「抱かれたい男1位に脅されています」5巻のネタバレ感想まとめです。

高人とチュン太の共演が決まるも、ついにキス写真をパパラッチに撮られてしまった2人。スキャンダルによって主演が白紙になり、高人はチュン太の俳優としての将来を思って別れを選びます。

いっぽう高人と別れて間もないうちに、遊び人の大物女優との交際を週刊誌にスクープされたチュン太は、どうやら何かを企んでいるようで…。4巻の復習はこちら。

抱かれたい男1位に脅されています4巻 ネタバレ感想

チュン太の思惑と行動、高人の開き直りの覚悟により、2人の絆がより強固なものとなったパパラッチ編完結の5巻です。

抱かれたい男1位に脅されています5巻 電子配信


抱かれたい男1位に脅されています5巻の電子書籍は4/5に発売です。電子待ちの人はもう少し耐えましょう。

追記)発売されました。


抱かれたい男1位に脅されています5巻 ネタバレ感想まとめ


覚悟ができていなかった高人


元気のない高人を気遣って、自宅に招いてくれた佐々木さん。妻子とともに温かい家庭を築いている佐々木さんは、高人とチュン太との特別な関係にも気づいていていました。

チュン太と離れる覚悟ができていなかったと、今さらながら悔しそうな高人に、佐々木さんは「もう少し自分に素直に欲張りになってみれば」と優しくアドバイスしてくれます。

チュン太は高人と別れてすぐに熱愛のお相手とされたベテラン女優と、影ながらひそひそと何かを企んでいました。マスコミにも大々的に発表する様子ですが…。

抱かれたい男1位に脅されています14話 ネタバレ感想

俺と一緒に生きてくれ


実はチュン太と大物女優の熱愛2ショットは、番組のみんなで飲んでいた時のものでした。週刊誌の報道が誤報だったことが分かると世間は騒ぎ始め、高人のスキャンダル写真にも疑惑の目が向けられます。すると一気に高人への目も変わり始めました。

ここまでお膳立てをされたら、高人としても男として動かざるを得ません。チュン太を迎えに行った高人は「俺と一緒に生きてくれ」と本音を告げるのでした。

抱かれたい男1位に脅されています15話 ネタバレ感想

余裕がなくタメ口になるチュン太に激萌え


お互いの気持ちをぶちまけて玄関で抱き合う2人。別れてからずっとおあずけだったチュン太は、高人を抱きつぶす勢いです。高人もチュン太を欲しがって、どんどんエロくグズグズになってしまいました。

散々抱き合った翌朝、目覚めた高人は、いそいそとチュン太とおそろいの指輪をはめて幸せを噛みしめます。チュン太のほうも嬉しそうに満たされた穏やかな表情を見せました。

卯坂さんは街で偶然、ワケありの先輩らしき人とすれ違います。新展開を感じさせるこの新キャラもなかなか濃い人のようで…。

抱かれたい男1位に脅されています5巻16話 ネタバレ感想

新人ADの一本気君がグッジョブ


無事によりを戻したチュン太と高人にラッキースケベ、じゃなくて災難がふりかかります。天然新人ADの一本気くんが、番組で使う手錠をチュン太と高人にはめて鍵を無くすというハプニングが起きてしまいます。

まさかの手錠プレイ。こんなおいしいシチュエーションをチュン太が逃すはずもなく、高人はいいように扱われるのでした。いっぽう卯坂さんの先輩・在須(ありす)は「俺のことまだ好きなのか」と卯坂さんに投げかけます。昔2人に一体ナニがあったのでしょう。

抱かれたい男1位に脅されています5巻17話 ネタバレ感想

高人の俳優人生のきっかけは


高人の過去回です。パパラッチ編とは打って変わって静かで切なくて素敵な昔話でした。物心つく前から祖母の影響でお芝居に興味を持っていた高人。

子役としてデビューし成功するうち、周囲の嫉妬ややっかみなどを乗り越えながら成長していきます。しかし誰より理解者だった祖母の容態が悪化して…。きっと空から高人たちを見守ってくれていますよね。おばあさんにチュン太を紹介できて良かったです。

