▼2017年上半期BL漫画TOP100▼


BLコミック上半期ランキングベスト100


▼もっとも売れたBL漫画ランキング▼


【人気】もっとも売れたBL漫画ランキング


▼10年分のBL漫画ランキング▼


【2007~2016】BLコミックランキングまとめ


▼今週のスタンプ作品▼


スタンプが貯まるお得な作品一覧


▼電子コミックセール情報まとめ▼


お得なBLコミックセール情報まとめ




▼要チェックな新人BL作家特集▼


今から要チェック!新人BL作家さんたち


▼秋の名作BL特設サイト▼


秋の夜長におすすめの名作BLマンガ


▼BL小説上半期ベスト2017▼


BL小説2017上半期ランキングベスト30




▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼おすすめオメガバース▼

オメガバースBL漫画ランキング


▼2017上半期お気に入りBL20冊▼


【ランキング】上半期お気に入りBLコミック20


▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼このBLがやばい2017ランキング結果▼


【ネタバレ感想】このBLがやばい2017 BL漫画ランキング結果

カテゴリ:銀魂

銀魂のカテゴリ記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2016-01-08 銀魂
アニメ銀魂304話の感想です。将軍暗殺篇に入ってからの怒涛の展開はもちろんのこと、いいところで年をまたいだ銀魂ですが、2016年1発目も魅せてくれました。新オープニングでの、赤文字の「原作:空知英秋」からはじまって、ALL将軍暗殺篇仕様になりました。松陽先生も大きく映り、最後に将軍の後姿というのも泣かせにきています。今本誌の方では高杉さんはまだ目覚めないわ神威は行方不明だわな状態ですが、そんなことになるとい...

記事を読む

No Image

2015-12-19 銀魂
ジャンプフェスタ2016の「銀魂」のステージで、空知先生から「最終章」という発表がありました。すぐにツイッター界隈がざわざわしはじめたので何事かと思ったら、銀魂のステージで「来年から最終章に入る」ということが先生からの手紙で読まれたとか。うわあ。。。漫画の展開からももうそろそろかなとは思っていましたが、とうとうきたかという感じです。いつか終わるとは思っていても、こうやって原作者の空知先生の言葉で実際に...

記事を読む

No Image

2015-11-12 銀魂
銀魂の将軍暗殺篇が12月2日からと聞いて以来、11月の放送分はまあ助走だよねとか思って(失礼)油断していました。297訓の「別れの挨拶は簡潔に」で、神楽ちゃんが仮病なのにまさかの国をあげてのお葬式というギャグパートに、笑いながら楽しんでいました。なんだか今回は妙にエンディングが早くにきたなあ、次回298訓の予告が終わってもまだ時間があるけど?と思っていたら、ヤられました。銀魂―ぎんたま― 58 (ジャンプコミックス...

記事を読む

No Image

2015-11-04 銀魂
アニメ「銀魂」の将軍暗殺篇が12月2日からスタートすることが発表されました。早くアニメでこのシリアス長編を見たいような、原作ストックもあることだしもう少しギャグでグダグタと楽しみたいような、複雑な気持ちです。シリーズ最長なのでアニメは年をまたぐでしょうし、長く楽しめるのは嬉しいですが展開が展開なだけに、今までのシリアス以上に気を引き締めて覚悟して見ないといけないですね。今、本誌の方で桂さんが本気を出...

記事を読む

No Image

2015-10-23 銀魂
銀魂も3クール目に入って、ますます楽しくなってきました。294話目にしてとうとう真選組の秘密兵器(?)三番隊隊長・斉藤終(さいとうしまる)が新キャラとして登場しました。声優が豪華な銀魂ですが終兄さんも櫻井孝宏と、また美声を当ててきました。あまりしゃべらないのに無駄にイケボです。終わってみたらもう語尾の「Z」ばかりが印象に残るという、なんとも不思議な294話でした。まだもう1話続くんですね。今回は桂さんもた...

記事を読む

No Image

2015-06-19 銀魂
アニメ銀魂11話(276話)アニメあらすじと感想です。一部を除いて美女揃いとなった元・男性キャラたち。なぜかみんな巨乳でお妙さんの怒りを買うも、土方さんできっちりオチがつき、いざ11話。まだ出てきていない女性キャラはどんな男性に転換されているのか。以下、アニメ銀魂第11話(276話)ネタバレ感想です。シーモアが初めての方へ【Amazon】銀ちゃんねる!『銀魂』公式キャラクターブック万事屋よ永遠なれ 空知英秋ネーム本【...

記事を読む

No Image

2015-06-11 銀魂
アニメ銀魂10話(275話)アニメ感想です。さてやってきました!銀魂の男女逆転。二次創作ではなく公式設定です。少年漫画で女の子がかわいく描けるかどうかって大きいと思うのですが、空知先生はやっぱりすごいです。一部を除いて男キャラはちゃんと元々の面影を残したかわいい女キャラになってます。一部を除いてwしかも今月のアニメディアでは、銀さんのおしゃれな表紙になってるし。【編集部ブログ更新しました】アニメディア7...

記事を読む

No Image

2015-05-27 銀魂
アニメ銀魂8話(273話)アニメ感想です。前回は攘夷志士組、第8話はつっこんでばかりの土方さん回です。原作でも熱い男ですがやっぱりアニメでも土方さんはいい男。間違いない。銀さんと土方さんのコンビが銀魂のなかで一番好きです。以下、アニメ銀魂第8話(273話)ネタバレ感想です。シーモアが初めての方へ【Amazon】銀ちゃんねる!『銀魂』公式キャラクターブック万事屋よ永遠なれ 空知英秋ネーム本【無料の立ち読みはこちら】...

記事を読む

No Image

2015-05-20 銀魂
アニメ銀魂7話(272話)アニメ感想です。完全に黒子のバスケに便乗して笑わせに来ている攘夷志士同窓会編。先週に引き続き、今週は後編。黒バスもポカリも声優陣も重ねてくるわで、漫画で展開を知っているのにリアルに声をだして笑ってしまいます。アニメ銀魂第7話(272話)ネタバレ感想です。シーモアが初めての方へ【無料の立ち読みはこちら】銀魂 (PC用)銀魂 (スマホ用)【Amazon】銀ちゃんねる!『銀魂』公式キャラクター...

記事を読む

No Image

2015-05-15 銀魂
アニメ銀魂6話(271話)アニメ感想です。とうとうやってきました待望の過去編。いつもはめったに出てきてくださらない高杉さんとか坂本さんとか。さらに黒子のバスケとのコラボなどなど、盛りだくさんの銀魂攘夷志士同窓会に、本家黒子っちも来ちゃったよ編。アニメ銀魂第6話(271話)ネタバレ感想です。 シーモアが初めての方へ【無料の立ち読みはこちら】銀魂 (PC用)銀魂 (スマホ用)6話 「同窓会は遅れてくると入りづら...

記事を読む

アニメ銀魂304話感想 将軍暗殺篇五

  •  投稿日:2016-01-08
  •  カテゴリ:銀魂
アニメ銀魂304話の感想です。

将軍暗殺篇に入ってからの怒涛の展開はもちろんのこと、いいところで年をまたいだ銀魂ですが、2016年1発目も魅せてくれました。

新オープニングでの、赤文字の「原作:空知英秋」からはじまって、ALL将軍暗殺篇仕様になりました。松陽先生も大きく映り、最後に将軍の後姿というのも泣かせにきています。

今本誌の方では高杉さんはまだ目覚めないわ神威は行方不明だわな状態ですが、そんなことになるという展開をまっっっっったく想像させない銀魂はやっぱりすごい。空知先生すごい。



