▼2017年上半期BL漫画TOP100▼


BLコミック上半期ランキングベスト100


▼もっとも売れたBL漫画ランキング▼


【人気】もっとも売れたBL漫画ランキング


▼10年分のBL漫画ランキング▼


【2007~2016】BLコミックランキングまとめ


▼今週のスタンプ作品▼


スタンプが貯まるお得な作品一覧


▼電子コミックセール情報まとめ▼


お得なBLコミックセール情報まとめ




▼秋の名作BL特設サイト▼


秋の夜長におすすめの名作BLマンガ


▼BL小説上半期ベスト2017▼


BL小説2017上半期ランキングベスト30




▼おすすめオメガバース▼


オメガバースBL漫画ランキング


▼2017上半期お気に入りBL20冊▼


【ランキング】上半期お気に入りBLコミック20


▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼このBLがやばい2017ランキング結果▼


【ネタバレ感想】このBLがやばい2017 BL漫画ランキング結果

月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月の記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2014-11-30 BL 考察
BLコミックは表紙が命 その3です。趣味全開の、私だけが楽しい企画。好みの表紙発表も、なんだかんだで、その3までやってまいりました。いや、やっぱり表紙って大きいんですよ。パッと見た感じで手に取るかどうかって決まるものですから。作家買いする作品以外は、新しい人なんかだと特に表紙が大事。その1、その2はこちら↓BLコミックは表紙が命 その1。BLコミックは表紙が命 その2。それではいってみましょう!メガネだよね系...

記事を読む

No Image

2014-11-29 おすすめ2014秋アニメ
曇天に笑う9話ネタバレ感想以下、アニメも原作もネタバレしてるので、お気をつけください。曇天に笑う 1[著]唐々煙9話冒頭から、獄門処から逃げ出した嘉神(CV三木眞一郎)にそそのかされ、自分を見失い、ふらふらとついていく宙太郎。。。朝になっても戻ってこない宙太郎を心配する空丸と、白子の2人。急いで探しに行こうとする空丸に、白子が、宙太郎のことは自分に任せて神社を守るよう言いきかせます。一方、オロチの器である...

記事を読む

No Image

2014-11-27 おすすめ2014秋アニメ
2014年10月スタートの秋アニメ 折り返し地点での感想と評価をしてみました。10月スタートのアニメも、そろそろ折り返し地点を超えてきました。個人的に、中間地点でのアニメの評価をしてみようと思います。あくまでも個人的な感想ですので、世間一般の評価とは違っていることもあるかと思いますが、そのあたりはご理解ください。また、ネタバレありで、かつ私はブログタイトル通り隠れ腐女子ですので、そういった視点が混ざること...

記事を読む

No Image

2014-11-26 おすすめ2014夏アニメ
みこりん、くぁわうぃい!(=かわいい)好評のまま終わった前クールアニメ、月刊少女野崎君。私も楽しく見てましたあ!原作は4コマのギャグ漫画です。月刊少女野崎くん 1巻[著者]椿いづみ前クールのアニメになりますが、原作が思いのほか面白かった当たり漫画でした。日常で嫌なことがあったり、シリアスアニメで凹んだり、いろいろとお疲れだったりするときの息抜きに、最高の作品だと思います。アニメはみこりん(男)がおバカで...

記事を読む

No Image

2014-11-25 このBLがやばい!
このBLがやばい!2015年度版は、2014年12月12日(金)発売!毎年この時期になると「このBLがやばい!」本が気になり始めます。私は「このBLがやばい!」を毎年楽しみにしていて、時につっこみながら、時に意外に思ったり、時にショックを受けたりしながらw楽しく読んでいます。自分の好きな作品が上位に入っていたら、何やら嬉しくなってニヤニヤ。知らない作品だったら読んでみようと思ったり、新しい開拓もできるので、2015年度...

記事を読む

No Image

2014-11-25 おすすめ2014秋アニメ
オレん家のフロ事情 8話ネタバレ感想ですオレフロ、8話もボーイズラブを元気にかっ飛ばしてます!8話は、今までの中でも、もっともボーイズがラブしてる(ように聞こえる見える)神回でした。原作は普通の健全な(?)ギャグ漫画。(注)ジャンルはBLではありません。オレん家のフロ事情 1[著]いときちオレん家のフロ事情アニメ8話のネタバレ感想です。若狭 「今の時代、肉食系なんだよ!」唐突に始まった、俺は肉食系男子宣言の...

記事を読む

No Image

2014-11-23 おすすめ2014秋アニメ
曇天に笑う8話ネタバレ感想。原作のネタバレ有りです。以下、アニメも原作も盛大にネタバレしてるので、お気をつけください。曇天に笑う 1[著]唐々煙8話冒頭、雨が降り続く中、空丸が天火の死を受けいれられず、家を飛び出します。その姿を見ながら、ひとりごちる白子。「天火、お前の替わりは務まりそうにない・・・」宙太郎も、未だに天兄の帰りを待って泣いています。犲(やまいぬ)のほうは、解散かと思いきや、オロチの器の...

