「恋と性と魔法の作用」の感想です。

かさいちあき先生の新刊BLは、別れさせ屋の大学生×ピュアハートな童顔DTのエロスにまみれた純愛エロかわ物語です。

攻めのサクラが大学生で受けのナリが29歳という設定なので年下攻めなのですが、外見がまるっきり逆な印象なのでぜんぜん年下攻めに見えません(笑)

受けが双子設定なので途中一瞬サクラ×双子の3Pっぽくなって美味しいシーンもあってホクホクです。何回エロいことをしたのか数えきれないくらいエッチしていてエロ方面では大満足の1冊でした。

それでは以下かさいちあき先生の「恋と性と魔法の作用」の感想です。ネタバレにお気をつけください。

恋と性と魔法の作用 電子書籍



恋と性と魔法の作用 感想 ネタバレあり


イケメン別れさせ屋×引きこもりピュアピュアDT


過去に男とのつらい恋を経験したことからライトな恋愛を後腐れなく楽しむようになった大学生のサクラ(攻)は、一時的に簡単に恋愛を楽しめる別れさせ屋でアルバイトをしています。

ある日事務所にヤリチンを相手にする仕事が舞い込んできました。自分の娘がチャラ男とつきあっているのを別れさせたいと願う、娘の親からの依頼です。

チャラ男が男とも寝ると分かれば娘もあきらめて別れるだろうということで、証拠作りのためにターゲットに近づくサクラ。行動を調べ上げて自然に近づいてみせるのは別れさせ屋の常套手段なのでした。

サクラのターゲットのチャラ男の名前はカズヤ。偶然を装って近づいたサクラですが、事前情報とはまるで違うタイプのカズヤに当惑します。

聞いていたのは何人もの相手をしている軽いノリのチャラ男。しかし目の前にいるカズヤはどう見ても挙動不審で鈍くさくて、おたおたしているだけの自信なさげな青年です。

とはいえ仕事は仕事。サクラはうまくいいくるめてホテルに連れ込み流れのままにカズヤを抱き、証拠となる映像を撮ったのでした。

こんな自分を変えたい、変わりたい。


ところがサクラが相手をしたのはターゲットと同じ名前の双子の弟・一也のほうだったのです。慌てるサクラでしたが、なぜか一也は抱かれたことが嬉しそう。しかもその後、妙にサクラに懐いてしまいました。

双子にカズヤ(一弥と一也)という同じ名前をつけるとかすごい両親だなと思ってしまいました。呼び方を家の中ではミロクとナリと呼んでいるので特に問題がないんですね。

サクラの会社を見つけたナリは実は引きこもりで29歳になるまでずっと自分の殻に閉じこもっていました。しかし兄のミロクにそそのかされ意を決して外出したところでサクラに捕まったのです。

こんな自分を変えたい、変わりたい。ナリはそう思っていたタイミングでサクラに出会い、快楽に流されるままにエッチして「運命だ」と夢見る少女のようなことを言い出します。

ナリはDTパワーで突っ走るだけかと思いきや、サクラと2人のときは恥じらいを見せたり、変なところで遠慮したりと乙女なところは相変わらず。

サクラが仕事で自分と寝たと聞いても、ネガティブになりはしてもサクラから簡単に離れたりはしませんでした。もうサクラを逃したら後がないという切実な想いもあったのかもしれません。

双子の兄も良いツンデレだった


身体の関係から始まったナリとサクラですが、一緒に働くようになり共に過ごすうち、サクラのほうもナリに対して仕事以上の感情を持ち始めていました。

しかしサクラがナリを本心からかわいいと思うようになっても、別れさせ屋の立場で何を言っても仕事だと思われてしまうと困惑してしまいます。

恋人ごっこのようにナリとエロく戯れるサクラ。期待するナリにサクラはキスやセックスで応えます。関係が壊れないように慎重にナリとの関係を考えるサクラからは本気を感じました。

結局最後は社長のひと押しもあり、不器用で似た者同士の2人はたったひとりの人と向き合う決意をします。

サクラは過去の恋から臆病になっていた自分から。ナリは自信がなくて素直になれない自分から1歩踏み出して、いつか失うかもしれないという怖さを一緒に乗り越えようと覚悟を決めたのでした。

気持ちを確認してからは黒髪Sなスパダリイケメン×ピュアビッチというエロカップルの出来上がりです。こうなるとヤルことはひとつ。でもベッドで愛を確かめ合うのに浮き輪エッチって浮き輪必要だったかな。新鮮だけどw

ナリの双子の兄のミロクを交えてあわやの3P未遂もありつつ、そのミロクにも高校生のお相手ができて2組ともハッピーエンドでめでたしめでたしでした。

感想まとめ


ナリは童顔でどう見ても少年のような可愛らしい外見なので29歳設定ではなくもう少し若くても良かったかもしれません。しかし純情なDTなのにグズグズでゆるゆるのエロエロでビッチな素質は十分というギャップは素晴らしかったです。

サクラもナリの身体どんどん溺れてはまっていって、いつの間にやら上等なスパダリっぽくなってるし、結局ラブラブじゃん!というつっこみ待ちしているような甘い雰囲気に終始ニヤニヤしてしまいました。

職場で勢いのままにエッチするとか、それを撮られていても平気だとか、職場の人たち(主に社長w)もノリノリだとか、いろいろと貞操観念がゆるーいところはつっこんだら負けということで。

ミロクのお相手の高校生もDTなのに秘めたる可能性は高く、ミロクがとても良いツンデレになっていました。海外にいる両親は帰国したら双子2人ともに男の恋人ができていてびっくりすることでしょう。

サクラの昔の恋人との過去が薄ら暗くて(1話を見る限りお相手が手首を切ってますね…)重たい話も出てくるのかと思って構えていたら、ひたすらブレずにエロくてかわいいお話だったのにはホッとしました。

修正は白い鉛筆でシャカシャカと斜線をひいたようないつものQpaさんです。とにかくずっと何かしらエロいことをしているので、うっかり開いたページでエッチをしてる確立がかなり高いですw

疲れたときに頭を使わずに読めるエロスを求める人にぴったりなピュアエロ万歳な作品でした。

かさいちあき先生のBLコミックス





かさいちあき先生のBLマンガ一覧