いくじなしのスペクテイター ネタバレ感想です。

「スペクテイター」の意味は、スポーツやショーなどの見物人や観客を指します。

表題作が半分、もうひとつの収録作が半分という分量ですが、全部で200ページ越えと読みごたえがありました。また表題作はエロとろ収録作なので当然ながらエロいです。

王道とはいえない展開ながらも、かわいい絵柄でエロく攻めてくる。山本アタル先生の2作目のコミックスです。

どこをどう触れば、子猫みたいに鳴くか知ってる

» 記事の続きを読む

 タグ
None