斑目ヒロ先生の「覆面係長」のネタバレ感想です。

シェリプラスで斑目ヒロ先生の新連載が始まりました。最初は読み切りだったものが、好評のため連載化されることになった作品です。

なぜか覆面をしている係長とその部下の明るく楽しいラブコメなんですが、リアルに吹き出すおもしろさでツボにはまってしまいました。

こういうノリのいいちょっとシュールなコメディを読むと、嫌なことがあっても吹き飛んでしまいますね。

読み切りの時から「これはおもしろい!」とピンと来て、続きを読みたいとアンケートに書いて送ったので連載になってすごく嬉しいです。

シェリプラスの豪華な作家陣の作品の中でも今かなり楽しみにしている作品です。コミックス化が今から待ち遠しいな。

それでは以下「覆面係長」の感想です。まだコミックスになっていないのでネタバレにお気を付けください。

覆面係長 感想 ネタバレあり


1話の感想 シェリプラス11月号


新入社員の町田(受)は配属早々、真っ黒な覆面をしている係長の元で働くことに。もう1ページ目から覆面係長の顔がホラーすぎてだめなやつです。つかみはオッケー。

覆面のことをほかの社員が誰もつっこまないのに、ひとりだけ覆面をひっぱったり頭を叩いたりして天然発動な町田。会社のイメージキャラクターかなとか思ってますが新入社員おそるべし。

実は覆面の男は町田の上司の立花係長。覆面をかぶっていることは他の社員は完全スルー状態で、町田はサプライズかと勘違いして笑い飛ばそうとします。

そんな町田に係長は「これは素顔だ」と言い張る変わった人。素顔なわけないでしょー!!町田と共に読者全員からの突込みが響き渡りそうです。



不気味に思った町田は職場でなるべく係長を避けますが、ある日、高いところにある資料が崩れそうになったところを係長に助けられてしまいました。

そのとき覆面がズレて、少しだけ係長の素顔が見えてしまいます!ちらりと見えたマスクの下の金髪の整った顔立ち。

驚く町田に対してサッとごまかす係長。以来、町田は係長のマスクの下に興味津々になってしまいます。

破けたマスクの代わりの覆面がスケキヨ風だったり、いちいち笑わせに来てる係長の顔(マスクだけど)がキモコワかわいくて愛しいです。

どうしても気になるマスク下の素顔を何とか見てやろうと、町田は係長を飲みに誘って酔ったふりをして自宅までついていくことに成功します。

ちなみにマスクでどうやって飲食するのかなと思ったらマスクの口元に見えないファスナーが付いているらしくてじわじわ。ダメだ。面白すぎて電車の中で読んだらダメなやつだ。

自宅まで行ったはいいけれど部屋を詮索しても秘密らしきものは何もありません。あったのはうすうすスキン(ゴム)のみ。

するといきなり係長が町田にキス!もちろん覆面のままwこれまでの町田の言動を自分へのアプローチだと思っていた係長はノリノリで「町田の気持ちを受けとめる」と迫ってきます。

マスクのままの係長に身体中を舐められて、痛気持ちいい快感に身を任せてしまう町田。結局流されて覆面姿の係長と身体の関係を持ってしまいました。

翌朝ベッドに眠る町田を見て、覆面をはずしてキスをしてお風呂に入る係長。ひとりで目覚めた町田は、やるだけやったらほったらかしな係長にぶつぶついいながら浴室へ向かいます。

すると覆面を外したお風呂あがりの係長がとバッタリ!超絶イケメン&いい身体です。

「え?」お互いにびっくりして固まる2人。即座にマスクを装着する係長。思わず絶叫する町田。その後マスクを外す外さないでモメにモメたであろう2人のやりとりが目に浮かぶような鮮やかなラストでした。

38ページで係長(攻)の素顔が出たのがラスト2コマのみ。

あとはずーっとシュールマスクをかぶってる攻めがこんなにかっこいいとはね。負けた。。。

係長の素顔の妄想をかきたてながらも全体を通してギャグ色強めのコメディとして笑わせつつ、たった2コマですべてをもっていった鮮やかさ。

斑目ヒロ先生、天才だわ。

「理想の恋人」とか「花丸漫画恋のはなし」とはまた全然違うテイストで、とても同じ人が描いたとは思えぬ引き出しの多さに驚愕です。作家さんってすごいなあ。

会社の中でひとりだけ覆面をしているというだけでも出オチ案件なのに、それをここまで広げて笑わせて、最後の最後に超ド級の萌え&キュンをもってくるとか匠の技としか言えません。