記事を読む

No Image

2014-11-23 BL漫画ランキング
美術手帖2014年12月号 ボーイズラブ特集まさかの「美術手帖」がBL特集を組むということで、発売が発表されてから、話題騒然でした。こんないわゆるアーティスティックな、れきっとした美術雑誌で、まさかのボーイズラブ特集。いやあ、素晴らしい世の中になったものです。普段、美術手帖を定期購読とかしているデザイナーとか美術系の仕事をされている方など、どう思われるんでしょうかw美術手帖 2014年 12月号(Amazon)<内容>【...

記事を読む

No Image

2014-11-23 おすすめ2014秋アニメ
テラフォーマーズ9話ネタバレ感想です。原作は現在もヤングジャンプで絶賛連載中のこちら。本誌の連載の方では今、大変な展開になっていて、ますます目が離せないテラフォーマーズ。本誌では微妙にアニメのアドルフ回とリンクするような内容となっていて、大変盛り上がっています。テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)posted with ヨメレバ貴家 悠 集英社 2012-04-19 AmazonKindle楽天ブックス ...

記事を読む

No Image

2014-11-21 BL漫画ランキング
BLコミック 人気ランキング本棚も場所も必要ない電子コミックレンタルのレンタ!さんで2014年上半期のジャンル別人気BLコミックランキングが、発表されています。みんな何を好んで読んでるの?みんなどんなBL読んでるの?BL好きな人にはどんなBLが人気なの?どんなBLコミックが売れてるの?気になります。それではジャンル別で、順番にご紹介していきましょう。...

記事を読む

BLコミックは表紙が命 腐女子の財布は表紙しだい その3 作家買い以外は表紙ジャケ買い多し

  •  投稿日:2014-11-30
  •  カテゴリ:BL 考察
BLコミックは表紙が命 その3です。

趣味全開の、私だけが楽しい企画。好みの表紙発表も、なんだかんだで、その3までやってまいりました。いや、やっぱり表紙って大きいんですよ。パッと見た感じで手に取るかどうかって決まるものですから。

作家買いする作品以外は、新しい人なんかだと特に表紙が大事。その1、その2はこちら↓

BLコミックは表紙が命 その1。

BLコミックは表紙が命 その2。

それではいってみましょう!

メガネだよね系。



ひざに乗せる系。



ひざに乗せる系2。

いじわるな悪魔

いじわるな悪魔

いじわるな悪魔



軍服もいいね系。



花とピンク系。

おうじと

おうじと

おうじと



花とピンク系2。

月光坂の花屋敷 春

月光坂の花屋敷 春

月光坂の花屋敷 春



スタイリッシュ系。



嫌がってる風系。



嫌がってる風系2。



空から系。

犬と烏と約束の丘

犬と烏と約束の丘

犬と烏と約束の丘



ひとり表紙系。

鈍色の花

鈍色の花

鈍色の花



キス3秒前系。



第一印象は、入り口です。


人もマンガも同じですね。どちらも、大きく裏切られることもありますが。痛い目に合うこともありますが。第一印象は、良いに越したことはない。(もちろん両方とも中味がメインですが。入り口の話ね)

 カテゴリ
 タグ
None

曇天に笑う アニメ9話ネタバレ感想 「後継者、濁り空に立つ」 ようやくブラック白子キター!蒼世の落ち着きも目立った9話

曇天に笑う9話ネタバレ感想

以下、アニメも原作もネタバレしてるので、お気をつけください。

曇天に笑う 1

曇天に笑う 1

曇天に笑う 1



9話冒頭から、獄門処から逃げ出した嘉神(CV三木眞一郎)にそそのかされ、自分を見失い、ふらふらとついていく宙太郎。。。

朝になっても戻ってこない宙太郎を心配する空丸と、白子の2人。急いで探しに行こうとする空丸に、白子が、宙太郎のことは自分に任せて神社を守るよう言いきかせます。

一方、オロチの器である天下が処刑されたのに、一向に空が晴れないことから、天下の無駄死にを感じ取っている蒼世。

蒼世は、犲(やまいぬ)の仲間の芦屋睦月のところへ行き、陰陽師の術を使える睦月に、最近、獄門処の様子がおかしいため、さぐりを入れるべく式神を飛ばすように頼みます。

さらに、オロチを封印する安倍家の式神(牡丹のことですね)が昔いたが300年前に力を失ったこと、しかしその式神はオロチ封印にもっとも詳しいことから、その安倍家の式神を探して呼び寄せるよう依頼します。

そんな中、ランニングしながら錦のことを気にする空丸に、どこからともなく現れて、のろけるな!とつっこむ武田楽鳥。

この2人、単純明快なところも似ていて、ライバル視(?)ているところなど、見ていてほっこりしますね。

また、蒼世の命によって滋賀県警へ偵察に行こうとする鷹峯は、山中でひらりと上司が「天下は人工のオロチだ」という話をしているところを偶然聞いてしまいます。

驚き、隊長である蒼世に報告に走る鷹峯。しかし、何者かに襲われ重傷を負います。

蒼世が曇家を訪れ、オロチの器は自我を乗っ取られてしまうということ、器の自覚がない者も、自覚がある者もいる、そして器に何か思い当たることがあれば伝えるように、空丸に告げます。

