私は新刊を中心にBL漫画を毎月20冊以上読む腐女子ですが、ここ数年は電子書籍の利用がぐっと増えました。

電子書籍各サイトのどこが良くてどこがいまいちなのか、複数の電子書籍サイトの中から私がスマホとパソコンの両方で使っているサイトを中心に比較してみたいと思います。

BLコミックに限っての比較になりますので一般漫画となるとまた少し結論は変わってきます。

家族の目やスペースの問題もあるし、これからはBL漫画を電子書籍で読みたいと思っている人や、初心者の方でBL漫画を読むのにどこの電子書籍サイトを使おうか悩んでいる方などの参考になれば嬉しいです。

電子書籍でBLコミックを読む際にどのサイトを使うかは、品揃え、料金、先行配信のタイミング、ストア限定特典の有無、修正具合、対応の端末、決済の方法、キャンペーンの有無、使い勝手の良さ、サイトの信頼性など、各ストアによって条件がバラバラのため情報を自分なりに整理して総合的に判断することになります。

私は新刊を早く読みたいので配信の早さが一番の優先項目になり、その次に限定特典や価格やポイントと続きます。

【BL版】電子書籍のサイト比較


Renta!




良いところ

配信が早い。先行配信最多
Renta!限定特典が多い
48時間レンタルで安く読めるコミックがある
修正が甘い作品がある
口コミが多い

いまいちなところ

クーポンや20%オフなどの大型割引が少なめ
毎日朝の10:00ジャストに配信(他サイトは日付が変わると同時くらいに配信されることが多い)
追記)2016/11/8から作品の入荷が0時00分ジャスト配信に改定され使いやすくなりました。

【Renta!】BL漫画トップページ


ひかりTVブック




良いところ

BLはポイントが50倍
たまに購入額の40%ポイントバックなどの大きなキャンペーンがある

いまいちなところ

15%オフなどの割引は「BLジャンルは対象外」になっていることが多い
限定特典がほぼない
配信が遅め
修正が残念

【ひかりTVブック】BL漫画トップページ


Kindle




良いところ

他サイトよりも数十円程度安いことが多い
配信が早い作品がある
たまにポイント20倍やまとめ買いなどの大型セールがある

いまいちなところ

限定特典がほぼない
セールやキャンペーンを見つけにくい
修正が残念

【Kindle】BL漫画トップページ


ebookjapan




良いところ

常に1%ポイント還元がある
アンケートに答えて図書券プレゼントがたまにある
20%オフや出版社ごとのキャンペーンがある
本棚を背表紙で並び替えることができる
画質が良い

いまいちなところ

限定特典がほぼない
配信が遅め
昔と比べると修正が残念

【eBookJapan】BL漫画トップページ


コミックシーモア




良いところ

20%オフや出版社ごとのキャンペーンなどがある
たまに先行配信がある
月額会員は少しお得に買える(例:2160円で2450円分)

いまいちなところ

限定特典がほぼない
配信が遅め
修正が残念

【コミックシーモア】BL漫画トップページ


BookLive!




良いところ

Tポイントが貯められる
20%オフや出版社ごとのキャンペーンがある
毎日無料ガチャでクーポンがゲットできる

いまいちなところ

限定特典がほぼない
配信が遅め
修正が残念

【BookLive!】BL漫画トップページ


各ストアの使い分け


よくチェックするのはこの6サイトです。

上記以外の電子書籍サイトもキャンペーンの時などにたまにチェックしますが、正直どこで何を買ったか把握するのが大変なのであまり利用サイトを増やしたくないという気持ちもあり、この6つを中心に使い分けています。

Renta!を中心に他サイトをサブ利用


私の場合、まずはBLコミックの新刊は先行配信をチェックしてRenta!で先行配信があればRenta!を利用します。

すべてのサイトで同時に配信される作品なら、限定特典があればRenta!を優先し、なければひかりTVブックでチェック。

Kindleの配信が早ければKindleで買うというふうに、BL漫画の新刊は早く読めるサイトを探して読んでいます。

新刊BLはやはり先行配信の多さと限定特典の兼ね合わせからRenta!の利用が一番多いですね。

既刊BL本に関しては今のところひかりTVブックがポイント50倍と一番お得です。いつまでこのポイント50倍が続くかは不明ですが、ひかりTVブックの一番の魅力です。

私は紙のBL漫画で本棚があふれかえっていてそろそろ限界なので、紙本で手元に置くものを厳選して他は処分、昔のBL漫画は電子で買い直しているのですが、ポイント50倍はやっぱりすごい。(ただしポイントで購入した作品にはポイント50倍は付きません)

またRenta!や他のサイトで配信のない作品はebookjapanで探すと見つかる場合が多くebookjapanは最後の砦となっています。

クーポンが多いBookLive!


余談ですが少年漫画や少女漫画などのBL以外の漫画は、品揃えやキャンペーンからBookLive! とebookjapanをよく利用します。

BookLive!は1冊半額のクーポンがメールマガジンで月1回くらいの頻度で送られてくるので逃さずチェック。

さらにBookLive!は毎日無料ガチャを引いてクーポンがゲットできるので、常に15%OFF~20%OFFなど何かしらのクーポンが手元にあるというありがたい状態です。

巻数の多い少年マンガや少女マンガをまとめ買いする際には、常時何らかのクーポンがあるBookLive!は大変重宝しています。

Kindleへの誤解


よく誤解している人がいますがAmazonのKindleはKindle専用の端末がなくても手持ちのスマホやパソコンで利用できます。

私も使う前は専用端末じゃないと読めないと思っていたクチなので誤解なきようお気をつけください。

サイトの使い勝手やアプリの使いやすさは人によって感覚が違うので、まずは一通り会員登録をして無料サンプルで試し読みしてみるなど、ある程度実際に触ってみてから決めるのがおすすめです。

会員登録だけなら無料ですし、初回限定の半額クーポンなどがついてくるサイトも多いです。

複数サイト利用時の注意点


複数の電子書籍サイトを使う場合、いわずもがなですが重複購入にはくれぐれもお気をつけ下さい。私はうっかり同じ漫画を別々のサイトで2冊買ってしまい凹むということがこれまで2.3回ありました。

昔の作品を買っておいて後で読もうと思って忘れてしまい、またしばらくして別のサイトで買ってしまったというやつです。

最初の頃はまさか自分がそんなことするわけがないと思っていましたが、完全に思い上がりでした。人間は忘却の生き物です。

特に漫画を大量に買う人は注意が必要です。電子書籍を使い慣れてきた頃が一番危険。油断禁物。うっかりは慣れてきた頃に起きるものです。

以上が現段階での電子書籍サイトの比較と利用状況です。

今後もっとお得だったり使い勝手が良いサイトが出てくればそちらを使うようになると思いますが、その都度アンテナを張っておきたいですね。何か良い情報があればまた発信していきたいと思います。

» 記事の続きを読む