覆面係長リターンズのネタバレ感想です。

覆面係長の続編連載がシェリプラスで始まりました。こんなに早く続きが読めるとは人気の証拠です。またこの2人を見たいと言う声が編集部にたくさん届いたそうですよ。まだ明かされていない係長の秘密がリターンズでどこまで判明するのか楽しみです。

前巻では、覆面をかぶって仕事をする中身は金髪超美形のハイスペック男子(しかし一部残念)の係長と、凡人代表の町田が恋に堕ちて明るく楽しくランデブーするという清く正しいラブコメディでした。

リアルに声を上げて笑ったシーンもあるので、元気のないときに読むとパワーをもらえて楽しい気持ちにさせてくれるBL作品です。ギャグ寄りのふりきったBLが苦手でなければぜひおすすめです。

覆面係長 ネタバレ感想 斑目ヒロ

それでは以下斑目ヒロ先生の「覆面係長リターンズ」ネタバレ感想です。

覆面係長 電子書籍


覆面係長の電子版は1/5に発売です。

追記)発売になりました。

覆面係長

覆面係長

覆面係長


覆面係長リターンズ 感想 ネタバレあり


1話の感想


覆面係長リターンズ1話のネタバレ感想です。

怪傑ライオン丸のような覆面で出社してきた立花係長。相変わらずぶっ飛んでいます。社員たちは風物詩だと慣れっこですが、町田はドン引きしてしまいました。衣替えの季節になると毎年こうなるらしく「気にしないのが一番」とあっさりスルーする社員さんたちは相当鍛えられています。

町田はモフモフがちょっと萌えると改めて覆面の恋人にドキドキしてキュンとしてみたり。係長は相変わらず「これは素顔だ」とか言いかけますがそれはすぐさま町田が却下。思わず抱きしめてモフモフを堪能する町田がうらやましいです。町田は随分と逞しくなりましたね。



ところが係長いわくこの仮面の髪は自前の髪だそうで、さすがの町田もそれはちょっと引いてしまいました。昔はすっごい長髪だったそうな。美形で金髪の長髪かあ。それはそれで見てみたいような。

町田は係長に「今週いっぱいは忙しくてプライベートでも用事があって会えない」と言われてしまいガッカリしています。でも町田の扱いにも慣れてきた係長。

そっとマスクを外してキスして「会えなくて寂しくならないための貯金」とか言っちゃうあたりは抜かりありません。町田も魂が抜けたようにぽわーんとしていてチョロ…かわいいです。

仕事だから会えないのは仕方ない。週末なんてすぐだ。そう思っても少しだけでも会いたい町田は係長のマンションに内緒で向かいます。するとマンションのエレベーターで帽子を目深にかぶった雰囲気のある人と一緒になりました。

なぜか同じフロアで降り、係長の部屋に合鍵を使ってはいる謎の男。しかも係長はマスクをして玄関に迎えていました。どう見ても親兄弟には見えないその光景に、町田は混乱してしまいます。

フラフラと街をさまよいながら、二股かと浮気を疑う町田。なによりも恋人である自分でさえもらっていない「合鍵」を慣れた手つきで扱っていました。

ということは向こうが本命!?

鍵を渡すほど親密な関係の男が、自分の知らないうちに恋人の家に出入りしている事実。係長のことを一番よく知っているのは自分だと思っていたのに。恋人同士になるまでのあれこれが走馬灯のように脳裏を流れはじめ、愛されていると思ったことも全部まやかしで嘘だったのかと町田はショックを受けてしまいました。

あああ連載復活したかと思ったらしょっぱなから不穏でぎくしゃくするような展開になりました。モフモフの覆面でしばらく遊んでイチャイチャしてくれるかと思ったのにな。モフモフ尊い。モフモフ覆面をつけたままのプレイとかあってもいいのよ。

今回のこの謎の合鍵男って前巻の「覆面係長」にもちらりと出てきたあの人ですよね。町田が家に遊びに来たときにこっそり出て行った人。きっとマスク職人とかマスクがらみの人だと思うのですが。ケンカをしてもすれ違っても結局はラブラブであってほしいので、早めに町田の誤解を解いてあげてほしいです。

第1話にして攻めの素顔はたったの1コマだけというブレなさも含めて2話も楽しみです。

※電子版シェリプラス1月号は2018年6月28日までの期間限定配信です。

シェリプラス 2018年1月号[期間限定]

シェリプラス 2018年1月号[期間限定]

シェリプラス 2018年1月号[期間限定]



2話の感想


覆面係長リターンズ2話のネタバレ感想です。

昨日からずっと親しげなあの2人のことばかり頭の中をぐるぐるとまわり続けている町田。あれはいったい何だったんだろう。どういうことなんだろう。

自分にはもらっていない合鍵。あまり触らせてくれないマスクにも自然に触れていたあの男。親密そうな2人の会話。町田は疑わしいことばかりが頭に浮かんでしまい、どんな顔をして係長に合えばいいのか分からなくなっていました。



