ディアプラス2月号の全体の感想です。

不機嫌彼氏のさらい方が万事幸せなハピエン最終回を迎えました。天使のリオと賀神もゲスト出演で大団円でした。

テンカウントは復活して連載再開しました。ほのぼの告白回かと思いきやまさかの泣ける38話です。といっても清々しい涙なのでご安心ください。

「あやしの湯ももいろ美人」は2回目にして早くもニヤニヤしてしまう私が大好きっぽい展開です!雨隠ギド先生はやっぱりさすがです。

花恋つらねは源介のターンかと過去回想でなごませつつ惣五郎がびっくりな行動に出ました。

金井桂先生の「恋には向かない職業」と天咲吉実先生の「瞬きもできないほど」も新連載としてスタートしています。

というわけでまたも盛りだくさんなディアプラス2月号のネタバレ感想です。

ディアプラス 電子書籍


ディアプラスは紙の発売後から1ヶ月後に電子書籍が配信になります。2月号は2/17(金)に配信です。

追記)配信されました。2017年5月14日までの期間限定配信です。

ディアプラス 2017年2月号[期間限定]

ディアプラス 2017年2月号[期間限定]

ディアプラス 2017年2月号[期間限定]


ディアプラス2月号感想 ネタバレあり


不機嫌彼氏のさらい方5話最終回 左京亜也


個別に感想を書きました。くまさんが仲間に加わった!

不機嫌彼氏のさらい方最終回 ネタバレ感想

あやしの湯ももいろ美人2話 雨隠ギド


七尾のパンツに化けているぽぽんたが最高にかわいい。ぽんたでもぽぽたんでもなく「ぽぽんた」丸いフォルムが愛でるのにぴったりです。

風呂上りの七尾のうなじを見て噛みつきそうになる乙丸。途中で邪魔が入ったので噛みつきはしませんでしたが、本人にはなんでそんな衝動にかられたのか分かっていません。

こういうのすごく好きな展開です。乙丸は何の妖怪なのかな。噛みつく系の妖怪?吸血系?もしかして自分をコントロールできないタイプの危険な妖怪で、それを七尾が抑えるみたいな熱い展開になるのでしょうか。

個別の感想はこちらをどうぞ。

あやしの湯ももいろ美人 ネタバレ感想

雨隠ギド先生は「恋まで百輪」もおすすめです。

恋まで百輪

恋まで百輪

恋まで百輪



テンカウント38話 宝井理人


個別に感想を書きました。くうう感動しました。

テンカウント38話 ネタバレ感想

花恋つらね11話 夏目イサク


個別に感想を書きました。ちびっこがかわいくてほわほわ…している場合ではなかった。。。

花恋つらね11話 ネタバレ感想

ももいろ倶楽部にようこそ92話 二宮悦巳


宗明と瑠璃の2人旅でお約束のホテルでダブルベッド1つの部屋に泊まることに。あっちの瑠璃に負けないと心に誓い、覚悟したところでおしまい。

ん?これはお風呂でエッチするかんじですかね。宗明がTシャツを着たままで瑠璃は全裸。濡れシャツっていやらしくていいですね。



恋には向かない職業1話 金井桂


新連載です。4人組アイドルグループでリーダーの頼(より)は優等生の21歳。オフの日には前マネージャーの三倉さん宅に入り浸っています。

三倉さんは出世して今は広報部へ異動。でも頼にとっては居心地のよい三倉さんの家にオフのたびに来ては一緒に過ごしています。

頼が三倉さんへの気持ちを自覚したのはかつてのツアー中。不安になった頼に「お前の代わりはいない」と言われ再び立ち上がることができた時でした。

厳しい芸能界でつらいときに支えてくれた人というのは心強くて惹かれるものですよね。だけどタイトルの通り、アイドルという仕事柄恋愛には慎重にならざるをえません。

迷惑ではないと言ってくれる言葉に甘えて、三倉さんがいないときも遊びに行く頼は、うっかり三倉宅で寝入ってしまいます。

BLもアイドルものをけっこう目にすることが多くなりましたが、金井桂先生の手にかかるとどうなるのでしょうか。アイドルグループの他の3人のメンバーも今後出てくるかな。

