ウノハナ先生の「銀座ネオンパラダイス」のちょこっと感想です。

電子化されるのが早いなと思ったら、紙の本が734円なのに電子だと5チケット(540円)とお安く、さらに48時間が1チケット(108円)でびっくりです。

今作は昭和な雰囲気ですがウノハナ節は変わらないので、ウノハナ作品が好きな人にはぜひおすすめです。




【あらすじ】

葵は出征以来、行方不明となっていた幼馴染の鷹彦と再会する。ワガママで女にだらしない、老舗の実家に勘当されたどうしようもない男。でも求心力があって憎めない、かつて一夜を共にした男――。

止まっていた心が動き出す。だけど、転がり込んだ鷹彦は葵に触れようとせず。本格昭和ロマン譚、堂々開幕!

「銀座ネオンパラダイス」 ウノハナ


昭和のメロドラマを目指したという今作ですが、先生の絵柄とこの昭和な感じがマッチしていて良かったてす。

幼馴染を想い続ける葵が健気です。そしてウォルター中尉をもっと!見たかった。ガツガツしていなくて思った以上に紳士的でした。

エロシーンで「明かりを消してくれ」と言って恥ずかしがる葵もかわいかったです。

戦後の日本が舞台なので時代物が好きな人にもおすすめです。



ウノハナ先生のその他BL漫画。





ウノハナ先生のBL漫画一覧

 タグ
None