囀る鳥は羽ばたかない28話のチラ見せです。

百目鬼との甘い時間を過ごしひとりで動く矢代は、警察に手をまわして竜崎に会いに来ます。久しぶりの2人きりの会話の中で、薬の件では竜崎が罪をかぶることで一応の区切りがつきました。

「女だったら良かったのに」忌々しそうに矢代を見つめる竜崎は、実は平田に腹部を刺されていました。搬送される竜崎の安否が気になるところですが…。

囀る鳥は羽ばたかない27話 ネタバレ感想

囀る鳥は羽ばたかない5巻はファンブックと同時に11/30に発売です。

ihr HertZ(イァハーツ) 11月号 電子配信


イアハーツ11月号の電子版は10/13から発売です。

追記)発売されました。2018年1月11日までの期間限定配信です。

ihr HertZ 2017年11月号 【期間限定】

ihr HertZ 2017年11月号 【期間限定】

ihr HertZ 2017年11月号 【期間限定】


囀る鳥は羽ばたかない28話のチラ見せ




学ラン天羽さんに頭ぽんぽん。

ファ――――!!天羽さん高校生ですかそうですか。ブレザーじゃなくて学ランなのが良きかな。優等生っぽくて生徒会長とかやってても違和感がなさそうな冷静沈着な雰囲気の10代の天羽さんがレアです。

この葬儀はおそらく天羽さんの母親のものでしょう。そこで出た!三角さんの頭ぽんぽん。最高にかっこよくて最高に癒されるやつですよコレ。三角さんの人タラシめ。

天羽さんはこの時、三角さんに誠心誠意尽くすことを決意したのかもしれません。それを部屋の片隅でじっと見つめる平田さんの胸中やいかに。

平田さんも天羽さんも「恋慕」ではなく「思慕」、三角さんを人間として男として慕っているということにそう大きな違いはないはずです。

天羽さんの場合は三角さんを支えることが自己実現に繋がり、参謀としての自らの資質を見極めて、三角さんにとってなくてはならない存在(右腕)にまでなりました。

しかし平田さんはそうではなく「認めてほしい」という願望に執着するあまり、三角さんへの思慕が自分の器を超えたものになってしまった。平田さんの敗因は自分の資質や器や懐を顧みる冷静さだったのかもしれません。



20代の平田&三角さん

三角さんは30代かな。平田さんの人相と目つきが悪いのは昔からのようです。このころ平田はまだ下っ端なわけですが、三角さんの腹心になろうと虎視眈々と数少ない椅子を狙っているところなのでしょうか。

親父と求める三角さんを見つめる平田さんはいったい何を想うのか。夢と希望に満ち溢れていた(違)若かりし日の平田さんの、恋慕ではない三角さんへの想いが少しずつ募っていく様子は見ものです。

切なさとノスタルジー的萌えが交錯する過去回になりそうでソワソワ。28話での平田さんのこじらせ具合の描写次第で、これまでの彼に対する見方が微妙に変化するかもしれません。

まさか七原のときのように過去回を見てキャラとして好きになるパティーンだったりして。ドキドキしながら注視したいです。



景山&矢代の2ショット

現代パートに戻ってきてからですね。なんだか影山も久しぶりな感じがします。矢代は百目鬼よりも先に影山と再会するのでしょうか。切なさ増し増しということは百目鬼がらみの話をしたりするのかな。影山の表情がメガネで見えないのが気になります。

この2人は決して身も心も深く関わり合うことのない関係でありながら、高校時代からの親友であり続けているという絶妙なバランスがたまりません。

矢代のこの表情を見る限り、やはり影山は矢代にとって百目鬼とは違う意味で大切な存在であることに変わりはないのでしょう。高校の頃からずっと。。。

過去回だけでなくて現在にも戻ってくるそうなので竜崎の安否にも触れられるでしょうか。さすがにそこまでは盛り込み過ぎかしら。

11/30発売の「囀る鳥は羽ばたかない」5巻は28話までなのでキリのいいところで終わると思うのですが。28話は33ページも読めるなんて楽しみです。読んだらまた感想を書こうと思います。

追記)28話の感想を書きました。

囀る鳥は羽ばたかない28話 ネタバレ感想


ヨネダコウ先生のBLコミックス


どれもハズレなしです。


NightS

NightS

NightS




ヨネダコウ先生のBL作品一覧

関連記事