sick(倉橋トモ) ネタバレ感想です。

倉橋トモ先生2冊目のBLコミックス。絵もキレイで読みやすく、表紙もかわいくて好きです!重版がかかっているようで、ますます絶好調。

岸くん、無自覚天然誘い受けとして最強の素質があると見た。「もっとさわってほしくなる」とか思っているし、自覚したらさらに化けるタイプだと思います。


うそなの?須藤になら、されてもいい




リア充大学生×コミュ障院生


お金持ちの息子にして、イケメン、友達も多くいつも人に囲まれているモテ男の須藤(攻)そんな須藤が最近気になるのが、研究室の先輩の岸(受)

気になる理由は、須藤が小学生の頃、唯一自分をフッた女の子に似ているから。

子どもみたいないたずらを岸に仕掛ける須藤ですが、無表情な岸に変わった様子は見られず、ちっとも相手にされません。


俺あんまり興味がないみたい。君に。


ある日須藤は岸を強引に合コンに参加させます。でもそこで女の子が岸にからむと、イライラして不機嫌になる須藤。

興味がないし構わないでほしいと岸に冷たく告げられ、自分がどうしたいのもか分からず、思わず壁ドンして岸にキスしてしまいます。

今まで何にもまったく動じなかった岸ですが、須藤の思わぬ行動には動揺します。涙目でプルプル震えながら、真っ赤になって飛び出して行く岸。

須藤が嫌な奴のように見えてしまいますが、岸の動揺っぷりは決して嫌がっているという感じではなく、むしろ感じてるのがエロいです。

岸の表情を見て、かわいい・・・と思わずつぶやいてしまう須藤。


スキンシップ過多


それ以来、須藤は研究室へ行っては岸にスキンシップ。逃げまくる岸に対して、須藤は生き生きと岸にからんでいきます。

日々が充実していると感じる須藤。なにかふっきれたような清々しい表情です。岸のほうは、なにがなんだか分からず戸惑い、振り回される一方で・・・

ある時、雨がふって研究室から須藤に車で送ってもらうことになった岸は、須藤を家に上げます。(須藤は金持ちのボンボンなので、学生なのに車持ち)


超イケメン兄の牽制


家では岸の兄(イケメン)に、けん制される須藤。

実は岸は、ぼーっとしてマイペースな性格から、いじめられることが多かったようで、お兄さんは須藤に対して警戒している様子です。

岸のお兄ちゃん、かなりイケメン!リーマンスーツに前髪をあげていて、お兄ちゃんでスピンオフできそう。いやもうぜひ見たい。須藤の友達もイケメン。もうみんなイケメンで目が幸せです。


ムラムラ須藤


お兄ちゃんの牽制の成果があってか、あまりかまってこなくなった須藤に、岸は少しさびしく思います。自分の気持ちをつかみかねて、困惑する岸。

須藤のほうは、実は岸に対してムラムラしていただけでした。

研究の手伝いが終わり、疲れて眠ってしまった岸に、つい手を出してしまう須藤。最後まではしませんが、お互いに気持ち良くなったところで、岸が寝落ち。


続き、今度するから。


いつの間にか、須藤を目で追うようになっていた岸。

須藤の言った「続き」についてぼんやり考えるうち、スキンシップや対人関係が苦手だったのに、須藤には触られても大丈夫だと気づきます。

一方、須藤の気持ちはもう固まっていました。友達の前で「俺、こいつとつき合うことにしたから」と、堂々の恋人宣言。なんとも男らしいです。

岸兄のけん制もなんのその、ガマンできず車で初Hにおよぶ2人。

須藤が車の天井に頭を打ったりwしながらも、感度のいい岸。トロけながらも、無自覚に須藤を誘惑します。無自覚は罪だ・・・


「もやしって、あんなに安いんだな」


2か月後、無事に付き合いは続き、須藤はまた岸宅へ遊びに行きます。弟たちになつかれる須藤。

実は須藤の家はあまり一家団欒がなく、こういう大家族の雰囲気は楽しいようです。いつの間にか弟たちを連れて車でおでかけとかして、弟たちも須藤にすっかりなついています。

須藤はルックスや家が金持ちなどの条件以外にも、こういう気さくな性格が魅力なんですね。友達たくさんの人気者なのも納得のコミュ力。

ボンボンの須藤にはスーパーも新鮮なようで、もやしの値段に驚いたり、岸のほうも以前と比べて明るくなったようで、笑顔が増えました。

お付き合いすることで、いい方向に変化するっていう流れはステキです。岸の笑顔、すごくキュート。牽制していたお兄さんも、岸の変化を感じ取っていて、須藤のこともしぶしぶ(?)認めていきます。

しかし、客間でエロいことやってて大丈夫だったのでしょうか。家族がいる家だと慎重になったほうがいいような。でもラブラブな2人です。


最後に須藤宅へも行きますが、お姉さんとバッタリ会ったことで、須藤が嫉妬深くて独占欲が強いということが判明。うん、知ってた。

オマケ漫画では、岸がメガネをかけて須藤を見て、今になってようやく須藤がイケメンだということに気づくという、ほのぼのでした。

あとがきによると、最初須藤はクズ攻めの予定が、いつの間にかいいやつになり、最終的にアットホームパパになってしまったそうです。

お兄さんとのバチバチも、もっとあるかと思いましたが、これくらいで良かったのではないでしょうか。弟たちもうすうす勘付いているみたいだし、もはや家族公認の仲。

すっとした涼しげな綺麗な絵で、攻めはかっこよく、受けはかわいく、が徹底されている感じです。Hもちゃんと愛がある感じでかわいい。表紙も大好きです。

【Renta!】sick(倉橋トモ)

その他各電子書籍サイトでも配信されています。ご利用の状況に応じてどうぞ。

【BookLive!】sick

【コミックシーモア】sick

【eBookJapan】sick

【ひかりTVブック】sick






倉橋トモ先生のその他BLコミックス。





不可視の傷あと

不可視の傷あと

不可視の傷あと





倉橋トモ先生のBLマンガ一覧

 カテゴリ
 タグ
None