酷くしないで7巻6話のネタバレ感想です。雑誌最新話の感想になるのでネタバレにお気をつけください。

大学まで会いにやってきた真矢パパと対面したネム。全面戦争か!?と思いきや、真矢パパは時期が来るまでは2人を静観するという姿勢にとどまりました。しばらくは休戦です。

ここまでずっとおあずけだったため真矢のtnkはもう爆発寸前!すると真矢を居候させてくれている縞川が、真矢とネムが2人になれる時間を作ってくれました。前回の復習はこちら。

酷くしないで7巻5話 ネタバレ感想

真矢はバイト、ネムは勉強に塾講師とがんばった2人のご褒美ナイト。さあ待望のエロス回です。それでは以下「酷くしないで」7巻6話のネタバレ感想です。

酷くしないで7巻 電子書籍



酷くしないで7巻6話 感想 ネタバレあり


久しぶりのエッチに浮かれる真矢


ルカと一緒にいてもウキウキとご機嫌な真矢。自然と顔がニヤついていて誰の目にも機嫌が良いことが分かります。

家を出てからというものゆっくりネムと2人で会えなかったから、やっと一緒に過ごせると思うと浮かれる気持ちはよく分かる。

居候先の縞川家の最寄駅までネムを迎えに行き、マンション内のエレベーターでは手をつなぐというラブラブっぷりです。

ネムも真矢も久しぶりのイチャイチャした甘い雰囲気に照れ気味で、ほんのり赤くなっているのがかわいいです。

玄関を開けるとさっそくがっつく真矢は部屋になだれ込みます。しかしこんな時なのにボタンがいーっぱい付いている服をきっちり着込んでくるネムにイライラw

「なんでこんな時にボタンだらけで来るかな~~~」真矢はプルプル震えながら待ちますが、モタモタと服を脱ぐネムに痺れを切らせて押し倒しました。

うつぶせのまま下着ごと下ろされるネムのお尻がぷりんとしてて、お尻の上の部分の背中との境目(ってなんて言うんですかね?)がとにかくエロいです。

けっこうドスケベな眠傘


「我慢できねー」盛る真矢にいきなりつっこまれるとビビったネムは、痛いのはいやだとジタバタしますが真矢は無理はしませんでした。

素股で1回抜いて溜まったものをまずは落ち着かせようとする真矢に、ネムは何をしているのか分からずポカン。

しかし真矢がやろうとしていることを何となく察したネムは、ふとももをぎゅっと締めたほうが気持ちいいのかなとネムなりに真矢に協力してくれました。

気持ちよさそうな真矢の顔を見たネムは、この情けない顔がかわいくて好きだと実感します。もうどっちもかわいくてラブラブです。

真矢は1回抜いたあとでネムのを口でしようとしますが、ネム自身がそれをそっととめました。

僕、中でイキたい…。

興奮した表情のネムの言葉に真矢はちょっとびっくりします。ニヤッと舌なめずりをする真矢が相変わらずイケメンです。

お前って結構ドスケベだよな。

かわいい恋人のおねだりにさっそく答えようと指で慣らす真矢。久しぶりなのにちょっとやわっこいことにも気づきました。

「自分でもいじってんの?」真矢のいじわるな質問には否定するネムですが、みるみる真っ赤になってウソ丸わかりです。嘘が下手だなーと真矢もニヤニヤがとまりません。

2本もあっさり飲み込んでいやらしい音を響かせるネムのうしろをいじってじらす真矢。「自分の指でもイケんの?」ニヤつきながらさらにいじわるを言って責めます。

ネムの指では全然奥に届かないからイケるはずありません。たまらずネムは「僕だってずっと我慢してたんだ」と涙目で訴えました。

一度くらいは言葉で言ってほしい


真矢はそんなネムがかわいくて仕方がない様子です。自分でしてるところを今度見せてとお願いしますがネムに速攻で却下されてしまいました。この流れはそのうち見られるかもしれないw