恐る恐る出勤すると係長現場へ直行直帰の予定です。じゃあもう今週は金曜しか顔を合わせることがありません。内心ほっとしたような残念なような町田。でも会わなきゃ会わないで余計なことばかりが浮かんで不安だけが募っていきます。

げっそりと老け込む町田を見かねた同僚も心配して声をかけてくれました。廃人みたくなってる町田が笑っちゃいけないんだけど笑っちゃいますw

そこへ現れる係長。マスクはモフモフライオン。社員たちも引き気味です。もちろん町田も。しかし至っていつも通りの係長は飄々としていました。いつもみたいに対応できない町田は固まってしまいます。

やっぱり自分の考えすぎなんじゃないか?まったく悪びれない係長の態度に、きっと大丈夫!と思おうとしますが、相手はあの係長。まったく読めない人なので町田はいっそう困惑してしまいました。

「会う人会う人がみんな私のことを誰?ととぼけるんだがだが」

とぼけてるのはお前だwと誰もつっこまないので絶好調の係長はなおも飛ばします。

「現場の入り口でいつも止められる。まったく皆して記憶喪失にでもなったのかと思ったぞ」

言いたいことだけを言って忙しいからとさっさと退散する係長に、町田は内心「嘘つき」と悔しく思っていました。

忙しくてもあの男とは会ってるじゃないか。俺に割く時間はなくても、あの男と会う時間は大切だっていうわけ?町田はいつの間にかこんなにも係長を好きになっていたことに今さらながらに気づきます。

始まりは誤解からだった2人。そのままなんとなく付き合うことになっていろいろあっても、町田は本気で別れようとは思ったことがありませんでした。でもいつもムキになっているのは自分だけ。夢中になっているのも自分だけ。係長のほうから好きだって言ったくせに。

係長はなんで俺の事好きになったんだ?

ふと疑問に思う町田。あの状況がそうさせただけ?同じことがあったら誰とでもそういう関係になった?町田の瞳から大粒の涙がこぼれ落ちます。しかし泣いても何も変わりません。思いきって本人に聞きに行くことにした町田ですが…。

ほぼほぼ町田サイドの気持ちのみの2話でした。係長のところに突撃して、これでまたひとつ係長の謎が解けるでしょうか。早く2人のラブラブがまた見たいです。係長の仮面をビリーッと激しく剥がしちゃって!がんばれ町田負けるな町田!

第2話は超美形のはずの攻めの素顔はついに0コマでした。3話もこの調子で楽しみです。

※電子版シェリプラス3月号は2018年8月29日までの期間限定配信です。

シェリプラス 2018年3月号[期間限定]

シェリプラス 2018年3月号[期間限定]

シェリプラス 2018年3月号[期間限定]



3話の感想


覆面係長リターンズ3話のネタバレ感想です。

こんなことで黙っていたら男がすたる。町田は、係長の部屋に合鍵で出入りしていたあの男のことなどを全部はっきりさせようと、勢いよく係長宅に向かいます。すると、ちょうど部屋から係長とその男ができた瞬間をとらえ、気持ちのままに係長にぶつかっていきました。

ライオンの覆面係長に思いのたけをぶちまける町田。いつまでもうじうじとしているだけでなく、行動に移して素直に気持ちを言葉にできるところは大きな長所です。

係長は驚いて町田を落ち着かせるべく部屋に招き入れました。するとそこにはずらりと並んだ覆面着用のリアル係長サイズのマネキンが!こわっ

実はこれは最新3Dプリンタで作ったマネキンです。下半身まで細部にわたって完璧に再現していて10体並ぶと壮観です。全裸で全員マスク着用してるしシュールすぎてじわじわ。

合鍵で出入りしていたのは、係長のマスクを作り上げた職人で、メンテナンスをしてくれていただけなのでした。頬にさわっていたのもこの覆面コピーマネキンだったのです。

こんな人たちに何日も悩まされてたなんて。



ごもっともw落ち込む町田に係長はマスクが1つ1つ全部違うと力説します。町田を含む我々にはまったく同じものに見えますが、思い入れのある係長からすれば自分の歴史そのもののマスクには愛着があるのでしょう。

あのマスク職人はコンドームをはじめあらゆる造形物を扱う職人です。そんなこと聞いたらもう係長の覆面を見るたびにコンドームがちらつくじゃん!もうだめだww

俺って係長のこと、思ってた以上に好きになってたんだなあって。

そっぽを向いて照れながら告げる町田は、こんな係長の姿を見ても、それでもいいと思えている自分に半分飽きれて半分あきらめて(?)いました。

町田は不安な気持ちも打ちあけます。たまたまあの状況が自分だっただけで、他の誰かが同じことをしても係長と恋仲になったのではないか、自分じゃなくても良かったのではないか…と町田は悩んでいたのです。

町田だから好きになったに決まってるだろう。

係長は落ち着いて町田に告げました。覆面じゃなければパーフェクトなセリフです。

いつも予測不能で、目が離せなくて、おかしなことばかりするし、感情はダダ漏れですぐ態度や顔に出るし、だだをこねたり泣いたりわめいたり、そのくせちまっこいくせに大胆な町田。係長はそんな町田のことをとても大切に想っていたのです。

