▼みんなの感想ランキング2018▼


【おすすめ】みんなの感想ランキング2018


▼電子コミックセール情報まとめ▼


お得なBLコミックセール情報まとめ


▼今週のスタンプ作品▼


スタンプが貯まるお得な作品一覧




▼【Renta!】ボーイズラブ特集ページ▼


【レンタ】ボーイズラブBLマンガ特集ページ


▼要チェックな新人BL作家特集▼


今から要チェック!新人BL作家さんたち


▼エロいBLランキング2018▼


【エロエロ】BLマンガランキング2018




▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼歳の差BLマンガまとめ▼


歳の差BLマンガランキングまとめ


▼おすすめオメガバース▼


オメガバースBL漫画ランキング


▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼このBLがやばい2018ランキング結果▼


【ネタバレ】このBLがやばい2018 BL漫画ランキング

  • ホーム
  • »
  • BLコミック・作品名【あ行】

カテゴリ:BLコミック・作品名【あ行】

BLコミック・作品名【あ行】のカテゴリ記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2018-06-12 一方その頃
「一方その頃」の感想です。山田2丁目先生の新刊を読みました。魔法少女と闘う悪の組織!というダーティなあらすじに反して、中味は不思議系のゆる~いほのぼのエロコメディです。「エッチしないと出られない部屋に閉じ込められる」というベタな展開も裏切りません。悪い人が1人も出てこない平和な世界なので、安心してメインカップル2人の甘い関係を楽しめました。ファンタジーなマジカル☆エロエロBLの名にふさわしい、脱力系ラブ...

記事を読む

No Image

2017-08-24 お日柄も良く
「お日柄も良く」ネタバレ感想です。まさお三月先生の10冊目の新刊BLコミックスは、養子縁組で夫婦になったイケメンカフェ店長×純情大学生の歳の差カップルのお話です。派手に目立つことはなくともコンスタントに良作を生み出してくれるまさお三月先生ですが、今作も安定のすっきりした絵柄でかわいらしい胸キュンストーリーにほのぼのしました。航平のビジュアルがどの角度から見てもどんな髪型でもイケメンで眼福です。ピュアす...

記事を読む

No Image

2017-08-23 オレとあたしと新世界
「オレとあたしと新世界」1巻のネタバレ感想です。古宇田エン先生のデビューコミックスはむっちりした男たちの真実の愛と人間ドラマが魅力のお語です。新人さんとは思えぬ小慣れた絵柄とそれ以上に濃いお話に読みふけってしまいました。オネエ攻めかと思わせつつ実は逆なの?どうなのどうなの?と受け攻めはっきりしないところもドキドキします。ギャグありシリアスありで読み応えたっぷりでした。2巻に続くようですが1巻だけでも...

記事を読む

No Image

2017-04-26 泡にもなれない恋ならば
「泡にもなれない恋ならば」の感想です。三月えみ先生の新刊は初の麗人コミックスです。表紙の通りに美しく切なく、読後に温かな気持ちになれる短編集でした。長編とは違って短いお話で満足感を得るのはなかなか難しいのですが、こちらはどのお話もまとまりがよく充実していました。「神様」がひとつのキーワードになっているシリーズがメインストーリーですが、冒頭とラストを飾った短編も抜かりなく素敵でした。それでは以下、三...

記事を読む

No Image

2017-01-30 アホエロ
重い実先生のアホエロの感想です。正直あまり期待せずに読んだのですが(失礼)表紙のピンクピンクした雰囲気とはいい意味で違い新鮮な驚きがありました。エロに特化したエロエロギャグかなと思いきや、しっとりと中身の伴った素敵なBLでした。友達から恋人になっていく迷いや切なさや関係の変化に、もだもだじれじれしながらあっという間に読み終えて幸せな気持ちに浸れます。表紙とタイトルで避けている人にはぜひ手に取ってみて...

記事を読む

No Image

2016-12-30 あのこはソレを我慢できない
「あのこはソレを我慢できない」のネタバレ感想です。本棚の整理をしていてつい手に取り、再読して思いのほかハートに刺さったので萌えを吐き出すべく感想を書きました。色々と緩すぎてビッチ受けの惇の憎めない愛らしさと、攻めのアキの一途で健気なところがお気に入りです。ロングセラーになるのも納得の、日塔てい先生のBL漫画の中でも一番好きな作品になりました。なんといっても開始数ページでのアキの雄の顔!これは必見です...

記事を読む

No Image

2016-12-21 おいたが過ぎるわ子猫ちゃん
「おいたが過ぎるわ子猫ちゃん」のネタバレ感想です。ハード系シリアスとは真逆版の緒川千世先生の新刊BLです。「カーストヘヴン」なんかを読んだ後にこれを読むと、本当に同じ作家さんなのかと我が目を疑いたくなるような甘さにほっこり。世知辛い世の中に疲れ果てて糖分が必要な人にはもってこいの、甘くて優しくて癒したっぷりの平和なお話でした。攻めの「越郎」が「エツロー」とカタカナ表記されていると「エッロー」に見える...