本編の冒頭で、やっと全蔵&さっちゃんに再会できた将軍。さっちゃんの流した美しい涙に、こっちまでうっかりうるうるしてしまいました。

そしてはじまった神楽vs神威。最強の兄妹喧嘩です。(沖田のつけた)お兄ちゃんの傷を見逃さない神楽はさすが。

今回はそれにしても作画がキレイで感動です。


私が好きなシーン、攘夷時代の背中合わせの高杉と銀時のやりとり「先生を頼む」「死ぬな」もようやくアニメで見れました。

2人の真剣バトルの合間に差し込まれるチビ銀時、チビ高杉、チビ桂さんの出会い。

思ったよりも子供時代の桂さんと高杉の声が高くてかわいらしいのに驚きましたが、顔立ちも原作に忠実でキュートでよかったです。


チビ銀時の声は、大人ボイスとはまた違って、いたずら少年っぽい声でした。うん、これはこれでアリ。

松陽先生も今までで一番たくさんしゃべってくれたし、あの謎の怪力ゲンコツも見れました。さらにはチビ桂のおにぎりも、チビ高杉のプライスレスな笑顔も。

なんかもう3人の子供時代を見ていると胸がいっぱいになります。そういえばこれをジャンプ本誌で読んでいた頃も毎週最高に熱かったなあ。

本編最後の倒れた銀時に、ラストの高杉の表情。あっという間のおしまいに放心していたら、ダメ押しのエンディング映像にも見入ってしまいました。


万華鏡を背景に、過去と現在が写真上で交錯していくという粋な演出です。

さ、佐々木さんと信女の縁側2ショット(ドーナツ食べてる&携帯いじってる)があるということは、将軍暗殺篇の後もやるということでしょうか!?ドキドキ。

近藤さん、土方さん、ミツバさん、総悟くんの4ショットもあったし。

予告の「俺は吉田松陽の弟子、坂田銀時だ!」に痺れてようやく一息つけたという感じの304話でした。

4月に新シリーズになってから、特に攘夷時代の作画がまったくブレずに美しくて(黒子野の話とかむっちゃんと坂本さんの出会いの回とか)大好きです。

私は衣装に関しては、銀さんと桂さんは現在のコスチュームが好きで、高杉と坂本は攘夷時代の服装が好きなんですが、攘夷時代の高杉がたくさん見れるのはそういう意味でも嬉しいです。

待ちきれないような、だけど刻々と近付いているあのシーンが悲しくて永遠に見たくないような、その先を知っているがゆえに胸中は複雑です。

次週、305話も心して待ちたいと思います。


将軍暗殺篇をうけてとうとう将軍グッズがwうーんナイスタイミング。商売上手です。

銀魂クリアファイル G:将軍
銀魂 クリアファイル G:将軍

原作とはちょっと違うけど、やんちゃ度とイケメン度が増した銀さんも好き。銀魂のグッズは時々恐ろしくなるくらいツボなものがあるから恐いです。

銀魂アクリルコースター 銀時

銀魂アクリルコースター 銀時

この銀さんの背中とか最高だと思うんだが。この絵は確か原作の扉絵にありました。ここをグッズにするなんて、やっぱりスタッフさん分かってる。

銀魂 2016年カレンダー
銀魂 2016年カレンダー

雨が超いい仕事したストレート銀さん。というか白夜叉。天パがとれかけの銀さんなんてレアです。とにかく雨が!雨がいい仕事したよ!(しつこい)

ちなみにこのビッグタオルは攘夷組4人分あります。分かってるなあ。

銀魂ビッグタオル 白夜叉

銀魂 ビッグタオル/白夜叉


 カテゴリ
 タグ
None

銀魂が2016年から最終章に突入 ジャンフェスで空知先生が発表

  •  投稿日:2015-12-19
  •  カテゴリ:銀魂
ジャンプフェスタ2016の「銀魂」のステージで、空知先生から「最終章」という発表がありました。

すぐにツイッター界隈がざわざわしはじめたので何事かと思ったら、銀魂のステージで「来年から最終章に入る」ということが先生からの手紙で読まれたとか。

うわあ。。。漫画の展開からももうそろそろかなとは思っていましたが、とうとうきたかという感じです。

いつか終わるとは思っていても、こうやって原作者の空知先生の言葉で実際に発表されると寂しいものですね。



アニメのほうも12月から将軍暗殺編が始まって、もうこれでギャグには戻らないんだろうなと思いましたが、空知先生の言葉となると重みが違います。

毎年ジャンフェスではいろんなことが発表されて、今年もナルトの息子の「BORUTO-ボルト-」の連載が決定したことに喜んだり驚いたりしていました。

(しかも岸本斉史先生ではなく、長年アシスタントをされている池本幹雄先生が作画を担当する月1連載というサプライズ)

に加えて、銀魂のニュース。


「来年始まる新しい章が最終章」ということなので、来年最終回とかではないと思います。長編になるとしたら何年もかかる可能性もありますしね。

謎や明かされていない伏線の回収もあります。

同じジャンプの漫画にも最終章が年単位で長く連載されている作品もあるので、今すぐ「最終回!さようなら」ではないとはいえ、来年からは心して読まなきゃいけないなと思いました。

まずは今の長編をまとめるのでもかなり大変そう。


銀魂はバトルがスピーディとはいえ、神威と神楽のこと、高杉のこと、松陽先生のことなどまだ先は長そうです。

ここまで10年以上楽しませてもらった漫画なので、終わると聞くとさびしく思いますが、空知先生ならきっと素敵な終りかたを用意しているはず。

もうちょっと万事屋のうだうだした日常とかも見ていたかったですが、私にできるのは温かく見守ることなので、アニメ共々信じて最後まで応援したいです。

単行本65巻&66巻にはアニメDVDの「愛染香篇」が収録されるという発表もあったので、そちらも楽しみにしています。


 カテゴリ
 タグ
None

アニメ銀魂297話感想 将軍暗殺篇の予告にびびるも予習は完璧です

  •  投稿日:2015-11-12
  •  カテゴリ:銀魂
銀魂の将軍暗殺篇が12月2日からと聞いて以来、11月の放送分はまあ助走だよねとか思って(失礼)油断していました。

297訓の「別れの挨拶は簡潔に」で、神楽ちゃんが仮病なのにまさかの国をあげてのお葬式というギャグパートに、笑いながら楽しんでいました。

なんだか今回は妙にエンディングが早くにきたなあ、次回298訓の予告が終わってもまだ時間があるけど?と思っていたら、ヤられました。



まさかの将軍暗殺篇の予告


このタイミングではさんできますか。

なんだかもう映画みたいな超シリアスモードな銀さん達に、さっきまでのあのおふざけは何だったの?と目が点になる始末。

アニ魂の本気の作画に、そういえば前からシリアスパートはすごかったんだった。。。と思い出しました。

沖田の「一応俺、仲間ですから」にも痺れたし、神威の「あんたも同じだろ。人殺しの目だ」もエキセントリックで最高でした。

銀さんの「俺は吉田松陽の弟子、坂田銀時だ!」も文句なしです。

やっぱり音がつくとまた迫力が違いますね!

ちょうど1年前の昨年2014年の今頃、今回の「将軍暗殺篇」がジャンプ本誌で連載されていて、途中からでしたが感想を書かずにはいられなかったのが懐かしいです。

すでにコミックスも発売されていますが、将軍暗殺篇の予習はこちらをどうぞ。途中からですが、すべて核心に触れるネタバレをしているのでお気をつけください。


銀魂516訓ネタバレ感想

銀魂517訓ネタバレ感想

銀魂518訓ネタバレ感想

銀魂519訓ネタバレ感想

銀魂520訓ネタバレ感想

銀魂521訓ネタバレ感想

銀魂522訓ネタバレ感想

銀魂523訓ネタバレ感想


銀時や高杉たちの子ども時代、そして攘夷時代、そして松陽先生の死の真相。

518訓から520訓はもう怒涛の展開で、これをアニメでやるんだと思うと、胸が熱くなります。

将軍暗殺篇のひとつの山場は銀時と高杉の対決にありますが、ここで一応の決着というかケリがついたといえるので大一番ともいえそうです。

12月から2016年にかけてまたワクワク。あ、もちろん11月のアニメ銀魂も消化試合とか言ってないで楽しみたいと思います。


 カテゴリ
 タグ
None

アニメ銀魂 将軍暗殺篇は12月2日から 長編シリアスが年末にきました!

