▼2017年上半期BL漫画TOP100▼


BLコミック上半期ランキングベスト100


▼もっとも売れたBL漫画ランキング▼


【人気】もっとも売れたBL漫画ランキング


▼10年分のBL漫画ランキング▼


【2007~2016】BLコミックランキングまとめ


▼今週のスタンプ作品▼


スタンプが貯まるお得な作品一覧


▼電子コミックセール情報まとめ▼


お得なBLコミックセール情報まとめ




▼要チェックな新人BL作家特集▼


今から要チェック!新人BL作家さんたち


▼秋の名作BL特設サイト▼


秋の夜長におすすめの名作BLマンガ


▼BL小説上半期ベスト2017▼


BL小説2017上半期ランキングベスト30




▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼おすすめオメガバース▼

オメガバースBL漫画ランキング


▼2017上半期お気に入りBL20冊▼


【ランキング】上半期お気に入りBLコミック20


▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼このBLがやばい2017ランキング結果▼


【ネタバレ感想】このBLがやばい2017 BL漫画ランキング結果

カテゴリ:BLアンソロジー

BLアンソロジーのカテゴリ記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2016-05-17 BLアンソロジー
井原西鶴が男色をテーマに描いた短編小説が、BL漫画になって発売されました。BL作家陣によるアンソロジーですが、表紙のZAKK先生イラストが雰囲気があって素敵です。なんといっても「原作:井原西鶴」の破壊力。井原西鶴といえば「好色一代男」のほうが有名でしょうか。小中高校の日本史の教科書にも載っていた記憶があります。また、後編として6月15日には「男色大鑑-歌舞伎若衆編-」が発売されます。【男色大鑑-武士編-執筆陣】...

記事を読む

No Image

2016-04-14 BLアンソロジー
人間性以外には期待してもよいアンソロジー「屑(くず)BL」が電子書籍化されました。最近はアンソロも電子化が早めになりました。今回は「屑」の電子化記念に、既刊の人気アンソロジー3作品が割引されています。割引セールの対象作は「女子BL」「下衆BL」「獣人外BL」の3作品。アンソロは興味があるけどお高いからなーと思っていた人には朗報ですね。48時間コースならお安く気軽に読めるの手ぜひどうぞ。4月27日までの期間限定で...

記事を読む

No Image

2016-03-04 BLアンソロジー
B's-LOVEYアンソロジー「絶対に○○しないと出られない密室」が3月14日に発売されます。テーマのあるアンソロはよく見かけますが、今回は作家さんにとっては自由度の高いBLになりそうです。「○○」に何を持ってくるか。。。意外と難しいかな。凡人の私には単純にどストレートなエロいことしか思い浮かびません(笑)あっと驚くような「○○」を見てみたいな。作家さんの力量を問われる作品に仕上がりそうです。【表紙】はらだ【執筆陣】...

記事を読む

No Image

2016-02-10 BLアンソロジー
「女子BL」ネタバレ感想です。2015年に発売されたBLアンソロジーの中でも異彩を放っていたこちら。あえてボーイズラブに「女子」という、人によっては避けがちなややこしい存在をメインにもってきた話題作です。変わりダネゆえに好みや評価がパックリ分かれるのは、ある程度は仕方ないことなのかもしれません。表紙の秀良子先生をはじめ、志村貴子先生、 はらだ先生、市川けい先生というビッグネームを揃えての布陣となりました。...

記事を読む

No Image

2016-01-26 BLアンソロジー
電子BLアンソロジー「.Bloom(ドットブルーム)」のサイトが公開されました。2016年3月25日の新創刊に向けて、まずはティザーサイトがオープンしています。「ストーリー性」を重視した読み応えのあるBLアンソロということなので、エロ重視というよりは読ませる系のお話が多くなるのでしょうか。「作家の情熱がいま、開花する。」という煽りもありますが、物語性の高い話がメインになる感じなのかな。サイトを見る限りとてつもなくお...

