純情ロマンチカ46話の感想です。コミックス23巻のネタバレを含む感想になるのでどうぞお気をつけください。

義理のお姉さんにウサギさんとの関係を直球で聞かれて逃げ出してしまった美咲。卒業後の住まいのこともあり、いつまでも家族に2人のことを隠し通すわけにはいきません。

ウサギさんのフォローにも助けられた美咲は、まずはお姉さんに打ちあけようとがんばりました。お姉さんが優しく美咲を受け入れてくれたことにホッとした前回の復習はこちら。

純情ロマンチカ45話 ネタバレ感想

それでは以下中村春菊先生の「純情ロマンチカ」46話の感想です。ネタバレにご注意ください。

エメラルド冬の号 電子配信


雑誌エメラルドはまだ電子配信されていません。紙の雑誌で読みましょう。

純情ロマンチカ46話 感想 ネタバレあり


相変わらずゴージャスな宇佐美一族


大きなクリスマスツリーの下にどかんと佇むクリスマスプレゼントたち。宇佐美父からは木彫りのクマのクリスマスバージョン、宇佐美兄からは大量の業務用wの段ボールに詰まった日用品(?)、薫子さんからはフランスから空輸で大きなケーキが届いています。

「物には限度があるだろ!」

毎年変わらぬ光景に慣れない庶民の美咲は盛大につっこみますがウサギさんは華麗にスルー。全部捨ててしまえと過激な言葉を口走ります。

ウェディングのような立派なケーキを抱えながら片付けに翻弄する美咲。ウサギさんからも海外旅行や国内旅行を提案されますが「普通でいいだろ」と美咲は即座に却下しいました。

俺と2人っきりのクリスマスは嫌なのかよ!

美咲の殺し文句にピタリと口を閉ざすウサギさん。特別な日だからあえて家で過ごすのも悪くないと考え直した模様です。無駄遣いを止められて内心ほっとする美咲がかわいいです。

美咲はその代わりにクリスマスマーケットにウサギさんを誘ってみました。あっさりOKを出すウサギさんは、なぜかいつも破っている締め切りも今回はきちんと守っている様子です。

本当かどうか担当さんに確認の電話を入れる美咲が用意周到でしたw同居も長くなりウサギさんの扱いにも随分と慣れてきたのでしょう。良い奥さんです。

ウサギさんが珍しく締め切りを守ったのは、実は美咲とのクリスマスデートのためでした。さらっと恥ずかしいことを言うウサギさんに、美咲は今さらながらに照れてしまいます。しかしすべてが順調すぎて何かが起こりそうな嫌な予感が…。

井坂さんが倒れるトラブル発生!


イブに丸川で打ち合わせのあるウサギさんと、外で待ち合わせをしてデートの予定に浮かれる美咲。兄夫婦にも真浩にもプレゼントは用意したし、もちろんウサギさんにもブランケットを買ってあります。美咲がいないと毛布もかぶらず床で寝て、ぬいぐるみで暖をとるようなウサギさんのために用意したプレゼントです。

美咲はお義姉さんに打ちあけたことで、自分が少しずつ前を向いて歩いている手ごたえを感じていました。お兄ちゃんに黙っていることにはためらいもありますが、せっかくのクリスマスを台無しにしたくはありません。

ほくほくしながら待ち合わせ場所に向かう美咲。しかしウサギさんが打ち合わせを終えてデートに向かう途中、目の前で軽口を叩いていた井坂さんが倒れてしまいまうというトラブルが発生しました。

朝比奈さんがたたまたま近くにいないということもあり、そばにいたウサギさんが病院でしばらく付き添うことになります。

急遽ラインで送られてきた連絡に驚いた美咲ですが、井坂さんは虫垂炎と過労で倒れただけで命に別状はないと知ってとホッと胸をなでおろしました。面接の時もお世話になったし入社予定の会社の社長なので気になるのは当然です。

上条とりんご飴にじわじわ


ひとりでクリスマスマーケットで買い物をすませる美咲は、ばったりと道で上条先生と出会いました。お互いに嫌~な顔をしているのがツボです。

思わず背筋が伸びる美咲ですが、クールぶった上条先生の背後から「りんご飴買ってきましたよ」と恋人の声がwギョッとする美咲&上条先生。りんご飴、上条がほしがったのでしょうか。かわいいですね。

