花鳥風月7巻のネタバレ感想まとめです。

6巻の甘々だった曜明×火弦の編が終わり、7巻からは吉利谷×財前篇が始まりました。一見×糸くんに戻るかなと思っていたのでびっくりです。でもこれがすっっごく良かった!

一見と吉利谷と財前の3人が、腐れ縁の幼馴染だということはこれまでにもちらほらと出ていたので、子供時代を含めて今までどんな関係だったのか気になっていました。特にツンデレっぽい財前は彫り下げてほしいキャラだったので嬉しいです。

それでは以下志水ゆき先生の「花鳥風月」7巻の感想まとめです。

花鳥風月6巻 ネタバレ感想まとめ

花鳥風月7巻 電子書籍


「花鳥風月」7巻の電子配信は7/6からです。レンタ先行配信です。

花鳥風月(7)

花鳥風月(7)

花鳥風月(7)


花鳥風月7巻 ネタバレ感想まとめ


星川先生の入院で多忙な財前


曜明や火弦のからんだ前巻までの一件で、恋人の糸くんが危険にさらされたことに怒り心頭の一見。しかし財前が間に入る形で関係を取り持ち、吉利谷と一見との仲は修復となりました。

人肌がないと眠れない吉利谷のために添い寝する財前は、このところ多忙を極めています。理由は親代わりだった星川先生の入院。星川先生の分まで仕事を抱えた財前は、目まぐるしく仕事をこなすのでした。

花鳥風月7巻47話 ネタバレ感想

プロポーズからのバトルキス!


星川先生の見舞いに訪れた吉利谷は「財前の負担を増やさないように」と星川先生に頼まれます。吉利谷は、その足で財前の勤める星川法律事務所に向かいました。

「俺と結婚してくれないか?」財前に唐突にプロポーズする吉利谷。ところが財前は手慣れたように平然と「法律上無理だ」と返しました。困惑気味の財前にも引き下がらない吉利谷は、財前に柔道の技を仕掛けてキスをします。

花鳥風月7巻48話 ネタバレ感想

3人の出会いは小学生の頃の道場で


キスにブチ切れた財前にボコボコにされた吉利谷は「今までにもキスくらいしたことあったのに」とブツブツ。その流れで、財前や一見と一緒に過ごした昔のこと思い出していました。

小学生のころ、通っていた道場で出会った吉利谷と財前と一見。3人はささいなことで笑い合って時間を共にするうち、かけがえのない大切な友人となっていきました。

花鳥風月7巻49話 ネタバレ感想

夏祭りで甘酸っぱい初チュー


中学生になり、事故で両親を失い妹と一緒に叔母さんの家に引き取られてから、青い顔をして寝不足ぎみの財前。そんな財前兄妹を励まそうと、財前と一見は2人を夏祭りに誘います。

夏祭りのラッキースケベで偶然キスしてしまう吉利谷と財前。しかし甘酸っぱい夏の思い出の裏で、財前の妹の千尋ちゃんに魔の手が伸びてしまいます。

花鳥風月7巻50話 ネタバレ感想

吉利谷に救われた財前


妹が叔父さんに襲われかけたたことを知り、2人で家を飛び出す財前。行く当てもなくさまよっていると、偶然吉利谷が通りかかりました。吉利谷に救われた財前。

その後、財前が星川先生に相談した結果、2人は遠縁の彫り師の家にお世話になることになりました。やっと落ち着いた暮らしを手に入れた財前。吉利谷も自分の家のように出入りするようになりました。

花鳥風月7巻51話 ネタバレ感想

父親に突き放され家庭崩壊していた吉利谷


財前の背中に立派な彫り物があるのを見て驚く吉利谷。しかしそれは、彫り師の茂美さんから頼まれてアルバイトとして絵を描いただけのものでした。

吉利谷は血の繋がらない父親にも冷たく突き放され、たったひとりで暮らしています。実の母親はおらず、ほとんど天涯孤独な吉利谷。赤の他人のような父親には、すでに別の家庭があったのです。

花鳥風月7巻52話 ネタバレ感想

ラブホでいちゃついて氷プレイ


辛い気持ちを押し殺していると気分が悪くなってしまう吉利谷。一緒に買い物していた財前は、近くにあったラブホテルで吉利谷を休ませます。

財前のおかげでホッとした吉利谷は、元気になるとさっそく財前にいたずらを仕掛けました。2人でふざけていちゃついていると、吉利谷は財前の笑顔と白い背中に思わず欲情してしまいます。

しかし吉利谷は大切な友達を失いたくない一心で平気なフリでごまかしました。どことなくぎくしゃくしたまま別れる2人。

花鳥風月7巻53話 ネタバレ感想

感想まとめ


プロポーズしてそのままの勢いで柔道の技をしかけて投げ合ってキスという神展開に感動しました。お互いに手加減をしないバトルっていう感じがザ男同士!って感じで痺れます。

夏祭りでの甘いキスの思い出といい、その後のお風呂場で全裸バッタリといい、仕方なく使うラブホいい、定番のラッキースケベも吉利谷と財前だと全部新鮮に見えていいですね。

氷プレイえろい。財前は真面目な優等生だけあって身持ちも固そうだし、普段かっちりしている人の白い背中とかうっかり見ちゃったら、そりゃ吉利谷も欲情しちゃいますね。

付き合ってないのに付き合ってるような甘い2人の関係にニヤニヤがとまりません。2人の関係が進んでいないような進んでいるような、微妙なところがニクイ。幼馴染っていいな。

7巻は回想シーンがメインでしたが、現在に戻ってきてからどうやって話が進んでいくのかも楽しみです。冒頭の写真を撮っていた人のことも気になります。

あれは、吉利谷を追いつめようとする人が証拠を集めている、みたいな感じなんじゃないかなあ。吉利谷の仕事が仕事だけに、人に恨みを買うようなこともたくさんあるでしょう。

財前が危険な目に遭うようなことがないといいなと思います。星川先生のことも心配だし、これ以上財前の心労を増やしちゃだめだ。

まだプロポーズの返事もしていないから、吉利谷の覚悟を財前がどうやって受け止めるかも知りたいですね。思った以上に吉利谷と財前のターンが美味しくてホクホクしています。8巻も楽しみです。

追記)続きの感想を書きました。

花鳥風月8巻54話 ネタバレ感想 志水ゆき

志水ゆき先生のBLコミックス


是−ZE−(1)

是−ZE−(1)

是−ZE−(1)





関連記事