スーパーラヴァーズ35話の感想です。コミックス12巻の内容でエメラルド最新話のネタバレになりますのでお気をつけください。

記憶喪失事件でハルに2度も忘れられたことがトラウマになっているのか、事件後からずっとハルには甘く優しい零。ハルのほうもますます過保護になりラブラブ度は上がる一方です。

ハルの子供の頃のことを知りたい零は、ハルの写真を探すうち、ハルが小さい頃に誘拐されかけたことを知ります。自分の昔のことも思い出せずモヤモヤする零ですが…。前回の復習はこちら。

スーパーラヴァーズ(SUPER LOVERS)12巻34話 ネタバレ感想

それでは以下あべ美幸先生の「SUPER LOVERS(スーパーラバーズ)」35話の感想です。ネタバレ注意です。

エメラルド春の号 電子配信


雑誌エメラルドもスーパーラバーズもまだ電子配信されていません。

SUPER LOVERS(スーパーラヴァーズ)35話感想 ネタバレあり


零の修学旅行に付いて行くとゴネるハル


リビングでいちゃつく長男と末っ子に苛立ちマックスな亜樹。家族がいる目の前でラブラブいちゃいちゃされてブチ切れ寸前ですwハルはいかがわしく「俺と零とのヒミツな」とか言ってスキンシップをとっています、秘密どころが一瞬で双子にバレバレなのでした。

ハルにたぶらかされてもダメなものはダメと言わなきゃと、蒔麻に冷静にアドバイスされる零。もともとのコトの発端は、数日前に零の修学旅行の話題が出たことからでした。

零の学校の1週間の修学旅行は、カナダかニュージーランドのどちらかを選べることになっています。1週間も零と離れ離れだなんて耐えられないハルは、話を聞いただけで真っ青になってしまうのでした。

ギリギリまで予定を言わなかった零にハルは説教しますが、麗としてはハルの記憶喪失の一件があったためバタバタして忘れていただけ。けろっとしたかわいい顔で「忘れてたー」と棒読みで悪びれない零がおもしろかわいいですw

カナダで暮らすロブやフミエさんから連絡があり、去年生まれた犬もいるから見に行きたいと思った零は、修学旅行先にカナダを選択したのでした。

「俺もカナダにこっそりついていく!零と離れ離れって思っただけで心臓バクバク言うし!」

わがままを言って引かないハルに零はドン引き。「零だって俺がいなきゃ困るだろ!?ムラムラした時ひとりでできないって半泣きするもんな!」逆切れ気味のハルは言葉を選びません。双子は長男にあきれすぎて「今すぐ通報する」と静かにつぶやくのでしたw

光の速さでチケットの手配まで済ませました


ネジが外れたハルは、翌日すぐに飛行機のチケットを取っていました。ホテルまで零と同じところを抑えています。もう完全におかしくなっているハルは、手段を選ばず人の話など聞いてもいないのでした。

店を休むと聞いた清華さんに、ハルはすごい勢いで叱られてしまいます。入院中もカフェの営業がロクにできなかったため、夜のバーのほうの客足にまで影響が出て赤字続き。そんな状態なのに弟離れしないハルに呆れ果てた清華さんは、深いため息をつくしかありません。

零がいないとダメなんだ。

真顔で清華さんに言うハルの言葉を偶然こっそり聞いていた零は、照れて真っ赤になってしまいます。ハルの気持ちが嬉しい零。ハルは零が聞いていないと思ってか、清華さんに愚痴を言い続けます。

昔零がハルを置いてひとりでカナダに帰った時のこと。しかもクリスマスの当日でした。あれ以来クリスマスと聞くだけで心臓が止まりそうになるハル。完全にあの件がトラウマになっています。零はそれを聞いて罪悪感でいっぱいになってしまいました。

ハルは、零をひとりで行かせたらもう帰ってこないような気がして怖いと思っているようです。清華さんの了解は渋々得られたものの、いったいどうなるのか零の修学旅行。

大人しく日本で留守番するとか言ってるけど…


「旅行中の夜は俺の部屋に来てくれるよな?」

無茶を言うハルに零は「部屋は十全との2人部屋だ」とさらり。まさかの他の男と2人きりと聞いてハルは大慌てです。零は冷静なまま、ハルに今すぐホテルも航空券もキャンセルするように告げました。

「仕事を放り出してまで付いてくるなんて」と、どちらが保護者か分からないような至ってまっとうな発想です。

いくら愛をもらっても全然足りないと感じるハル。きっと零をまるごと食い尽くしてもきっと足りないのでしょう。愛を渇望するハルに、零は言うことをきかせようと説得するのでした。

言うこと聞くから俺の事嫌いにならないで。

抱きしめるハルに「嫌いにならない」と以前と同じように返す零。するとハルは「大人しく日本でお留守番して仕事もする」と約束してくれました。

零が呼んでやってきた夏男の目の前でも、ところ構わずいちゃつくハルに「俺は一体ナニを見せられちゃってんの!?」と内心激つっこみの夏男。お気の毒さまです。

先生のところへ差し入れに行った夏男は、今のハルを1週間も零から引きはがして大丈夫なのかと心配していました。しかし先生としては、零もハルと同じくらい不安定に見えています。

