それに名前をつけるなら、好きだからキスしたの?、笑わなくていいのに6話など新刊BL漫画の電子配信がはじまりました。

鮎川ハル先生の「それに名前をつけるなら」と木下けい子先生の「好きだからキスしたの?」がお気に入り&おすすめです。

世間はもうハロウィン一色で、毎年のことながらどこもお店のディスプレイがかわいくて楽しい気分になりますね。

リア充イベント(?)のハロウィンパーティーなどの予定はまったくないものの、カボチャのプリンくらいは買って帰ろうかなという気分になります。

それに名前をつけるなら 鮎川ハル


「赤松とクロ」が大好きだった鮎川ハル先生の新刊BLです。紙のコミックスは6月発売だったので私は一足お先に紙で読みました。

セフレからはじまって本当に好きになっていくというパターンなのですが、鮎川先生独特の低体温な淡白で独特の雰囲気はそのままに萌えとキュンがつまった秀作です。

年下攻めの佐野は童貞らしさを持ち合わせつつも意外としっかりしていたり受けの藤田から漂う色っぽさといい、キャラがどちらも魅力的で全力で応援したくなる愛らしさ。

童貞男子高校生×イケメン大学生の組み合わせなんですが、未熟で気取らない10代そのままに2人ともすごくかわいかったです。特に映画館での手のやりとりは必見かと。ニヤニヤがとまりませんでした。

「あいもかわらず」のスピンオフですが、読んでいなくてももしくはどちらから読んでもまったく違和感なく楽しめるはず。超おすすめです。

レンタ先行配信で、他サイトは10/14~配信開始です。



好きだからキスしたの?木下けい子


木下けい子先生の「キスも知らないくせに」の続編です。前作を読んでいなくても大丈夫そうですが、前作を読んでいるといっそうもだもだできるかと思います。

べろちゅーひとつであたふたしたり混乱したり、恋するピュア男子は大変です。じわじわじれじれしたこのゆっくりペースな初心な感じがたまらない。

ピュアピュアな感性がじれったくてもどかしくって甘酸っぱくって、身もだえしながら読む作品です。疲れたOL(私)の心は、出会って早急にやっちゃう系のお話とは真逆な初々しい展開に心が洗われました。

木下先生も10年以上BL業界でご活躍ですが、安定の作家買いする先生のひとりです。ハードなシーンなどもないのでBL初心者の方にも安心しておすすめできます。

Kindle以外全サイト一斉配信です。




10/3配信の新刊BL漫画


その他本日(10/3)入荷の新刊BLコミックです。気になる作品があればどうぞ。

「ケサラ・セラ」




「笑わなくていいのに」6話



関連記事