  •  投稿日:2015-11-04
  •  カテゴリ:銀魂
アニメ「銀魂」の将軍暗殺篇が12月2日からスタートすることが発表されました。

早くアニメでこのシリアス長編を見たいような、原作ストックもあることだしもう少しギャグでグダグタと楽しみたいような、複雑な気持ちです。

シリーズ最長なのでアニメは年をまたぐでしょうし、長く楽しめるのは嬉しいですが展開が展開なだけに、今までのシリアス以上に気を引き締めて覚悟して見ないといけないですね。

今、本誌の方で桂さんが本気を出すという熱い展開に痺れていましたが、このニュースを見て一気にアニメに意識が傾きました。

ああ、とうとうかあ。。。

銀魂アニメ公式サイト




新エンディングになってからいつかはやるんだろうなと思っていましたが、思った以上に早くて嬉しいような怖いような。。。

将軍暗殺編をやっちゃったらもうギャグには戻れないと思うし、そうなるとアニメ4期もそこでいったんは幕を下ろすのかな。それは寂しいなあ。もっともっとずっと見ていたい。

12月からは将ちゃんのイケボがたくさん聴けるし(だからいっそう切ない)、銀時と高杉のバトルに過去も共闘もあり、目が離せない展開になりそうです。

2016年3月6日(日)にイベント「銀魂晴祭り2016(仮)」も決まっているし、そのころにアニメがどうなっているのか、ハラハラしながら見届けたいと思います。


 カテゴリ
 タグ
None

アニメ銀魂294話感想 斉藤終は櫻井孝宏 将軍暗殺編もアニメでやるのかな

  •  投稿日:2015-10-23
  •  カテゴリ:銀魂
銀魂も3クール目に入って、ますます楽しくなってきました。

294話目にしてとうとう真選組の秘密兵器(?)三番隊隊長・斉藤終(さいとうしまる)が新キャラとして登場しました。

声優が豪華な銀魂ですが終兄さんも櫻井孝宏と、また美声を当ててきました。あまりしゃべらないのに無駄にイケボです。

終わってみたらもう語尾の「Z」ばかりが印象に残るという、なんとも不思議な294話でした。まだもう1話続くんですね。今回は桂さんもたくさんしゃべってくれたので、それも嬉しいです。

っていうか、そもそもは桂さんの潜入捜査が中心の話なんでしたwアフロヘアとかつっこむ以上に終兄さんが強烈で、かすんじゃった。



本誌の銀魂の連載が空知先生の急病で2週間休載になって、今週復活されましたが、アニメがあったので凹まずにすみました。

アニメのほうは3クール目に入って、オープニングはまあかわいい感じで何も思わなかった(失礼)のですが、問題はエンディングですね。

まさかの攘夷時代の銀時からのエンディングだったので驚きました。

松陽先生と子銀時の2ショットも切なくなりますが、攘夷組4ショットも続いて、その後これまで戦ってきた相手(金時とか)と銀時が対峙。

さっちゃんや全蔵の姿もあり、その後まさかの高杉さんと銀時がタイマン張ってたりしてさらにびっくり。

これ、もしかしてアニメで将軍暗殺編をやるんでしょうか。だとしたら長編シリアスなので長丁場になると思うのですが。どきどき。



今回のアニメの最大の見せ場になるでしょうし、この長編をやっちゃったらもうギャグに戻れなくなるんじゃ。。。といういらぬ心配をしてみたり。

という感じで、新エンディングを見て以来、いつ将軍暗殺編がアニメではじまるのかとドキドキしています。私は銀魂のシアリスも大好きなのですが、見たいような見たくないような複雑な心境です。

坂本さんとむっちゃんの出会いの回の回想で、攘夷時代の銀時、高杉、桂、が坂本と会うというあの4人のシーンでもすごくワクワクしていたので、楽しみは楽しみなんですが。。。

将軍暗殺編が始まったら正座して見たいと思います。


 カテゴリ
 タグ
None

銀魂アニメ11話(276話)感想 さっちゃんと月詠がイケメンイケボでつらい

  •  投稿日:2015-06-19
  •  カテゴリ:銀魂
アニメ銀魂11話(276話)アニメあらすじと感想です。

一部を除いて美女揃いとなった元・男性キャラたち。なぜかみんな巨乳でお妙さんの怒りを買うも、土方さんできっちりオチがつき、いざ11話。

まだ出てきていない女性キャラはどんな男性に転換されているのか。

以下、アニメ銀魂第11話(276話)ネタバレ感想です。






シーモアが初めての方へ

【Amazon】

銀ちゃんねる!『銀魂』公式キャラクターブック
万事屋よ永遠なれ 空知英秋ネーム本

【無料の立ち読みはこちら】

銀魂 (無料立ち読み)



11話 あらすじと感想

第276話「カロリーは忘れた頃にやってくる」

デコボッコ教によって性別を転換させられた歌舞伎町の住民たち。土方に対してひそひそとささやくのは銀子。





「十四朗じゃなくてTOKYOX四朗(豚の名称)なんじゃないの?」





女性になったとたん、今まで蓄積させてきたマヨネーズのカロリーがあふれ出した結果のビジュアルがこれ。近藤も土方をなぐさめます。

「私だって今まで蓄積してきたゴリラが噴き出してこうなったのよ」

近藤からゴリラ成分を除いたら、宝塚風の金髪美女になるとか。沖田はダイエットを手伝うと言って、土方を丸焼きにしようとセッティングします。





「蓄積されたSが噴き出してる!」





すると、デコボッコ教の目の前で、銀時たちを取り囲む真選組。「あんな素晴らしい教えを理解できないなんて、悲しい人たちね」勝ち誇ったように言う近藤。

デコボッコ教を国教とする動きから、異教徒である銀時たちに対して国から送られたのが真選組でした。

「というわけで、ここは私たちにお任せください」取り囲むデコボッコ教に告げる近藤の言葉で、去って行くデコボッコ教の信者たち。

もちろんこれは近藤の演技でした。

歌舞伎町のあちこちに仕込まれた監視カメラで監視されている住民は、性にそぐわない行動を見張られ、おかしな行動をとったらすぐに捕まってしまう。

近藤たちは銀時たちの言動を丸く収めるために演技をしただけ。もともと真選組は、宇宙で広域指名手配されているデコボッコ教を追っていたのでした。

宇宙に浮かぶ人口衛星を神様とするでデコボッコ教は、人体のホルモンバランスを操作する特効薬を作り出して、性別を逆転させるウイルスを作り出した。

それを人口衛星からまき散らした結果、歌舞伎町の住民が性別転換してしまったのでした。

ウイルスは空気中では長くもたないうえに、人から人へは感染しないことを聞いて、九兵衛は安心します。

「お妙さんが男性になることはないんだな・・・」





「心配してくれてありがとう・・・」





お妙さんといい雰囲気の九兵衛。

この事態を収束するには、デコボッコ教を直接叩くしかない。監視をかいくぐってアジトを見つけ出し、ウイルスがばら撒かれる前に彼らを一網打尽にできるのは、銀子たちだけ。

足を引っ張るなよ、と土方に詰め寄る銀時と沖田。ドSコンビは性別転換しても関係ないようです。

いたるところに張り巡らせた監視カメラに、ハッキングするチップをセットしようとする土方、銀時、沖田。デコボッコ教に怪しまれないよう女装して、できる限り女性らしくふるまいながら行動します。

カフェでどちらがモテるかを張り合う銀時と土方。逆ナンの数で競おうと店を飛び出して行きます。

山崎は真面目にチップをセットしながら、呆れ顔。女性版山崎は、ものすごく普通。フツーすぎるクオリティです。

一方、九兵衛とお妙さんも監視カメラにチップをしかけるべく2ショットで歌舞伎町を歩きます。





「妙ちゃんは、そのままで十分だよ」





女らしさを勉強しなきゃと言うお妙さんに、赤くなって伝える九兵衛。お妙さんもその言葉にほんのり頬を染めます。

「やだもう、調子狂っちゃうな・・・」

九兵衛とは分かっているものの、男性と2人でいるようで恥ずかしがるお妙さん。なんともいい感じの2人。

お妙さんが見つけた監視カメラにチップを仕掛けようとした瞬間、デコボッコ教が通りがかるのを見た九兵衛。

思わずお妙さんを抱き寄せて、カップルを装います。何事もなく過ぎ去り、ホッとする九兵衛ですが、お妙さんは真っ赤になって挙動不審に。





「このままでいい」





九兵衛は、そんなお妙さんの手をとり、恋人同士のふりをしている方が怪しまれないからと提案します。

(僕は一体何をしているんだろう?なぜこの状況に、男であることにかすかに喜びを感じているのだろう・・・)こんな状況なのにこのシチュエーションを喜ぶ自分に疑問を感じる九兵衛。

ですが、そこへ新八と近藤が背後から忍び寄ります。

カップルのふりなどさせまいと、姉を手をつなぐ新八に、お妙さんの手はとらせまいと九兵衛の手をとる近藤。

一方、銀子と土方は逆ナンしようと男性に声をかけますが、お登勢やキャサリン。考えたら今歌舞伎町にいる男は皆元・女性。

さらに街行く男性に声をかける銀時と土方。

ふり返った男は、超イケメン!