「え?オロチは死んだんじゃないんですか?」驚いて蒼世に聞く空丸。それはそうですね、天兄がオロチの器だということで処刑されたというのに、なぜまだオロチが?と思うのは当然です。

そのとき、武田が曇家に飛び込んできます。

「この家の近くで鷹峯さんがやられた!何が曇天3兄弟だ、お前ひとりじゃ誰も守れないじゃないか!」空丸をののしる武田。武田にとっては、鷹峯が師匠ですからね。。。

そして伝説の式神である安部家の牡丹が、睦月を訪ねます。300年前にオロチが封印の術を飲み込んでしまい、それ以来、術は使えなくなった。

しかしその時同時に、オロチが曇家の宝刀を飲み込んだため、睦月の力を借りたいと頼む牡丹。そこへ白子が、宙太郎が見つかったが、ひとりでは難しいので手伝ってほしいと現れます。

また明日出直しますと睦月に告げる牡丹。白子と一緒に走ります。曇家では、空丸の体調がおかしくなり、その手と腕が天兄の時のようにオロチ化していって・・・。

森の中を走りながら、牡丹は「オロチ復活を阻止し、器を守る方法を見つけました。300年前にオロチに飲み込まれた宝刀があれば、器をオロチと切り離せるかもしれません。」と白子に伝えます。

300年前、術と共に飲み込まれた曇家の宝刀は、オロチが消えた後に取り出された。そのとき、オロチの中で宝刀と術が融合したのではないか、と考えている牡丹。

そのとき、急に立ち止まる白子。ふりかえった牡丹に突然、刃を突き立てます・・・!

「ジャマはさせない。オロチ様の復活は絶対だ。」


出たあ、ブラック白子!


いやあ、ようやく化けの皮が剥がれました。ここからですよ、白子のターン!Sっ気のある悪そうな表情が、今までの曇家で見せていた優しい白子とは全然違っていてゾ。

ここで9話は終了。

曇天に笑う 2

曇天に笑う 2

曇天に笑う 2


曇天に笑う 3

曇天に笑う 3

曇天に笑う 3


曇天に笑う 4

曇天に笑う 4

曇天に笑う 4


曇天に笑う 5

曇天に笑う 5

曇天に笑う 5


曇天に笑う 6

曇天に笑う 6

曇天に笑う 6



曇天に笑うの続きにあたる「外伝」




さらには、300年前を舞台にした曇天シリーズの番外編もあります。

煉獄に笑う 1

煉獄に笑う 1

煉獄に笑う 1


煉獄に笑う 2

煉獄に笑う 2

煉獄に笑う 2


煉獄に笑う 3

煉獄に笑う 3

煉獄に笑う 3



唐々煙先生のその他コミックスはこちら。



:REverSAL 1

:REverSAL 1

:REverSAL 1



今、「外伝」と「煉獄に笑う」は絶賛「月刊コミックガーデン」で連載中でもあります。9話でも、6話で死んだ(となっているけど生きている)天火は、まだ再登場なし。

出番なしのままでした。オロチの器として、変化が見え始めた空丸。脱獄犯にそそのかされ、ついていってしまった宙太郎。そして、ついに本性を現した忍集団・風魔の末裔、白子。

犲の隊長・蒼世の落ち着きと、素晴らしくいい声(CV鳥海浩輔)が目立った9話でしたが、ラストのブラック白子にぜーんぶ持って行かれた感じでした。

今後も犲は活躍するし、ブラック白子も暗躍するし、ひらりと牡丹も出会うし、天下も復活するし、大きく物語が動いていきます。

次回、10話はタイトルが「白き闇、裏に反る」

どうやら10話は白子のターンになりそうですが、蒼世と天下の2ショットもいずれは見れますでしょうし、男の友情に弱い私としては、原作での白子と天下の最後のやりとりも、アニメになるとどうなるのか大変気になります。

唐々煙先生のその他漫画一覧

 タグ
None

おすすめ秋アニメ2014 中間発表 折り返し地点での感想と評価一覧 (注)腐女子表現あり

2014年10月スタートの秋アニメ 折り返し地点での感想と評価をしてみました。

10月スタートのアニメも、そろそろ折り返し地点を超えてきました。個人的に、中間地点でのアニメの評価をしてみようと思います。

あくまでも個人的な感想ですので、世間一般の評価とは違っていることもあるかと思いますが、そのあたりはご理解ください。

また、ネタバレありで、かつ私はブログタイトル通り隠れ腐女子ですので、そういった視点が混ざることもございます。さらに、かなり甘めの評価になりますので、あしからずご了承ください。

順不同です。


テラフォーマーズ アネックス1号編


テラフォーマーズ 1 (Amazon)

火星のアドルフ回にさしかかってから、さらに盛り上がってます。私の中で、特殊エンディングがかなりキてます。
規制もあって賛否両論ありますが、私はおもしろく見ています。原作も読んでいるので、先々が楽しみ。



曇天に笑う

曇天に笑う 1

曇天に笑う 1


曇天に笑う(1) (アヴァルスコミックス)(Amazon)

