Canna50号の電子書籍の配信が11/8(火)に決まりました。

50号という区切りのよい記念号なのでいろんな作品の番外編がたっぷり収録されています。今回はCannnaさん電子化がすごく早かったですね。記念号だからでしょうか。

いつもは1ヶ月遅れとか次号発売の時に合わせてとかだったんですが、今回は10/22発売が11/8に電子書籍化されるというこれまでにない速さで配信されます。

「ひだまりが聴こえる幸福論」の続編連載「ひだまりが聴こえるリミット」1話も掲載されていて、ちょうどこのカンナ50号から新連載としてスタートしました。

レンタさんは11/8(火)から、配信時間が朝の10時から日付が変わってすぐの0時配信になったので、レンタ派の方もいつも以上に早く読めます。

電子待ちしていた人は要チェックです。

Canna(カンナ)50号 電子書籍


11/8の0時に配信スタートしました。48時間チケットがあるのもお手軽です。

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.50

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.50

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.50

山田と少年など番外編もたっぷり


スピンオフが読みたかった作品が盛りだくさんで読み応えたっぷりでした。や、山田と少年が!読みたかったやつで悶絶。最高だった…。

普段買わない人もこの号だけは買ったっていう人が多そうです。番外編が描かれている作品の一部を挙げてみましょう。

「鴆-ジェン-」文善やよひ

「山田と少年」三田織

「花と純潔」桂小町

「グレーとブルーのあいまで」糸井のぞ

「来たる晴れかけの明日よ」上田アキ

「両想いなんて冗談じゃない!!」カサイウカ

誰もがこのスピンオフのラインナップには心惹かれるのではないでしょうか。多すぎてタイトルを出せませんがその他のスピンオフ作品もたくさん掲載されています。

私は一足お先に紙の雑誌で読みましたが、ネット上では一部品薄の噂もありました。

アニメイト特典はひだまりが聴こえるのイラストカードで、太一のニカッとした明るい笑顔に元気をもらえました。ああもう尊い。

ひだまりが聴こえるリミット1話の感想はこちら。ネタバレ注意です。

ひだまりが聴こえるリミット1話 ネタバレ感想

あっ番外編ばかりではなくてもちろん、ウノハナ先生の「石橋防衛隊(個人)」最終回やはらだ先生のにいちゃん4話などいつもの連載作も掲載されていましたよ。

Cannnaさんは個人的にとてもいいイメージのある雑誌で、確かになかなかのいいお値段ですがその価値はあると思うし、あとは電子化のタイミングが安定することを祈っています。

読者プレゼントなどは紙の雑誌のみになるので、電子で購入する方はそこだけはお気をつけください。

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.50

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.50

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.50


関連記事