記事を読む

No Image

2016-01-18 BLアンソロジー
1月25日に発売されるアンソロの「筋肉BL」が猛烈に気になっています。同じくガチムチ系の「肉体派BL」が、今月フルールコミックスのアンソロジーとして先に発売され、こちらが思いのほか良い筋肉ばかりで楽しかったんですね。フルールコミックスアンソロジー 肉体派BL[著]いけがみ小5 : 再田ニカ : 渦井 : 日野雄飛 : 柳沢ゆきお : 麻倉カムイ : ミナモトカズキ : つゆきゆるこ [カバーイラスト]琥狗ハヤテ似たようなテーマなので...

記事を読む

No Image

2016-01-15 BLアンソロジー
肉体派BLが発売になりました。私はそこまで「筋肉大好き!」「男は断然肉体派!」というわけではないのですが、琥狗ハヤテ先生の表紙も素敵なのでチェックしていました。紙と電子書籍が同時発売なのも嬉しいです。同じような系統のアンソロで1月25日に「筋肉BL」も発売になりますが、作家陣を見て「肉体派BL」のほうを選びました。「筋肉BL」は口コミを見てからにしようと思います。アンソロジーの良いところは読みきりでいろんな...

記事を読む

No Image

2016-01-06 BLアンソロジー
2月29日(月)にオール読み切りのBLアンソロジー「屑」が発売されます。緒川千世先生、志村貴子先生、秀良子先生、山本アタル先生、木村ヒデサト先生、井戸ぎほう先生、つゆきゆるこ先生、kanipan先生など豪華な作家陣にワクワクがとまりません。「屑」の読み方が分からずひっそりとググったのはここだけの秘密だぜ。(国語力どこいった)ちなみに「クズ」と読みます。「人間のクズが!」みたいに罵ったりするときに使うあの「クズ」...

記事を読む

No Image

2015-12-26 BLアンソロジー
「オメガバース×BL」が電子書籍化されました。最近大きな広がりを見せているオメガバースですが、実は私はまだ手をつけていない状態です。出遅れてしまいました。確実に言えるのは、読んだらきっとどっぷりハマってしまうということだけ。これが怖くてまだチラチラ横目で見ているにとどまっています。これ、紙で発売された時に買うか悩んだんですよねー。読むべきか踏みとどまるべきか、それが問題だ。オメガバース×BL[画]菊の助 [...

記事を読む

No Image

2015-08-20 BLアンソロジー
女子が主人公のBL「女子BL」9月26日発売豪華執筆陣による、女子が主人公のBLアンソロジーが発売されます。腐女子にとってのBLにおいて主役はもちろん男子。そこにあえて女子を主人公とする女子目線のBLです。表紙は秀良子先生某バスケ漫画の桃っちに似てげふんげん。【おしらせ】9月28日発売シトロンアンソロジー情報解禁★今回の特集は「女子BL」です。書店のレジが男性店員さんでも臆するな!なケミカルキュートなイラスト!ですが...

記事を読む

井原西鶴の男同士の恋愛小説「男色大鑑」がBL漫画化

井原西鶴が男色をテーマに描いた短編小説が、BL漫画になって発売されました。

BL作家陣によるアンソロジーですが、表紙のZAKK先生イラストが雰囲気があって素敵です。なんといっても「原作:井原西鶴」の破壊力。

井原西鶴といえば「好色一代男」のほうが有名でしょうか。小中高校の日本史の教科書にも載っていた記憶があります。

また、後編として6月15日には「男色大鑑-歌舞伎若衆編-」が発売されます。

【男色大鑑-武士編-執筆陣】オトノアヲ、雁皮郎、九州男児、黒井つむじ、時東穹生、眞山りか、宮木りえ

【男色大鑑-歌舞伎若衆編-執筆陣】ARUKU、阿弥陀しずく、大竹直子、雁皮郎、九州男児、黒井つむじ、眞山りか

BSLOVEY公式サイト



男色大鑑-武士編- (B's-LOVEY COMICS)

男同士の恋愛をテーマにした「男色大鑑」は1687年に出版されましたが、まさか300年以上も経過して漫画になるなんて井原西鶴は天国で今何を思っているでしょうか。

やめてえええそっとしておいてくれえええ!とか思ってたりしてwいや、それはないか。自分の作品がこうして時代を超えて注目を浴びるのは作家としては嬉しいことですよね。

私はBLの単行本や雑誌に関しては躊躇なく買えるほうなんですが、当たり外れがあってお値段もお高めなのでアンソロジーには慎重になります。でもこれは気になるなあ。

「男色大鑑」は各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてチェックです。

【BookLive!】男色大鑑-武士編-

【コミックシーモア】男色大鑑-武士編-

【eBookJapan】男色大鑑-武士編-




表紙担当のZAKK先生のBLコミックス。




 カテゴリ
 タグ
None

屑(くず)BL電子書籍化記念に女子BL・下衆BL・獣人外BLが割引セール

人間性以外には期待してもよいアンソロジー「屑(くず)BL」が電子書籍化されました。

最近はアンソロも電子化が早めになりました。今回は「屑」の電子化記念に、既刊の人気アンソロジー3作品が割引されています。

割引セールの対象作は「女子BL」「下衆BL」「獣人外BL」の3作品。アンソロは興味があるけどお高いからなーと思っていた人には朗報ですね。

48時間コースならお安く気軽に読めるの手ぜひどうぞ。4月27日までの期間限定です。

屑(くず)BL電子書籍化記念!女子BL・下衆BL・獣人外BLが割引セール

屑(くず)

屑(くず)

屑(くず)



◆表紙
緒川千世

◆漫画
緒川千世「カーストヘヴン」
志村貴子「卒業」
秀良子「クズの条件」
山本アタル「律くん、ボクはね」
つゆきゆるこ「ENDLESS WELCOME BACK」
kanipan「答え合わせ」
プルガリア「西園寺先生」
にやま「愛はかえるか」

◆口絵
ためこう
園 千代子
しまっちゃおうね
minato.Bob

【Renta!】アンソロジーBL「屑(くず)」

アンソロはお値段の高さがどうしてもネックになってしまいますが、テーマを作家さんがどう捕えるのかが楽しめるのがワクワクします。

たくさんの作家さんを集めるから、いいお値段になるのは仕方ありませんね。当たり外れも多いから冒険ではありますが、今回の割引セールの3作品はおすすめです。


【割引セール3作品】

女子BL

女子BL

女子BL



下衆BL

下衆BL

下衆BL



獣・人外BL

獣・人外BL

獣・人外BL



屑(くず)BL電子書籍化記念!女子BL・下衆BL・獣人外BLが割引セール

 カテゴリ
 タグ
None

はらだ先生が表紙の「絶対に○○しないと出られない密室」3/14発売

B's-LOVEYアンソロジー「絶対に○○しないと出られない密室」が3月14日に発売されます。

テーマのあるアンソロはよく見かけますが、今回は作家さんにとっては自由度の高いBLになりそうです。

「○○」に何を持ってくるか。。。意外と難しいかな。凡人の私には単純にどストレートなエロいことしか思い浮かびません(笑)

あっと驚くような「○○」を見てみたいな。作家さんの力量を問われる作品に仕上がりそうです。

【表紙】
はらだ

【執筆陣】
赤星ジェイク・アヒル森下
壱コトコ・しきなゆ・田藻きるい
御子柴トミィ・meco
流星ハニー・トモエキコ



はらだ先生の意味深な表紙がきらりと光りますが、はらだ先生は表紙のみ。BLってそういうのが珍しくないですよね。

表紙のイラスト担当者が雑誌の中味の連載は休載しているとか、そもそも表紙だけを担当されるとかも多いです。

少女漫画とか少年漫画などの一般漫画ではあまり見かけない気がしますが、BLだけなんでしょうか。謎です。青年誌もそういうのあるのかな。

はらだ先生がこの「○○」をどう表現されるかを読んでみたかったですが、執筆陣にお名前がないのは仕方ありません。

アンソロは当たり外れがあるので、様子を見つつ。。。といいながらも買ってしまいそうな予感。密かに楽しみです。

 カテゴリ
 タグ
None

女子BL ネタバレ感想 秀良子・はらだ・志村貴子・市川けい等の豪華作家陣

「女子BL」ネタバレ感想です。

2015年に発売されたBLアンソロジーの中でも異彩を放っていたこちら。あえてボーイズラブに「女子」という、人によっては避けがちなややこしい存在をメインにもってきた話題作です。