金井桂先生は「営業二課っ!」もおすすめです。



花のせんせい 阿部あかね


読み切りです。同棲ラブラブの一と花太郎。東京から花太郎の師匠がやってくるということで嬉しそうな花太郎と、あまり興味のなさそうな一。

イメージとは違って萬○久子のようなきれいな人だった椿師匠。余裕のあるお姉さんといった感じで花太郎ものことをかわいがっています。

花太郎のほうも師匠になついていてかわいい。師匠が2人の部屋に泊まることになり、あまりにも楽しげな花太郎を見て一はおもしろくありません。

椿師匠に大人としての態度がとれずにクールダウンしようとシャワーを浴びる一。そこへ花太郎がやってきてお風呂でエッチという、おいおい師匠が聞いてるよ?状態に。

だけど師匠は花太郎の声を酒のつまみにして飲むというおおらかさで、万事めでたしめでたし。結局ラブラブな一&花でした。

阿部あかね作品はこちらもお勧めです。



SOS?最終回 未散ソノオ


合併で社内の雰囲気があまり良くない中、自分にできることをしようとがんばる押尾。勉強会を企画したり、前向きに仕事に取り組む押尾のことを、佐藤も誇らしそうに見ています。

ちょっとでも時間を見つけて会いに来たり、付き合いたてのカップルとしてお互いを大事にしているのもキュンとしました。

ぼんやりしながら、エッチ中に「合併完了後に社内でいちゃつきたくなったらどうしよう」とか心配する押尾がマイペースでかわいい。

ただ、エッチの後の感想を食レポ風に語るのはやめましょうね(笑)

未散ソノオ先生は「上質な男とH」もおすすめです。

上質な男とH

上質な男とH

上質な男とH



親友ってそこまでしなくちゃいけないの?5話 せいか


賢人の応援はお守りのようなもの。なくても陸上の結果は出せましたが、一緒に喜んでほしかったと切なくなる一星。

賢人とのことをどうしたものかと悩む一星はあやさんに相談します。だけどマンションに訪れたらそこに待っていたのは賢人でした。

あやさんナイスアシスト!賢人が紙飛行機を作って場が和み、一星はエッチをしたら2人の関係が変わるかどうかを試してみたいと思いきって提案しました。

さあ、ここからですね。親友と恋人の境目を飛び越えることになるのか、それとも親友の延長のままモダモダするのか。

せいか先生は「課長、結婚しましょう!!」もおすすめです。



瞬きもできないほど1話 天咲吉実


新連載です。新人俳優×子役上がりの王子様系俳優の芸能界ラブ。

エッチした翌朝に、先輩らしく年上の威厳を示そうとするも「やあ、おはよう」を「やあおニャよう」と噛んでしまう玲也にさっそく吹いてしまいました(笑)

でもそれに合わせてネコ語で返そうとした凜太郎もノリが良くていいやつです。玲也に恥をかかせたくないために合わせたのかな。…ただの天然か。

一緒にいて幸せそうにしている凜太郎を見ていると自分まで幸せな気分になるという玲也。オフに2人でキャッチボールをして遊んだりしながら絆を深めていきます。

しかしラストでは不穏な雰囲気が漂います。ドラマで共演することになった母親世代の女優さんに、何か底知れない怖さを感じる凜太郎。

この女優さんが凜太郎のトラウマを思い出させるキーマンになるのでしょうか。過去と向き合う凜太郎を玲也が支えるという展開になるのかもしれません。

天咲吉実先生は「わんことにゃんこ」もおすすめです。

わんことにゃんこ

わんことにゃんこ

わんことにゃんこ



エモーション!5話 秋平しろ


一樹に抱き着いている稲荷んを見てショックを受ける翔平。あわてて駆け出して行ってしまいます。唖然とする一樹に告白する稲荷ん。だけど一樹は翔平が好きだときっぱりと断りました。