「男になって初めて分かった。世の中の男がいかに使えないことを」





2人は男性化したさっちゃんと月詠。

銀時たちが女子になってキャーキャー言っている間に、監視カメラの全てを取り外したさっちゃん(CV:興津和幸)と月詠(CV:星野貴紀)のイケメンコンビ。

さらには街を巡回していたデコボッコ教の信者たちも捕えていました。デキる元・女性陣。

地下にあるデコボッコ教のアジトをつきとめ、乗り込んでいく神楽、さっちゃん、月詠、九兵衛。





「ハイスペックすぎるだろ!」





銀時の言葉とおり、男性以上に男前に闘う元・女性キャラたち。土方も負けじとマンホールから突撃しようとするも、身体が挟まってしまう。

沖田が土方を妊婦扱いをしたところで、第11話は終了。第12話に続く。




国内最大級の電子書籍ストア「コミックシーモア」
シーモアが初めての方へ


山崎の女性化が普通すぎてコメントしづらい・・・w

それよりもやっぱりさっちゃんと月詠がイケメンでしたね!声もイケボです。アニメの醍醐味って動くことと声がつくことですが、最高にいい声をあててくださってありがとうございます。

もちろん公式サイトもちゃんとキャラが更新されていました。さすがぬかりない公式。

今回は銀子先生もラストに出てきて、かわいかった。マダオの扱いが雑ですが、性転換編でまったく出てこないキャラもいるなかで、逆に優遇されているのかもしれません。

この男女逆転でしばらくいろんな話を進めていってもおもしろそうですが、次回で終焉。

ちょっと惜しいような気もしますが、杉田さんが帰ってくる・・・のか!?ということで、次回第12話も楽しみです。

「銀魂」関連作品

 カテゴリ
 タグ
None

銀魂アニメ10話(275話)感想 性転換編 女体化した男キャラがイケてます(一部除く)

  •  投稿日:2015-06-11
  •  カテゴリ:銀魂
アニメ銀魂10話(275話)アニメ感想です。

さてやってきました!銀魂の男女逆転。二次創作ではなく公式設定です。

少年漫画で女の子がかわいく描けるかどうかって大きいと思うのですが、空知先生はやっぱりすごいです。

一部を除いて男キャラはちゃんと元々の面影を残したかわいい女キャラになってます。一部を除いてw

しかも今月のアニメディアでは、銀さんのおしゃれな表紙になってるし。



銀さん、ポーズも口元もかわいいw

以下、アニメ銀魂第10話(275話)ネタバレ感想です。






シーモアが初めての方へ

【Amazon】

銀ちゃんねる!『銀魂』公式キャラクターブック
万事屋よ永遠なれ 空知英秋ネーム本

【無料の立ち読みはこちら】

銀魂 (PC用)
銀魂 (スマホ用)



10話 あらすじと感想

「9+1=柳生十兵衛」

歌舞伎町で占い師に呼び止められる九兵衛。男装しているにも関わらず、女性であることを一目で見破られて動揺します。

「女として生きるべきか、男として生きるべきか。あなたは迷っている」

図星を指された九ど兵衛は、自分の生い立ちを占い師に語ります。

お家を守るために男として育てられ、それが抜けられなくなってしまった九兵衛。

それでもありのままの自分を受け入れてくれる仲間に出会って、自分の中にある女というものを自覚し、少しずつ歩み寄っていた。

ですが男として染みついた習慣から、気恥ずかしくて今一歩踏み出せない。それに咥えて「ある人(お妙さん)への想いを断ち切れない」と切なそうな九兵衛。





「今ではもう百合キャラなのか僕っ子キャラなのかもブレブレで・・・」





「ならば一度、身も心も男になってみては?もしあなたが本当に望むなら、私がこの世界を変えてあげましょう」

うさんくさく感じた九兵衛は、その場を立ち去ろうとしますが、売り言葉に買い言葉で「できるものならやってみろ!」と言ってしまいます。

すると突然、謎の光に包まれる歌舞伎町。

九兵衛が目覚めると、なにやら身体が重くなっています。立ち上がり、ふとショーウインドウに映っている人を見てしまった九兵衛。

じろじろと見てしまったことを謝罪しますが、顔が上げられません。

「衣装がたまたまかぶることくらいあるだろう。でも眼帯までかぶるだろうか。何かの仮装か?」





「きっとレッツパーリィの人だ」





しかし九兵衛が顔を上げても当然そこに、レッツパーリィの人はいません。「九兵衛に知らない棒が1本増えて十兵衛になってる!」ようやく自分が男になったことに気づいて愕然とする九兵衛。

そこへポンと肩をたたかれた九兵衛がうっかり手にしたのは、女性の豊満なバスト。九兵衛は、慌てて謝ります。

「男の胸板さわったくらいで何言ってんだ?」

ポカンとして目の前に立っているのは銀時!小柄でボーイッシュですがバストは大きめの、かわいい女の子になっています。声も女性(CV戸松遥)と、かわいらしい感じです。

万事屋に戻って確認する女銀時。





「久しぶりに見た」





鼻血を出しながら言う銀時。あの時見た光が男女逆転してしまったと考える2人。

「今のうちに乳を揉んでおいたほうがいいってことだよな」こんな時にボケる女銀時。九兵衛は十兵衛と名乗り、銀時は銀子と名乗ることになります。

まさかあの光で皆が男女逆転に?と心配する銀子のところへ、神楽が登場。ガタイのいい武将男、いや「漢」になっている神楽。元の神楽のキュートな要素が、いっさいありません。

定春も、もふもふしたぬいぐるみっぽさがなくなり・・・もう違う生き物(白馬)となっています。

そこへ新八が戻ってきますが、知らない人が家にいる!驚く新八ですが、一見なにも変わっていない様子。

しかし新八のメガネの柄がピンク色になっていました。本体はメガネ説がまた強くなった新八。

歌舞伎町中は、やはり全員男女逆転しているようです。

政府はすべての道を閉ざしてしまい、隔離されてしまう歌舞伎町の人々。そこへあの怪しげな占い師がテレビに映ります。

自分の性別をまっとうする覚悟ができたら元に戻れると言う占い師は、「私たちはいつでもあなた達を見ていますよ」と残して消えていきます。

女子高生になりきる銀子はノリノリ。

神楽惇になった神楽は、この機に稼ごうとすると、そこへ殺到してくる歌舞伎町民。

騒動になり、お妙さんが人の波にのみこまれそうになっていると、さっそうと現れる十兵衛。お妙さんを助けてなんだかいいムードな2人。

お妙さんはあの光の後に歌舞伎町へやってきたので、女性のままです。

みんなでいったん落ち着こうと、ファミレスに向かう一行。

お妙さんは「良かったですねえ、銀さん。揉み放題じゃない」銀子の豊満な胸を掴んでブチ切れそうです。

お妙さん、ドンマイ!w





「僕は九兵衛の兄の十兵衛です。彼女募集中です」





すぐばれる嘘でアピールする十兵衛w

今は大人しくしておくべき、と銀子は、まず困ることとして女性のトイレの使い方を挙げます。しつこく女性のトイレについて聞く銀子。完全にこの状況を楽しんでいます。

お妙さんが教えようとトイレに行こうとしますが「とんでもない絵面になるわ!」光の速さで新八がつっこみます。

漢・神楽惇が代わりに教えようとするも、「もっととんでもない絵面になるわ!!」冴えわたる新八のつっこみw

するとすぐそばのテーブルでお茶していた金髪の美女が、自分も元男だから大丈夫、と妖艶に微笑みます。ラッキーとばかりに、美女についていく銀子。

ですがこの金髪美女、実は真選組組長・近藤でした。銀子や十兵衛と違い、まったく元の近藤を彷彿とさせない姿になっています。

お妙さんをストーカー、じゃなくて探してここへ来ていた近藤。

お妙さんよりも色っぽく、こちらも豊満なバストの近藤に怒り狂うお妙さん。

近藤はお妙さんを追うためだけでなく、歌舞伎町を救うために隊員たちと潜入していました。真選組隊士たちは、沖田も山崎も全員女子に。





「敵はお前らの乳!」





みんなして巨乳になっていることで、お妙さんはまたも今度は沖田の胸をわしづかみにして怒り心頭。

と、鬼の形相のお妙さん。自分に対する挑戦か嫌味にしか見えないようです。

お妙さんと沖田がモメるなか、現れたのは、土方さん!