変わりダネゆえに好みや評価がパックリ分かれるのは、ある程度は仕方ないことなのかもしれません。

表紙の秀良子先生をはじめ、志村貴子先生、 はらだ先生、市川けい先生というビッグネームを揃えての布陣となりました。

表紙の女の子の瞳の中がポイントですね。こういうオシャレで好きだなあ。

女子BL

女子BL

女子BL



ざっと全体の感想としては、女の子が中心になった女子目線のBLということで新鮮なかんじでした。

私はBLに出てくる女の子が絶対的に苦手とかはなく、むしろBがLするにあたっていい仕事をしてくれたりすると嬉しいし、よほど嫌な描かれ方でない限りは女の子がいても気にならないタイプなので普通に楽しめました。

ただ通常のBLというよりは少女漫画に近いような、感情の機微により焦点が当たる感じなので「いつものいわゆるザ・BL」を期待すると、若干拍子抜けするかもしれません。

違う言い方をすればハードなエロスとかはないし作家さんも豪華で巧い人が多いので、BL初心者の人には入りやすいアンソロなのかなとも思います。


人気作家陣の中でも、はらだ先生の「わたしたちはバイプレーヤー」はさすがで舌を巻きました。男女の身体が入替わるというネタがこんなにも面白いなんてなんか悔しい。最高でした。

このすごい執筆陣のなかでも特異な才能は際立つものなんですね。感服です。

秀良子先生の「少女C」は「下衆BL」の「はいすく~る☆ララバイ」の2人を女子目線で見つめるお話なので、「下衆BL」を読んでいる人はより楽しめると思います。まあ未読でも大丈夫ではありますが。

知っておくといっそう楽しめるというなら志村貴子先生の「玉井さん、恋と友情」は「起きて最初にすることは」の兄がからむのでこちらも読んでおくと楽しめます。

市川けい先生の「ナチュラチュラリィ」は男女の双子のお話で、これも気に入りました。市川先生はやはり10代(高校生)を描かせたらピカイチだなあ。


「女子メインのBL」というのはアンソロのお題としては冒険したと思うし新鮮で、個人的には楽しめました。

たまにはこういうのもありかなあと思います。

秀良子先生、はらだ先生、市川けい先生という私が作家買いする先生がいたので買いましたが、しかしあれですね、もうちょっとお値段が財布に優しければなお良かったですね。

というわけで、女子BLを楽しんだ後はガッツリとBL単行本の新刊を読みたいと思います。しかもすっごいエロいやつ。



同じアンソロシリーズならこっちのほうが好き。こちらも安定の豪華作家陣が期待を裏切らなかったです。

下衆BL

下衆BL

下衆BL


 カテゴリ
 タグ
None

BLアンソロジー「ドットブルーム」3月新創刊 ものがたりを愛するあなたへ

電子BLアンソロジー「.Bloom(ドットブルーム)」のサイトが公開されました。

2016年3月25日の新創刊に向けて、まずはティザーサイトがオープンしています。

「ストーリー性」を重視した読み応えのあるBLアンソロということなので、エロ重視というよりは読ませる系のお話が多くなるのでしょうか。

「作家の情熱がいま、開花する。」という煽りもありますが、物語性の高い話がメインになる感じなのかな。

サイトを見る限りとてつもなくおしゃれな感じで、王道の予感がするアンソロジーになりそうで楽しみです。

「.Bloom(ドットブルーム)」公式サイト




流行なのか世の中の勢いなのか、たくさんのBLアンソロやレーベルが乱立していますが、すぐに尻すぼみとかにならないように、長く良作を世に送り出して行ってほしいです。

おもしろいBLを発売してもらえるなら、いち読者としてなるべく細く長く応援していきたいと思います。

創刊号はどんな作家陣で来るでしょうか。さすがに最初はビッグネームをもってくるかな。それとも新進気鋭の作家さんで攻めてくるかな。

まずはサイトが本格スタートになる2月25日を待ちたいと思います。

 カテゴリ
 タグ
None

流行るのか!?「筋肉BL」がっちりむっちりまっちょっちょ

1月25日に発売されるアンソロの「筋肉BL」が猛烈に気になっています。

同じくガチムチ系の「肉体派BL」が、今月フルールコミックスのアンソロジーとして先に発売され、こちらが思いのほか良い筋肉ばかりで楽しかったんですね。

フルールコミックスアンソロジー 肉体派BL

フルールコミックスアンソロジー 肉体派BL

フルールコミックスアンソロジー 肉体派BL



似たようなテーマなので、作家陣を見つつ発売が先だった「肉体派BL」のほうを読んたんですが、ツイッターで見かけた「筋肉BL」の帯を見てじわじわと欲しくなってしまいました。