一緒にいないと不安なのはハルの方だと見せかけて、嗅覚が鋭いハルは零の不安定さをすでに嗅ぎ付けていて、いつも以上にくっついて離れないのでした。

零の修学旅行当日、別れを惜しむように零といちゃいちゃしはじめるハル。毎日2回電話して動画も送るように要求してくるハルに零は「めんどくさい」ときっぱり。

「じゃあやっぱり俺もついていく?」

半ば脅しのように言うハルに零はお手上げです。「俺のムラムラの責任をとって」と押し倒してくるハルに、零は裸にされて舐められて嚙みつかれ、盛り上がってきたところで「続きは帰ってきてから」とおあずけをくらったのでした。

だからお前は嫌われるんだ。


カナダで零は、十全と榎本と共に行動することになりました。十全が、いつの間にか仲良く(?)なっている零と榎本に嫉妬しているのがかわいらしいです。

自由行動の時間にフミエさんとロブの家に遊びに行く零たち。零と同じくらいの大きさに成長した犬たちも盛大に出迎えてくれました。犬でかっ!

ロブは、零と犬のたわむれる姿をスマホで動画におさめていました。どうやらハルが事前にロブに動画を送るように頼んでいたらしく、さすが周りから攻める抜かりないハルなのでした。

カナダの大自然の中でのんびりする高校生3人は、食事のあとで森にお散歩に出かけます。ところが足を滑らせた十全を助けようとした零が2人して川に転落!!

零が目覚めるとそこはホテルの部屋。川に落ちた2人を助けたのは同行していた犬たちだったのでした。榎本がその様子を動画に撮っていたらしく、十全はその珍しい映像を後で見せてもらおうとウキウキしています。

目覚めるまでに何か嫌な夢を見ていた零。大人の男性と手を繋いで川を見つめていた子供の零は、男に「飛び込んでみようか」と声をかけられます。嫌がる零に男は「一緒に飛び込んであげる」となおも食い下がります。しかしうんとは言わない零。

「たまには笑ってイエスって言ってみたら?子どもだからって何でも正直に顔に出せばいいわけじゃないんだよ」

だからお前は嫌われるんだ。

小さな零に酷いことを言って、手を伸ばしてきた男に怯える夢。ハッと目覚めた麗は、十全からの夕食の誘いもプールも断ってベッドに寝そべります。

慣れ親しんだカナダの澄んだ空気と夜の静けさは、零にとって何より落ち着くはずのものでした。しかし今は朝が来ない気がして眠れません。懐かしいのに妙に緊張感が抜けないのは悪夢のせいなのか。

あの男は夢の中で手を差し伸べて言いました。

「俺はキミが好きなんだ。だからキミも俺を好きになって」

「NO」と答えたあとで男は零に何を告げどうしたのでしょう。うとうとするたびにまた悪夢の続きを見てしまい、精神的に参った零は、ハルからの電話に思わず「俺もハルに会いたい」とつぶやきます。

「じゃあドア開けて!今すぐ!」

信じられないことに、っていうかやっぱりwカナダにまで来ていたハル。部屋を訪問して「えへ。来ちゃった」などとお約束のセリフと最高の笑顔をのぞかせます。

「お前ホントにバカだろ!」

零の絶叫がホテル中に響き渡るカナダ修学旅行の夜なのでした。

スーパーラバーズ35話 感想まとめ


ハルの零に関する行動力が異常なくらいで、溺愛を超えた執念を感じますw高校生の男の子の修学旅行に海外までついてくるとか、過保護を超えた執着としか思えない。もうある意味狂気です。良し悪しはともかくお互い共依存のような関係なのでしょうね。

零を家内ストーキングして、じゃなくて家族として見守っているハルは、零の幼いころの消え去った記憶について零が何かを思い出しかけているような微妙な変化を感じとっていたのかもしれません。

それにしても「来ちゃった」って仕事はどうしたんだろう。零がいなくて腑抜けちゃって仕事にならないから、見かねた清華さんが追い出したのかな。それとも何か事情があるのでしょうか。謎です。

十全の榎本へのかわいい嫉妬もニヤニヤしてしまいました。榎本は十全をスルーしていて、全然気にしてないのがまた楽しいです。

零の記憶が悪夢としてチラホラと蘇ってきているようで、いったいどんな消え去った壮絶な過去があるのか、知りたいような知りたくないような複雑な心境です。

無理に思い出す必要なんてないと思うのですが、断片的に夢に見て零が苦しむくらいなら、ちゃんとカウンセリングを受けるなどして安全を確保してあげてほしいな。それを思うと、ハルが心配してカナダまでやってきたのは、やはり一人寝ができないからという理由だけではないような気がします。

次回36話は8月下旬発売のエメラルド夏の号です。それではまた「SUPER LOVERS」36話の感想でお会いしましょう。



商業BLコミックスは各電子書籍ストアで発売されています。


関連記事