「くだらねえ、くれてやりてーよ。こんなジャマなもん」

豊満なバストを揺らしながら、完全に元の姿を縮めて太らせた姿で現れますww

固まるお妙さん、銀時、十兵衛。小さな声でお妙さんは言います。

「・・・ありがとう」





「ありがとうってどういうことだ!」





女になっても中の人は変わらないイケボで土方さんが叫んだところで、第10話は終了。第11話に続く。




国内最大級の電子書籍ストア「コミックシーモア」
シーモアが初めての方へ



EDの映像も、はては公式サイトまでちゃんと性転換しているという手の込みよう。全方位から固めてくるから、じわじわきますw




アニメ銀魂公式ツイッターは通常運転というか、アニメが4月にスタートしてからつぶやきが6回だけとか、相変わらずのやる気のなさが通常運転のアニメ銀魂。

はじめて性転換編を漫画を読んだとき、アニメになったら声はどうなるんだろう?中の人が声色を変えてやるのかな?杉田さんとか鈴村さんとかが女声でがんばるのか!?とか思ったのが懐かしい。

中の人が同じでもかなり面白くなったと思いますが、そうするともう収集がつかなくなりそうなので、ちゃんと女性声優さんがあてがわれいて良かった。しかもまた豪華な声優陣。

からのおおお!


土方さんだけ中の人いっしょw


中井さんww

土方さん、声はいつも通りでかっこいいけど、縦と横が違うだけで全くの別人みたいですね。いつものスマートな土方さんとのギャップがすごい。

お約束のオチでしたが、男女入れ替わり編は次週へと続きます。来週はまだ出てきていないあの人たちも。

次回第11話も楽しみです。

空知英秋先生の「銀魂」関連作品

 カテゴリ
 タグ
None

銀魂アニメ8話(273話)感想 宝くじが当選したら3億円をマヨネーズに換金(?)しよう

  •  投稿日:2015-05-27
  •  カテゴリ:銀魂
アニメ銀魂8話(273話)アニメ感想です。

前回は攘夷志士組、第8話はつっこんでばかりの土方さん回です。原作でも熱い男ですがやっぱりアニメでも土方さんはいい男。間違いない。

銀さんと土方さんのコンビが銀魂のなかで一番好きです。

以下、アニメ銀魂第8話(273話)ネタバレ感想です。






シーモアが初めての方へ

【Amazon】

銀ちゃんねる!『銀魂』公式キャラクターブック
万事屋よ永遠なれ 空知英秋ネーム本

【無料の立ち読みはこちら】

銀魂 (PC用)
銀魂 (スマホ用)



8話 あらすじと感想

「人間五十年下天のうちをくらぶれば夢宝くじの如くなり」

タバコ屋で宝くじを譲り受けた土方。誰かが落としたものだそうですが「紙切れ一枚で世の中が違って見えるよ」とタバコ屋のおばあちゃんに勧められて、屯所に持って帰ります。





「紙切れ一枚で買えるほど、俺の夢は安くねえ」





「侍の夢とは、己自身の剣によって切りとるものだ。金で手に入るような夢は夢とは言わねえ。こんな紙切れ・・・」

渋く決める土方。かっこよく宝くじを破こうとします。

隣りでは、近藤が沖田と新聞の宝くじの当選番号を見ながら、1等3億の番号を読み上げています。ふと自分の手元の宝くじの番号と照らし合わせると・・・

まさかの当選!土方の手には3億の当選くじが。

近藤の買った宝くじは宝くじ番号の最初のアルファベット「V」しか当たっていません。

土方の前髪のV字とかけて、土方をからかう沖田。すると速攻でV字前髪を切り落とす土方の姿がw不自然な言動で完全に挙動不審になっています。

3億当たっていた宝くじをもってカフェでお茶する土方は顔面蒼白。動揺しまくっています。

目は血走らせ、コーヒーを持つ手も震え、普段以上にタバコの量も増え、どうしても平常心ではいられない様子。

「このままでいるのは危険だ。」





「いったん3億をマヨネーズに換金する方が安全だ」





しかし一歩外に出たら「あいつ3億の宝くじ持ってるぜ・・・」と、街ゆく皆が自分を狙っているように見えてしまいます。

しかも全員なぜかガラの悪いモヒカン頭に。今にもそのモヒカンたちが襲い掛かってきそうで、無意味に刀を振り回して警戒する土方。

タバコ屋のおばあちゃんが言ったとおり、世界がまったく違って見えてきます。動揺して、江戸中が敵だらけとなった土方が斬りかかってしまったのは、なんと銀時。

「よりによって今一番会いたくねえやつに出くわしてしまった!」

「白昼堂々と警察官が一般人に斬りかかるなんて、こりゃ慰謝料3億とれるな」

「3億なんて持ってない!冗談でも言っていいことと悪いことがあるだろ!謝れよ!俺と3億に謝れよ!」ふざける銀時に対して、子どもみたいにムキになる土方。

妙に3億に反応する土方をいぶかしがる銀時。

「3億といえばこの間、そこのタバコ屋で宝くじバラ10枚買ったのに、そのうちの1枚なくしちゃってよ」実は宝くじは銀時の落し物のようです。

「やはりこいつすべてを知っている・・・!とぼけてるが宝くじを取り戻しに来たんだ」銀時を警戒し、さらにはあちこちから襲ってくる(ように見える)モヒカンたちを避けながら逃げる土方。

当選券を持っていることを知っているであろう銀時も、ひっぱっていきます。





「俺はなんらかのモヒカン組織に狙われてる!」





大真面目に叫ぶ土方に、「モヒカンなんてどこにもいねーよ!」「モヒカン組織って何だよ!」」「さっきからひとりで何やってんだ」銀時のつっこみに、土方はふと冷静になります。

