不器用なサイレント最終回の感想です。コミックスの6巻に収録されるネタバレになります。

マガジンビーボーイ10月号で不器用なサイレントの最終回、10年後のみんなの様子が読めました。田宮と遠野、加賀見と相良たちの幸せな未来を見せてもらえたのが嬉しくて感無量です。

コミックスの1巻は2006年に発売されたので、ちょうど10年の連載に幕が下りました。高永ひなこ先生長い間本当にお疲れ様でした。

高永先生の作品の中では「恋する暴君」に並んで好きな作品です。絵柄がキレイでほのぼのしているBL漫画をお探しならぜひおすすめしたいです。

それでは以下「不器用なサイレント」最終回の感想です。ネタバレNGな方はどうぞご注意ください。

マガジンビーボーイ 電子書籍配信


マガジンビーボーイの電子書籍の配信は20日あたりになります。BL雑誌の電子化の中ではまだ早い方なので、配信待ちの方はもう少しのガマンです。

(追記:9/21から配信開始しました。2017年3月27日までの期間限定配信です)

MAGAZINE BE×BOY 2016年10月号

MAGAZINE BE×BOY 2016年10月号

MAGAZINE BE×BOY 2016年10月号


» 記事の続きを読む