町田と一緒に係長を追いかけたくなったし、覆面の謎も一切明かされないのにこの1話で完結している説得力がはんぱない。

私はたくさんBLを読んできましたが、読み切りでここまで何回も読み返した作品ってそうそうありません。

ここまでおもしろい読み切り(後に人気のため連載化しましたが)が描けるなんて、改めて斑目ヒロ先生の巧さを感じました。

※電子版の配信は2017年4月30日で終了しました。コミックスを待ちましょう。



2話の感想 シェリプラス1月号


読み切りだけで完成度の高い作品でしたが、大反響のため続きました!やっぱりね、おもしろいしもっと見ていたいもの。覆面の秘密も気になるし。

というわけで2話は1話のラストの続きからです。

バッタリとお風呂場で係長の素顔を目撃してしまった町田。もちろん2人とも全裸です。町田にマスクを奪い取られて、奪い返そうとじたばた暴れる係長。しかし町田はマスクを返そうとしません。

「ちゃんと顔を見せればいいでしょ!」もっともなことを言う町田に、係長は観念したかと思いきや壁ドンしてキラッキラの素顔で「好きだ」と、突然の告白です。



光り輝く超美青年からのいきなりの告白に、うっかりときめいた町田からマスクを無事に奪い取った係長は、また何事もなかったかのように覆面を装着しました。

全裸にマスクという奇妙な姿をつっこまれた係長ですが、肉体美に自信があるのか「私は見せてるんだ」と堂々と言い放ちます。

再度「好きだ」とも言ってくれますがマスク姿で告白されるとシュールすぎて完全にホラー。違う意味でドキドキと真っ青になる町田が不憫です。

素顔を見せる見せないですったもんだした挙句、マスクをひっぱりすぎた町田が手を離さずお約束のパーン!wついにマスクが破けてしまいました。

大切にしているマスクを破ってしまい、全裸のまま服と一緒に家を放り出されてしまった町田。偶然通りかかったお隣りのお嬢さんが真っ青になってます。通報されちゃうよー。

翌日町田が昨日のことでぷりぷりしながら出勤すると、係長のことで周囲がザワザワしています。まさか素顔で通勤したのか!?と期待する町田でしたが、ただマスクがいつもの黒いものからスケキヨマスクに変わっただけでした。

仕事中も係長のことが気になる町田は、なんとなく係長に避けられているように感じてしまいます。しかし係長は仕事帰りの町田を待っていてくれました。

壁と壁の間からズズズズと出てくる(スケキヨマスクで)係長にびびってしまう町田。そりゃそうだ。なんで普通に登場できないのw

「エッチはしたけど付き合っているのかな?」考え込んだ町田をキス待ちだと思って近づいてくる係長。スケキヨのままということもあり、町田はそんな係長を思わず拒絶してしまいます。

「不安にさせているのか」とバックハグしてくる係長は町田のツボをよーく分かっているようですが、せっかくいい雰囲気になったのに誰かからの電話での呼び出しにあっけなく町田を置いて去っていってしまいました。

呆然とする町田。係長の去って行ったのは、町田が破いたマスクが直ったから。結局いつも自分たちのことで起きることは、全部マスクがらみのこと。。。

そんなにマスクが大事なの?俺よりも?俺ってなんなの?

疑問を感じた町田は、つい係長に「大嫌い」と言い捨てます。これ以上ふりまわされるなんてまっぴらごめん。

職場でも係長のことを冷たく突き放す町田でしたが、やりすぎてしまったのか係長が先に帰ってしまい思わずべそべそ。そんな町田を、係長はちゃんと待っていてくれました。

無視してしまって怒らせたと思っている町田の涙をとめるべく、キスしようとする係長。なんと今回はマスク越しではなく、ちらりとマスクを上げて素顔を少し見せてくれました。

真っ黒な覆面から一瞬だけ見えるイケメンの美貌と流し目。

チラリズムの極みここにあり!破壊力やばいすごい尊いムリ(語彙力)町田がめろめろになるのも無理はありません。

このチラリズム最高じゃないですか?イケメンがやるやつでも一番ぐっとくるやつですよ。フルイケメンではなくチライケメンとのチラリキス。ああもう好き。

2話のクライマックスはこのチラリズムキスに決定です。

前にテレビの街頭インタビューか何かで「パンモロよりもパンチラのほうが燃える」と聞いたことがあるんですが、まさにこれのことだったんですね(違)

