マザーズスピリット2巻5話の感想です。雑誌の最新話でコミックス2巻の感想になるためネタバレにお気をつけください。

稜一郎を連れてルターに里帰りしたカルタカ。村人にも温かく迎え入れられ、カルタカは改めて故郷で稜一郎にプロポーズしました。

そんな折、空港のある地域でクーデターが起き、2人は急遽日本への帰国を決めます。その前夜、ルターの聖地を探してさまよう子供たちを助けたカルタカが大怪我を負ってしまい…。前回の感想はこちら。

マザーズスピリット2巻4話 ネタバレ感想

それでは以下「マザーズスピリット」2巻5話のネタバレ感想です。

Chara Selection(キャラセレクション)電子配信


キャラセレクション9月号は7/27に発売です。※2018年11月28日までの期間限定配信です。

Chara Selection 2018年9月号

Chara Selection 2018年9月号

Chara Selection 2018年9月号



マザーズスピリット 電子書籍



マザーズスピリット2巻5話 感想 ネタバレあり


ルターの変化を望んでいるジルタナさん


アクナムがカルタカの父親・ジルタナさんを連れてやってきました。稜一郎と少し話をしたいと言うジルタナさん。

「カルタカの大事な相手だからな」

稜一郎のことを尊重してくれるジルタナさんは「カルタカは頑丈だから怪我も大丈夫だ」と安心させてくれます。

ルターには医者がいません。もし日本のように医療が発達していれば、カルタカももっと早く治療できたでしょう。

実はジルタナさんの妻、つまりカルタカの母親は病気で早くに亡くなっていました。それもあって、ジルタナさんは、早急に医療制度を整えることを望んでいるのでした。

「ルターはここで変わるべき時なのかもしれない」

カルタカも同じことを思って日本へ留学を決めたのです。

僕がカルタカを手放したくないだけなんです。


「あれはそんなに甘えたか?」

稜一郎に唐突にカルタカのことを聞いてくるジルタナさんwカルタカは、子供の頃からルターで、首長として戦士として厳しく育てられました。

そのカルタカが「稜一郎と一緒にいると随分安心する」と父親に日本から手紙で伝えていたのです。稜一郎のまとう空気が、精神が美しいからだとカルタカは考えていたのでした。

「カルタカの拠り所となる稜一郎に感謝する」

日本でカルタカを支えてくれた稜一郎に、頭を下げるジルタナさん。しかし稜一郎は微妙な表情で見つめるしかありません。

「美しくもなんともない。普通なんです。悪態もつくし自分本位にもなります。本当は自分のことばかり考えて、きれいごとを言っているだけです」

ジルタナさんに思いのたけをぶつける稜一郎。

「結局僕は、カルタカを手放したくないだけなんです」

カルタカは皆から慕われているため、日本でもルターでも、本来ならカルタカを好きになる女性がたくさんいたはずです。恋愛して結婚して、子供を作れる女性を選べるはずのカルタカ。

でも本当は、稜一郎自身がカルタカのそばを離れたくないから、一緒に頑張ろう、いつかは分かってもらえると言っているだけだったのです。

「本当にカルタカと村の人たちのことを考えるのなら、僕のほうから彼の手を離すべきなのに」

でも稜一郎は絶対にそれだけはしたくありません。必死の表情で口を開く稜一郎を、ジルタナさんもアクナムも驚いて見つめるのでした。

カルタカと稜一郎が離れ離れに!?


稜一郎自身も、どうしてここまでカルタカに捕えられているのかよく分かっていません。あの強烈すぎる綺麗な男を、どうしても手放せない稜一郎。

そこへ、ルターの村人が慌ててやってきました。ジルタナさんに促された稜一郎は、何が何だか分からないままルターの村に戻ります。村ではすでにカルタカも目覚めていました。

「すぐに村を出ろ」

稜一郎の手を取って、真剣な表情のカルタカ。隣村からの情報によると、クーデータがさらに大きくなり、このままでは稜一郎が日本へ戻れなくなってしまいそうなのです。

「帰るの、リョーイチローだけ。俺、残る…」

カルタカは、険しい表情のまま告げました。そうしたらしばらくは飛行機が飛ばなくなり、カルタカと次に会えるのがいつになるか分かりません。

稜一郎は震えながら動揺します。しかし、カルタカの意思は変わりませんでした。

感想まとめ


先に稜一郎だけを日本に帰国させるというのは、稜一郎の仕事や身の安全を考えての、カルタカなりの判断なのでしょう。でも稜一郎には不安しか残っていませんでした。

自然のままに輝くというルターの信念に触れ、自分のことばかり考えていた自身を省みる稜一郎は、本当はカルタカのために、自ら彼を突き放すべきだと揺れていました。

そうやって不安定に心が乱れているところで、いきなりカルタカに厳しい口調で帰れと言われてしまい、動揺を隠せずにいます。

離れ離れになってしまいそうな2人。今後の国の情勢によっては、カルタカの出国が難しくなる恐れもあります。

日本でまた無事に会えると信じていますが、どうなるのでしょうか。何があってもブレないカルタカがいるから心配ないとは思いますが。

次回は2018/9/22発売のキャラセレクション11月号です。

それではまた「マザーズスピリット」2巻6話の感想でお会いしましょう。

エンゾウ先生のBLコミックス






関連記事