1話で切らなくて本当に良かった。アニメから原作を読み、キレイな絵の原作にもはまりました。
天白もいいけど、白天もいい。今んとこ天白推しですが、最近は天下と蒼世の関係も萌えてますw



旦那が何を言っているかわからない件


旦那が何を言っているかわからない件(Amazon)

5分アニメと短いので、気楽に見てます。ドぎつい表現などなく、ほっこり夫婦アニメ。
奥さんではなく、オタクの旦那のほうに感情移入したりしてw



Fate/stay night


Fate/stay night Blu-ray BOX ;期間限定生産(Amazon)

文句なしで絵がきれい。バトルシーンなども気合入っていて見ごたえ十分です。おすすめ。
アーチャーかっこいい!剣もいいけど、弓もいいですね。



ワールドトリガー


ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)(Amazon)

見てはいるんですが、私にはそこまで刺さらない作品です。。。なんでだろ。
でも一応、ここまできたら最後まで見ます。



七つの大罪


七つの大罪(1)(Amazon)

ワールドトリガーよりも、私はこちらの方がはまりました!バンとキングが出てきて、さらに面白くなってきた。
こちらも全員に出会ったところくらいでアニメ終了でしょうか。続いてくれるといいな。



弱虫ペダル GRAND ROAD

弱虫ペダル 1

弱虫ペダル 1


弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)(Amazon)

はい、もう2期なので安定して視聴できます。スポーツっていいなあ。私は全然スポーツはダメですけど。



PSYCHO-PASS サイコパス2

PSYCHO−PASS 監視官 狡噛慎也

PSYCHO−PASS 監視官 狡噛慎也


PSYCHO-PASS ASYLUM 1 (ハヤカワ文庫JA)(Amazon)

こちらも安定の期待通りの2期もの。弱ペタと同様、ある意味安心して見ていられますね。



四月は君の嘘

四月は君の嘘 1巻

四月は君の嘘 1巻


四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)(Amazon)

ほとんど期待せずに見始めましたが、絵がとてもきれいなので継続視聴しています。
主人公の男の子が、辛い過去を背負ってずーっとぐるぐるしているので、そういうのにイラッとしない人にはお勧め。



蟲師 続章

蟲師 1巻

蟲師 1巻


蟲師 全10巻 完結セット (アフタヌーンKC)(Amazon)

大好きです!前作からずっと見ていますが、不気味なようで怖さがなく、じんわり面白い。音楽も素敵です。
雰囲気がどうにもダメ、という人もいるでしょうが、私は一押しです。



寄生獣 セイの格率

寄生獣 1巻

寄生獣 1巻



寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット(Amazon)

原作(傑作です)が古い作品なので、アニメの絵も少し古典的に感じますが、内容はやっぱりおもしろい。
絵に関しては、まあこの作品を、萌え系の絵にされると萎えるので、ストーリーに合わせてこれはこれで良し。



暁のヨナ

暁のヨナ 1

暁のヨナ 1


暁のヨナ 1 (花とゆめコミックス)(Amazon)

ハク(CV前野智明)が、正統派でかっこいいアニメ。四龍に出会うところまでがアニメ化でしょうか。
最近の7.8話で気になったのは、イクスとユンを公式が推してるような気がしないでもないところw



オオカミ少女と黒王子


オオカミ少女と黒王子 1 (マーガレットコミックス)(Amazon)

ドSなヒーローのビジュアルが、世界一初恋の桐嶋さんっぽくてイケメンなので見てますw
ストーリーは・・・うーん。原作も読みましたが、そこまでははまらず。



オレん家のフロ事情


オレん家のフロ事情 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)(Amazon)

腐女子ホイホイなアニメ。毎度毎度、狙い澄ましたセリフに悶絶してます。
ぜったいぜったい狙ってるでしょスタッ腐!ここまできたらこの路線で突っ切ってほしい。大好きですw



繰繰れ!コックリさん


繰繰れ! コックリさん(1) (ガンガンコミックスJOKER)(Amazon)

これは、まったくのノーチェックで見始めて、結局はまって原作まで読みました。
私は、前クールのばらかもんといい、「幼女と残念なイケメン(しかしいい声)」という組み合わせのほっこりアニメに弱いのかもしれないw


毎週欠かさず見ているのは、以上です。こうして並べてみると、多いなあ。

録画して、撮りためてあるのは、「ガンダムGのレコンギスタ」「まじっく快斗1412 」「ログ・ホライズン第2シリーズ」がありますが、この3つは放送が終わってから一気見になりそうです。

私はアニメ(特に深夜アニメ)は、ほぼ録画して見るので、OPとEDは飛ばして本編だけ見ることがほとんどで、そうすると1話20分くらいで見れるので、意外と本数をこなせます。

日中は、しがなき勤労OLなので、帰宅後、食事しながらとか歯磨きしながらとか、隙間時間に鑑賞してます。本を読んだり漫画を読んだりする時間も必要なので、時間のやりくりをしつつ、趣味のひとつとして楽しんでいます。

どのアニメもラストに向けて、このまま盛り上がっていってほしいです!