「・・・どうやら俺は長い間、悪い夢を見ていたようだ。見苦しいところを見せた。じゃ俺はこれで。」

銀時に3億の宝くじを持っていることを悟られていないと知るやいなや、土方はその場を去ろうしますがそうはいきません。

「待たんかい」こういうことにだけは鋭い銀時は「銀行へ行く」と言う土方に、ねちねち言いながらくっついていきます。

しかし、入って行った銀行には偶然リアルなモヒカンの強盗達が!まさかの人質としてつかまってしまう2人。

「あと1歩で宝くじを換金できるところだったのに・・・!」人質として大人しくしつつも、いまいましそうな土方。

「お前警察なのに恥ずかしくないの?」人質として捕まっていることを銀時にからかわれますが、ぐっと我慢します。

なぜなら今騒動を起こしたら、宝くじがばれるかもしれない。強盗団もですが、銀時には3億の宝くじを知られたくない。神妙に人質としてふるまう土方。

「持ち物検査をする。金目のものを出せ」と言う強盗に「庶民から小銭とるの?」と軽口をきく銀時。

「生意気な口をきく人質はどいつだ?」と、ふりかえった強盗たちに「この人です」罪をなすりつけて、土方を差し出します。

このままだと宝くじを持っていることバレるかもしれない!土方は懐から警察手帳を取り出して見せます。

目を泳がせながら、実はもう周囲を警察がとりまいていて合図ひとつでいっせいに突入してくる、と強盗団に嘘情報を言い渡す土方。

こんな茶番が強盗たちに通じるのか・・・と思いきや、信じて絶望する強盗団。反省して出頭かと思われましたが、銀時が強盗に余計なことを吹き込み始めます。

「落ち着け。あんたらには俺たち人質がいるから大丈夫だ」誰の味方で、どの立場で言ってるのか、もはや不明の銀時。

人質とは思えぬ堂々とした態度で「こんな大勢の人質よりも、1人の効果的な人質でじゅうぶんだ」土方を指して言います。言いなりになる強盗団。





「あとのことは、俺が全部うまくやっとくから」





銀時が悪い顔でにニヤつきながら取りだしたのは、人質としてつかまっていたとき、土方の隙をついて懐から抜いておいたあの宝くじ。

このままでは銀時に3億がもっていかれてしまう・・・!強盗団に人質として連れて行かれそうになりながら、苦肉の策で土方が強盗に告げ口します。





「あいつ、3億持ってます」





逃走用のトラックに乗せられて強盗団に連れて行かれる土方と銀時。トラックの荷台で口げんかしてします。

そこへ強盗団のひとりが3億のありかを訪ねます。強盗団には宝くじということはバレていません。

「こいつのおばあちゃんが資産家で。遺産が全部こいつに転がり込んでさ」「そう、俺おばあちゃんっ子で」

ありもしない3億の遺産はを、ほずみ銀行に下ろしに行かせる強盗団。

銀行の窓口で、懐に手を入れながら鬼の形相の銀時は、完全に銀行強盗として3億を借ります。そしてふたたびトラックで逃走。

そこへやってきたのは、警察のパトカー。これは強盗団ではなく、さきほどの銀時を追ってきたものでした。

口論の途中、ひらりと銀時のそでからパトカーのフロントガラスに貼りつく宝くじ・・・を目がけて土方さんがパトカーへダイブ!w

必死の形相で宝くじを取り戻します。意図せずして、警察を撒いた土方。トラックの荷台では相変わらず2人で仲良く(?)口げんか。

そんななか、行く先を先回りした警察が道を封鎖。この機に土方が荷台から逃げようとしますが、銀時と土方で宝くじをひっぱりあい。





「(宝くじが)破れる!」





2人のやりとりを「バリケードを破れる!」勘違いした強盗たちが、一気に警察のバリケードを突破。荷台では強盗団の謎の連帯感に満ち溢れ、いつの間にか強盗団の主犯格になっている土方と銀時。

夕方になりトラックをとめたところで「あとは各自分散して警察を撒け」と走り去る強盗団。

「こんなところを見られたら俺たちもおしまいだ」走る銀時と土方の方に、なぜか追いかけてくる警察。

「紙切れ1枚に振り回されるなんて、俺たちもまだまだだな。終わりにしようぜ」

「ああ、そろそろ目ぇ覚ます時だな。3億なんて俺たちの手にあまる」土方は思い切って宝くじを破ります。





「振り回されんのは、自分の夢だけでじゅうぶんだ」





土方の言葉と共に、空を舞う宝くじ。

「後悔してももう遅いぞ」「しねーよ」土方の言葉に返す銀時。

「3億なら、ここにあるから」銀時の手には銀行で借りた(?)3億のアタッシュケースが。警察に追われているのは、このアタッシュケースが原因でした。

そこへ沖田がバズーカをぶっぱなし、2人は御用。

潜入捜査ということで、片はつきましたが、銀行で借りたほうの3億円はバズーカで燃えてしまう。返すあてもなく・・・

「宝くじ、買ってくる・・・」

肩をおとした銀時と土方のさびしげな後姿で、第8話は終了。




国内最大級の電子書籍ストア「コミックシーモア」
シーモアが初めての方へ



今週もはじけてましたね、アニメ銀魂。

土方さんがつっこみすぎてて大変そうでしたが、銀時とのかけあいのテンポがよくて最高でした。やっぱりこの2人のやりとりが素晴らしい。仲良しってわけじゃないのに2人とも息ぴったり。

土方さんがパトカーにダイブしたとこが一番笑ってしまいました。土方さん、ほんとにかっこいいときはかっこいいのに、ギャグになるととたんに崩れるから、その落差がステキです。

3億の当たりくじを破り捨てる男、土方さん。やっぱりかっこいいです!銀さんと土方さんのコンビは見てて安心します。

宝くじは当たるまでの妄想があれやこれやと楽しいんですよね。今年のサマージャンボ、買ってみようかな。

予告の銀さんも、またふざけてましたw来週は、かぶき町のゆるキャラ作り。

次回第9話も楽しみです。

「銀魂」関連作品一覧

 カテゴリ
 タグ
None

銀魂アニメ7話(272話)感想 ドラえもんに黒子のタスケ 徹底したクオリティで笑いの絶えない攘夷志士同窓会編でした。

  •  投稿日:2015-05-20
  •  カテゴリ:銀魂
アニメ銀魂7話(272話)アニメ感想です。

完全に黒子のバスケに便乗して笑わせに来ている攘夷志士同窓会編。

先週に引き続き、今週は後編。黒バスもポカリも声優陣も重ねてくるわで、漫画で展開を知っているのにリアルに声をだして笑ってしまいます。

アニメ銀魂第7話(272話)ネタバレ感想です。






シーモアが初めての方へ

【無料の立ち読みはこちら】

銀魂 (PC用)

銀魂 (スマホ用)

【Amazon】

銀ちゃんねる!『銀魂』公式キャラクターブック
銀魂あにめガヤガヤ箱アニメーションガイド
万事屋よ永遠なれ 空知英秋ネーム本



7話 「同窓会は思い出したくもない思い出も蘇ってくる」


しょっぱなから銀魂のOP曲ではなく、黒バスのOP曲だった「Can Do」が流れつつ、前回の復習という出オチから始まったアニメ銀魂。

通常のOPと思いきや、あれ?

いつものOPのテーマ曲「DAY×DAY」の「そうどんな奴にバカにされても♪」の闇夜にたたずむ攘夷組4人ところに、密かに5人目が!





OPに黒子野がいた!





今週も引き続き全力で乗っかりつつ、攘夷志士同窓会・後編スタート。

攘夷時代の回想シーン。

屋根の上で敵陣の見張りをしている銀時のところへ「見張り、ご苦労さん」と、桂がやってきます。

「なんだ、ヅラか」「ヅラじゃない桂だ」も攘夷時代からのお約束のようです。

「幕府軍をだいぶ叩いて弱っているから、たたみかけるなら今だ」と言う銀時に「バカを言え、敵陣だけでなくこちらにも負傷者がいる」と桂。

この戦況において攘夷志士たちのなかで元気なのは、銀時と桂くらいのようです。他の志士たちは負傷者続出で、しばらく休息が必要な様子。

幕府軍は平地に陣を構え、攘夷志士たちは廃寺に潜んでいますが、両者ダメージは大きく憔悴しています。

「2日後の援軍到着まで大人しくしておけ。それも待てないなら似た者同士で高杉とやりあっておけ」

「冗談言うな。高杉とはもう1か月口をきいていない」ふてくされた顔の銀時に、やれやれとあきれる桂。

そこへやってきた声のデカい人・坂本も「仲がいいからケンカするってやつか」と銀時をイラつかせます。

銀時は以前、遊郭に遊びに行って同じ女の子を指名した時、遊女が高杉を選んだことからケンカして口をきいていないようです。それをつっこまれ、坂本に斬りかかる銀時。

よける坂本は「でもあの遊女、後から聞いたら高杉は黙ってるだけでつまらない男だったって言ってた」

すかさず下から飛んできたのは、高杉の刀。

「ヤクルコ買ってきてやったぜ。お前は黙って飲んでろ」余計なことを言う坂本に、にらみをきかせる高杉。

互いにイラついていがみ合う銀時と高杉。それを見た坂本は「みんな長期に渡るこう着状態で、ストレスがたまって爆発寸前だから何とかしないとな」と言いますが、「お前が爆発させてんだろ!」桂のつっこみ。

ごもっともです。デリカシーはどこかへ置いてきた坂本。

ちゃっかりとヤクルコを飲みながら「遊郭に繰り出そうか」と坂本が提案しますが「こんな山中に遊郭はない」わちゃわちゃと言い合う坂本と桂。

そこへ現れた謎の侍(CV小野賢章)