記事を読む

No Image

2016-12-06 おかえり電車
おかえり電車のネタバレ感想です。内田カヲル先生と言えばガチムチとエロスがセットになっている作風と思っていたら、まあなんということでしょう。まさかのエロなしピュアピュアBLという新たなる領域にチャレンジされました。康平くんがかわいすぎる!なんだこれは。内田先生ってばこんな引き出しもあったんですね。あまりの愛らしさにニヤニヤを通り越して拝みたくなってきました。康平くんのような子がおかえりとか言って駅で待...

記事を読む

No Image

2016-11-18 イトウさん
冥花すゐ先生の「イトウさん」のネタバレ感想です。殺し屋と娼夫というダークな世界観なの、好みが分かれる作品かもしれません。キター!って思う人と、うーんって思う人に分かれそう。私はキター!のほうで大興奮でした。刺さりました。冥花すゐ先生のBLデビューコミックですが、お名前すらなんてお読みするのか分からず思わずググった私の国語力。「クラカスイ」先生とお読みするそうです。デビュー作がこの作品だなんて最近の新...

記事を読む

No Image

2016-08-27 思い違いが恋の種
「思い違いが恋の種」ネタバレ感想です。おわる先生の4冊目のBL漫画は紙のコミックと電子書籍が同時発売です。同時発売なら電子優先な私はずっと配信をスタンバイしていました。表紙の腹チラが眩しいです。製薬会社のMR×麻酔医という一見偏差値の高そうな知的カップルですが、開始3ページで「空気読み検定1級の俺」とか言ってる攻めの黒野がツボで笑ってしまいました。美人受けのツンツン具合とまっすぐなワンコの組み合わせがほど...

記事を読む

一方その頃 ネタバレ感想 山田2丁目

「一方その頃」の感想です。

山田2丁目先生の新刊を読みました。魔法少女と闘う悪の組織!というダーティなあらすじに反して、中味は不思議系のゆる~いほのぼのエロコメディです。「エッチしないと出られない部屋に閉じ込められる」というベタな展開も裏切りません。

悪い人が1人も出てこない平和な世界なので、安心してメインカップル2人の甘い関係を楽しめました。ファンタジーなマジカル☆エロエロBLの名にふさわしい、脱力系ラブコメです。

それでは以下山田2丁目先生の「一方その頃」の感想です。※ネタバレ注意です。

一方その頃 電子書籍



» 記事の続きを読む

お日柄も良く ネタバレ感想 まさお三月

「お日柄も良く」ネタバレ感想です。

まさお三月先生の10冊目の新刊BLコミックスは、養子縁組で夫婦になったイケメンカフェ店長×純情大学生の歳の差カップルのお話です。

派手に目立つことはなくともコンスタントに良作を生み出してくれるまさお三月先生ですが、今作も安定のすっきりした絵柄でかわいらしい胸キュンストーリーにほのぼのしました。

航平のビジュアルがどの角度から見てもどんな髪型でもイケメンで眼福です。ピュアすぎてめんどくさい柊太の保護者兼お兄さん役や、後半にそれが少しずつ崩れていく姿も素敵でした。

それでは以下「お日柄も良く」ネタバレ感想です。

お日柄も良く 電子書籍


お日柄もよく

お日柄もよく

お日柄もよく


» 記事の続きを読む

オレとあたしと新世界1巻 ネタバレ感想 古宇田エン

「オレとあたしと新世界」1巻のネタバレ感想です。

古宇田エン先生のデビューコミックスはむっちりした男たちの真実の愛と人間ドラマが魅力のお語です。新人さんとは思えぬ小慣れた絵柄とそれ以上に濃いお話に読みふけってしまいました。

