「酔いどれ恋をせず」4話の感想です。雑誌の感想なのでネタバレNGな人はお気をつけください。

ノンケへの不信感から誓には「エッチしません宣言」をした水澄。誓がかけてくるちょっかいにもなんとか未遂で留まるなど奮闘しています。

そんな折、これまでメディア出演を頑なに拒んでいた誓と有名シェフの父親の関係が雑誌で取り上げられて騒ぎになってしまいました。

酔いどれ恋をせず3話 ネタバレ感想

前回が1月号掲載だったので半年ぶりですね。待ってました!さあエッチ解禁なるか。

それでは以下橋本あおい先生の「酔いどれ恋をせず」4話のネタバレ感想です。

酔いどれ恋をせず 電子書籍


9/1に紙と電子書籍で同時発売です。電子版はレンタが限定おまけ付きで先行配信です。

追記)発売されました。



シェリプラス7月号 電子配信


シェリプラス2017年7月号は6/23に電子配信が始まります。

追記)発売されました。2018年1月7日までの期間限定配信です。


酔いどれ恋をせず4話感想 ネタバレあり


編集長の独断で記事を掲載


誓の父親であるフレンチの重鎮・楯野川シェフとの関係が表ざたになってしまい、記事を作った女性編集者が謝罪しにやってきたところからスタートです。

誓のお店で頭を下げる編集者。掲載する前に水澄たちに見せた原稿では、楯野川シェフのことは一切触れていなかったはずでした。

なのに実際に掲載された記事ではバッチリ載っていた。実は掲載直前に編集長が誓と父親の関係に気づいて、無断で内容を差し替えたのでした。

女性編集者としては誠実に謝罪するしかありませんがミスはミス。誓としても敢えて伏せていたことを暴かれて、納得ができずつい言葉もきつめになってしまいます。

こ、この状況辛いですよね。。。自分のやったミスではないのに頭を下げなければいけないという会社員あるある。いろいろ思い出すともう涙で前が見えません。

本当は上司である編集長も一緒に謝罪に来ないといけないんじゃないのかな。それとも業界にはこういうことは日常茶飯事なのでしょうか。

ところで今回の扉絵では水澄が上半身を脱いでいたので、さっそくエロいことをするのかと期待してしまいました。ちぇっ(あとで報われます)

父親と折り合いが悪い誓


この編集者も誓と父親のことには気づいていたようですが、実際に誓の料理を食べてみて取材すると決めたので父親のことを書くつもりはありませんでした。

話題になるからという編集長の独断だったのでしょう。とはいえ本当はあってはならないこと。ムスッとする誓と編集者の間をとりもったのはオーナーのキヨさんでした。

キヨさんのおかげでなんとかその場が収まりましたが、誓はもう二度と取材は受けないと断言します。水澄にも釘を刺し、とりあえずは一件落着。

キヨさんいわく、誓と父親は折り合いが悪くあまり関係がよくないようです。だから誓はあんなに頑なな態度なのでした。

うーん、キヨさんにかかれば誓も子どものような扱いなのが和みます。謎多き人ですが誓のお父さんとも親しかったりするのかな。

誓の父親はフレンチの重鎮ということですが、息子である誓は和食という違う道に進んだのも何か理由があったのかもしれません。

誓が水澄の女友達にチラリと嫉妬?


もともとこの編集者に誓のお店を紹介したのは水澄の友達である真利江だったので、責任を感じた真利江もこの場に同席していました。

真利江と仲がよさそうに話す水澄をちらりと見やる誓。真利江が店を出た後、宿無しになったときに真利江の家に泊めてもらっていたことなどを話す水澄。

「泊まってた?女の家に男が?」

ちらりと疑惑や嫉妬をのぞかせる誓ですが、ゲイである水澄が真利江に何かをするわけがありません。しかも真利江はもうすぐ水澄の親友と結婚するし彼女にも失礼です。

水澄もあっけらかんとした表情ですが、誓はちょっとおもしろくないと思っている感じかな。自分でも若干のもやっとする感じがあることを自覚していないのがいいですね。

今のところ誓にとって水澄は同僚で同居人というだけの関係です。もう1歩踏み込んだ関係になるのはまだ先の事なのでしょう。

お父さんがどうとか関係ないよ


水澄は飲食業界にいるのでもちろんフレンチの楯野川シェフのことを知っていましたが、まさか誓の父親だとは思っても見ませんでした。

誓の料理を好きになってここで働きたいと思った水澄。

「お父さんがどうとか関係ないよ」父親とは無関係に誓の料理を好きだと言う素直な水澄に、誓も穏やかに微笑みました。

タウン誌に掲載されたこと、そしてフレンチの重鎮の息子ということが分かって以来店は平日でも連日大盛況。

お客さんの中には誓に楯野川シェフの話題をふってくる人も少なからずいました。

「お父さんと同じフレンチに進まなかったのはやっぱり勝てないから?」などと失礼なことをぶしつけに聞いてくる人もいて、ハラハラしながらその光景を見つめる水澄。

誓は店の主人としてうまく流したりかわしたりしていますが、毎日のようにお客さんに言われるとストレスはたまりそうです。

こうなるのが嫌で父親のことを伏せていたのもひとつ理由としてあるのかもしれません。自分の力を、自分の料理を純粋に評価してほしいと思うものですからね。

なあ、いいだろ?