 タグ
None

月刊少女野崎くん 今さらですが4コマギャグ漫画の原作もサクサク読めてストレス解消におすすめです。

みこりん、くぁわうぃい!(=かわいい)

好評のまま終わった前クールアニメ、月刊少女野崎君。私も楽しく見てましたあ!原作は4コマのギャグ漫画です。

月刊少女野崎くん 1巻

月刊少女野崎くん 1巻

月刊少女野崎くん 1巻



前クールのアニメになりますが、原作が思いのほか面白かった当たり漫画でした。日常で嫌なことがあったり、シリアスアニメで凹んだり、いろいろとお疲れだったりするときの息抜きに、最高の作品だと思います。

アニメはみこりん(男)がおバカでかわいらしく、鈴木(CV宮野守)のはじけっぷりたるや相当な破壊力で、はまってましたね。

ヒロイン(であるはずの)千代ちゃんも健気。そして一番の常識人。
ぜんっぜんむくわれない恋のうえに、基本、自由すぎる他キャラに埋もれそうになりながらも、唯一(?)まっとうなツッコミ役として存在感を発揮してくれました。

とにかく出てくるキャラ出てくるキャラ、全員濃い!きちんと自分の役割を分かっている感じがして、個性が際立ってます。

千代ちゃんが一番の常識人でいてくれるから、この漫画とアニメは成り立ったと言えるでしょう。

アニメのラストでは、とうとう野崎君との恋愛になるか!?と匂わせておいて、からの~お約束オチ。そう簡単にいかないところと、野崎君の鈍感っぷりが視聴者をがっかりさせるやら喜ばせるやらw

どんなに緊張しようと努力しようと、いつも空振りに終わる不憫な千代ちゃんには同情を禁じえません。でもそこが面白いんですよね。

いつもむくわれないけど健気に頑張る(一応)ヒロイン。好感がもてます。

私はアニメから入りましたが、ギャグに関しては間合いや絵のつなぎの関係上、マンガのほうがおもしろいような気がしました。

というか、漫画を読んでからアニメを見たら、また違った面白さを発見できたかもしれないです。そう思うと少し悔しいですが、でも素晴らしい漫画に出会えたので、アニメを見て良かった。

たぶんアニメ化にならなければ、一生この漫画を読むことはなかったと思うので、アニメ様様です。

基本的に、絵がギャグ漫画とは思えないくらい(失礼)きれいで、イケメンばかり。濃いキャラばかりなので、たぶん誰かお気に入りキャラは見つかるはずです。



月刊少女野崎くん 7巻

月刊少女野崎くん 7巻

月刊少女野崎くん 7巻





 タグ
None

このBLがやばい2015の発売に向けて、このBLがやばい2014のベスト20を復習がてらおさらいしておきましょう

このBLがやばい!2015年度版は、2014年12月12日(金)発売!毎年この時期になると「このBLがやばい!」本が気になり始めます。

私は「このBLがやばい!」を毎年楽しみにしていて、時につっこみながら、時に意外に思ったり、時にショックを受けたりしながらw楽しく読んでいます。

自分の好きな作品が上位に入っていたら、何やら嬉しくなってニヤニヤ。知らない作品だったら読んでみようと思ったり、新しい開拓もできるので、2015年度の発売も待ち遠しいです。

このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2012年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2011年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2010年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2009年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2008年度版 ネタバレ感想 

というわけで今年も楽しみな「このBLがやばい!」2015年度版が12月12日に発売になる前に、2014年度版で総復習しておきましょう。

» 記事の続きを読む

オレん家のフロ事情 8話ネタバレ感想 いつもに増してボーイズがラブしていたBL神回!意味深のオンパレード

オレん家のフロ事情 8話ネタバレ感想です


オレフロ、8話もボーイズラブを元気にかっ飛ばしてます!


8話は、今までの中でも、もっともボーイズがラブしてる(ように聞こえる見える)神回でした。原作は普通の健全な(?)ギャグ漫画。

(注)ジャンルはBLではありません。



オレん家のフロ事情アニメ8話のネタバレ感想です。


若狭 「今の時代、肉食系なんだよ!」


唐突に始まった、俺は肉食系男子宣言の若狭。

若狭が野菜を食べないことに対して、龍巳に言ったセリフですが、完全に違う意味ですよね、それ。お約束のBL発言ですよね、それ。俺は肉食。だから大人しく龍巳を食べたい、と。(言ってない)

8話、若狭が絶好調。飛ばしに飛ばして、龍巳もタジタジです。


若狭 「それより龍巳、早く脱ぎなよ。お湯が冷めてしまう。さっさとおいで・・・」


一緒にお風呂、お誘いキター!無理やり服を脱がされて、結局一緒に入る龍巳。(なんだかんだ若狭に甘い龍巳)

若狭、なぜか画面にキラキラを飛ばして王子様みたいに、龍巳の髪を洗ってあげるっていう。

でもって、並んでお風呂に入って、若狭が龍巳に指で頭をツンツン、ひじで腕をツンツン。背中と背中でぎゅっぎゅ。

きゃわいいwwもう私、吐血しながら萌え苦しみます。しかも、龍巳の返事といったらアナタ。


龍巳 「なに?ぬるぬるするんだけど」


意味深ですことよー!!

