わるいこはだあれ?、ガラスごしのきみへ、ハッピーエンドはご一緒になど新刊BL漫画の電子配信が始まりました。

「わるいこはだあれ?」は三崎汐先生の新刊BLです。紙と電子がほぼ同時発売なので電子待ちしていました。「みんないいこだよ?」と「ゴクラク305」が好きだったので楽しみです。

ガトーコミックスは電子化が早くて、しかも電子の方がお安く設定されているのが嬉しいです。【参考】紙→734円 電子→540円

黒豆麦茶先生の「ガラスごしのきみへ」と怜央先生の「クズと家政夫のお家事情」も発売されました。こちらもガトーコミックスの新刊です。

黒豆麦茶先生も怜央先生も初コミックスで今年商業デビューされた新人さんです。私は初読みの作家さんですがどちらもPixivなどで創作されていたので知っている人も多いかも。

「ガラスごしのきみへ」は4コマから始まっていて一風変わった構成にワクワク。





無料WEBマガジン「moment vol.7 2016 autumn」も配信がはじまりました。こちらは新刊の第1話がまとめて無料で読めるので、本編を買う前に読んでおくことをお勧めします。

まずはタダ読みで絵柄やストーリーを確認できるので便利。サンプル以上に1話まるごと読めるので、好みかどうかを判断しやすくなって失敗を防げます。

【無料】moment vol.7/2016 autumn

【無料】moment vol.7/2016 autumn

【無料】moment vol.7/2016 autumn



「ハッピーエンドはご一緒に」「俺が両性なんて認めない!」電子先行配信がコミックス化され描き下ろし付きで電子化されました。

どちらも紙の単行本の描き下ろしに加えてレンタ限定の描き下ろしペーパー(1P)が収録されています。2冊とも↑の無料マガジンmoment7号で1話が読めます。

11/13までならバラ売りの「ハッピーエンドはご一緒に」で1話と2話、バラ売りの「俺が両性なんて認めない!」で1話と2話が無料になっているので、気になる方はそちらからチェックです。





終わる作品があれば新たに始まる連載もある。ということで「同棲からはじめました。」のko先生の描き下ろし連載「カミングアウトクライシス」と、「女装上司の啼かせ方」の成瀬一草先生の連載「セックス・アンド・ワールズエンド」がスタートしました。




関連記事