クロネコ彼氏のあるき方2話の感想です。 コミックス1巻の感想なのでネタバレにお気をつけください。

ラブラブ新婚気分で一緒に暮らす賀神と真悟。遊びに来たリオが公園で雄の三毛猫を拾い、流れで真悟が猫をあずかることになりました。

しかしどうやらこの猫は猫科人間で真悟とも昔からの顔見知りのようです。前回1話の復習はこちら。

クロネコ彼氏のあるき方1話 ネタバレ感想

それでは以下ディアプラス9月号、左京亜也先生の最新話「クロネコ彼氏のあるき方」2話ネタバレ感想です。

ディアプラス9月号 電子書籍


ディアプラスは紙の雑誌の発売後約1ヶ月で電子化されます。9月号は9/15頃に配信です。


クロネコ彼氏のあるき方 2話 感想 ネタバレあり


セックスくらいフツーにする!


やはり猫科人間だったリオの拾い猫。真悟に言われて人間の姿に戻りました。雄の三毛猫はかなり珍しく、真悟はひと目見てピンときていたようです。

人間の姿に戻ると全裸なのでソファーの影にこそこそと隠れる拾い猫。「くんなスケベ!さわったらコロスから!」などと物騒な抗議をしますが全裸で小さくなっているから全然怖くありませんw

この子もしかしてと思ったら「ネコ科彼氏のあやし方」に出てきた校医の先生の恋人・九重亮太ですね。あっちにも真悟が出てきたし作品同士がリンクしているのが楽しいです。

詳しい内容を思い出すためにまた時間を見つけて読み返さなくては。

俳優の賀神圭市と一緒にいることに驚く亮太に、賀神は友達だと嘘をつく真悟。しかしさっき2人が「エッチする」と言っていたのを亮太は聞いていたのですぐにウソだとバレてしまいます。

「あいつはおれのオトコだ。セックスくらいフツーにする!」

開き直って認める真悟を、亮太は尊敬の眼差しで認めました。

あんなイケメンを抱いちゃうとかすげぇ。

ちがーう!しかs昔のおイタが首をしめている真悟は否定できませんでしたw「まーな」とか言うしかないですよねこの場合は。

オスの三毛猫は3000万円!


家に帰りたがらない亮太は、伏し目がちにうつむきます。どうやら何か帰りたくない事情がある様子。ケンカしたのかと聞かれても「ケンカになんてならない」とどこか寂しそうです。

そこへ賀神がお風呂からあがってきました。慌ててまた三毛猫の姿になる亮太。真悟も焦ってそそくさとお風呂へ。賀神はそんな真悟を捕まえて「早く出てきて。ベッドで待ってる」と甘く囁きました。

三毛猫姿の亮太の見ている目の前でキスをする賀神にハッとする真悟。「こういうのは後でな!いっぱいかわいがってやるからっ」と取り繕って風呂場に逃げていきます。

部屋で賀神と2人きりになった亮太は賀神の瞳にびくっと反応します。

「オスの三毛猫っていくらくらいするんだっけ。3000万円くらいだっけ?」

芸能人らしいオーラを振りまきながら不敵に笑う賀神の姿にビビって、三毛猫のままでも半泣きの亮太。しかし賀神はあっさりと「冗談だよ」と穏やかな笑みを浮かべました。

オスの三毛猫ってそんなにするの!?と思って調べたら本当にオークションなどでそれくらいの高値で売買されるそうです。3万匹に1匹程度しか生まれないため希少性が高いんですね。知らなかった。

じゃあずっとキスしながらしよ?


真悟は亮太を昔公園で見かけて以来、わりと好みのタイプだったためからかって遊んでいたことがありました。それ以上のことは何もありませんでしたが、いわゆる昔馴染みなので邪険にするのはかわいそうです。

帰りたくないという事情があるみたいだし、もう少しだけ家に置いてあげようと優しさを見せる真悟。お風呂から上がると賀神がベッドで待ち構えています。

「おいで」イケメンの鉄板セリフがバシッと決まる賀神は半裸でも芸能人オーラがビシバシ。甘えて抱きつく真悟は可愛らしくすり寄って「頼みがあるんだけど」と口を開きました。

「フェラするから挿入ナシにしてくれ」

チラ見せにあった真悟が賀神に乗っかって賀神がびっくりしているシーンです。こんなことを言われたら賀神がぽかんとするのも分かりますね。

案の定「言っている意味が分からないから言い直して?」と青い顔で迫ってくる賀神。1話でリオに真悟をとられて「今夜は絶対に鳴かす」と心に決めていた賀神としてはエッチなしなんてありえないことです。

「きみにフェラしてもらうのは魅力的だけど、それじゃあきみは鳴いてくれないでしょ」

真悟はあっさりとひっくり返されて早々にお尻に指を入れられました。お風呂で自分でほぐしたらしく、もうぬるぬるで滑りも良好です。

「声を三毛猫に聞かれるから」と恥ずかしそうな真悟に、笑いをかみ殺しながらぷるぷると悶える賀神もかわいいです。

「じゃあずっとキスしながらしよ?そしたら声でないでしょ」

まんまと賀神の口車に乗せられて、結局抱きつぶされてしまった真悟は翌朝案の定起きられませんでした。

賀神は1回しか挿入しないと言ったようですが、その1回をずっと入れっぱなしで延々とヤッていたんですね。真悟の仕事が今日はお休みで本当に良かったです。

賀神は夕べあんなにやったのにぴんぴんしていてお肌もつやつやで、疲れもいっさい見せずに元気な姿のまま仕事へと出かけていきました。

賀神の言う「愛しすぎてごめんね」は「やりすぎてごめんなさい」という意味です。砂を吐く甘さで新婚モードな2人が幸せそうで何よりです。

賀神には秘密にしないとダメ


もちろん真悟がそっちじゃないことは、夕べリビングにまで響いてきた喘ぎ声で速攻で亮太にバレてしまいました。人間の姿になってこそっと寝室に顔を出す亮太がちょっと赤くなっているのが初々しくてかわいいです。

カップラーメンを食べた後で自己紹介しあう真悟と亮太。帰りたくない理由を無理には聞かない真悟の優しさに亮太も気づいていました。

しばらく家にいる条件として、賀神にはバレないようにすることを挙げる真悟。もし亮太が猫科人間だとバレるとまずいことになってしまいます。

俺が他の男を連れ込んだと思われたら恐らくお前は片付けられる。

なんといっても3000万円。買い手もたくさんいることでしょう。他のオトコを連れ込んだということで真悟もおしおきは避けられません。

亮太はなんだかんだとラブラブな賀神と真悟を見て2人が対等な関係であることをうらやましく思っていました。

「俺はさぁあの人の飼い猫なんだ」

寂しそうにつぶやく亮太は今にも泣きそうな表情です。するとそこへユージンと高見沢とリオが様子を見にやってきました。

リオは三毛猫を探します。「リオのねこ!」と言っていますが残念ながらもうそのオトコには他に決まった人がいます。リオにはまたそのうち別のボーイフレンドができるからね。たぶん。

ちょうどそこに正人もやってきて、賀神が家に帰ると部屋は人でいっぱいに。これからさあみんなでBBQへ!というところで3話につづく。

クロネコ彼氏のあるき方2話の感想まとめ


亮太としては先生とは対等な人としての付き合いではなく、飼う者と飼われる者という関係に思えて寂しくなっちゃったんですね。

本当は対等でありたいのに先生はそうは見てくれない。だから亮太は思い悩んでプチ家出をしてきたのかもしれません。

賀神は1話でもじーっと猫の姿の亮太を見ていたし薄々何かを感じとっているような気配です。ばれたときの賀神のおしおきエッチが見ものですね。

「フェラするから挿入ナシ」のくだりの賀神の必死な顔には笑ってしまいました。うちのにゃんこかわいすぎぃ!とか内心思ってるとか真悟は本当に愛されてます。

「キスしながらしたら声が出ないよ」と賀神にそそのかされて、つい流されてやりまくって結局アンアン言っちゃう(そしてそれを亮太に聞かれる)真悟も結局は賀神のことが大好きなんですよね。

ラブラブな2人をたくさん見ることができて幸せです。

9/14発売のディアプラス10月号は予告にお名前がないので1回お休みです。次回3話は10/14発売のディアプラス11月号です。

ではまた「クロネコ彼氏のあるき方」3話の感想でお会いしましょう。

左京亜也先生のBLコミックス




不機嫌彼氏のさらい方 ネタバレ感想





左京亜也先生の漫画一覧

関連記事