そしてここで、謎の肉食系男子育成講座がはじまるっていうミラクル。ナレーションで「誘って優しくしたら押して押しておしまくれ!」

・・・なんでこのナレーション入れた?w

しかもまた唐突に、龍巳が若狭に反撃の浴室で壁ドン!して、浴室を出ていく。ああもう8話は盛りだくさんすぎて、どうしたらいいのやら。いいぞもっとやれ。

野菜を食べないわがままを言って、龍巳を怒らせたと思った若狭は、がんばって野菜を食べます。健気ですね。あざといけど。

だけど、戻ってきた龍巳の手には、野菜ジュースが。固形は無理でも液状なら、という龍巳の優しさ。で、ここでハッピーエンドかと思いきや、極めつけがありました。

野菜ジュースを飲んだ若狭が、むせて手について流れる野菜ジュースを舌でペロペロ。「甘くて、おいしい・・・」

やった・・・やってくれたよ。


若狭はできる子。やればできる子おお!


野菜は嫌いだけど、力には自信があるという若狭。腕相撲をすることになる2人。瞬殺される龍巳wそして龍巳のひとりごと。


龍巳 「肉食系というよりは、野獣に近いと思いました。」


事後の感想ですかそうですか。ごちそうさまでした。

以下、原作の続刊です。









そして8話はこれで終わりじゃなかった。

息も絶え絶えな視聴者を、小ネタでひっぱるエンディングで、さらに過呼吸にしてくれました。「私にかかれば龍巳の一人や二人、軽いものだよ」と言いながらお姫様だっこのポーズをとる若狭。

引き気味の龍巳に対して、目を光らせてにじり寄る若狭wそこでナレーション。

「行け!やれ、若狭!若狭はできる子!」(ホントにこう言ったw)ナレーションまで空気を読めるオレフロ。やっぱり最高です。

BLコミック続々入荷中!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!

 タグ
None

曇天に笑う アニメ8話 ネタバレ感想「少年、雨天に慟哭す」 ブラック白子は未だ姿を見せず 違うフラグは立ちました。

曇天に笑う8話ネタバレ感想。原作のネタバレ有りです。

以下、アニメも原作も盛大にネタバレしてるので、お気をつけください。

曇天に笑う 1

曇天に笑う 1

曇天に笑う 1



8話冒頭、雨が降り続く中、空丸が天火の死を受けいれられず、家を飛び出します。その姿を見ながら、ひとりごちる白子。「天火、お前の替わりは務まりそうにない・・・」

宙太郎も、未だに天兄の帰りを待って泣いています。犲(やまいぬ)のほうは、解散かと思いきや、オロチの器の弟を見張るように言われ、引き続き蒼世は空丸の稽古をつけようとします。

しかし、うわの空の空丸に苦言を呈します。

「おれは兄貴みたいにはなれない。両親が殺されて、自分のせいであんな大けがしたのに、兄貴はいつも笑ってた・・・」

白子と話す空丸に、話を聞いてしまった宙太郎が驚いて問います。

「両親は病気で死んだんじゃなかったの?」答えられない空丸。「なんにも話してくれないんすね・・・」ショックで家を飛び出す宙太郎。

一方、ひとり夜の雨を眺めながら、子供のころを思い出す蒼世。安部家の息子として、犲のみんなと稽古する蒼世。小さいころから、天下とは竹刀でもいい勝負のライバルだったようです。

子供のころの蒼世と天下、ビジュアルがかわいいですね。天下の父も美形です。「曇天に笑う」は男性も女性もみんな美形で、見映えがいいですねwすばらしい。

蒼世は、安部家から代々伝わる宝刀をもらい受け、師匠(天下の父)に不安を口にします。

「自分は、安部家の期待にこたえられるでしょうか・・・」

天下の父は優しく答えます。

「下を向くな。お前は私の自慢の教え子だ。お前はもっと強くなる。」

雨の中、誰かにやられ傷ついて倒れている、風魔の末裔、錦を見つける空丸。手当をうけ、白子に「風魔一族を復興するつもりはないのですか?」と問う錦。

「復興するつもりはない。ハンパ者は、この家と関わるな。去れ」突き放す白子。忍にとって、自由は苦痛でしかなく、未だに誰かからの命令を待つしかない、錦。哀しい生き方ですね。。。

そこへ、罪人が逃げ出したと空丸に一報が入り、空丸は罪人を探しに飛び出していきます。探していると、ボロボロのはずの錦がやってきて、自分を使ってほしいと懇願します。

風魔の髪は最初から白いわけではなく、訓練して大切な人を殺してようやく一人前の風魔になる。しかし錦は怖くなり、途中で逃げ出した。「私はハンパ者です」自嘲気味に語る錦。

そんな錦に、「おれだって、ハンパ者だ。似てるよ、おれたち。」「誰だって悩んで苦しんで、それでも生きているんだ。また笑えるって期待してるから。」「失望するには、まだ早い!」告げる空丸。

