「20年で夜は変わってく~腐れ縁を恋に育てる方法」ネタバレ感想です。

村上キャンプ先生の新刊BLは、ちょっと痛い子の受けとぼんやりした攻めの20年に渡る生活感あふれるお話です。1話ごとに電子配信されていたものがまとまったものですが、毎話必ずエロが入るのはご馳走様でした。

全131ページと少ないページ数ながらも、ちゃんと長い長い時間の経過を感じさせるのがすごいなと思います。5年単位で進んでも唐突感がないし違和感がなかった。話の作り方や構成が優れているんでしょうね。

素朴な絵柄と全体的なローテンションっぷり、そして少しずつ時計が進むようなストーリーがマッチしていて村上キャンプ先生らしい作品です。

惜しむらくはこの表紙が落ち着きすぎていて地味というか、色合い的にもちょっと表紙で損をしているような…ごにょごにょ。

村上先生は「BANBA BURGER」も「スクリーン」も表紙がすごくオシャレだったので意外な感じがしました。何回か見ているとこれはこれで味があっていいなと思えるのですが。

追記)電子では「20年で夜は変わってく」というタイトルでしたがコミックスでは「私がオジさんになっても」になっています。

私がオジさんになっても 電子書籍


紙のコミックスよりも電子書籍のほうがちょっとだけお安くなっています。(紙:700円 電子:540円)


» 記事の続きを読む