ちらりキスの破壊力に目を奪われてしまいましたが、結局覆面の謎はいっさい解けないまま。

こんなイケメンなのにどうして覆面で隠してるのかな。こんな全力のギャグなのにあの覆面の背後に超シリアスな事情があったりしたらどうしましょ。

しかも係長はお付き合いするのも男性相手も初めてという衝撃の事実も発覚しました。じゃあ部屋にあったあの「うすうすスキン」はなぜ?もしもの時の備えだったのかな。

なにひとつ係長の秘密は不明のまま、次回乞うご期待。

※2017年6月26日までの期間限定配信です。



3話の感想 シェリプラス5月号


覆面係長3話のネタバレ感想です。

恋人として付きあうようになり、今一番ラブラブな時期のはずの係長&町田。だけど町田はあれ以来、係長と2回目がないことに悩んでいました。

初めての後から1度も自分に手を出してこない係長。本来付きあいたてのこの時期は一番いちゃいちゃして、暇さえあればやりまくっているはずなのにどうもおかしい。

係長の性格ならもっとガンガンきてもいいはずなのに。不安と疑念でぐるぐるする町田は、来ないならこちらから誘ってやると鼻息荒く係長に部屋に行っていいかと声をかけました。

「今日はキメる」とかかっこつけてますが、言ってる相手が覆面だからシュール。シュールすぎる。でも地味に2人の身長差は萌える。

自分から誘って係長の部屋に行くことにソワソワする町田ですが、係長はなぜか自分の家に入るのにコソコソと中を伺っています。

様子がおかしい係長。いやでも係長はいつも様子がおかしいですが。

するとスッと誰かが背後を通って係長の部屋から出ていきました。だ、だれー!?!?町田は見てはいませんが、一瞬気配を感じとって振り向きます。



この人は今後また出てくるんだとは思いますが帽子で顔が隠れていたのが怪しい。まさかこの人も覆面マン!?部屋にいたということは係長の身内なのかな。

自分から誘うのにどうしたらいいのか考えていると、横からまた覆面姿で呼ばれ、驚いた拍子に壁を押して隠し部屋(?)を開けてしまった町田。

そこには多種多様なマスクがずらりとそろっていました。み~た~な~お約束の通りにドロドロした面持ちで口を開く係長。

「見られてしまっては仕方ない。お前に私の秘密を打ちあけよう。」このずらりと並んだ多数のマスクと係長の謎。いったい彼にどんな秘密が…?

私はマスクをかぶっているんだ。

お前は素顔だと思っているだろうが…って、思ってないわ!

光の速さで飛んでくる町田のつっこみ。他に言わなきゃいけないことがもっとたくさんあるでしょうと、こみ上げてくる怒りに町田がキーッとなるのはごもっともです。

この部屋のこと。係長自身のこと。そして何よりもなぜそんなものをかぶっているか。

見たら誰でも変だと思っているけれど、何か深いわけがあるんじゃないかと思うとなかなか聞けなかった町田。上司でもあるし付きあいたてだしまだまだ遠慮もあるのでしょう。

無理に聞き出そうとは思っていないけれど…と町田は聞きにくそうに口ごもります。すると係長が意を決して口を開きました。

だって私はとてつもなく美しいだろう?

急にどうした?

町田と私を置いてけぼりにしたまま語り続ける係長は、さらに自分のことをパーフェクトルッキングガイと称します。

自分の美しさが恐ろしい係長は、昔からその類いまれなる美貌のせいで周囲の争いが絶えない日々を送ってきました。

幼稚園では先生グループと男の子グループと女の子グループ、はてはママさんグループを巻き込んでのチビ係長争奪戦が繰り広げられてきました。

それもこれもすべては自分の美貌のせい。それ以来、自らの美しさを悟った係長は顔を隠すようになったのでした。

この顔を世の中にさらしている限りは、争いは絶えない。それは人類にとっての危機であり、あらゆる生命体にとっての脅威。地球滅亡を悲しんだ係長は顔を隠して生きていくことを決意します。

そんな中こうして町田と出会えたのは奇跡。覆面をしていると誰も近づいて来なかった係長に、勇気ある町田が踏み込んできてくれて、さらにはお付き合いをするまでに至ったのです。