抱かれたい男1位に脅されています5巻18話 ネタバレ感想

ネトラレトライアングル


あほあほかわいい三角関係は、ある日優也に届いた「果たし状」をめぐるドタバタ劇です。優也の昔の自称ライバルが登場してすったもんだのひと騒動の後、無事にま~るくおさまってめでたしめでたしでした。

本編以上にネトラレファンも密かに増幅しているとかいないとか。かわいいDKたちがわちゃわちゃしてるのは和むし楽しい箸休めになりますね。

ネトラレトライアングル ネタバレ感想

電子限定描き下ろしマンガ


描き下ろしのオマケ漫画は、なぜかチュン太の家にいつも大量に置いてあるメロンパンについての1ページの秘話(?)でした。チュン太が、週刊冬文で2人のキス写真をとった長谷川さんの同僚の田部さんの大好物のメロンパンを買い占めて、張り込みへの微妙な嫌がらせをするという地味にじわじわくるやつですw

一瞬、田部さんって誰だっけ?と思ってしまいましたが、長谷川さんにアート雑誌を紹介していたあの小太りのおじさんですね。自分はグルメ部に異動すると言っていたので、ここのメロンパンはかなり美味しいお店なのでは。黒チュン太のちょっとした仕返しがかわいいです。

あとがきによると次からはスペイン編が始まるそうですよ。ロケ先での出来事になるのかな。海外でのほうが高人もチュン太ものびのびできそうで楽しみです。

5巻の感想まとめ


怪しい影がちらちら、週刊誌にキャッチされスキャンダル記事、さあどうする!?相手を思って別れるが、結局絆が深まって一件落着。という芸能界モノの王道ネタど真ん中を美しく展開しました。

高人は別れることでチュン太をなんとか守ろうとしましたが、そうせずとも結局は黙って引き下がるチュン太ではなかったのがチュン太らしいというか、高人へのただならぬ執着を感じてキュンときました。

そもそもチュン太だって、厳しい芸能界を這い上がってきた若手人気俳優なのです。伊達に抱かれたい男1位の椅子に座ってはいません。

芸能界という特殊な世界で、マスコミをうまく利用する形で事態を収拾して、ドラマの番宣まですませて丸く収めたチュン太。彼なりに自分の持ちうるコネや立場を総動員して、知恵を絞って作戦を練って、高人を守ろうと仕組んだことが成功してよかったです。

高人のほうは、別れを告げてから「離れる覚悟ができていなかった」と凹んでいる姿が切なかったですね。。。開き直ってからは「俺と一緒に生きてくれ」なんて男らしくプロポーズしてくれてホッとしました。高人だってキメるときはキメます。良かったチョロインなだけじゃなくて。

美魔女代表・黒川姐さんもありがとうございました。結果的にナイスアシストでいい仕事をしてくれました。イケてる若いボーイフレンドをこれからもたくさん作って冬文の紙面を花屋かに賑わせてくださいw応援しています。

テレビでチュン太が高人との同居宣言をしちゃったことで、世間の人やマスコミにも2人の関係をなんとなく察した人がいることでしょう。ご時世もあって、案外そっとしてくれる…といいなと思います。

パパラッチ編がすっきりと終わりましたが連載はまだまだ続きます。卯坂さんとありす先輩との関係が気になって気になって仕方ありません。ありす先輩は俺様キャラっぽいけどどうなの?どうなの??早く全容を知りたいです。

アニメ化も決まって嬉しい限りです。メインキャストも変わらず続投なのでイメージもそのまんまだし、原作に忠実にじっくり丁寧に作ってほしいです。

なんといってもテレビアニメですからね。世界一初恋や純情ロマンチカと同じく、あんなシーンやそんなシーンはバッサリとカットになることでしょう。でもたぶん!ギリギリのところで頑張ってくださるはず。

アニメも続く連載も楽しみです。

桜日梯子先生のBLコミックス




ラブトモ

ラブトモ

ラブトモ



関連記事