罪人を一撃でやっつけて、錦に言います。

「おれはまだ、ちゃんと生きていない!一緒にぼちぼち成長していこう」錦をおんぶして帰る空丸。

「あいにく家は忍は必要としていない。でも手伝い人なら募集中だ。やることないなら、助けてくれるとありがたい。」おんぶされて頬を赤める錦。

「お前の人生、まだ期待してろ」ラブフラグが立ちましたね!そして男らしくなりました、空丸。空丸は、ふっきれたように蒼世のもとで訓練を続け、当主として自覚を持ち始めます。

蒼世からは一本もとれませんでしたが、着々と成長しつつある空丸に、蒼世も心なしか嬉しそう。空丸は誓います。「曇の名も、兄貴の意思も、すべては俺が受け継ぐから!」

立ち直った空丸。しかし、宙太郎は幼さゆえ飛び出したまま・・・。ここで8話は終了。

原作は2巻以下もすべて刊行済みです。全6巻と読みやすい長さです。

曇天に笑う 2

曇天に笑う 2

曇天に笑う 2


曇天に笑う 3

曇天に笑う 3

曇天に笑う 3


曇天に笑う 4

曇天に笑う 4

曇天に笑う 4


曇天に笑う 5

曇天に笑う 5

曇天に笑う 5


曇天に笑う 6

曇天に笑う 6

曇天に笑う 6



「曇天に笑う」の続きのお話の「外伝」




300年前を舞台にした曇天シリーズ番外編もあります。

煉獄に笑う 1

煉獄に笑う 1

煉獄に笑う 1


煉獄に笑う 2

煉獄に笑う 2

煉獄に笑う 2


煉獄に笑う 3

煉獄に笑う 3

煉獄に笑う 3



唐々煙先生のその他コミックスはこちら。



:REverSAL 1

:REverSAL 1

:REverSAL 1



今、「外伝」と「煉獄に笑う」は絶賛「月刊コミックガーデン」で連載中でもあります。ひらりが主人公でヒロインが牡丹のようだった7話から、8話では、また曇家に焦点が戻りました。

原作未読の人は、ついてこれているのかなあ。余計なお世話でしょうが、気になってしてしまいますね。7話で、600年前にさかのぼったので、ちょっと分かりにくい展開のような気がして。

ところで、6話で死んだ(となっているけど生きている)天火は、まだ再登場なし。8話では、天下のセリフは回想での「笑え!」のひとことのみでしたw

原作では、ここから怒涛の展開になっていくのですが、アニメもあと残り4.5話で、ラストに向けて盛り上がっていくことでしょう。

宙太郎が不穏な影と接触して、ここからまた曇家の兄弟が、大きく揺らいでいく。そして、8話でまだ白いままの白子さんが、ブラック白子になるのも実に楽しみです。

切ないけど裏切りや陰謀がないと、やっぱり盛り上がらないですからね。

唐々煙先生のその他漫画一覧

 タグ
None

美術手帖2014年12月号 ボーイズラブ特集 ネタバレ感想 必ず読みたいBLマンガ20 ボーイズラブ入門編としてお勧め・・・?

美術手帖2014年12月号 ボーイズラブ特集

まさかの「美術手帖」がBL特集を組むということで、発売が発表されてから、話題騒然でした。こんないわゆるアーティスティックな、れきっとした美術雑誌で、まさかのボーイズラブ特集。

いやあ、素晴らしい世の中になったものです。

普段、美術手帖を定期購読とかしているデザイナーとか美術系の仕事をされている方など、どう思われるんでしょうかw



美術手帖 2014年 12月号(Amazon)

<内容>

【特集】

ボーイズラブ“ 関係性“の表現をほどく。ボーイズラブ(BL)をはじめ、同性愛を描いた少女マンガやゲイ・コミックのマンガ表現に迫る。

・中村明日美子による表紙イラスト+描きおろしマンガ+折り込みポスター

・マンガ家10名のロングインタビュー(よしながふみ、こだか和麻、ヨネダコウ、宝井理人、雲田はるこ、トウテムポール、はらだ、鳥人ヒロミ、中村明日美子、 田亀源五郎)

・スペシャル描きおろしイラスト
えすとえむ、腰乃、岡田屋鉄蔵、ヨネダコウ、雲田はるこ、宝井理人、トウテムポール

・BL座談会:金田淳子(やおい・ボーイズラブ研究・同人誌研究/社会学者)×福田里香(お菓子研究家)×山本文子(編集者)

・論考:松井みどり(美術評論家)、暮沢剛巳(美術評論家)、泉信行(漫画研究家)

・[コラム]ボーイズラブの歴史
・[コラム]ボーイズラブ世界一周―(世界各国のBL事情)
・BL入門ブックガイド

Amazonより)

