「つらなるステラ」の感想です。

高野ひと深先生の2冊目のBLコミックスは至極の短編集です。高野ひと深先生といえば少女漫画の「私の少年」が超名作ですがBLも描ける作家さんなんですよね。

セフレヤンキー、芸能界アイドル、再会、方言、お隣さんなどバラエティ豊かな短編揃いなので、どなたにもどれか刺さる作品が見つかるのではないでしょうか。

私は表題作のアイドルBLが一番好きで、高野ひと深先生の根底にあるアイドル論に触れたようで痺れました。それでは以下「つらなるステラ」の感想です。※ネタバレ注意です。

つらなるステラ 電子書籍


つらなるステラ

つらなるステラ

つらなるステラ


» 記事の続きを読む