不機嫌彼氏のさらい方2話のネタバレ感想です。

クロネコ彼氏シリーズ最新話は賀神兄ユージン&側近高見沢のラブの続編です。

前回1話では大天使リオを置いてイギリスへ行くことになったユージンと高見沢。サラが結婚したいと言いだし話を聞くために渡英します。

サラのお相手として両親が用意したのは、ユージンたちの学生時代の友人で映画監督のアンジェロ。同じ寮だったことを思い出すとちょっと嬉しそうなユージンに、高見沢は何か言いたげなまなざしを向けて…というところまででした。

不機嫌彼氏のさらい方1話 ネタバレ感想

「クロネコ彼氏のあふれ方」3巻は11/1発売です。こちらも楽しみですね。

それでは以下、左京亜也先生の「不機嫌彼氏のさらい方」2話の感想です。(ネタバレ注意)

不機嫌彼氏のさらい方 電子書籍



不機嫌彼氏のさらい方2話 感想 ネタバレあり


扉絵はひとり窓辺でたたずむユージンです。豪奢なカーテンも霞むほどの美麗なお姿が神々しい。サスペンダーがここまで似合う人ってそうそういないです。

いつもの(エロい)マッサージ


ユージンをベッドに押し倒した高見沢。この部屋は命令されて初めて高見沢がユージンを抱いた部屋でした。その後すぐにインテリアを総入れ替えしたらしいですが、昔を思い出したのか赤くなるユージン。

照れ隠しか、忘れろと言っただろと顔をそむけるユージンに、そんなもったいないことはできないと高見沢。ユージンの初めてをもらったということで高見沢にとっても忘れ難い思い出なのでしょう。

そのままなだれ込むかと思いきや、長距離移動で疲れているだろうからといつものマッサージと称した乳首攻めでユージンをいじる高見沢。

すぐにイッてしまったユージンに、ただのマッサージなんだからもっと我慢してくださいと言う高見沢が楽しそうで何よりです。涙目のユージンがかわいい。

ピリピリしている高見沢


また高見沢にあしらわれてクッションを投げつけるユージン。一人で眠るのは気に入らないけれど、何を考えているのか分からない高見沢に対してちょっと不安もあるようです。

翌日、サラと合流して結婚式の打ち合わせをするも、さくっと早く式を挙げて既成事実を作りたいサラに対して、招待客が会社の客だからそうはいかないとぶつかるユージン。

融通のきかないユージンにイライラするサラは、高見沢の言動にもピリピリとした雰囲気を感じ取り、少し昔に戻ったみたいだとつぶやきます。

ユージンとけんかでもしているのかと感じているようですが、実際は高見沢がアンジェロに会ってからどうにも様子がおかしい。

そこへ能天気にアンジェロがなぜかひょっこりとやってきます。いつでもどこでも神出鬼没すぎ(笑)

取り引きをもちかけるアンジェロ


来ちゃった、とか言いつつユージンに近づくアンジェロ。ノリが軽いですが今回のサラとの結婚については、そろそろ子どもでも作っておこうかなという軽い気持ちでいるようでユージンは眉を潜めます。

ユージンと高見沢にも会えそうな相手だったから思わずサラとの縁談に食いついたとか、正直すぎるアンジェロは何を企んで、いや何を考えているのかこちらもよく分かりません。

結局は結婚相手が誰でもいいというふうに聞こえたユージンは、サラは大事な家族だから不幸な結婚はしてほしくないとキッパリ。

サラはそんなユージンの言葉に感動していると、ニートにうちの娘はやらん!と頑固おやじのようなことをアンジェロに告げます。

ヘラヘラとしていて何を考えているのかつかめないアンジェロですが、不幸な結婚はしてほしくないなんてユージンには言われたくないなあと耳の痛いセリフで応酬します。

ピリッとした空気が流れる中、高見沢が不審者がいるから警備の者を呼ぼうとしたところでユージンがストップをかけました。

本当のことを言われただけだから大丈夫だと言うユージンですが、高見沢にはアンジェロの態度が気に食わないようで険しい表情です。

一晩つきあうとは


アンジェロを無視して立ち去ろうとする高見沢たち。そこへ背後から「サラのことはあきらめるからユージンが一晩つきあってよ」と、とんでもない提案をしてくるアンジェロ。

驚いて振り返る高見沢、サラ、ユージン。そしてまさかのアンジェロの提案を了承するユージン。おいおい危ないでしょー!

ユージンとしてはアンジェロの「一晩つきあう」は「一晩酒でもつきあう」という理解のようで軽く考えています。そんな簡単なことでサラから手を引いてくれるなら安いもの。

あまりにも警戒心のないユージンに、思わず腕をつかんで「あなたはバカなんですか」と冷静ながらも熱を秘めた様子で告げる高見沢…というところまでが2話でした。

不機嫌彼氏のさらい方2話の感想まとめ


ユージンはアンジェロのことを昔同じ寮にいた普通の同級生くらいに思っているようで、だからこそ何も深読みせずに一晩付き合うことを了解したのでしょう。

がしかし、ここまでの高見沢とアンジェロのピリッとした空気を感じとってほしいところですかね。学生のころ高見沢とアンジェロに何かわだかまりが残るようなことがあったのでしょうが、それもユージンがらみの何かなのでしょうか。

しかもこんなバカげた提案をサラもOKするとは思えないし、この「一晩つきあう」がひと波乱とならないといいのですが。

まだどういった展開を見せるか様子見というところですが、どうかイギリスで喧嘩別れすることなく2人がラブラブ状態で日本に帰ってこれますように。

次号ディアプラス12月号は2016年11月14日(月)に発売です。ではまた次号「不機嫌彼氏のさらい方」3話の感想でお会いしましょう。

追記)3話の感想を書きました。

不機嫌彼氏のさらい方3話 ネタバレ感想

クロネコシリーズ 電子書籍


シリーズ通して読むなら、クロネコ彼氏のアソビ方→クロネコ彼氏の甘え方→クロネコ彼氏の愛し方→クロネコ彼氏のあふれ方という順番になっています。すべて電子書籍化されています。



不左京亜也先生のその他コミックス






左京亜也先生の漫画一覧

左京亜也先生のBLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。


関連記事