ただし、顔を隠したいだけなのにどうしてこんなにたくさんマスクがあるのかは答えてくれない係長。

まだまだ隠していることがありそうですが、町田は「自分の前だけではもう必要ないでしょう」とマスクをとってほしい旨を伝えました。

「本当は町田に顔を見られるのが恥ずかしい。みっともない話だろう?」

静かに告げる係長のマスクをそっと外して「どんな顔だって好きな人の顔ならちゃんと見たい」誠実に答える町田。

世の中の人を虜にする係長の美しさ。だけど…

係長は自信なさげに町田に告白しました。

ひとり町田だけ虜にする自信がないんだよ…。

そっと抱き寄せてデコこっつんでささやく係長の美貌がまぶしすぎて、せっかくのいいシーンなのにくらくらする町田。

素顔全開でキスされて、いざという時に白目をむいてしまい2回目のエッチはおあずけになりました。

続きは4話以降でということですね。

係長は周囲の争いごとをなくすために顔を隠して生きてきて、自分に自信が持てなくなってしまった。ゆえに恋人である町田にも顔を見られるのが恥ずかしい。

たくさんの人を魅了する顔なのに、たったひとりの町田だけを虜にする自信がない。今まで本気で好きになった人もいなくてお付き合いするのも初めてだから、たった一人にどう向き合っていいのか分からない。と、こういうことなのでしょう。

気になるのは、町田と入れ違いで出て行ったあの人!スッといなくなりましたがマスク職人か何かかしら。それとも身内?

部屋にいたから身内の線が濃厚ですが、身内ならまた超美形が出てきそう。…身内もマスクしてたらどうしよう。していてほしいようなほしくないような。

次回は2017/5/30発売のシェリプラス7月号。4話も楽しみにしています。

※2017年10月30日までの期間限定配信です。

シェリプラス 2017年5月号[期間限定]

シェリプラス 2017年5月号[期間限定]

シェリプラス 2017年5月号[期間限定]



4話の感想 シェリプラス7月号


覆面係長4話のネタバレ感想です。

前回二度目の営み(未遂)があったことで満足気な町田。会社でもにまにまと緩む頬を隠しきれていません。

「係長のことが好きなんだなあ」ってしみじみ実感しているところが初々しくてかわいい。恋心はしっかりと育っている様子です。

ところで今さらですが係長の苗字は「立花」なんですね。「係長」が名前みたいになっているのでちょっと意外です。

おなじみの覆面で声をかけられてからのギャー!な展開もあり、今回は新キャラが出現しました。




新キャラは係長が教育係をしていた会社の出世株の社員です。係長の良さを熟知していて、係長の言動にもまったく動じません。

しかも係長へのスキンシップが多めで町田はイライラ。係長とのことを褒められるとまんざらでもなさそうな小暮に、町田は気が気ではありません。

係長のほうも切れ者の小暮との会話は楽しそうで、町田はおもしろくなくてつい休憩所で会った係長にとげとげしい言葉を向けてしまいます。

「どうせ僕は仕事もまだまだな役立たずですよ」思いきり卑屈になってしまう町田は、でも係長に会いたいのでしょう。

今日は金曜だし係長の家に行ってあげてもいですけど!?

町田のツンデレの極みみたいなセリフを華麗に断る係長。実は小暮と仕事の相談で飲みに行く約束をしていたのでした。

会社勤めは週末しか一緒にゆっくり過ごせないし金曜の夜から一緒に過ごしたかった町田としては辛いですね。

ぷりぷりと怒り心頭の町田は週末の係長からの電話も全部スルーしてしまいました。

翌週、自分でも自分のことを大人げないと感じて反省している町田をつかまえて問い詰める係長。町田が嫉妬していると気づいてからはいつものノリノリ状態です(笑)

でもひとしきりふざけた(?)後に、

町田が安心できるように、こうやって抱きしめてやろう。

と言ってぎゅっと抱きしめるという胸キュンシーンをやってくれるから係長ってば分かってる!最高。※マスクはしたままです。

小暮の前で町田のことを「一生懸命で素直でかわいい奴だ」と評価してかばってくれる係長の言葉に、小暮のほうも誤解していたことを反省します。

小暮は嫌な奴かと思いきやそうでもないのかな?当て馬かなと思ったらそうでもないような?係長ラブで町田への言動はちょっと気になるところは残りますが。

係長が思った以上に自分を評価してくれていることを知って嬉しくなった町田は反撃に出ます。マスクをズボッと取り上げぽかんとしている係長にキス!