「あの、缶けりでもしませんか」





「気分転換に・・・」侍の表情は見えませんが、手にしているのはポカリの空き缶でした。

「缶けりだと?何をバカげたことを。こう着状態とはいえ戦の最中だぞ」あきれる桂でしたが、銀時と高杉は2人して俄然乗り気で戦よりもやる気です。

自ら鬼を引き受け、寺の本堂へ行き100数えはじめる謎の侍。桂も坂本と一緒に文句を言いながらも参加します。すると、門の前で怪しい動きをしている負傷兵を見つける桂。

「まさか敵の間者か!」桂がハッと気づいたときには、すでに敵が寺を襲って乗り込んできたところでした。

あわや全滅か!?そう思われたけれど、寺には誰もいない。木陰から現れたのは銀時と高杉。





「俺たちに奇襲しようなんて100年早い」





高杉がスイッチを押すと、寺が次々と爆破されていきます。慌てて退散する幕府軍。「仲間は全員、裏門から逃がしておいた」かけつけた桂に銀時が告げます。

「もしかして間者をあぶりだすためにあえて隙を・・・?」桂の問いに返事はなく、代わりに「たたみかけるなら、今だ」振り返って言う高杉。

銀時も「今度は動くななんて言わねーよな」余裕の笑みです。桂も笑って3人で敵陣へ奇襲をかけに行き・・・。


現代へ戻って桂、銀時、坂本。

誰も気づかなかったけど、あの時、鬼役の黒子野のことも一緒に爆破してしまった銀時たち。しかもそのことを覚えていないまま今日まできてしまった。

「じゃああの手紙は誰が送ってきたんだ?誰にこの同窓会に呼ばれたんだ?」ガクガク震える銀時。

「黒子野はまだ缶けりをしているのかもな・・・」まだ生霊となって生きているのかも、と桂。

「ぜんぜん覚えてないけど」と言いながら、銀時は怯えはじめます。もしかしたら、何も覚えていない自分たちを呪いに来たのでは・・・怖がる銀時。

不気味な空気のなか、トイレに行った桂は廊下でポカリの空き缶を見つけます。空き缶の前には謎の侍が。「桂さんみーっけ」侍の声とともに鳴り響く桂の悲鳴。

なかなか戻ってこない桂に、銀時と坂本はトイレに様子を伺いに行きます。先に用を足しトイレから出た坂本。すると廊下にポカリの空き缶が。。。

「坂本さんみーっけ。あとひとりだね・・・」聞こえてくる声を無視すべく、ドラえもんの歌を歌い始める銀時w歌いながら足早に部屋に戻りますが、誰もいません。

それを部屋に仕込んだ隠しカメラで見ている武市とまた子。実は今回の攘夷志士同窓会の黒幕はこの2人でした。どこかで銀時が、この手の怖い話に弱いと聞きつけて練られた今回の作戦。

かつての仲間である黒子野の名を使って攘夷志士を集め、まとめて処分するつもりの武市たち。桂と坂本は催眠ガスで眠らされ、捕えられています。

高杉には秘密で動いているようで、ヤクルコうんぬんの手紙ももちろん創作です。

「彼らを裁くのは我々ではない。彼ら自身が償うべきは、黒子野タスケの怨霊です」なにをどうしてか誠凛高校のユニフォーム姿になる武市とその仲間たち。

またも流れる黒バスのOP曲GRANRODEOの 「CanDo」をバックに、円陣を組んでもはや何のアニメなのかわからない。

銀魂です。これは銀魂!

円陣では武市が偽黒子野4人に気合を入れています。「私は白夜叉にマンツーマン、皆さんはゾーンで守備を固めましょう」





「いい加減にしないと、こっちが裁かれるっス!」





また子のつっこみも無視です。でもってアイキャッチまで完コピ!ここまでやったら逆にすごいw

歌はもう、ドラえもんの2番にはいっている銀時のところへ行く誠凛ユニ姿の武市たち。しかし武市の「うらめしや」に、さくっと「裏の飯屋」を案内する銀時。

ふと庭にポカリの缶が置かれます。

そして闇の中から突如現れる偽黒子野4人に、武市がびびって気絶。「しっかりしろ!あんた裏の飯屋に行くんじゃなかったのか!?」銀時は驚いて武市を支えます。

銀時の言葉を遮るようにミスディレクションでポカリの缶をでパスをしあう、偽黒子野。缶から出る催眠ガスで眠らされる銀時。

そして回想シーンへ。

戦い続け、疲れて木陰で眠っている銀時に、別れのあいさつをする黒子野。

「皆さんの影になって働けたこと、皆さんと一緒に戦えたこと、忘れません。みなさんは僕のこと忘れちゃいますよね、でもそれでいいんです。それは、僕の誇りですから・・・」そのまま去って行こうとします。

すると背後から銀時の声が。

「影はどんなちっぽけでも光がねーと地面には映らねーよ。だから、一人くらい覚えていてもいいだろ。また何かあった時は助けに来てくれよな、黒子野」





「ええ。僕はいつだってあなたたちと共にいます」





ハッと気が付く銀時。現代に戻って、ポカリを蹴り倒します。

「悪かったな、黒子野。思い出したよ。自分のことを忘れてくれなんて言うやつが、化けてまで俺たちの前にあらわれるなんて、誇りにかけてねーよな。」

モニターで見ているまた子の部下たちを、背後から片づける黒子野。また子に刀をつきつけながら告げます。





「100数える前に逃げなさい。僕が本物の鬼になる前に」





翌朝、「いつの間に寝てしまったんだ。飲み過ぎた・・・」「そういえば黒子野は!?」慌てて目覚めて立ち上がる坂本と桂。

ポカリを飲みながら縁側でひとり起きていた銀時。ポカリは今まで誰かと飲んでいたかのように2缶並んでいます。「何か思い出したか?」慌てて問う坂本に、銀時はひとこと。





「・・・忘れた。」




穏やかな笑顔で朝日を見上げる銀時。

EDの後、いつも使われる攘夷時代の絵に映っているヒゲの男に「誰!?」と、空知先生に銀時からつっこみが入って、第7話は終了。




国内最大級の電子書籍ストア「コミックシーモア」
シーモアが初めての方へ



オープニングから、またも手の込んだ乗っかり具合でしたwいい大人が全力で本気出すとこうなるんですねアニメスタッフさんグッジョブです。

やっぱり攘夷時代はいいなあ。4人が一緒にいるとつっこみにならざるをえない桂さんとか、デリカシーのない坂本さんとか、銀時と高杉のやりとりとか全部がすごくいい。

前回に続き今回も大活躍の黒子野でしたが、武市以外の偽誠凛メンバー4人がの声が、びみょーに誠凛のキャプテンとかベンチメンバーとかに似ていると思ったのは私だけでしょうか?

最初、なんか聞いたことあるような・・・いやまさかそこまでは、と思ってクレジットを見たら偽黒子野は全員違う声優さんだったのですが(しかし全員黒バスに出演してる声優さんではあるw)、でも明らかに似せようとしていたような・・・。声優さんが頑張ってくれたんでしょうか。気のせいかな。

絶妙な音程の銀さんのドラえもんの歌に悶絶したり、アイキャッチも完コピしてたり、予告のテロップで関係者各位にお礼をしたり、ひとことでいうと、あーおもしろかった!!

最後もきれいにちょっといい話で終わって素敵な7話でした。アニメ銀魂が再開して、ここまでのお話の中で7話が一番好きになりました。

やっぱり銀魂最高です!

