「恋ときどき、焼きサバ定食」ネタバレ感想です。

大島かもめ先生の2冊目のBLコミックスです。デビュー作の「仕立て屋と坊ちゃん」が好みだったので2冊目も楽しみにしていました。

紙と電子がほぼ同時発売なのは嬉しいです。絵柄もキレイで読みやすさは抜群の3つの短編集です。




【あらすじ】

ハイスペイケメン証券マンだがナルシストの永瀬涼一は、とある下町の定食屋「やまねこ亭」の跡取り息子・石塚仁に猛アタック中。なびく気配はイマイチないがどうやら嫌われてはいないらしい。

ある時ひょんなことからデートに連れ出すことに成功。雰囲気も悪くなく仁も終始楽しそう。「これはイケる!」そう確信した永瀬は思い切って告白した!

けれど食い気味に「ごめん」と断られて――俺はどこで間違えた!?定食屋で繰り広げられる、恋とご飯の物語。

恋ときどき、焼きサバ定食【Renta!オリジナル特典付き】 大島かもめ


「恋ときどき、焼きサバ定食」

商社マン×定食屋の息子のお話です。

商社マンである永瀬が一目ぼれした定食屋の息子目当てにがんばるんですが、ナルシストな永瀬がアホアホしくて最初は魅力的に見えませんでした。

でも何回か読むと、この残念な男が少しずつ愛らしく見えてくるんですね。

かっこつけてることがかっこ悪いということに気づかないくらい一生懸命なのかな、とか深読みして考えると空回りも愛しく思えたり。

いちいち言動にナルが入っている永瀬をどう見るかで、この表題作の評価は変わってきそうです。

定食屋さんの常連客など周りの人は、箸休め的にいい味を出してました。


「メモラブル・メモリーの再会」

みんな大好き幼馴染再会モノ。子どもの頃にしたキスが忘れられないという設定がもうエロくていいですね。

1話のみだったので、もう少し子どもの頃のエピソードを追加するか、再開後をじっくり描くかしてほしかったなあ。

ちゃんとまとまりましたが、もう少し読みたかった。


「クロがヒトになった理由」

人になった飼い犬×飼い主。こちらも1話完結の読み切りです。

この設定すごく好きです!昔イロイロあって不愛想になった飼い主様をなんとか手伝おうと頑張る健気なクロの姿にキュンキュンきます。

ワンコ攻めっていいわあ。ちょっと切なくもあり、癒されるわ可愛いわであっという間に読んでしまいました。

ああ、これももっと読みたい!


この、もうちょっと読みたいなあと思わせるのところが、次回作への期待を一層高めてくれますが、もの足りなく思う人もいるかもしれません。

私はそのあたりも含めて大島かもめ先生の魅力なのかなと思いつつ、次作は長編をぜひ読みたいと思います。

3冊目のコミックスも楽しみです。



デビュー作の「仕立て屋と坊ちゃん」もお勧め。

仕立て屋と坊ちゃん

仕立て屋と坊ちゃん

仕立て屋と坊ちゃん



大島かもめ先生のマンガ一覧

 タグ
None