秀逸な帯ですよこれはw




がっちりむっちりまっちょっちょ

まっちょっちょ。。。

まっちょっちょ。。。


まっちょっちょに持っていかれた感がハンパないんですが、どうしてくれよう。

にやにやがとまりません。誰だこの帯の文言を考えた人!天才か。

電子書籍にしてくれたら即ポチッてしまいそう。25日が発売なので、落ち着いて様子見しながら口コミを参考に紙で買おうかと思います。

表紙と同じく漫画の帯って大事ですね。

2016年1発目の(個人的に)ヒットなBL帯でした。



よく似たコンセプトのアンソロも同月発売です。こちらの帯はどうなるか。

筋肉BL【特典付き】

筋肉BL【特典付き】

筋肉BL【特典付き】



 カテゴリ
 タグ
None

肉体派BLが発売!熱く刺激的な男の雄々しい色香が満載

肉体派BLが発売になりました。

私はそこまで「筋肉大好き!」「男は断然肉体派!」というわけではないのですが、琥狗ハヤテ先生の表紙も素敵なのでチェックしていました。

紙と電子書籍が同時発売なのも嬉しいです。

同じような系統のアンソロで1月25日に「筋肉BL」も発売になりますが、作家陣を見て「肉体派BL」のほうを選びました。「筋肉BL」は口コミを見てからにしようと思います。

アンソロジーの良いところは読みきりでいろんな先生の短編を楽しめるところですね。今回のようにテーマがある場合は、作家さんによってこんな切り口になるのかという発見もあるのでけっこう好きです。


フルールコミックスアンソロジー 肉体派BL

フルールコミックスアンソロジー 肉体派BL

フルールコミックスアンソロジー 肉体派BL



【内容】

スポーツ系もガテン系もヒーロー系も、攻も受も肉体派だらけのラブストーリー。

肉体派男子がお好きな方、男性同士の熱く刺激的な愛が読みたいという方におすすめの「男の魅力」が詰まったアンソロジーコミックス。

著者:いけがみ小5 再田ニカ 渦井 日野雄飛 柳沢ゆきお 麻倉カムイ ミナモトカズキ つゆきゆるこ 

フルールコミックスアンソロジー 肉体派BL


うーたんが激カワだった「うーたんとふみ」の再田ニカ先生も参加されています。

「ちいさな島のやさしい恋」の麻倉カムイ先生のお名前もあったし、あのかわいい絵柄で肉体派BLってどうなるの?という感じでちょっとワクワクしています。



ちなみに麻倉先生は仕事用と二次用にツイッターアカウントを2つ作っておられて、私は2つともよくチェックしているのですが、好きなんですよねー麻倉先生の絵。

デフォルメ絵も超かわいくてツボすぎます。




今月は偶然にもこの「 肉体派BL」と「筋肉BL」が発売になりますが、2016年は筋肉が流行るのでしょうか?

私はムキムキした男の子にはそこまで関心が強くなく、どちらかというとスマートな方が好きですが、とはいえかっこいい攻めが脱いだ時にいい身体だとテンションは上がります。

BLの世界にいる美麗なお顔立ちのイケメンが脱いだらブヨブヨは、ちょっと萎える。。。

というわけで、BL界における男性陣にはぜひ身体を鍛えてもらって、ほどよく(重要)引き締まった身体づくりに勤しんでいただきたいと思います。(なんのこっちゃ)



よく似たコンセプトのアンソロも。

筋肉BL【特典付き】

筋肉BL【特典付き】

筋肉BL【特典付き】


 カテゴリ
 タグ
None

BLアンソロジー「屑」が2月29日に発売 緒川千世・志村貴子・秀良子など豪華作家陣でALL読み切り

2月29日(月)にオール読み切りのBLアンソロジー「屑」が発売されます。

緒川千世先生、志村貴子先生、秀良子先生、山本アタル先生、木村ヒデサト先生、井戸ぎほう先生、つゆきゆるこ先生、kanipan先生など豪華な作家陣にワクワクがとまりません。