8話は土方さんと宝くじ話。楽しみです。

「銀魂」関連作品一覧

 カテゴリ
 タグ
None

銀魂アニメ6話(271話)感想 攘夷組で美声の無駄遣い編かと思いきや黒子のバスケでキセキの世代とコラボ回!?ポカリもあるよw

  •  投稿日:2015-05-15
  •  カテゴリ:銀魂
アニメ銀魂6話(271話)アニメ感想です。

とうとうやってきました待望の過去編。いつもはめったに出てきてくださらない高杉さんとか坂本さんとか。

さらに黒子のバスケとのコラボなどなど、盛りだくさんの銀魂攘夷志士同窓会に、本家黒子っちも来ちゃったよ編。

アニメ銀魂第6話(271話)ネタバレ感想です。


 

シーモアが初めての方へ


【無料の立ち読みはこちら】

銀魂 (PC用)

銀魂 (スマホ用)



6話 「同窓会は遅れてくると入りづらい」


同窓会会場となっている和室へ向かう銀時。部屋に入ったらまず桂が「遅い!攘夷戦争時代なら軍の足並みが乱れ甚大な被害が・・・」とお説教で迎えます。

坂本がすかさず「細かいことは気にするな。いつも銀時は単独で奇襲やらやてたのを忘れたのか」とフォロー。部屋の壁には「攘夷志士同窓会」という文字が。

無言で帰ろうとする銀時をひきとめる桂と坂本。

「ちょっと待って!」「この3人がそろうなんてめったにないぞ。レアケースだ」

「オメーらのツラはOPとEDだけで見飽きたんだよ。もうグッズとかこれ以上いらない」冷たい銀時に、坂本は必死です。

「OPとEDに出てても実際の出番はほとんどないんだ!」と、なんとか銀時をひきとめ「まあまあ落ち着け、金時」と、分かりやすい嫌がらせ。

3人で飲みながら、おもむろに桂が口を開きます。

「アニメも2度目の再開したことだから、そろそろ俺たちの過去編に突入するべきじゃないのか」「今こそ新たな展開が必要な時期だ」

今後の展開をプレゼンをしはじめた桂に「どの立場で何の心配してんだ!」すかさずつっこむ銀時。

「ジャンプアニメで過去編といえば、テコ入れの常套手段。これまで数々の作品が過去編を起爆剤として、さらなる人気を得てきた」背景にはワンピースやるろうに剣心のあの名シーンが・・・w

「そんな打算丸出しの過去編なんて、誰が見てーんだよ。そもそも俺、嫌いなんだよね昔を振り返るのって」つれない態度の銀時はさらに続けます。

「だいたい同窓会で大きい声で昔の武勇伝語るやつって、今たいしたことないやつなんだよな。」

言いえて妙な銀時の言葉に「声が大きいってわしのことか!?わしには過去しか出番がないんじゃ!」ぶっちゃけながら坂本が銀時に飛びかかります。

「銀時がそんなだから過去のひとつも明らかになってないんだ。ゴリラ原作者が何も考えていないとしても、今日は過去編に入らざるを得ないのだ。」

桂は意味深に言いながら、懐から手紙を取り出します。

「お久しぶりです。実は私も今江戸に上京していて、よかったらまた昔の仲間で集まって1杯飲みませんか」と書かれた手紙。

実は今回のプチ同窓会は桂の主催ではなく、かつての銀時たちの仲間であるこの手紙の差出人だったのでした。


攘夷戦争時代の回想シーン。

10代のころの銀時、桂、高杉、坂本。

坂本だけ「声のデカい人」というキャッチフレーズで扱いがおかしい上に、後の世にこの4人は「キセイの世代」と呼ばれているようですw

攘夷戦争時代、人知れず活躍してアシストを務めていた影の実力者、名もなき英雄にして幻の5人目「黒子野太助(くろこのたすけ)」がこの手紙の差出人。

差出人のロゴまで黒バスをパクッ・・・コラボしててステキです。

「聞いたことねーよそんなやつ!いや、聞いたことあるけど、よそのアニメでだよ!」的確なつっこみの銀時に桂は真顔で言います。

「黒子野太助は伝説の男。パクられてアニメ化されていても不思議ではない」

「パクってんのこっち!」さらにつっこむ銀時。坂本も影が薄かった黒子野のことは覚えていません。

同窓会に呼ばれた限りは、黒子野が来る前に黒子野のことを思い出さないと気まずくなる。そんな理由で過去編に突入しようとする銀時たち。

「やつは名アシスタントだった・・・」黒子野のことを思い出そうとする桂は、ふと昔のことを思い出します。

なぜか攘夷時代にバスケの試合をしている桂は、長髪を切らなかったことでベンチメンバーとして試合を応援。

歩狩(ポカリ)を凍らし過ぎて飲めず、喉が渇いていた桂に、ミスディレを発動させて自分のポカリを「飲みますか(CV小野賢章)」とアシストしてくれたのが、黒子テツヤ・・・ではなく、黒子野太助でした。

同じく、トイレで困っていた坂本をさりげなく助けてくれたのもポカリ。そしていつの間にかポカリの思い出話に・・・。

「バスケとかポカリじゃなくて、戦場で助けられた思い出とかねーのかよ!」銀時は立ち上がってつっこみます。

「あ!あの時の・・・」またも何かを思い出す桂。


ふたたび攘夷戦争時代の回想へ。

幕府軍1000を相手に、300足らずで対抗しなければいけなかった戦い。唐突にはじまった攘夷時代のシリアス展開。

なんとか仲間を逃がそうと、銀時と桂がしんがりを勤めた戦でボロボロになった2人。生きているのも不思議な状態で、2人は疲れ果てた身体で森の中をさまよいます。

意識も朦朧とし、カラカラの喉で歩く2人の目の前にあらわれたのは、なんと自販機。ポカリはぼったくり価格の4500円です。高っ

手元の金額では買えなかった銀時に、桂は後で清算するとポカリを買ってあげます。銀時は前に桂にヤクルコをおごってやったからそれでいいだろ、と何やら怪しい雲行きに。

陣営に帰った桂は、容態が急変。

ようやく黒子野の出番かと思いきや「俺、銀時にヤクルコ代108円とられた。俺だけだったら納得できないんだけど」桂が必死の顔で起き上がります。

「え!?俺は540円とられたんだけど、あれって108円だったの!?」ぼられた坂本も目を見開きます。知らんぷりで、そっぽを向いている銀時。

そこへやってきたのは、ようやくの黒子野・・・と思わせておいて、出たー!!高杉!!!

「てめーらにヤクルコおごったのは、この俺だ。あいつ、いっさい金はらってねーぞ」久しぶりの美声です。


そして現代に戻って、銀時にポカリとヤクルコ代を請求する桂と坂本。せっかく回想の始まりはいいシリアスだったのに・・・おしい。

まだ誰も黒子野のことを思い出していないのに、とうとう黒子野が同窓会会場へやってきます。微妙な雰囲気のなか、やってきたのは・・・

「俺はただ壊すだけだ。この気まずい同窓会を」

高杉・・・!をよそおっただけの変態、じゃなくて武市でした。高杉から預かってきた手紙を読む武市。

なんでも、高杉と黒子野は親友といっていいほどの仲だったとか。「あいつに親友なんていたの!?」驚く銀時たち。

「この会もヤクルコも俺のおごりだ。存分に白子と飲め。」親友の名前を間違ったり「冷蔵庫にヤクルコが冷やしてあります。俺の分1本とっといてください。」まさかの手紙でボケる高杉。

かと思いきや「同胞よ、安らかに眠れ」という謎の中二病的メッセージの手紙を残して、武市は去っていきます。

机に置かれたポカリを見て、ハッと気が付く桂と坂本。そして同時に銀時も、攘夷時代を思い出します。


回想シーンへ。

壊れた屋根の上でポカリを飲む10代の銀時。その背後に立つのは今度こそ・・・?というところで、えっ続くの!?

まさかの7話に続く。




国内最大級の電子書籍ストア「コミックシーモア」



同窓会と見せかけた、黒子のバスケと(一方的な)コラボ回でした。同じ掲載誌だと色々やりやすそうですね。黒子野役=黒子役の中の人もツイッターで反応していてノリノリです。

高杉も久しぶりに登場で、ヤクルコを連呼する相変わらずのいい声。安定の美声の無駄遣いでした。

ぼーっと予告を見ていたら、まさかの昔の黒バスのOP曲が流れるし「高杉のエンペラーアイが発動」とか言ってるしバスケしかしてないし「次回、キセキの世代の過去が明らかに」とかテロップにあるし、もうダメだ・・・w

今回は桂、坂本といった攘夷時代の仲間がたくさん話してくれて高杉も出てきて、回想の攘夷時代の4人はやっぱりかっこよかったし(作画すごくキレイでした。スタッフの本気)、満足度の高い6話でした。

ポカリがいい仕事してたり黒バスがらみに高杉登場でいろいろとカオスでしたが、今まで以上にあっという間の30分でした。

7話も楽しみです。

 カテゴリ
 タグ
None

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます