クロネコ彼氏のあるき方4話の感想です。 コミックス1巻の感想なのでネタバレにお気をつけください。

賀神、真悟、ユージン、高見沢、リオ、正人&まゆ夫婦、蓮見、そして猫科人間・九重亮太のみんなで出かけたバーベキューで、緊張感のあるピリピリした攻防を見せる賀神と高見沢。

おつかいに出かけた真悟とリオと亮太は和気あいあいと過ごしていました。真悟にとてもよく懐いているリオは、賀神が真悟にキスをする姿を見てマネをしようとします。

しかし真悟は「賀神としかしない」ときっぱり。キスは特別な人とだけするもの。リオにとってはちょっとほろ苦い試練のバーベキュー初日になったのでした。前回3話の復習はこちら。

クロネコ彼氏のあるき方3話 ネタバレ感想

ディアプラス12月号 電子書籍


ディアプラス12月号は12/15頃に配信されます。


クロネコ彼氏のあるき方 4話 感想 ネタバレあり


先生が亮太を迎えに来た!


「キスはけーちゃんとしかしない」

大好きな真悟にきっぱり言われたリオはぐずぐずと泣き出してしまいます。真悟にだっこされてぐずるリオを見つめながら、ふと賀神は「きみもダメだよ?」と亮太にも釘を刺しました。

綺麗な顔でこんな冷たく言われると心にダメージを食らいますね。今は家出しているだけで、亮太にはちゃんとお相手がいるから大丈夫だよと言ってあげたいです。

バーベキューでは使えない男性陣を前に、まゆちゃんがブチ切れて漢らしく火起こししていました。強い(笑)やっぱり紅一点のまゆちゃん最高です。

賑やかなコテージからそっと出ていく亮太。追いかけたのは先ほど亮太を冷たく牽制した賀神本人でした。

賀神は亮太を心配して追ったというよりは、面倒事に真悟を巻き込まないでほしいという考えからの監視目的の行動のようです。相変わらず真悟がからむとジタバタするのが賀神の愉快なところであり楽しいところでしょう。

「きみ猫科だよね。真悟とどういう関係?」

返答次第ではどうしようかな、と脅すように見下ろしてくる賀神に亮太が猫の姿で怯えていると、そこへ一台の自動車がやってきます。降りてきたのは保健室の夏目先生。亮太の大好きなむっつり、じゃなくてイケメン先生が迎えに来てくれました。



もだもだわちゃわちゃ賀神&真悟


コテージのリビングを借りて話し合う先生と亮太。亮太は人間の姿になって膝を抱えて暗い表情のまま凹み中です。家出してきたのは先生と対等な立場じゃないと感じたから。でもそんなことを素直には言えません。親御さんも心配していたとお説教中の先生に、しかめっつらのままです。

真悟は先生にはビクビクして賀神の後ろに隠れていました。かつてのじゃれ合いたくて亮太にちょっかいを出して叱られるという記憶が鮮明に残っているようです。

先生がここまで亮太を迎えに来たのは、賀神が仕事関係の知り合いを通して連絡していたからでした。三毛猫のオスはかなり珍しいので野良であることはほぼありえません。賀神も亮太を見て猫科人間だとピンと来ていたようです。結局、賀神のおかげで亮太は先生に迎えに来てもらえたのでした。

賀神は真悟が自分に黙ってコソコソと他の男を連れ込んでいたことにカチンときていました。その言い方に悪意を感じた真悟は賀神に抗議します。あっちでもこっちでもモメごと続きでまゆちゃんもハラハラ。ってか呆れてる?w

はぐらかそうとする真悟に賀神は「2人で話そう?」と誘います。もだもだわちゃわちゃする賀神&真悟。賀神は拒否しようとする真悟を無言のパワーで押しきって外へ連れ出しました。

今すぐ真悟が欲しい


超不機嫌な賀神はずいぶんと離れたところにあるベンチで「真悟の元カレ?」とあさっての質問をしました。これには真悟もプンスカと怒り心頭です。

「俺が元カレを今カレの家に連れ込む男だと思ってるのか?」

だってコソコソしていたから…と納得できない賀神はさらにブツブツ。しかも真悟が保健の先生に蹴られたと聞いて黙ってはいられません。うっとうしいのは分かっていても、賀神としては真悟の過去の事は何でも知りたいのです。

真悟のことで知らないことがあるのが嫌だ。

そのままベンチに押し倒すとしつこく教えてとお願いする賀神。いつになく落ち着かない賀神に、真悟はあきれて強引に抱き寄せました。

亮太は前に住んでいたアパートの近くの公園で見かけてちょっかいを出していたこと。猫の姿でウロウロしていて仲間を見つけたのが嬉しかったのでしょう。

猫化が戻らなくてそのうちガチ猫になってしまうという都市伝説を吹き込んだりして、亮太をからかっては楽しんでいた真悟。本気ではないにせよかわいい亮太を気に入って、もうちょっと仲良くなりたいと調子に乗りかけたところをガツンと先生にやられたのでした。

笑顔で話す真悟がふと顔を上げると、目の前にはガチ切れ寸前な賀神の真顔がそこにありました。「これヤバい顔のやつ」瞬時に感じとった真悟ですがもう後の祭りです。賀神の瞳孔が開いててこわいですw

賀神と出会う前のことだから、という真悟の言葉もまったく耳に入っていない状態で、賀神はおもむろに真悟の乳首を強めにつまみ上げました。

外でやるのはさすがにマズい。思わず制する真悟ですが賀神はどうせ誰も来ないとその気です。

昔のことは責めないから今すぐ真悟が欲しい。

切なげな賀神の表情に真悟はあきらめたように「1回だけだぞ」と男らしく自らパンツを下ろしました。

クロネコ彼氏のあるき方4話の感想まとめ


コテージの部屋割りの関係上エッチはおあずけかなと思っていましたが、お外という手がありました。嫉妬する賀神の気持ちも分かるから真悟が譲歩した形です。潔い真悟が漢らしかったです。

でも他の利用客はいないのでしょうか。賀神は芸能人だしラグジュアリーな一家のことだから、この日はぬかりなく貸し切りにしているのかもしれません。

相変わらず良いお尻を自ら差し出す真悟がエロくて賀神&真悟のことばかり気を取られがちですが、亮太のほうも気になりますね。

先生が迎えに来てくれてもシュンとしたままの亮太は、無事に先生に本音が言えるでしょうか。まだ高校生だから大人の先生を相手にちょっと背伸びしたかったんですよね。

学校をきちんと卒業して自活できるようにならないと本当の意味での対等な関係を築くのは難しそうですが、その気持ちだけでも先生に伝わるといいなと思います。

次回は12/14発売のディアプラス1月号です。

ではまた「クロネコ彼氏のあるき方」5話の感想でお会いしましょう。

左京亜也先生のBLコミックス


不機嫌彼氏のさらい方 ネタバレ感想




左京亜也先生の漫画一覧

関連記事