「あいつとうまくやってる?」

遊園地でバッタリ出会ったときと同じように、上条先生はウサギさんのことを気にかけていました。無難に返答をする美咲の様子に上条は少し安堵したのでしょう。チクリと美咲の大学の単位のことに言及するとそのまま去って行きました。

さっそくエロいことに役立つブランケット


カラフルなクリスマスマーケットを横目に、ウサギさんと一緒だったらもっと楽しかったのにとちょっぴり残念に思う美咲。思えば3年前のクリスマスイブも雪が降っていました。

あの時は美咲が急にバイトに駆り出されて、ウサギさんを何時間も待ちぼうけさせてしまったのでした。あれから3年。あっという間に過ぎたことを懐かしく思っていると、ふとマーケットで売られているスノードームに目が留まります。

クリスマスプレゼントはもう買ったけれど、ウサギさんのためにスノードームを買った美咲。その場でパーツを選んで作れる世界で一つだけのスノードームです。

そこへ病院からやって来たウサギさんが合流しました。ウサギさんも本当は待ち合わせをしてデートをしてみたかったとちょっぴり拗ねているのがかわいいです。

来年はウサギさんが俺に作ってよ。

スノードームを渡して照れながら伝える美咲。それはつまり、来年も一緒にいるということ。無意識に恥ずかしいことを言ったのではないかと慌てる美咲もかわいかったです。

最初はウサギさんのことが嫌いだった美咲。でもいつの間にか気持ちが近づいていき、いつの間にか隣で歩くようになって、いつの間にか好きになっていました。ウサギさんと一緒にいた時間が、人を好きになるという気持ちを美咲に教えてくれたのです。

帰宅してブランケットをプレゼントしてくれた美咲にウサギさんは嬉しそうにキス。服を脱がせ合うのもウサギさんの身体も見慣れているはずなのになんだか緊張してしまう美咲。

「ウサギさんだけが余裕でズルい」

自分ばかりがあたふたしていると赤面する美咲に、ウサギさんは自分の胸に手を当てさせます。ウサギさんの心臓音は思ったドキドキしていて美咲はびっくり。ウサギさんだって好きな人を前にして緊張しているのでした。

俺のと合わせてドキドキが2倍になるじゃんか!

強気な瞳で嚙みついてくる美咲の照れ隠しに、ウサギさんはついに爆発してしまいます。ブランケットを背に美咲を押し倒すウサギさん。宇佐美家の濃厚なエロスは今年のクリスマスも健在なのでした。

開けて翌日、美咲へのクリスマスプレゼントが可愛らしい靴下に詰められていました。美咲が開けてみるとそこには美咲専用の小切手帳と権利書がw

「こんなのどーしろと!?」

「やはり足りなかったか。もう数点足そう」

やっぱり嚙みあわな2人w「普通がいい」と言っていた美咲の気持ちは、今年もウサギさんにはちっとも届いていないのでした。

純情ロマンチカ46話の感想まとめ


安心安定のウサギさんと美咲のラブラブなクリスマスにほっこりしました。井坂さんが倒れたのはびっくりしましたが、大事には至っていないようなので後は朝比奈さんにたっぷり甘やかされ、じゃなくて叱られるとよいでしょう。

スノードームを作れるなんて素敵ですね。こういうの恋人同士でやると楽しそう。ウサギさんを思って一生懸命選んで作ったのだと思うとかわいいですね。「ドキドキが2倍」発言といい、美咲は実はけっこうロマンチックなんじゃないかな。ウサギさんの歯の浮くような口説き文句も案外嫌じゃなかったりして。

ブランケットがさっそく良い仕事をしてくれました。プレゼントは使ってナンボですからね。ブランケット冥利(?)に尽きることでしょう。イロイロあってぐちゃぐちゃなので確実に美咲が洗濯する必要がありそうです。

上条のゲスト出演は嬉しいけれどやっぱりりんご飴で笑ってしまいました。りんご飴に罪はないですが大学の教え子には見られたくなかったよねw上条カップルも仲良くやっているようで安心しました。

次はお兄ちゃんへのカミングアウトかな。これが最大のクライマックスになるでしょうか。

次回は2018年4月下旬発売のエメラルド春の号です。それではまた純情ロマンチカ47話の感想でお会いしましょう。


柳瀬優と伊集院先生の初絡みはこちら。

純情ミックス 伊集院響編 ネタバレ感想 柳瀬優とのフラグが立った!

世界一初恋の感想はこちら。

世界一初恋 ネタバレ感想


商業BLコミックスは電子書籍各ストアで発売中です。


関連記事