お風呂から上がったばかりの水澄とばったり脱衣所で会った誓は、全裸の水澄を上から下までじーっと凝視します。むっつりパワーすごい。

恥ずかしくなって隠れる水澄ですが、誓はまったく動揺せずもうそろそろ「エッチ禁止宣言」が無効になる頃なんじゃないかと表情を変えずにいました。

「俺のしばらくはもっと先!」

めんどくさい、じゃなくて身持ちの固い処女みたいなことを言う水澄に呆れモードな誓。強引に抱き寄せて深いキスをしかけてきます。

キスだけで気持ちよくなってしまう水澄は今にもとろけそう。誓の「なあいいだろ?」というエロい誘い文句に乗らない手はありません。

誓も断られないこと前提で言ってますよね。

↓ちなみにこう言いながら水澄のお尻をモミモミしています。悪い手ですねいいぞもっとやれ。




水澄にハマりつつある誓とエロエロ水澄


誓がこんなに我慢ができない人になったのは、実は水澄とするようになってからのこと。

前の奥さんとは回数も多くなかったし生活の比重が仕事に向いていたのでそれで十分だと思っていました。淡泊なほうだったんですね。

「お前とするとやたらいいっていうか頭がバカになるっていうか、何がどうなってるのか知りたくなる」

完全に水澄とのエッチが癖になってしまったような誓。水澄との相性が良くて目覚めてしまったということなのでしょう。

誘いながら後ろを触られて思わず「慣らしてから」と言ってしまった水澄はもう逃れようもなくエッチに突入。

久しぶりの本番エッチにぐずぐずのトロトロになってしまう水澄。自分の欲望に忠実な水澄はかわいくてエロいです。

橋本あおい先生は前からエッチな描写には定評がありますが最近さらにぐっとキャラの表情が色っぽくお上手になられたような。

水澄の外見がふんわりジャ○ーズなかわいい系で、気持ちのいいことに対してとても素直な反応をするキャラクターなので余計にニヤニヤしてしまいます。

橋本先生、生まれてきてくださってありがとうございます。

元カレ登場で波乱の予感


ノンケはもうこりごりだからとエッチ禁止を宣言したのにさっそく解禁してしまった水澄。エッチした後にこんなに満たされるのは久しぶりか初めてだとぼんやりしています。

夢見心地で「なんでエッチしないなんて言ってたんだっけ?」とかつぶやいちゃうくらいには、誓との相性はばっちりなのでした。

そして翌日、波乱が訪れます。

店に予約なしでひとりでやってきたのは水澄の元カレのゆずる。水澄のほうは最初顔を見ても気づきませんでしたがハッとして顔を上げました。

さあどうするどうなる?

感想まとめ


誓もカウンターの中から元カレと水澄の様子を見ていて2人の異様な雰囲気に気づいたっぽいですね。

水澄にノンケトラウマを作り出した元カレ。あまり悪びれずに「ひさしぶり」と切り出していますが、例のタウン誌を見て水澄に会いに来たのでしょうか。

利酒師のスタッフとして水澄が掲載されていてもおかしくないですからね。

単に水澄の好みなのかもしれませんが、元カレの外見が少し誓とかぶっている(黒髪デコ出し)のも気になります。もしかしてよりを戻したいとかそういうこと?

今さらそれはないぜ。恋人じゃないけど今は誓と一緒に暮らしてるし、何ならやることやってるしいい感じなんだからね!と代わりに言ってあげたいです。

誓の父親との確執や元奥さんとのことが先にかなと思っていたら、水澄サイドの問題のほうがふりかかってきました。これで水澄と誓がより絆を深めるとかそんな流れになるといいのですが。

寡黙な誓がちらっと焼きもち?嫉妬心を芽生えさせたっぽいのも楽しくなりそうな予感がします。水澄はまったくそんなことに気づきもしていませんが。。。

ノンケの誓が男である自分を好きになるはずなんてないと、水澄は心のどこかで諦めきっているというかブレーキを踏んでいるような気がしますね。

もう二度とノンケと恋仲になって痛い目に合いたくないという防衛本能がそうさせるのかも。そのわりにはエッチ禁止はさっそく解除になりましたがw

誓も水澄とのエッチにはまってクセになっているようだし、なにはともあれ久しぶりに水澄のトロトロぐずぐずエロエロな姿を見られたので良しとしましょう。

次回は7/29発売のシェリプラス9月号です。

ではまた「酔いどれ恋をせず」5話の感想でお会いしましょう。

追記)5話の感想を書きました。

酔いどれ恋をせず5話 ネタバレ感想

橋本あおい先生のBLコミックス






橋本あおい先生のBL漫画一覧

橋本あおい先生のBLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。


関連記事