自分のことを考えながらネムがひとりでエロいことをしていると知って真矢はよけいに興奮します。ネム自身の手で真矢のを奥まで入れさせると、ネムが甘えてぎゅっと抱きついてきました。

「真矢、好きだよ」

真矢パパのことを思い出しながら、ネムの本音としては一度くらいは真矢にも「好きだ」と言ってほしいと密かに思っているようです。

真矢は照れ屋だから好きかと聞かれたら「うん」と言ってくれるけれど、本当は言葉ではっきり言われたい。気持ちは十分伝わっていますがネムとしてはちょっとそこだけが寂しいところなのでしょう。

そんなネムの気持ちを知ってか知らずか久しぶりのエロエロな夜に真矢は大満足なのでした。

ルカのことでまた波乱の予感?


ヤり疲れて眠っているネムの身体を真矢が優しく拭いているとルカから電話がかかってきます。夜中に突然具合が悪くなったようで、ポカリのような保水液を買ってきてほしいと頼むルカ。

電話口からの呼吸音もひどく、自販機まで行って帰ってくるのも辛いという状態です。真矢は病院に行ったほうがいいと勧めますが、ルカとしてはついこの間も入院したばかりでもう周りに心配をかけたくありません。

眠っているネムを起こすのはかわいそうだからと、真矢はひとりでそっと家を出ました。飲み物を渡してすぐに帰るつもりでいます。

「ホントはひとりで心細かったんだよね…」

フラフラの状態で真矢を迎え入れたルカはかなりつらそうな状態で、思わず身体を支えた真矢もあまりにもルカが細いので驚いてしまいました。

肩を貸しながらルカをベッドに連れて行く真矢。縞川家でひとり残されたネムは何も知らないまま…次回へ続く。

感想まとめ


前半は久しぶりの真矢とネムの甘いイチャイチャがエロエロでドスケベで最高でした。しつこい真矢のことだから(?)そのうちネムがひとりでエッチなことをしている姿を見られる日も近いかもしれません。

終わった後、真矢がネムの身体を拭いてあげているときにタオルを絞るためにキッチンの鍋を使っているんですが、風呂桶とかなかったのかな。さすがにこれはバレたら縞川に怒られそうですw

後ろもきちんと出してあげる真矢に、ネムが寝ぼけながらむにゃむにゃと抵抗しているのが萌えポイントでした。かわいいなあもう。

ぷりんとしたネムのお尻と、ボタンがたくさんある服にイライラする真矢が楽しい見どころでした。こういう時くらいがばっと脱がせやすい服にしてあげてwボタンきっちりのシャツにボタンきっちりのカーデとか、でもそんなところも生真面目なネムらしいですね。

ルカの体調はことはとても気になりますが、真矢が出て行ったことでネムがひとり目覚めて何かもやっとしたりするんじゃないかとハラハラします。

ルカにも誰か支えになってくれる人がいるといいのですが、今一番頼れるのは真矢でしょう。フラフラだったしこの状態でルカをひとりにしておくのは心配です。

真矢は飲み物だけわたして帰る気のようですが果たしてそうできるかな。。。このことでネムとこじれないといいのですが。

9/7発売のマガジンビーボーイ10月号は予告にお名前がないのでお休みです。10/10に「酷くしないで」7巻が発売されるのでコミックス作業のため休載のようですね。描き下ろしがあるとのことで楽しみです。

続きは12/7発売のマガビー1月号です。

それではまた次回の感想でお会いしましょう。

追記)続きの感想を書きました。

酷くしないで8巻1話 ネタバレ感想

酷くしないで関連本


酷くしないでのスピンオフで縞川と彰のお話です。


真矢とネムの単行本未収録の甘々な番外編。電子限定コミックスです。


ねこ田米蔵先生のBLコミックス



ねこ田米蔵先生のBLマンガ一覧

関連記事