クロネコ彼氏のあるき方最終話のネタバレ感想です。

賀神からオーダーメイドの指輪をプレゼントされた真悟。これまで以上にラブラブな2人は、ユージン一家とBBQをしたりしながら、新婚生活を満喫していました。

ところがある日、真悟が賀神にもらった指輪を失くしてしまいます。賀神には黙ってなんとか探そうとする真悟ですが、どうしても見つからず…。前回の復習はこちら。

クロネコ彼氏のあるき方9話 ネタバレ感想 左京亜也

ディアプラス9月号 電子書籍


ディアプラス9月号の電子版は9/21に配信です。※電子版は2018年12月13日までの期間限定配信です。

ディアプラス 2018年9月号[期間限定]

ディアプラス 2018年9月号[期間限定]

ディアプラス 2018年9月号[期間限定]


クロネコ彼氏のあるき方 電子書籍



クロネコ彼氏のあるき方最終回 感想 ネタバレあり


圭市の好きにしていいから。


「勝手に突っ走った俺が悪かったから気にしないで」

クールな賀神の言葉に、真悟はたまらず大粒の涙があふれ出してしまいました。慌てて涙を拭いてくれた賀神の優しさに、真悟は抱きついて本格的に泣き出してしまいました。

「朝現場に行ったらもう指輪がなくて。どこでなくしたか全然わからないし、圭市が来たとき正直に言えなかった…。ごめん」

賀神は、ぐずぐずとコトの経緯を説明する真悟を、膝の上にだっこしたまま聞いてくれます。

「指輪どうする?新しく作りなおそっか。今度は2人で相談しながら」

「いらない。あれじゃなきゃイヤだ。圭市がくれたあれがいい。わがまま言ってごめん」

やだやだと言いながらぐずる泣き虫真悟を、賀神はぎゅっと抱きしめます。

「でもそれじゃ真悟が僕のものだっていう印がなくなっちゃうよ。とりあえず応急処置していい?」

真悟の薬指を口にして軽く嚙む賀神。歯型で指輪の応急処置をしました。

「もっとつけてほしい。強くされたい。圭市の好きにしていいから」


ローションを取りに行く余裕なくガツガツした賀神


乳首をしつこく舐める賀神に、真悟は震えながらもっともっとと欲しがります。久しぶりに乳首だけでイッた真悟を見て、賀神は満足気に微笑むのでした。

もちろんこれだけでは終わりません。なにせ真悟本人から「好きにしていい」とお許しが出ているのです。四つん這いにして後ろを向けさせる賀神に、真悟はなぜかビクビクしながら様子を伺ってきました。

賀神の性格を知り尽くしているのか、真悟には予感がありました。その予想通りに、賀神はナカに挿れてはくれず、素股を始めます。

ちゃんとナカに欲しい真悟は、嫌がりますが賀神は腰を動かし続けます。一度イッたあと、体液を真悟の後ろに塗りつけます。

「正直ローション取りに行く余裕ないんだ」

後ろから一気に突かれた真悟は、泣きながら嬌声を上げます。なんとか振り向いてキスをしてもらい甘えるも、賀神はとまりません。

真悟のナカが締め付けてくるから、結局は賀神も好きにはさせてもらえず、2人は一緒に果てるのでした。

誓いの言葉は寝言らしいw


いっぽう、正人の家ではまゆちゃんが洗濯物を片付けていました。その奥にキラリと光るモノが…。

ユージン宅では、亮太を迎えに来た夏目先生が亮太を連れて帰ろうとしています。リオはなかなかバイバイできず「リョータはうちの子になったの!まだ遊ぶの!」と言い張っていました。夏目先生無言でスルーw

賀神が高見沢に電話をしていると、こそっと部屋に真悟が入ってきます。そして正人から渡された行方不明の指輪を見せました。

高見沢との電話を放り出して、本物だと確認する2人。真悟は、さっそく指輪を賀神にはめてもらいます。

「誓いの言葉とか言う?」

「いいよそういうのは。いつも寝言で言ってるじゃん」

てれてれしながら指輪をはめて、誓いの言葉の代わりに甘いキスをする2人。ラブラブ新婚生活は、こうしてまったりと続いていくのでした。

おしまい。

クロネコ彼氏のあるき方最終話の感想まとめ


えっもう最終回!?とちょっとびっくりしてしまいました。もうちょっと続いて、まだまだラブラブな賀神×真悟を見られるかと思ったのにな~。

亮太は無事に先生が連れ戻しに来たようですが、その辺はまだうやむやなままです。ちゃんと話し合えたかどうかは単行本の描き下ろしになるでしょうか。

リオのわがままを、迎えに来た夏目先生がスルーしててじわじわwリオにとっては真悟は賀神にとられちゃったし。亮太も帰っていくし、ちょっと寂しいですね。

耳も尻尾も自力でしまえるようになったので、小学校でいい友達ができるといいなと思います。リオなら男女問わずモテモテでしょう。

最後の指輪をはめて誓うシーン、賀神と高見沢は電話中でした。つまり、高見沢は2人のこのイチャイチャを電話で聞かされてるんじゃ…w

それに、賀神が電話で話していた「僕とユージンの2人で話したいこと」っていうのが何なのか気になります。また次のクロネコシリーズに続く感じかな。

ファミリーBLになってほのぼのするので、リオの出番が多くて今作はとても癒されました。

リオの小学生編、中学生編、高校生編、大学生編とかもスピンオフでやってくれないかな。高校生編とか、絶対おいしそうですよね。リオのビジュアルとか、最強に成長しているでしょうし。

今回の新作は、ユージン一家も出てきたし、猫シリーズの亮太と夏目先生もゲスト出演したし、盛りだくさんで楽しかったです。コミックス2巻は2018/12/1に発売予定です。

左京亜也先生、連載お疲れ様でした。また次回作をお待ちしています。

左京亜也先生のBLコミックス





関連記事