クロネコ彼氏のあるき方1話の感想です。

クロネコシリーズの新連載が始まりました。豹になる人気俳優賀神×黒猫になる真悟の新婚生活編スタートです。

リオが猫を拾うという意味深なところから始まった第1話。ラブラブな同棲生活も順調なようで何よりです。

2人の安定のエロエロ生活もさることながら、この意味深猫が何やら波乱をもたらしそうな予感がバリバリしますね。

これから賀神と真悟+αがどんなキャットウォークを見せてくれるのでしょうか。

それでは以下「クロネコ彼氏のあるき方」1話の感想です。ネタバレにお気をつけください。

ディアプラス8月号 電子書籍


ディアプラスは紙の雑誌の発売後約1ヶ月で電子化されます。8月号は8/18頃に配信です。


クロネコ彼氏のあるき方 1話 感想 ネタバレあり


おそうじエッチにはまっている賀神


巻頭カラーでお約束の肌色率です。家族と一緒に暮らしていてうっかりこのページを開いて置いておくのはとっても危険な安心安定のエロスに頬がにやけます。

中に出されて「もういっかい」と賀神にねだられてくぽくぽと責められて涙目の真悟がかわいい。2人とも立ったまま合体しているので真悟はもう足腰ともにガクガクです。

ナカに出したものをかき出すと言っていたくせにまたさらにナカに出す賀神に抗議すると、さらに奥に出されそうになる真悟。

賀神のほうは最近真悟がちゃんと前でイカずに終わっていることを気にかけてくれていました。

お尻でイッてるから大丈夫だと言う真悟に、賀神は明日仕事だからもうやめようとおしまいにしかけます。

洗ってあげようとシャワーを手にする賀神に、物足りない真悟は抱きついて「前立腺つつけば出る」とかわいらしくおねだり。

賀神は我慢できずにそのまま指で真悟の後ろを押し広げてシャワーをあてがいました。シャワーの水圧と指で気持ちよさそうな真悟。

甘々でラブラブなエロをご馳走様でした。

ラブラブな真悟&リオ


最近、朝が早かったり夜帰ってこなかったりと木曜10時の刑事ドラマに出ていて忙しい様子の賀神。でも時間はきっちり守って仕事に出かけています。

いっぽう二度寝してしまいつい仕事に遅刻ぎみの真悟に、幼馴染で兄代わりの正人はあきれ気味です。

しかもシャワーを使ったおそうじエッチにはまっているとか真悟に余計なことを聞かされそうになり心底迷惑そうw

そんな折、賀神と真悟の暮らす部屋にユージンの息子のリオが遊びにやってきました。

「いらっしゃい」「いらっしゃったよぉ」と抱き合ってラブラブな真悟&リオ。

パパであるユージンとの別れもそっけなく真悟に懐くリオにユージンは「少しは置いていかないでと駄々をこねてもいいんだぞ!」と拗ねモードです。

すかさずフォローする高見沢はさすが手慣れたものです。

賀神&リオのメラメラ無言バトル


そこへ賀神も帰宅し、リオと賀神で目には見えない花火がバチバチと。「やっぱりまた来てる」「今いいところだったのに」密かに睨みあう賀神&リオ。

「人の真悟にベタベタしないでくれるかな」「は?けーちゃんの真悟じゃないよ?」

無言なのに心の声がダダ漏れの賀神&リオのガチバトルが楽しいです。しかし無言のやりとりでは埒が明かないと踏んだ賀神は、実力行使とばかりにリオの目の前でただいまのチューをするなどイチャイチャ。

寂しげなリオにハッとした真悟はそんな賀神を突き飛ばしてスーパーに買い物に行くことにしました。子どもの目の前では確かにちょっとはばかられますね。

賀神はマスクにメガネ姿で変装してスーパーについてきてくれました。賀神の変装に「不審者!」と笑顔を見せる真悟はとても幸せそうです。

巻き込まれ高見沢が不憫です


公園でふと何かの気配に気づいたリオが、チラ見せにあったように植木に隠れていた野良猫を見つけて捕まえます。

ねことった!!

リオの嬉しそうな顔。しかしユージンは「ウチでは飼わない」ときっぱり。仕事の都合やリオの就学のこともあり、日本にずっと住むとは限りません。だから飼うのは難しい。

リオはパパの言葉に大泣きして「真悟の家の子になるから猫を飼う」と駄々をこねはじめました。

ダディのバカ!とか言われて地味に傷ついているユージン。そしてなぜか「高見沢ばーか」と巻き込まれる高見沢が不憫ですw

騒ぎ出すユージンとリオの親子喧嘩を見かねた真悟は、とりあえず「ウチでしばらく預かってやるよ」と助け舟を出してくれました。

飼うか飼わないかはゆっくり決めるとして、リオはたまに遊びにくればいい。優しい真悟の言葉にリオも納得します。

お前、いったん人間に戻れよ


ユージンとリオが帰宅した後、リビングで野良猫をじっと見つめる賀神。何か思うところがあるようです。

「リオに甘すぎるんじゃないの?」

静かに語りかける賀神に、真悟は猫を撫でて背中を見せたまま。。。

「しょーがねーじゃん、お前よりリオの方が断然かわいいもん。そもそも俺はかわいい系のが好みだし」

ツンツン真悟に逆戻り!かと思えばすぐにデレました。

好みじゃねぇけど好きになっちゃったんだよなあ。

甘えて賀神に抱きつく真悟が照れていてかわいい。さらに「今夜もエッチなことするんだろ?」と賀神を挑発するように誘惑。真悟も大人になったものです。

また真悟と賀神で甘いひと時を…と思ったら、賀神がシャワー中に事件は起きました。

「久しぶり。2年くらい?」

ソファに佇む野良猫になぜか話しかける真悟。ん?これはもしややはり?

お前、いったん人間に戻れよ。

リオが拾った野良猫はやはり猫科人間のようです。

クロネコ彼氏のあるき方1話の感想まとめ


リオの猫!と嬉しそうに野良猫を拾っていたリオですが、真悟と賀神の仲はやはり子供ながらに分かっていて、自分だけの真悟ではないということに寂しさを感じていたんじゃないかな。

一人っ子だしパパは忙しいし今のところ優しく遊んでくれたり構ってくれる頼れるお兄さんは真悟だけなのでしょう。だから自分だけがかわいがれる猫を飼いたかった。

ところがこの野良猫は、やはりというか何というか猫科人間でした。真悟の知り合いのようですが真悟の口調からあまり関係はよくなさそうです。

そうそう都合よく猫が猫科人間の元にやってくるはずないですもんね。真悟と昔何があったのでしょうか。どういう関係だったのかな。友達?恋人?ただの知人?

天使のリオと賀神の仁義なき無言バトルは楽しくて、ユージンとリオの親子喧嘩に巻き込まれる高見沢が不憫でした。でも動じないあたりさすが高見沢です。

ところでリオが「ねことった!」と言うセリフを一瞬だけ「ねとった!」=寝取った!?と読んでしまった私の脳みそは腐りきってますね。天使のリオを汚すつもりはないんだごめんよ。

オールスターの自己紹介を兼ねた第1話でした。この野良猫がどうやって引っ掻き回すのか次回以降も目が離せません。

次回第2話は8/12発売のディアプラス9月号です。

ではまた「クロネコ彼氏のあるき方」2話の感想でお会いしましょう。

左京亜也先生のBLコミックス


不機嫌彼氏のさらい方 ネタバレ感想







左京亜也先生の漫画一覧

関連記事