「今私は、お前に好きと言ってもらえて舞い上がってしまっているようだ。」

覆面のままそっぽを向いてつぶやく係長。照れてるのかな。かわいい。でもマスクで台無しwぎゅっと町田は安心したようにぎゅっと係長を抱きしめます。

そっと覆面を外して優しく町田にキスする係長。マスクをとった瞬間に超絶イケメンが出てくるのは毎回びびります。

いつも自分に正直な町田に救われていた立花係長。町田の行動にどんな意味があるのかをいつも考えてしまい、こんなことは初めてだと自分自身に戸惑っていました。係長も自分が思っている以上に町田にハマっているんですね。係長にとって町田は唯一甘えられる存在なのです。

「私はお前のことがかわいくて仕方ないんだよ」

照れる町田に笑顔の係長が眩しいです。その後は夜の大人のお時間です。やっぱりマスクを外すと係長がイケメンすぎて、絵面は完璧で華やかになりすね。眼福です。

2人の関係は変にこじれすぎることなく、町田の素直な行動によって怪しい覆面男の謎もあっさりと解けました。係長が案外町田の性格をかなり正しく把握していたのが意外といえば意外でした。係長ってナルシストな自分大好き人間と見せておいて、実はちゃんと冷静に人の内面を見ているんですね。

いつも一生懸命で健気で分かりやすい町田の性格を、とても気に入っていてかわいくて仕方ないと思っている係長。想いの強さは係長<町田と思わせて、実は町田<係長なんじゃないの?なんだよもうリア充め。爆発…してたわ。町田は幸せ者ですね。

3話はようやくイケメン係長の美麗な素顔が炸裂していました。貴重な笑顔も見られました。それでも約5ページ程度ですけど。

続く4話も楽しみです。

※電子版シェリプラス5月号は2018年10月29日までの期間限定配信です。

シェリプラス 2018年5月号[期間限定]

シェリプラス 2018年5月号[期間限定]

シェリプラス 2018年5月号[期間限定]



4話の感想


覆面係長リターンズ4話の感想です。

壁一面にずらりとそろった係長のマスクをじっと見つめる町田に係長がひとこと。

「さてはお前、そこのマスクをつけてみたいと思ったんだろ。しょーがないな1枚だけだぞ~~~~」

「これっぽっちも思ってません」

さもズバリ当てたかのように高笑いする係長に向かって、冷静につっこむ町田。いつもの2人のバカップルな関係です。

町田が何枚あるのか尋ねますが、係長は枚数を把握していませんでした。番号をつけていたのは選外を除いたベストマスクの番号だそうです。つまり1度だけつけたもので、この先つけることのないものにだけ番号をふっていたのです。

レンタルトランクルームにも実家にも置いてあり、全部数えたら何枚あるのかすら分からない状態です。っていうか係長の部屋以外にもあるんですねw

数えたことはなくとも、いつどこでどのマスクに出会ったかは全部ちゃんと覚えていると不敵に笑う気持ち悪い係長。1枚でもなくせばすぐに分かるとか、マスク愛ハンパないです。

「私のそばに寄り添い続けてくれたのはマスクだけだったからな。このマスク1つ1つが私の愛や葛藤の象徴でもあるんだ」

辛い時も悲しいときも嬉しいときも、マスクは体の一部として係長と共にあったのでした。


「そのころの係長ってどんなだったのかなあ。昔の係長に会ってみたかったな」

ぼそりとつぶやいた町田。もし自分がその時係長のそばにいたら、気持ちを少しでも分かってあげられたかもしれない。町田は考え込んでいます。

いや、ムリだな。

せっかくいい流れだったのに、早々にあきらめる町田wまあそうですね。大人になった今このタイミングで出会えたからこそ、2人はきっとお付き合いできたのですから。

係長はそんな町田を見てアルバムを取り出してきました。アルバムにあるのは係長のキラキラした姿!ではなく、大学時代からマスク姿でキメポーズをとっているものばかりです。

ところが町田の目の前に、ひらりとアルバムから落ちた写真が1枚。そこにはなんと、美しくなびく長髪に素顔をさらした爆イケ係長の姿がありました。ん!?素顔を撮らせてるうう!?

係長はその写真には気づかず、町田はただただ驚くばかりです。キラキラしていてつっこみどころ満載のイケてる係長の写真。でもどうしてこんな素顔の写真があるのでしょう。町田はきっと他にもあるに違いないと、果てなき好奇心を募らせるのでした。

今回は短めでしたが、新展開を予想させる写真の存在がありました。マスク姿ばかりの中に紛れていた長髪時代の写真は誰が撮ったものなのでしょう。「昔は髪が長かった」と以前言っていたのですが、この写真の頃の話もそのうち出てくるのかな。

続く5話も楽しみです。




斑目ヒロ先生のBLコミックス


理想の恋人

理想の恋人

理想の恋人



かわいい悪魔

かわいい悪魔

かわいい悪魔




関連記事