき合ってるフリをしてやりすごし、そのまま手をつないで歩きます。

笑顔でお礼を言う先輩に「手だけじゃなくて、顔が見たいな・・・」有村は次第に先輩の手だけではなく、先輩自身に惹かれていきます。

大学の暗室で先輩の課題の写真の現像を手伝っていると、またも反応して勃ってしまう有村。先輩を意識しまくっています。

またもドン引きするも、有村が興味があるのは自分ではなく「手だけ」であることがまた妙に気になってしまう先輩。


「手だけかよ・・・」


有村はこのままよこしまな気持ちをもっていては嫌われてしまうと考えて、先輩とできるだけ距離をおこうと努力します。

これまで懐きっぷりから一転した有村の態度に、なぜかもやもやイライラする先輩。友達にくだを撒いてヤケ酒をあおります。

今までは普通にしていれば男女共に向こうから寄ってきていたため、自分から積極的になる必要がなかった。それゆえに、自分から人にアプローチしたり、新しい人間関係を作っていくことには苦手な先輩。

実は先輩は不器用な男なんですね。


友達グッジョブ!


友達の計らい(ナイスアシスト)で迎えに来てもらった有村に、先輩は部屋まで連れて行ってもらって「俺自身には興味ない?」と問い詰めます。

酔った勢いって恐い。すごい。しかし人間、ときにはお酒の力も必要です。

本当は先輩自身にも惹かれていた有村は先輩の誤解をとこうとしますが、あろうことか酔った先輩に馬乗りにされてまた勃ってしまいます。

部屋でいい雰囲気になり有村が「先輩、俺先輩のことが・・・」口を開きかけたまさにその時、あっさりと寝落ちする先輩。せんぱああああああい!!有村と全読者の叫びが聞こえてきますw


「ああそうか。俺は好きなのか」


翌朝、先輩が目覚めると、有村の忘れ物の課題の指輪が落ちていました。その指輪をはめる先輩。そしてふと自分が有村を好きだという気持ちに気づきます。

指輪を返すために家に有村を呼び出すと、有村が先日の続きを今度は酔っていない先輩に向かってまっすぐに告白します。

「手だけじゃなくて、本当はもうずいぶん前から好きなんです。先輩のことが」そして先輩のほうもその気持ちに答えます。


「こいつ、メガネ外すとけっこう男らしい」


ようやく結ばれた2人。そしてエロ。

「お、俺が挿れていいですか」とか聞いちゃう有村が超絶かわいい。さらにテンパった有村が「がんばります!」とか宣言しますが、がんばるのは先輩のほうw

はじめてなので苦しそうな先輩が自分の手を噛んで声を抑えようとしたところを、有村が手を伸ばします。

「俺の手ならいくらでも噛んでいいですから・・・」その手を舐めた先輩の姿に、さらに大きくなってしまう有村w単純です。ラブラブな2人。よかった、うまくいって。


「いつか先輩に見合うような指輪を作ります、絶対」


真顔で言う有村に「待ってる」と微笑み返す先輩。プロポーズのようなやりとりに気恥ずかしくなりますが、不覚にもきゅんきゅんしてしまいました。

1冊でプロポーズまがいのことまでしてしまうと無理矢理感に興ざめしたり、急展開で読者が置いてけぼりになる作品も多いなか、とても自然に最後まで読ませてくれて納得の1冊です。

先輩の気持ちの変化や自覚や、有村の、手だけではなく先輩本人へと気持ちが移って行く様子も、まったく無理がなくて丁寧でナチュラルに描かれていて読後感が爽やかでした。

手フェチといっても笑える程度で、常識を逸脱したような病的なものではなくいわゆる「大好き!」レベル。有村が人を思いやれるきちんとした男の子なのも好感度が高いです。

かわいいワンコ攻めですが、先輩に迷惑をかけないように考えて行動できるし、メガネを外すと意外と男らしいとか、ツンツン美人受けの先輩がほだされるのも分かります。

先輩のほうも昔からモテ男でいろいろあって人間不信ぎみだったのが、悪意のない有村の純粋さや一生懸命さ、芯の強さなどを見抜いて少しずつ好きになっていったのでしょう。

シンプルですっきりした線の絵柄もキレイで、手もそうですが顔と身体のバランスもよく、丁寧に作られた感じがとても心地よかったです。

デフォルメ絵というか、ギャグっぽい顔もかわいっくてお上手。読みやすくて優しいお話でした。最後にさらりとですがちゃんとエロもあり、お話としてもまとまっていたので文句なしの星5つ!

佐久本あゆ先生2冊目のコミックスということで、次回作にも期待しています。

【Renta!】お手を拝借 (佐久本あゆ)

その他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。

【BookLive!】お手を拝借

【ひかりTVブック】お手を拝借

【コミックシーモア】お手を拝借

【eBookJapan】お手を拝借



1作目のコミックも良かった!おすすめです。



佐久本あゆ先生のBLマンガ一覧