おこさまボックス 発売

蒼宮カラ先生3冊目のBLコミックです。デビュー2冊目が2015年1月16日発売の「おこさまスター」なので、早いペースでの発行ですね。

いやあ、「おこさまスター」がすっごく良かったので、お友達でスピンオフが出ないかなと期待してただけに嬉しいです。

切なくてもどかしい幼馴染との恋模様。「おこさまスター」の脇キャラの男の子たちが主役のスピンオフです。

ちなみに紙は734円、電子書籍は5チケット(540円)と、電子の方がお財布に優しい価格になっています。gateauコミックスさんありがとうございます。

電子はRenta!もkindleも同じお値段です。ご参考までに。

おこさまボックス

おこさまボックス

おこさまボックス



ちらっとおこさまスターの中でも、本田の友達としてBがLな感じなのをにおわせていたサブキャラの番外編。世話焼き男子の川崎(攻)と、思い込みの激しい純情ビッチな藤田(受)の幼馴染ラブです。待ってた!

「おこさまスター」を読んでいなくても楽しめるとは思いますが、回想もあって時間軸が少しややこしいのと、ちょこちょこおこさまスターの子たちも出てくるしので、ニヤッとしたい人は先におこさまスターを読むことをお勧めします。

おこさまスター 蒼宮カラ ネタバレ感想

前作は、からっと明るくて気持ちのいい王道高校生BLでしたが(大好き)、今作はそこに切なさや葛藤、子どもの頃からお互いをよく知っている幼馴染ゆえのすれ違いやもどかしさなどが、多分に含まれています。

川崎の一途さも切なくていいですが、藤田の泣き顔もかわいかったです。


重なる誤解やすれ違い


おこさまスターでは実はデキているという設定だった川崎(攻)と藤田(受)

まず高校で藤田に彼女ができ、別れた時に幼馴染の川崎が慰めてついヤッてしまったという関係のまま、ズルズルと時間が過ぎていきます。

いわばセフレのような関係の2人。お互いに素直に気持ちを言えないまま、誤解したりすれ違ってぎくしゃくしたり。。。

高校の時の関係なんて自然消滅していく。卒業したらそれまで。

そんな藤田の言葉に川崎は胸中複雑で、実際に2人の関係は高校の時のみで終わりました。卒業してから4年は会っていないという時間軸です。

川崎は大学進学し4年間彼女も作らなかったとか、一途でもう。。。ちなみにおこさまスターの本田も同じ大学で、川崎と本田は良い友人関係が継続しています。


離れてみてようやく気づく


そして4年の時を経て再会する2人。藤田は卒業後、他の人とも付き合っていたけれど、やはり川崎のことが気になって近所のカフェで働いていたのでした。

子どもの頃からのつき合いの幼馴染だから、いったん離れてみないと分からないことや気づけない事ってきっと多々ありますよね。

人はそばにいるのが当たり前になりすぎると、失ったり離れたりしてみないとその人のいる意味に気づけない。

そして気づいたときにはもう手遅れ。。。というパターンが現実では多いので、川崎と藤田はそうならなくてよかったです。

時間を経て再会し、お互いが素直に気持ちを認めて、今度こそ高校の時のようなあやふやな関係ではなく、お互いに心から結ばれてホッとしました。


再会&幼馴染BL


昔(学生時代)付き合っててちょっとしたすれ違いとかがあって別れて、いろんな人生経験を積んだ後に再会する、みたいなお話は好きだなあ。いわゆる再会BLというやつですね。

川崎と藤田の場合は特に幼馴染同士なので、藤田がちゃんと素直になって一途な川崎がむくわれて、もうこの2人は大丈夫だなと安心しました。

大人になってから出会ったのももちろん素敵なんですが、ちっちゃい頃から知ってる幼馴染の男の子同士(からの再会)っていうのは、お互いを幼少期から既知という安定がベースにあって、やっぱりいいものだなあとしみじみ。

けしからん風呂エロのイチャコラもあったし、前作「おこさまスター」と併せておススメです。

おこさまボックス

おこさまボックス

おこさまボックス



【BookLive!】おこさまボックス

【ひかりTVブック】おこさまボックス

【コミックシーモア】おこさまボックス

【eBookJapan】おこさまボックス



おこさまスター

おこさまスター

おこさまスター



蒼宮カラ先生の他のBL漫画。

君待ちターミナル

君待ちターミナル

君待ちターミナル





蒼宮カラ先生のBL漫画一覧

 カテゴリ
 タグ
None