オネエ攻めかと思わせつつ実は逆なの?どうなのどうなの?と受け攻めはっきりしないところもドキドキします。ギャグありシリアスありで読み応えたっぷりでした。

2巻に続くようですが1巻だけでも十分読ませるストーリーに釘づけです。ゲイバーの愉快な仲間たちもみんな強烈な個性でナイスキャラでした。

それでは以下「オレとあたしと新世界」1巻の感想です。ネタバレにお気をつけください。

オレとあたしと新世界 電子書籍



» 記事の続きを読む

泡にもなれない恋ならば ネタバレ感想 三月えみ

「泡にもなれない恋ならば」の感想です。

三月えみ先生の新刊は初の麗人コミックスです。表紙の通りに美しく切なく、読後に温かな気持ちになれる短編集でした。

長編とは違って短いお話で満足感を得るのはなかなか難しいのですが、こちらはどのお話もまとまりがよく充実していました。

「神様」がひとつのキーワードになっているシリーズがメインストーリーですが、冒頭とラストを飾った短編も抜かりなく素敵でした。

それでは以下、三月えみ先生の「泡にもなれない恋ならば」の感想です。ネタバレ注意です。

泡にもなれない恋ならば 三月えみ 電子書籍



» 記事の続きを読む

アホエロ ネタバレ感想 重い実

重い実先生のアホエロの感想です。

正直あまり期待せずに読んだのですが(失礼)表紙のピンクピンクした雰囲気とはいい意味で違い新鮮な驚きがありました。

エロに特化したエロエロギャグかなと思いきや、しっとりと中身の伴った素敵なBLでした。

友達から恋人になっていく迷いや切なさや関係の変化に、もだもだじれじれしながらあっという間に読み終えて幸せな気持ちに浸れます。

表紙とタイトルで避けている人にはぜひ手に取ってみてほしいです。

アホエロ 電子書籍


アホエロ

アホエロ

アホエロ


» 記事の続きを読む

あのこはソレを我慢できない ネタバレ感想 日塔てい

「あのこはソレを我慢できない」のネタバレ感想です。

本棚の整理をしていてつい手に取り、再読して思いのほかハートに刺さったので萌えを吐き出すべく感想を書きました。

色々と緩すぎてビッチ受けの惇の憎めない愛らしさと、攻めのアキの一途で健気なところがお気に入りです。

ロングセラーになるのも納得の、日塔てい先生のBL漫画の中でも一番好きな作品になりました。なんといっても開始数ページでのアキの雄の顔!これは必見です。モブとのエッチですが。

あっもちろん本棚の整理は当然止まったままです。(ダメじゃん)それでは以下、日塔てい先生の「あのこはソレを我慢できない」の感想です。

あのこはソレを我慢できない 電子配信



» 記事の続きを読む

おいたが過ぎるわ子猫ちゃん ネタバレ感想 緒川千世

「おいたが過ぎるわ子猫ちゃん」のネタバレ感想です。

ハード系シリアスとは真逆版の緒川千世先生の新刊BLです。

「カーストヘヴン」なんかを読んだ後にこれを読むと、本当に同じ作家さんなのかと我が目を疑いたくなるような甘さにほっこり。

世知辛い世の中に疲れ果てて糖分が必要な人にはもってこいの、甘くて優しくて癒したっぷりの平和なお話でした。

攻めの「越郎」が「エツロー」とカタカナ表記されていると「エッロー」に見えるのは私の脳内が腐っているからでしょうか。みんなもそう思いますよね、ねっ!

それでは以下、緒川千世先生の「おいたが過ぎるわ子猫ちゃん」の感想です。

おいたが過ぎるわ子猫ちゃん 電子配信



» 記事の続きを読む

おかえり電車 ネタバレ感想 内田カヲル

おかえり電車のネタバレ感想です。

内田カヲル先生と言えばガチムチとエロスがセットになっている作風と思っていたら、まあなんということでしょう。まさかのエロなしピュアピュアBLという新たなる領域にチャレンジされました。

康平くんがかわいすぎる!なんだこれは。内田先生ってばこんな引き出しもあったんですね。あまりの愛らしさにニヤニヤを通り越して拝みたくなってきました。

康平くんのような子がおかえりとか言って駅で待っていてくれたり、電車の時間を合わせてくれていたら、さぞや通勤が楽しくなることでしょう。

正三さんがブラックになる姿もあまり想像できませんが、最高のおにいさん×ショタのほんわか癒し系BLでした。

それでは以下「おかえり電車」のネタバレ感想です。

おかえり電車 電子配信



» 記事の続きを読む

イトウさん ネタバレ感想 冥花すゐ 闇社会から生まれた純愛

冥花すゐ先生の「イトウさん」のネタバレ感想です。

殺し屋と娼夫というダークな世界観なの、好みが分かれる作品かもしれません。キター!って思う人と、うーんって思う人に分かれそう。私はキター!のほうで大興奮でした。刺さりました。

冥花すゐ先生のBLデビューコミックですが、お名前すらなんてお読みするのか分からず思わずググった私の国語力。「クラカスイ」先生とお読みするそうです。

デビュー作がこの作品だなんて最近の新人さんはほんとすごい。また実力のある人が現れたなという印象です。

恋するインテリジェンスの丹下道先生などもそうですが、デビュー作から話題騒然になったりヒットを飛ばしたりとかすさまじい才能がまだまだ世の中には眠っているかと思うとワクワクします。

イトウさん 電子配信


イトウさん

イトウさん

イトウさん


» 記事の続きを読む

思い違いが恋の種 ネタバレ感想 おわる

「思い違いが恋の種」ネタバレ感想です。

おわる先生の4冊目のBL漫画は紙のコミックと電子書籍が同時発売です。同時発売なら電子優先な私はずっと配信をスタンバイしていました。表紙の腹チラが眩しいです。

製薬会社のMR×麻酔医という一見偏差値の高そうな知的カップルですが、開始3ページで「空気読み検定1級の俺」とか言ってる攻めの黒野がツボで笑ってしまいました。

美人受けのツンツン具合とまっすぐなワンコの組み合わせがほどよくて、最後まで気持ちよく読めました。おわる先生らしくエロスも120%で大満足です。

おわる先生の特集も組まれています。

「思い違いが恋の種」のえっちぃシーンの修正については白いえんぴつでシャシャシャ消しなので、白抜きくっきりドーンよりは雰囲気が壊れず私は好きです。参考までに。

Renta!の先行配信で本日2016/8/27(土)10時に配信スタート。その他ストアは9/24から配信されます。


» 記事の続きを読む

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます