木下けい子先生の「17生徒」ネタバレ感想です。

作家買いしている木下けい子先生の新刊BLマンガは、生徒と教師の純粋ゆえにヒリヒリ痛くて切ないお話です。まだまだ10代の未熟な高校生と、大人の縛りの中で生きる教師の関係が変わっていくのか変わらずにそのままなのか。

高校生の恋は卒業という区切りがあり、教師には卒業がありません。自分をけして見てくれない人への初恋は実るのでしょうか。それでは以下「17生徒」の感想です。

17生徒 木下けい子 電子書籍



» 記事の続きを読む