酷くしないで6巻の感想です。

5巻と比べて甘くスイートなラブラブ展開の6巻です。沖野にいい感じの人ができたり、小鳥遊彰編の番外編も収録されているのでお得感は満載でした。

1巻での2人のあのはじまりにも6巻で少し触れられています。あれから6巻まできて2人の関係がまさかこんなラブラブで安定するとは。これだからBLはやめられない。

1巻でやめちゃった人もぜひ6巻まで読んでほしいな。かっこいいマヤに溺愛されるネム、そんなマヤを大好きなネムにニヤニヤすること必死です。

というわけで以下ねこ田米蔵先生の「酷くしないで」6巻ネタバレ感想です。

酷くしないで6巻 電子書籍


酷くしないで(6)

酷くしないで(6)

酷くしないで(6)

酷くしないで6巻感想 ネタバレあり


真矢の背中をがぶがぶするネム


お買いものデート中、裸で背中を向けた広告を目にして真矢の芸能人化に気づくネム。背中だけで分かっちゃうとか、愛ですね愛。

目立つイケメンの真矢は街を歩いていても注目されることが多く、カフェでも近くに座っている女の子がヒソヒソ話をしています。

でも真矢本人はネムに夢中で他はまったく目に入っていません(笑)真矢はもうこんなふうに女の子に注目されることには慣れっこなのでしょう。

イケメンであることに慣れているとは、さすがイケメン。(日本語おかしい)

女子には目もくれずデート中のネムに甘々で、口についたクリームを手で払ってあげるとかバカップル全開な2人が幸せそうで何よりです。

ネムはそんなモテモテなイケメン真矢に独占欲を見せて、デートの日の夜に背中をがじがじ。歯型をつけてマーキングしますが、すぐにひっくり返されてラブッラブな一夜を過ごすのでした。

小鳥遊彰編の番外編


多忙のため疲れてHの後うとうとしてしまった縞川。そんな直也に甘えるようにそっとくっついて眠る彰ですが、縞川は自分が眠った後にそんなふうに甘えてきた彰に驚きます。

眠った後にしか素直に甘えられないとかかわいすぎ。眠っている縞川を起こさないように本を片づけてあげたりしばっている髪を解いてあげたり優しい彰。

彰は最近そっけない縞川が怒っていると感じて、昼間からHしようとまさかのお誘い!喜び過ぎてドン引きされないように感情をセーブしている縞川がおもしろいです(笑)

嫌だとばかり言っていることを彰は反省しているようですが、本当は怒って等いない縞川はホクホク。しつこいHで満たされましたとさ。

嘘でも別れるなんて言いたくないと赤くなる彰の気持ちの深さがよく伝わってきました。お医者さんゴッコはご馳走様です。

カップルとしてはこちらのほうが好きな人も多そうですね。幸せな2人の続きを見ることができて嬉しかったです。

学園祭で女装するネムと沖野くん


大学生の学園祭といえば女装!というわけでネムと沖野くんが女装します。沖野くんは女装してもさすがのかわいらしさ。

ネムは男の子の女装という感じですが真矢はネムに見とれてしまっています。女装のままホテルに連れ込んでいそいそとHにいそしむ真矢。

ストッキングを破いてする真矢ががっついててエロいです。が、女装している自分に欲情している真矢を見てちょっと複雑になるネム。

女装しているのがネムだから真矢はがっついたのであって女の子がいいとかではないんですよね。だけどあまりの食いつきにネムは内心ちょっと気になってしまいます。

漫画のキャラのような沖野の彼氏候補


いや、漫画なんですが。

というわけで関西弁のかわいい沖野に新たなる彼氏候補(最有力)ができました。メガネを外したらイケメンという一昔前の少女マンガのような九谷くん。

最初は九谷が地味メガネで好みじゃなかった沖野くんですが、危ないところを助けてもらって素顔を見た瞬間にドキドキしはじめます。

まあそんなものですよね恋って。案外単純に始まったり終わったりするものです。顔が超好み!から始まるケースもありましょう。

しかもこの九谷くんはとてもいい人で、沖野を大事にしてくれそうです。ネムのいい相談役だった沖野に恋人候補ができて良かった良かった。

沖野は沖野でちょっとふわふわしていて危なっかしい感じなので、しっかりした彼氏がいると安心です。ところで沖野と仲よくしているところまで焼きもちをやく真矢よ…どんだけネムを好きなんだ。

昔のことを思い出して勃たなくなる真矢


ふとしたことから自分とネムとの始まりを思いだす真矢。今さらですがネムとは最初無理やりだったことを思い出して、反省と後悔のあまり勃たなくなってしまいます。

それを見たネムは、女装に興奮していたしやっぱり真矢は女の子の方がいいんじゃないかと勘違いを…。意を決して昔のことを謝った真矢に、ネムは思っていたこととは違って安堵しました。

気持ちが通い合ってからは真矢が本当にネムを好きで大切にしていることもあって、ネムにとっては始まりが嫌な思い出のまま残っているわけではなさそうなのが救いです。

仲直りHで新たなるテクニックを見せたネムにさらにメロメロになった真矢ですが、そんな真矢のお父さんが帰ってきて情事のあとを見られたー!

さあどうなる。ここからは新展開という感じでしょうか。続きが気になります。

酷くしないで6巻感想まとめ


学園祭でルカ&九谷が食べてたあのち○こ形のあれ。あとでネムも食べてて真矢に食べるな!咥えるな!って怒られてましたね(笑)

6巻は全体的にほんわか甘々で安心して読むことができました。沖野のお相手が漫画のキャラで、いや漫画なんですけど楽しかったです。

メガネって便利なアイテムですね。一応彼氏候補最有力で友達にはなりましたが、この後またどうなったのか時々描いてほしいな。

こうやって真矢たちの周りにカップルが増えていくのは見ていて楽しいです。ホント1巻でやめちゃった人はもったいないなと思います。

絵柄も格段に綺麗になっているし、昔読んでダメだった人もぜひ再読してみてほしい作品です。

追記)6巻の続きの感想も書きました。

酷くしないで7巻1話 ネタバレ感想

ねこ田米蔵先生のBLコミックス


酷くしないでのスピンオフで縞川と彰のお話です。



「酷くしないで」シリーズ単行本未収録作の電子書籍限定の番外編集です。酷くしないでが気に入ったらこれも漏れなくおすすめ。







ねこ田米蔵先生のBLマンガ一覧

ねこ田米蔵先生のBLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。


関連記事