酷くしないで8巻2話の感想です。コミックス8巻のネタバレになるためどうぞお気をつけください。

早朝にルカのところへ行っていたことをネムには黙っていた真矢。罪悪感はあるもののその場はやり過ごし、ネムも何も気づかず2人はラブラブで過ごしていました。

いっぽうルカのほうは、一緒にイベントの仕事をしないかと真矢に声をかけました。真矢とネムの関係に割って入るべくルカが本格始動しそうです。前回の復習はこちら。

酷くしないで8巻1話 ネタバレ感想 ねこ田米蔵

それでは以下、ねこ田米蔵先生の「酷くしないで」8巻2話の感想です。※ネタバレ注意です。

酷くしないで8巻 電子書籍


酷くしないで8巻2話 感想 ネタバレあり


お前じゃないと意味がない


昔病気にかかったことで、自分が思うように生きられなくなってしまったルカ。医者には「のんびりゆっくり、ヒトの50%の力で生きていくように」と言われていました。

何者かになろうとしていたはずなのに突如自由を奪われ、世界の歯車として静かに生きていたルカ。しかし大学生になって初めて真矢を見かけたあの瞬間、まるで自分の体を見つけたような気持ちになり「絶対に手に入れる」と心に誓ったのでした。

真矢はルカのイベント企画の話を最初断るつもりでしたが、ルカの熱心な誘いに乗り気になっていきます。

お前じゃないと意味がない。やろう!絶対おもしろいぞ。

キラキラした瞳と生き生きした表情で誘ってくるルカの姿に、真矢は驚くと同時にとても新鮮な気持ちになっていました。いつもの体調が悪く沈んだ表情のルカとは違い、はつらつとしていて明るいルカの様子に、真矢も友人として安堵したのでしょう。

真矢はネムにも、ルカと一緒にイベントをすることになったと嬉しそうに電話で報告をしました。イベントは映画とからんだものでホラー系のもの。テレビなどにも取り上げられる大々的なタイアップ企画になりそうです。

ネムは「珍しくルカが誘いを引かなかった」と楽しげに語る真矢に少しだけ引っかかりますが、気にしない気にしないと自分に言い聞かせるのでした。



あの朝のことがネムにバレた!


「一度大きな仕事したかったからね。真矢と一緒に」

翌日、真矢の働くカフェでルカと会ったネムは、ルカの言葉にドキリとしてしまいました。何か嫌な予感がするネム。ルカはいつも通りの優しげで儚げですが、その言葉には何か別の意味が隠されているようにネムは感じてしまいます。

するとルカは先日、体調が悪かった時に真矢がドリンクを持ってきてくれたことをさらりと語り出しました。まさかあの朝、真矢がルカのところにいたとは想像もしていなかったネムはショックを受けてしまいます。真っ青になって慌ててカフェを去るネム。

どうして言ってくれなかったんだろう?言うほどの事でもなかった?

ぐるぐると考えていると、ふとあの時真矢がキスをしてはぐらかしたことを思い出してしまいました。こんな風にごまかされると、これが初めてじゃないかもしれない…と、追い払っても追い払っても真矢への疑念がこみ上げてきます。

ネムが悪い方へ悪い方へと考えてぼんやり歩いていると、悪いことは重なるもので、通りすがりのスリに財布をすられてしまって泣きっ面に蜂状態になってしまいました。

ルカの魂のパートナーは真矢


助けを求めた沖野くんの家で凹むネムは、財布に入れていた真矢とおそろいの指輪もとられてしまい酷く落ち込んでいました。

以前ルカが言っていた「魂のパートナーを探している」という言葉は、真矢のことだったのだと感じるネム。同じ目的を持って親友よりももっと深く結びついたソウルメイト。ルカが探していたのはそういう相手なのです。

真矢もルカといるときはすごく楽しそうで、ネムといる時とはまったく違う生き生きとした表情を見せていました。自分は真矢にあんな良い顔はさせられない。ネムとしては寂しい気持ちでいっぱいです。

グラグラと揺れる気持ちのまま真矢に会ったネムは、財布と一緒に指輪をとられたことを告白しました。しかし、もっと怒るかと思った真矢は意外とあっさりスルーし、そのこと自体にもネムはショックを受けてしまいます。

もう怒るほどのことじゃなくなった?

疑心暗鬼になり震える気持ちを抑えながらネムはやっとのことで口を開きました。

「縞川さん家に行った日の朝どこに行ってたの?」

感想まとめ


やっぱり真矢はあのとき嘘をつかずに全部正直に言っておくべきでしたね。あとになってルカの口から聞かされたネムの気持ちを思うと切ないです。

そうでなくてもネムはずっと前からルカの存在を何かと気にしていたのだし、大したことではないのならなおさら話しておいたほうがよかったはずです。ちょっとした言葉不足が恋人同士にとって致命傷になるのはよくあることです。

ルカの考えるソウルメイトというのが=恋人になるわけではないと思いますが、仕事で一緒に成長していけるパートナーがいるというのは心強いものです。

ルカの想いは恋愛感情とはまた少し違うものなんじゃないかなと思いますが、やっと見つけた魂のパートナーと人生も共にしたいと思うのは当然のことなので、しばらくはルカがらみで真矢&ネムの関係が混乱しそうです。

指輪の事は真矢としては盗られたものは仕方がないし、今度はチェーンを付けて渡そうと内心考えていました。しかし疑心暗鬼のネムにとっては全てが怪しく見えてしまいます。真矢にやましいことがあるからとかではないのですが、これぞすれ違いでギクシャクすることになってしまいました。

きっと真矢は最後のネムの質問には正直に答えると思いますが、ネムとしては嘘をつかれたという事実が今後重くのしかかってくるのではないでしょうか。あんまりこじれないでほしいなあ。ラブラブな2人が大好きなのでハラハラしてしまいます。

次回は2/7発売のマガジンビーボーイ3月号です。

それではまた次回の感想でお会いしましょう。

追記)8巻3話の感想を書きました。

酷くしないで8巻3話 ネタバレ感想

酷くしないで関連本


酷くしないでのスピンオフで縞川と彰のお話です。


真矢とネムの単行本未収録の甘々な番外編。電子限定コミックスです。


ねこ田米蔵先生のBLコミックス




関連記事