ガイコツ書店員本田さん2巻のネタバレ感想です。

15万部売れてるのも納得の現役書店員さんによる本屋さんドタバタエッセイコミックの第二弾です。

漫画の実写化やアニメ化における本屋さんへの影響やサイン本のこと、取次さんや相変わらず個性豊かな愉快な書店員の仲間たちなど2巻もかなりの情報量で楽しく読めました。

飲み会で本田さんがガイコツ書店員であることがバレたり、前回の1巻で研修のことを書いて偉い人に怒られたというお話にはちょっと考えさせられたり。

本田さんは今も書店で働いているということで、上司の検閲もありながらの執筆なのでそうそうぶっちゃけては書けないこともあるでしょう。

しかし紙面を通して伝わる本田さんのお人柄も手伝って、ややこしいあれやこれやをすべて含めて笑いに昇華されているのがやっぱりお見事でした。

それでは以下「ガイコツ書店員本田さん」2巻の感想です。

ガイコツ書店員本田さん2巻 電子書籍



» 記事の続きを読む