覆面係長リターンズのネタバレ感想です。

覆面係長の続編連載がシェリプラスで始まりました。こんなに早く続きが読めるとは人気の証拠です。またこの2人を見たいと言う声が編集部にたくさん届いたそうですよ。まだ明かされていない係長の秘密がリターンズでどこまで判明するのか楽しみです。

前巻では、覆面をかぶって仕事をする中身は金髪超美形のハイスペック男子(しかし一部残念)の係長と、凡人代表の町田が恋に堕ちて明るく楽しくランデブーするという清く正しいラブコメディでした。

リアルに声を上げて笑ったシーンもあるので、元気のないときに読むとパワーをもらえて楽しい気持ちにさせてくれるBL作品です。ギャグ寄りのふりきったBLが苦手でなければぜひおすすめです。

覆面係長 ネタバレ感想 斑目ヒロ

それでは以下斑目ヒロ先生の「覆面係長リターンズ」ネタバレ感想です。

覆面係長 電子書籍


覆面係長の電子版は1/5に発売です。

追記)発売になりました。

覆面係長

覆面係長

覆面係長


覆面係長リターンズ 感想 ネタバレあり


1話の感想


覆面係長リターンズ1話のネタバレ感想です。

怪傑ライオン丸のような覆面で出社してきた立花係長。相変わらずぶっ飛んでいます。社員たちは風物詩だと慣れっこですが、町田はドン引きしてしまいました。衣替えの季節になると毎年こうなるらしく「気にしないのが一番」とあっさりスルーする社員さんたちは相当鍛えられています。

町田はモフモフがちょっと萌えると改めて覆面の恋人にドキドキしてキュンとしてみたり。係長は相変わらず「これは素顔だ」とか言いかけますがそれはすぐさま町田が却下。思わず抱きしめてモフモフを堪能する町田がうらやましいです。町田は随分と逞しくなりましたね。



ところが係長いわくこの仮面の髪は自前の髪だそうで、さすがの町田もそれはちょっと引いてしまいました。昔はすっごい長髪だったそうな。美形で金髪の長髪かあ。それはそれで見てみたいような。

町田は係長に「今週いっぱいは忙しくてプライベートでも用事があって会えない」と言われてしまいガッカリしています。でも町田の扱いにも慣れてきた係長。

そっとマスクを外してキスして「会えなくて寂しくならないための貯金」とか言っちゃうあたりは抜かりありません。町田も魂が抜けたようにぽわーんとしていてチョロ…かわいいです。

仕事だから会えないのは仕方ない。週末なんてすぐだ。そう思っても少しだけでも会いたい町田は係長のマンションに内緒で向かいます。するとマンションのエレベーターで帽子を目深にかぶった雰囲気のある人と一緒になりました。

なぜか同じフロアで降り、係長の部屋に合鍵を使ってはいる謎の男。しかも係長はマスクをして玄関に迎えていました。どう見ても親兄弟には見えないその光景に、町田は混乱してしまいます。

フラフラと街をさまよいながら、二股かと浮気を疑う町田。なによりも恋人である自分でさえもらっていない「合鍵」を慣れた手つきで扱っていました。

ということは向こうが本命!?

鍵を渡すほど親密な関係の男が、自分の知らないうちに恋人の家に出入りしている事実。係長のことを一番よく知っているのは自分だと思っていたのに。恋人同士になるまでのあれこれが走馬灯のように脳裏を流れはじめ、愛されていると思ったことも全部まやかしで嘘だったのかと町田はショックを受けてしまいました。

あああ連載復活したかと思ったらしょっぱなから不穏でぎくしゃくするような展開になりました。モフモフの覆面でしばらく遊んでイチャイチャしてくれるかと思ったのにな。モフモフ尊い。モフモフ覆面をつけたままのプレイとかあってもいいのよ。

今回のこの謎の合鍵男って前巻の「覆面係長」にもちらりと出てきたあの人ですよね。町田が家に遊びに来たときにこっそり出て行った人。きっとマスク職人とかマスクがらみの人だと思うのですが。ケンカをしてもすれ違っても結局はラブラブであってほしいので、早めに町田の誤解を解いてあげてほしいです。

第1話にして攻めの素顔はたったの1コマだけというブレなさも含めて2話も楽しみです。

※電子版シェリプラス1月号は2018年6月28日までの期間限定配信です。

シェリプラス 2018年1月号[期間限定]

シェリプラス 2018年1月号[期間限定]

シェリプラス 2018年1月号[期間限定]



2話の感想


覆面係長リターンズ2話のネタバレ感想です。

昨日からずっと親しげなあの2人のことばかり頭の中をぐるぐるとまわり続けている町田。あれはいったい何だったんだろう。どういうことなんだろう。

自分にはもらっていない合鍵。あまり触らせてくれないマスクにも自然に触れていたあの男。親密そうな2人の会話。町田は疑わしいことばかりが頭に浮かんでしまい、どんな顔をして係長に合えばいいのか分からなくなっていました。



恐る恐る出勤すると係長現場へ直行直帰の予定です。じゃあもう今週は金曜しか顔を合わせることがありません。内心ほっとしたような残念なような町田。でも会わなきゃ会わないで余計なことばかりが浮かんで不安だけが募っていきます。

げっそりと老け込む町田を見かねた同僚も心配して声をかけてくれました。廃人みたくなってる町田が笑っちゃいけないんだけど笑っちゃいますw

そこへ現れる係長。マスクはモフモフライオン。社員たちも引き気味です。もちろん町田も。しかし至っていつも通りの係長は飄々としていました。いつもみたいに対応できない町田は固まってしまいます。

やっぱり自分の考えすぎなんじゃないか?まったく悪びれない係長の態度に、きっと大丈夫!と思おうとしますが、相手はあの係長。まったく読めない人なので町田はいっそう困惑してしまいました。

「会う人会う人がみんな私のことを誰?ととぼけるんだがだが」

とぼけてるのはお前だwと誰もつっこまないので絶好調の係長はなおも飛ばします。

「現場の入り口でいつも止められる。まったく皆して記憶喪失にでもなったのかと思ったぞ」

言いたいことだけを言って忙しいからとさっさと退散する係長に、町田は内心「嘘つき」と悔しく思っていました。

忙しくてもあの男とは会ってるじゃないか。俺に割く時間はなくても、あの男と会う時間は大切だっていうわけ?町田はいつの間にかこんなにも係長を好きになっていたことに今さらながらに気づきます。

始まりは誤解からだった2人。そのままなんとなく付き合うことになっていろいろあっても、町田は本気で別れようとは思ったことがありませんでした。でもいつもムキになっているのは自分だけ。夢中になっているのも自分だけ。係長のほうから好きだって言ったくせに。

係長はなんで俺の事好きになったんだ?

ふと疑問に思う町田。あの状況がそうさせただけ?同じことがあったら誰とでもそういう関係になった?町田の瞳から大粒の涙がこぼれ落ちます。しかし泣いても何も変わりません。思いきって本人に聞きに行くことにした町田ですが…。

ほぼほぼ町田サイドの気持ちのみの2話でした。係長のところに突撃して、これでまたひとつ係長の謎が解けるでしょうか。早く2人のラブラブがまた見たいです。係長の仮面をビリーッと激しく剥がしちゃって!がんばれ町田負けるな町田!

第2話は超美形のはずの攻めの素顔はついに0コマでした。3話もこの調子で楽しみです。



斑目ヒロ先生のBLコミックス


理想の恋人

理想の恋人

理想の恋人



かわいい悪魔

かわいい悪魔

かわいい悪魔




関連記事