何事もなかったかのように係長にさっとマスクをかぶせ、町田は今日の仕事に向かいましたとさ。めでたしめでたし。

町田が係長に適当にかぶせたマスクがモザイクを入れなきゃいけないような形になっているのは気のせいかな気のせいですねそうですね。

とうとう当て馬登場か!?と身構えましたがそうでもなさげでした。ドロドロ展開は合わない世界観なのでこれくらいの軽さが丁度心地良かったです。

とかいって次回でライバルになっていたらどうしよう。まだ疑惑は晴れません。

町田はとても単純で分かりやすくて、拗ねてもすぐに反省するし年長者にかわいがられそうですね。

なんだかんだありつつも係長も町田も2人ともお互いに夢中でラブラブで、どちらもよそ見しそうにないのが見ていて安心します。

最後のマスクなしキスで町田が伸びあがってキスしているの姿がかわいいくてキュンキュンしました。身長差いい。

町田からするキスはこういうバードキスが似合っていていいな。係長からはべろべろなチューがいいですが。

4話ではまたも係長の素顔のコマはたった3コマだけでしたw超絶イケメンなかっこいい攻めキャラにあるまじき顔面の隠されっぷりが逆にときめきます。

次回は7/29発売のシェリプラス9月号です。係長の素顔は何コマ出てくるか?こうご期待です。

※電子版は2018年1月7日までの期間限定配信です。



5話の感想 シェリプラス9月号


覆面係長5話のネタバレ感想です。

マスクのまま町田に迫りキスしようとする立花係長。出落ちキター!wチューは嬉しいけど人形としてるみちあだしゴムの味がするし顔も見えないからマスクを外してほしいという町田を完全にスルーしています。

マスク全てを外すのはやはり抵抗がある係長は、いつかの食事する時だけ口元に現れるチャックをチーッと開けてクリーチャーのように迫るも町田は断固拒否。もうマスクを脱ぐまでチューはしないと宣言されてしまいました。

そのあとどうにも気まずいような空気が流れるなか、町田は仕方なくこちらから折れようと係長のマンションを訪れます。



家でもマスク姿の係長ですが、迎え入れてくれた姿はマスクに全裸という変態っぷり。しかし何かを隠しているような係長にピンと来た町田は係長に迫ります。

あからさまにオロオロしはじめる係長。誤魔化すのがへたすぎて逆に新鮮です。

観念して小さい箱を手渡す係長に町田は「きっとアレだ!」と小さくて丸くて光るものを想像しました。指輪だと解釈して喜ぶ町田がかわいいです。でもオチは見えてるからつらい。つらいようw

前回町田からキスをされて以来、本当の意味で結ばれた気がしたため係長が今回用意したプレゼント。

これをつけて私と共に歩んでほしい。

プロポーズのような言葉に泣いて喜ぶ町田はただただ純粋に係長を好きなのでした。マスクを外してキスした後、ようやく合体する2人。

なんだかんだ前回は未遂だったので2回目のエッチですね。今回は係長の顔がちゃんと8コマも描かれていました。28ページ中8コマ。ここまでで最大のコマ数です。キリッ

超絶イケメンの係長に抱かれてとろけそうになる町田。翌朝、うっとりと昨日もらった小さい箱を眺めていました。

開けてでてきたのは町田用のマスク。

やっぱりね☆係長と同じ特注品でまだ試作の段階だとか。「それをつけて私に見せてくれ。私の愛をうけとめてくれ」係長の言葉にきゅんとする…はずもなくバシーンとマスクを床にたたきつける町田なのでした。

ところでENDの文字があるので最終回になるのかな。1巻分の連載にはなったし、確かにこれ以上ひっぱると間延びしそうです。

でも係長の家にいた謎の人の正体も分かっていないしまだ続きますよね?不定期連載だからENDって書いてあるだけだと信じたいです。

電子版シェリプラス9月号は7/25に電子配信が始まります。




斑目ヒロ先生のBLコミックス




かわいい悪魔

かわいい悪魔

かわいい悪魔



理想の恋人

理想の恋人

理想の恋人





斑目ヒロ先生のBL漫画一覧