ヨネダコウNightS(ナイツ)続編或る夜‐NightS‐ネタバレ感想です。

唐島と穂積にまた会える!



「或る夜‐NightS‐」は「NightS」のスピンオフ漫画です。

NightS

NightS

NightS



NightSは、地下のアングラ社会ものがあんまり・・・だとか、苦手な人にとっては多少敷居の高い雰囲気なんですが、この作品は短編ということもあり、くどくないです。

胃に穴が開きそうな重さだとか、救いようのない暗さみたいなものはないけれど、だけど読後感は、なんともいえないものがあって。

読ませる作家さんだなあと思います。

なんといっても穂積(マサキ)の大人の色気っていうんでしょうか。ほんっと、ハンパない。この余裕、この色気。ハンパないです。大事なことだから2回言いました。

こーれは唐島もついついぐらっときますね。

今作はNightSの続編ですが、穂積さんの甘える姿がお目見えします。貴重です!こんなにエロかっこいい大人の誘い受けがいるなんて・・・!ムラムラしますw

しかも唐島のことを思って1人でシてるとか!唐島は信じてないようですが、そんな2人の関係もいいですね。

この2人って、いつも会うのがほぼ夜なんですが、穂積さんの職業柄、とうていこのまま穏やかに続いていくようには思えません。

そのせいか、2人のやりとりも妙にかけひきめいていて、言葉ひとつひとつが重みをもっていて、だけど艶やかで色めいていて。。。

エロいシーンもドタバタしてなくて大人向けでしっとり。だけどとても激しくて濃い。ため息がでてくるような妖艶なHシーンとでも言いましょうか。

とにかく、ダーティな雰囲気が好きな人も、そうでない人にも全力でお勧めします。

「NightS」に同時収録の短編「リプライ」「感情スペクトル」の2作品も、秀逸です。もしかしたら表題作よりも好きな人、多いかも。

3作品ともに、男同士の「微妙さ」「繊細さ」をきちんと受けとめて、大人は大人なりに、高校生は高校生なりに、キャラクター達が自分のものとして「生き方」に反映している。

日常においてBLがリアルではない私たち多くの読者にとって、キャラクターが「ちゃんと生きている感」が伝わってくる作品には、虚構だけど虚構に収まりきらない何かがあり、感情を刺激されますね。

これが「心が動く」ということなのでしょう。ヨネダコウの巧さであり、その哀愁漂う絵柄とも相まって絶妙な味わいのNightS。そして続編の或る夜。

どちらも読んで損なしの超お勧めBL作品です。



ヨネダコウ先生と言えば「どうしても触れたくない」の方が、映画として実写化(!)されたこともあり一番メジャーな作品ですね。口コミも上々の心情を丁寧に描いた名作です。



「囀る鳥は羽ばたかない」も発売された昨年2013年に、BL界や腐女子界を激震させました。あの盛り上がりはすごかった。私も大好きです!







隠れた名作(隠れてないか・・・)と名高い「それでも、やさしい恋をする」。これは、どうしても触れたくないのスピンオフです。



ところで、NightSに関しては「ドラマCD NightS」も、もちろん聴きました。こちらに関しては、いわずもがな、プロの声優陣の熱演によってかなりの仕上がりなので、別枠でまた熱く語りたいです。

追記) 語りました!

ヨネダコウ NightS ナイツ BLCDネタバレ感想。

続編、連載でも描き下ろしでもいいから、こないかなあ。ヨネダ先生の大ファンとしては、首を長~~くして、待ってます!また穂積と唐島に会いたいです。

ヨネダコウ先生のBL作品一覧

ヨネダコウ先生のBLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。

【BookLive!】でBL漫画を探す

【ひかりTVブック】でBL漫画を探す

【コミックシーモア】でBL漫画を探す

【eBookJapan】でBL漫画を探す