妹を亡くしたことで傷つき過去にがんじがらめになっている稲荷んは、一樹にちょっかいをかけて翔平との関係をめちゃくちゃにしようと考えていました。

稲荷んは実はいい人っていうオチになるんじゃないかなと思っていましたが、性格悪い系のこじらせ坊ちゃんということになりました。うーん残念。。。

逃げる翔平を追いかけて、とうとう自分の気持ちを伝えた一樹。翔平のほうも気持ちを伝え、森の中で泣きながら抱きしめあう2人にうるうる。

2人とも心底いい子なだけに両片思いでモダモダする時間もそれはそれで良かったですが、やっと気持ちが通じ合ってホッとしました。

稲荷んは一樹たちと一緒に高校生活を送ることで少しずつ過去から救われていったわけですよね。

麻美んにひっぱたかれて罰は受けたし(麻美んもいい仕事した!)次回できちんと反省して仲直りしてまた皆でわちゃわちゃしてほしいです。

この4人が仲好さそうにしているのは見ていて微笑ましかった。最終回も楽しみです。

秋平しろ先生の「いちばん遠い星」もおすすめです。



青春花心中最終話 河井英槻


トライアウトは合格!冷静を装って帰ろうとする竹中に、バックハグで捕まえる山崎。

実はちゃんと先輩宅に来る前に、竹中がうしろを自分でほぐして準備していたとかとんだツンデレだぜ。しかもうしろだけでイッてしまいます。

好きだと言われてから目が合うだけで全身溶けるみたいになってしまう竹中には、やっぱり山崎しかいませんね。

オレの可愛いモンスター 山本アタル


読み切りです。大学で小中学校で一緒だった星崎さんと再会した椿。この星崎さんが曲者で、椿と仲が良かったと瑛太には言いますが実際は違いました。

そうとは知らない瑛太は椿に社交性を身につけろと冷たく突き放します。あああ嫌な女の子が出てくる典型的なパターンのやつです。

だけど瑛太がサークルの人間関係に角が立たないように、だけどちょっぴり嫌みを言うのも忘れずに椿を守ってくれました。

なんだかんだ椿のことを好きすぎておかしくなりそうとか思っているツンな瑛太がかわいくないけどかわいいなーもう。

椿も瑛太もどっちもかわいくてラブラブでお腹いっぱいになりました。

山本アタル作品はこちらもおすすめです。



キラキラ彼氏とボクトツ彼氏後篇 海行リリ


小田切に電話しているとふと視線を感じる優樹。どうやらつけられているようで、小田切の家に逃げ込みました。

家まで追いかけてくるルール違反のファンの女の子たちにはちょっと引いてしまいましたが、騒ぎにしないように優樹がうまく対処したのでほっ。

アイドルも本当に大変ですね。彼女の家じゃなくて男の友達の家(表向きは)に行っても「私たちは全然会えないのにずるい」とか責められるとは。

キスに乗り気じゃなさそうだった小田切さん。実はキスをしたらその続きをしたくなるからという理由からでした。

アイドルをしながら男の恋人と付き合うとなると大変でしょうが、頑張ってもらいたいな。同じマンションの別々の部屋に住むというのはカモフラージュになっていいと思います。

お義父さん、好きになってもいいですか? 間宮法子


読み切りです。結婚相手に逃げられて義理の父親と同居することになった智生。弱っているときに義理の一度添い寝してもらったらクセになり、いつの間にか毎日一緒に寝ています。

尻の割れ目でオ○ニーしはじめる智生にパニくる義理のお父さんのドン引き顔と、だけど沈んでいた智生のことを思って受け入れる姿がかわいそうなようなかわいいような。

元嫁の父親と恋人になるという雨降って地固まる(?)な新しい夫婦の形が誕生して、どんな繋がりからご縁があるかなんて誰にも分からないものだなーと思いました。

案外元嫁とも時間がたてばうまくやっていけるんじゃないでしょうか。幸せになってくれればまあ何でもアリっちゃアリですよね。

間宮法子作品はこちらもおすすめです。



恋愛なんてゆるしません!最終回 須坂紫那


藤堂と友人関係を続けるということになったものの、どこか納得のいかない直斗。なにをしていても藤堂のことが気になって、焦ったりやきもちを焼いたりと

北斗が一芝居打ったことで、藤堂家にやってきた直斗。藤堂のほうも北斗に促され、自分の気持ちや直斗との関係に真剣に向き合うことを決意していました。

友情が愛情に変わることもある。近くにいすぎたゆえに、失いそうになってはじめてかけがえのなさに気づくという王道展開は安心して読めました。

感想まとめ


巻末の作家さんのコメントで雨隠ギド先生が「つきたての餅が食べたい」と書かれていて、まんまと帰りのスーパーで餅を買って帰ってしまいました。

餅ってオーブンで焼いて砂糖醤油だけでおいしくいただけるし、腹もちがいいから大好き。ほーらあなたも餅が食べたくなる~

私は好きな作家さんがおすすめしていたお菓子とかは、けっこうな高確率で試してみる派です。作中で出てくるおいしそうな食事やお菓子なんかもそうですが、食べ物系にはいろんな意味で弱いです。

テンカウントに泣かされて、不機嫌彼氏にもほっこりさせられたディアプラス2月号。

雨隠ギド先生の「あやしの湯ももいろ美人」もいろいろとツボでした。ぽぽんたのパンツは必見です。ずっと股間にいたかと思うとじわじわ。

終わる漫画があれば始まる漫画もある。というわけで3月号は「あやしの湯のももいろ美人」が表紙で、吉田ゆうこ先生の新連載と木下けい子先生の読み切りシリーズ最終話が掲載されます。

ディアプラス3月号も楽しみです。

追記)3月号の感想を書きました。

ディアプラス3月号 ネタバレ感想

関連記事