桂小町先生の「花と純潔」のネタバレ感想です。

吸血鬼モノはBLの世界においても夢と希望に満ち溢れた鉄板ネタであり王道ですが、それがゆえに名作揃いで敵もまた強し。

そんな中で「花と純潔」はキラリと輝くものがありました。本棚を整理していたらつい読みふけってしまったパターンからの感想文です。

今まで桂小町先生のBL漫画の中では「ROUGE」がとても好きだったのですが、今回見事に「花と純潔」が一番に躍り出ました。

それでは以下「花と純潔」の感想です。

花と純潔 電子書籍


花と純潔

花と純潔

花と純潔


» 記事の続きを読む