「屑」の読み方が分からずひっそりとググったのはここだけの秘密だぜ。(国語力どこいった)

ちなみに「クズ」と読みます。「人間のクズが!」みたいに罵ったりするときに使うあの「クズ」ですね。

b-boyWEB公式サイト



アマゾンにはまだ表紙が出ていませんが、b-boyWEBの公式サイトに出ている緒川千世先生の表紙がなんとも怪しくて素敵です。

どこか憎めないダメ男とか、愛すべき屑ってどこにでもいると思うんですよね。それをこの豪華な作家陣がどう描いてくれるのか。いったいどんな「屑」なBがLしてくれるのか。

大いに期待したいと思います。楽しみです!

 カテゴリ
 タグ
None

「オメガバース×BL」が電子書籍化 乗り遅れてしまったオメガバース

「オメガバース×BL」が電子書籍化されました。

最近大きな広がりを見せているオメガバースですが、実は私はまだ手をつけていない状態です。出遅れてしまいました。

確実に言えるのは、読んだらきっとどっぷりハマってしまうということだけ。これが怖くてまだチラチラ横目で見ているにとどまっています。

これ、紙で発売された時に買うか悩んだんですよねー。読むべきか踏みとどまるべきか、それが問題だ。


オメガバース×BL

オメガバース×BL

オメガバース×BL



【内容】

好きでΩ(オメガ)に生まれたんじゃない――

発情期、階級、番(つがい)……抗えないから運命と呼ぶ。男女に加えて「α(アルファ)性」「β(ベータ)性」「Ω(オメガ)性」という6種類の性が存在する世界の物語。

オール読み切りアンソロジー。

オメガバース×BL


ツイッターなんかを覗いていると、けっこうな人数の人がオメガバースいいよってハマっていて、私も読めば好きになりそうなんですよね。。。

設定は何となく知っている程度なんですが、この世界観のお話を自分がどう思うかわからないんですが、でも面白そうで心惹かれます。

時間の問題かもしれないですが、私はハマるとけっこうとことんなので、これ以上手を広げ過ぎると破産しちゃうw悩むなあ。

小一時間ほど考えようと思います。

その他のオメガバース作品。





オメガバース作品一覧

 カテゴリ
 タグ
None

秀良子・市川けい・はらだ・志村貴子ら「女子BL」9月28日発売

女子が主人公のBL「女子BL」9月26日発売

豪華執筆陣による、女子が主人公のBLアンソロジーが発売されます。腐女子にとってのBLにおいて主役はもちろん男子。

そこにあえて女子を主人公とする女子目線のBLです。


表紙は秀良子先生


某バスケ漫画の桃っちに似てげふんげん。




女子BL

女子BL

女子BL



カバーイラスト:秀良子
ラインナップ:秀良子、志村貴子、ふみふみこ、西田 東、はらだ、市川けい、小鳩めばる、糸井のぞ、ためこう、プルちょめ

わたしが感じることができないときめきを見た。女子が主人公、女子視点のBLアンソロジー。時折、BLに登場する憎めない愛すべき女子たちがいます。傍観者だったり良き理解者だったり恋敵だったり。

このアンソロジーはそんな女子たちによる女子視点で綴られます。女子の感情と瞳を通してせつなく伝わるボーイズラブ。ストーリーテラー達による新たな萌えの世界。


執筆陣が豪華すぎて


秀良子先生にはらだ先生、市川けい先生とか志村貴子先生とか、ちょっともうこれは読みたいですね。

時々女子目線のBLも見かけますが、アンソロとして発売されるのは珍しい。BLにおける女子キャラは嫌われがちですが、そして読む人を選びそうですが、シリカ編集部さんが冒険してくれました。

表紙の女の子の瞳に映るのは、見つめ合う2人の男子。賛否両論あるでしょうが、先生方がどんな作品を描いているのか今からすごく楽しみです。


 カテゴリ
 タグ
None

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます