「おいたが過ぎるわ子猫ちゃん」のネタバレ感想です。

ハード系シリアスとは真逆版の緒川千世先生の新刊BLです。

「カーストヘヴン」なんかを読んだ後にこれを読むと、本当に同じ作家さんなのかと我が目を疑いたくなるような甘さにほっこり。

世知辛い世の中に疲れ果てて糖分が必要な人にはもってこいの、甘くて優しくて癒したっぷりの平和なお話でした。

攻めの「越郎」が「エツロー」とカタカナ表記されていると「エッロー」に見えるのは私の脳内が腐っているからでしょうか。みんなもそう思いますよね、ねっ!

それでは以下、緒川千世先生の「おいたが過ぎるわ子猫ちゃん」の感想です。

おいたが過ぎるわ子猫ちゃん 電子配信



» 記事の続きを読む