花恋つらね11話のチラ見せです。

源介のターンが始まるも、塩対応が発動中の惣五郎にはかなり苦戦していたところ、大雨で惣五郎宅にお泊りすることになった10話。

この一夜で何かが大きく変わるのか。それともくすぶった関係のままなのか。源介の理性が試される!?

花恋つらね10話 ネタバレ感想

花恋つらね2巻が3/1に発売決定しました。朱く鮮やかな1巻の表紙が惣五郎だったので2巻は源介でしょうか。そちらもまた楽しみです。

ディアプラス 電子書籍


ディアプラスは紙の発売後から1ヶ月後に電子書籍が配信になります。2月号は2/17に配信されます。

追記)配信されました。2017年5月14日までの期間限定配信です。

ディアプラス 2017年2月号[期間限定]

ディアプラス 2017年2月号[期間限定]

ディアプラス 2017年2月号[期間限定]


花恋つらね11話のチラ見せ




なんですかこのかわいい生き物は。

ちびっこ惣五郎と源介の愛らしいこと。4.5才くらいでしょうか。2人とも御曹司なだけあって、やっぱり大事に育てられたお坊ちゃまな雰囲気はありますね。

ポーズをとっている惣五郎の無邪気なかわいらしい姿に、周りにいた大人たちはきっと満面の笑みだったことでしょう。

この時からすでに源介は惣五郎に夢中だったわけで、そりゃ熱心な惣五郎オタクになりますね。惣五郎はまっっったく気づいていなさそうでピュアピュアですが。



夏目イサク先生によると、もしや11話はずっと過去回のターンでしょうか。よ、幼少期の惣五郎と源介のあれこれとか、小中学時代とかも見れたりする!?

惣五郎の隣りで寝る源介が見る夢とかでの過去シーンかな。それとも単に源介の脳内の回想で昔のことが出てくるのかしら。どっちでもワクワク!

惣五郎は忘れているだけで、源介がここまで語っていない惣五郎との何か思い出的なものもあったりするのかもしれません。

1/14(土)発売のディアプラス2月号「花恋つらね」11話も楽しみです。

追記)11話の感想を書きました。

花恋つらね11話 ネタバレ感想

夏目イサク先生のBLコミックス




いかさまメモリ(1)

いかさまメモリ(1)

いかさまメモリ(1)



夏目イサク先生のBLマンガ作品一覧

関連記事