» 記事の続きを読む

テラフォーマーズ9話 ネタバレ感想 またもエンディングにもっていかれたアドルフ回 降り続く雨が陰鬱さに拍車をかけ・・・

テラフォーマーズ9話ネタバレ感想です。

原作は現在もヤングジャンプで絶賛連載中のこちら。本誌の連載の方では今、大変な展開になっていて、ますます目が離せないテラフォーマーズ。

本誌では微妙にアニメのアドルフ回とリンクするような内容となっていて、大変盛り上がっています。



9話冒頭。

敵の前にあっけなく散って行ったイザベラ。OPはいつも通りで、本編に突入です。

アドルフ回は、原作もそうですが、いわゆる鬱展開というやつで、ひとことでいうと「暗い」のですが、そして「雨」というのもひとつ大きな特徴でもあります。

9話では、ずっと雨。陰気に降り続く雨のなか、戦闘能力的に一番頼りになるイザベラを瞬殺され、アドルフさんひとりの闘いになります。

アドルフさんのベースは電気うなぎなので、電撃のシーンが多いのですが、やはり電撃のシーンはアニメで色と効果音がつくと迫力が出ますね。

雨に打たれ、次々と襲いかかるテラフォーマー達に、疲れを隠せないアドルフ。こんなときなのに、なぜか思い出す地球でのできごと。自分を人間にしてくれた妻。

妻のような人間になりたかったのだと思うアドルフさん。ふらつきながら立ち上がります。



「どうした、もっと来い。殺してやる!」

しかし敵の大将らしきテラフォーマーの指令により、軍隊のように統率のとれた動きで一斉に動き出す。あまりの数に、座り込んでいるアドルフ。

「利用されるだけの人生だったな・・・エヴァ、イザベラ、みんな、ごめんな・・・。もうだめだ・・・・・・死・・・」

そこへ、5班の非戦闘員たちが脱出機から飛び出して、アドルフをかばおうと戦います。

「いつもアドルフ班長に助けてもらった!」と言いながら、無残にやられていく班員たち。逃げろと願うアドルフ班長。

エヴァは必至で班長を脱出機まで動かそうと班長の背後から支えますが、冷たくなったアドルフに泣き叫びます。

そこへ、雷によるAEDにより、息を吹き返すアドルフ!一度停止したアドルフの心臓は、魂に生きる意思があえば蘇る!

「待ってろ!今、助ける!」



流れるBGMに「火星」



9話でも、ここぞというところでBGMには「火星」が使用されていましたね。8話の特殊エンディングで使用されていた、ホルスト作曲の組曲「惑星」の中から「火星」

舞台が火星であり、安全装置を外し、薬を過剰摂取し、確実に死へと向かいつつあるアドルフ班長にふさわしい名曲です。

聖書からの引用を交えつつ、叫ぶアドルフ。



「道(そこ)を退け(どけ)!」



アドルフ・ラインハルト マーズランキング2位。原作での見どころでもあるキレた顔はありませんでしたが、この決め台詞。

そののち、不吉な稲妻が空を翔けめぐり、敵の大将に空から落ちる雷。その雷は、アドルフさんの底知れぬ怒りと悲しみの現れのようで・・・。

最高にかっこいい終わり方でした。



ここで9話は、終了・・・かと思ったら、またやってくれました。アニメ特殊エンディング。8話だけかと思っていたら、9話もいつもとは違う特殊EDをもってきた。

9話EDは、8話のED「火星」とは違い、物悲しげな女性の落ち着きのあるハイトーンボイスで、静かに流れていきます。

当然、テロップは「出演:アドルフ・ラインハルト 遊佐浩二」が先頭。またも泣かせる演出です。

もうアドルフ回で最終話でもいいんじゃないかな・・・とか思っていたら、エンディングのラストに曲名が浮かび上がって・・・。



エンディング曲 「Requiem」(レクイエム)



うわああ、レクイエム(=死者への鎮魂歌)だなんて!もうBADENDしかないじゃないですか。誰に向けてのレクイエムかだなんて、そんなのもう、もう、ひとりしかいない・・・。

この曲は、テラフォーマーズのオリジナルサウンドトラックに収録される曲。アニメオリジナルなんですね。


TERRAFORMARS O.S.T - MARS –

作曲は、アニメテラフォーマーズのサントラを担当している、清水秀清。歌っているのは、シンガーソングライターのMinako"mooki"Obata(ミナコ〝ムーキー”オバタ)。

8.9話の特殊EDといい、アニメは1クール12話か13話くらいが通常なので、おそらくアドルフ回が今期の目玉という扱いなのでしょう。

来週の10話でアドルフ回は終わりそうですから、もしかしたら来週も特殊EDになるでしょうか。期待度が上がりますね。しかしアドルフさんでこの扱い。

ということは他のオフィサー、例えば主役クラスの小吉の見せ場回などは、(今期はそこまで話が進まないでしょうが)一体どうなるんでしょう。



 タグ
None

BL漫画ジャンル別人気ランキング 2014年上半期版 腐女子のみんなが読んでるBLコミックがひと目で分かるお勧めランキング

BLコミック 人気ランキング

本棚も場所も必要ない電子コミックレンタルのレンタ!さんで2014年上半期のジャンル別人気BLコミックランキングが、発表されています。

みんな何を好んで読んでるの?

みんなどんなBL読んでるの?

BL好きな人にはどんなBLが人気なの?

どんなBLコミックが売れてるの?

気になります。それではジャンル別で、順番にご紹介していきましょう。

» 記事の続きを読む

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます