テンカウント47話のネタバレ感想です。雑誌の最新話でコミックス6巻の感想になるのでネタバレにお気をつけください。

ベッドでいちゃいちゃ真っ只中の城谷さんは、黒瀬くんに後ろを舐められていじられてうずく身体を持て余し気味でいました。ダメダメと言いながら言葉とは裏腹にうずうずメソメソしてずっと涙目の城谷さん。

黒瀬くんのも舐めたり触ったりしたい。自分だって黒瀬くんに欲情するのだと伝えたい城谷さんは、とうとう黒瀬くんのを咥えようとして…魅惑のご奉仕に突入直前スペシャル!という前回46話の感想はこちら。

テンカウント46話 ネタバレ感想

それでは以下ディアプラス11月号、宝井理人先生の最新話「テンカウント」47話のネタバレ感想です。

ディアプラス11月号 電子書籍


ディアプラス11月号は11/17に配信されます。

追記)配信されました。2018年2月13日までの期間限定配信です。

ディアプラス 2017年11月号[期間限定]

ディアプラス 2017年11月号[期間限定]

ディアプラス 2017年11月号[期間限定]


テンカウント47話 感想 ネタバレあり


お手本の通りに咥える城谷さん


エッチなシーンばかりの巻頭カラーです。扉絵の黒瀬くんがSメガネをかけていてイケメンは何をしてもイケメン!間違いない。黒髪ドSメガネ最高。ありがとうございます。そして本編。

「俺だって好きな人に欲情するんだって分かってくださいね」

意を決して黒瀬くんのを咥えようとするも、あまりにも立派なモノにびびって目をつぶる城谷さん。今までここまで接近してまじまじと見ることなどありませんでした。

目の前にそそり立つモノを見ると怖くなるのか、城谷さんは目を閉じたまま思いきってソレを舐めはじめます。

黒瀬くん、城谷さんの言葉と行動にちょっと動けなくなっていますね。一回断ったのにそれでもと食い下がってきた城谷さんに唖然としている感じです。いいぞいいぞ。

初めてのお口でご奉仕に緊張する城谷さんは「黒瀬くんがしてるみたいにしよう」と素晴らしいお手本を思い出します。先端をそっと咥えこんでみる城谷さんが苦しそうな表情で一生懸命舐めはじめる姿はとても健気です。

「口の中が熱い…」城谷さんの口の中の体温を感じて黒瀬くんの息もいっそう荒くなっていきました。

チラ見せにあったように城谷さんのご奉仕にゾクゾクする黒瀬くんは、そんな城谷さんをとめるでもなくギリギリのところでまだクールを保っているようです。

「つらかったら先だけ舌で舐めて」

呼吸が苦しくなり、いったん口を離した城谷さんに優しく声をかける黒瀬くん。城谷さんは初めてなので舐めるだけでも今は十分という気遣いからの判断なのでしょう。

確かにここであまり飛ばしすぎて無理をさせて「もう二度としないもん!」と、かわいい女王様に逃げられてはたまりません。2人はこの先何十回、何百回とエッチなことができる関係なのです。

城谷さん、もう挿れさせて


城谷さんの一生懸命なご奉仕に、黒瀬くんの理性はもう崩壊寸前でした。舐め舐めする城谷さんの腕を背後からぐっと引くとバックハグして必死に言葉をひねり出します。

もう挿れさせて。

クールな黒瀬くんの表情が切なげに揺れ、そのまま後ろから抱かれる城谷さん。黒瀬くんも一応「いいですか?」と許可を取っていますが返事を待つ余裕はありませんでした。

背面座位で突かれて気持ちよさそうな城谷さんはもう喘ぐことしかできません。すぐにイッてしまい「もう怖い。ひどくしないで」とか泣き言を言いますが黒瀬くんは腰の動きを緩めません。

「本当に怖いだけですか?俺はあんたのことこんなに好きって言ってるのに」

背後からささやいて「もう一回好きだと言って」とおねだりする黒瀬くん。「あんたからご褒美もらえるのずっとずっと待ってたんですから」とホテルのお詫び件も忘れてはいませんでした。

いやホテルの件だけでなく本当はもうずっと前から城谷さんの素直な好意の言葉を待っていたのかもしれません。ずっとずっとだなんて、こんなエロエロシーンなのに妙にピュアな雰囲気でムズムズします。

ふりむいた城谷さんは重ねられた手をそっと握り返しました。

俺も黒瀬くんが大好きです。

48話につづく。

テンカウント47話 感想まとめ


大好きって。大好きって。うおお私も大好きだー!後ろは入ったままバックハグして恋人つなぎで告白してキスとか盛り盛りだった47話。47話は扉絵を入れて11ページとここ数か月の間ではちょっと多めでした。

巻頭カラーでどのページも肌色なずっとエロのターン。砂糖を吐く甘さにラブラブな恋人同士のエッチっていいなと改めて思いました。

黒瀬くんのモノが例によって例のごとく大層ご立派で、小さくて愛らしい城谷さんのお尻にこんなの入る?といつも思うわけですが、入っちゃうんですね~愛ゆえに。

黒瀬くんが城谷さんを「あんた」呼びするのが密かにツボなんですが今回は2回も言ってくれて大満足です。エッロいし。余裕がなくなって「あんた」呼びする黒瀬くんつよい。そうさせる城谷さんはもっとつよい。

とりあえずエロは47話でひと区切りになりそうです。とかいって黒瀬くんがまだイッてないからもう少し続くかな?近々黒瀬くんの退職の真意も聞けそうです。

次回は11/14発売のディアプラス12月号です。

それではまた「テンカウント」48話の感想でお会いしましょう。

追記)最終回の感想を書きました。

テンカウント最終回 ネタバレ感想

テンカウント 電子書籍


テンカウント(1)

テンカウント(1)

テンカウント(1)


宝井理人先生のBLコミックス


花のみぞ知る 1

花のみぞ知る 1

花のみぞ知る 1


花のみやこで

花のみやこで

花のみやこで


グランネリエ

グランネリエ

グランネリエ


宝井理人先生のBL作品一覧

関連記事