▼このBLがやばい2019【ネタバレ】▼


【ネタバレ】このBLがやばい2019 BL漫画ランキング


▼2018年一番売れたBL漫画ランキング▼


もっとも売れたBLマンガランキング【2018】


▼おすすめ神BLマンガランキング▼


【おすすめ】神BL漫画ランキング


▼こんな受けが読みたい!を叶えます▼


こんな受けが読みたい!を叶えます


▼みんなの感想ランキング2018▼


【おすすめ】みんなの感想ランキング2018


▼電子コミックセール情報まとめ▼


お得なBLコミックセール情報まとめ




▼【Renta!】ボーイズラブ特集ページ▼


【レンタ】ボーイズラブBLマンガ特集ページ


▼今週のスタンプ作品▼


スタンプが貯まるお得な作品一覧


▼絶対に読んでほしい1冊▼


絶対に読んでほしい1冊【特設サイト】


▼エロエロBLランキング▼


【エロエロ】BLマンガランキング2018




▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼このBLがやばい2019ランキング▼


【ネタバレ】このBLがやばい2019 BL漫画ランキング

月別アーカイブ:2015年10月

2015年10月の記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2015-10-31 ラストフライデイ
「ラストフライデイ」のネタバレ感想です。絵津鼓(えつこ)先生2冊目のBLコミックスです。デビュー作が気に入ったので2冊目も楽しみにしていました。初コミックの表紙もスタイリッシュでしたが今作のこの表紙も目をひきますね。ブラックの背景にネオンカラーがよく映えます。ほんわかした絵柄がかわいくて、シンプルな線で読みやすいのは初コミックと変わらずホッとします。ノーエロスですが明るくてほのぼのしていて最後まで楽しめ...

記事を読む

No Image

2015-10-31 BLCD情報
キヅナツキ先生の高校生バンドBL「ギヴン」ドラマCDの発売日が2016年2月25日に決定しました。追加キャストも公開になり、日野聡や増田俊樹などすごく豪華な顔ぶれです。主演二人しか発表がなかったので、追加発表を楽しみにしていました。さらに原作のキヅナツキ先生が、ツイッターにキャストの名前入りのキャラクターイラストもアップされています。ステキです。ギヴン given(1)[著]キヅナツキ【あらすじ】好きだったはずのギタ...

記事を読む

No Image

2015-10-31 テンカウント
テンカウント4巻ネタバレ感想です。黒瀬君の脚なめ表紙に思わず見とれるテンカウント4巻が発売になりました。あれ?舐め舐めしてるとばかり思っていましたが、キスしてるだけでしょうか。収録は24話までで、またいいところで続くという流れです。ああもう本当に続きが気になって気になってモダモダします。くうう~~5巻はよってなりますね。私の腐った脳内変換では、てっきり城谷さんの脚を入念に舐め舐めエロエロして、城谷さん...

記事を読む

No Image

2015-10-31 テンカウント
宝井理人先生のイラスト集「MIRROR(仮)」が12月上旬に発売される予定が発表されました。発売を記念して東京と広島で複製原画展開催と記念グッズの発売も決定しています。さらに、テンカウント5巻の予約が12月に始まります。4巻が発売されたところなのに、もう5巻の予約の話が出るとは早いですね。それだけ人気作ということでしょうか。2016年のカレンダーの発売もあり、アマゾンではもう予約も始まっています。グッズがたくさん...

記事を読む

No Image

2015-10-30 3月のライオン
3月のライオン11巻ネタバレ感想です。アニメ化と実写映画化にもなる3月のライオン最新刊11巻の感想です。ひたな達をあっさり捨てた父親が現れ、川本家3姉妹が振り回されるというつらい状況のなか、零の結婚宣言が飛び出すというトンデモ展開にもかかわらず謎の感動を読者に与えた10巻。零は不器用ながらも、川本家を救おうと一生懸命頑張りました。あまりにイロイロとすっとばしすぎではありますが、その姿勢が胸を打ちました。ま...

記事を読む

No Image

2015-10-30 BLCD情報
ナナメグリ先生の「俺と上司の恋の話」ドラマCD化が発表されました。正直、まだドラマCD化してなかったことにびっくりすくるらいの良い作品なので、すっごく楽しみです。しかもキャストがまたBL界ではお馴染みの、売れっ子になってもBL音声から離れずにいてくれるこのお二人!小野友樹×興津和幸の組み合わせです。これはぜひ原作漫画の3巻まで全部やってほしいな。発売を心待ちにしています。CROWNWORKS公式サイト俺と上司の恋の話...

記事を読む

No Image

2015-10-29 想定外ラブセレンディピティ
想定外ラブセレンディピティ ネタバレ感想です。meco先生2冊目のコミックは3カップルの短編集になります。タイトルになっている「想定外ラブセレンディピティ」は2話目。セレンディピティが言いにくいですが、意味は「ふとした偶然をきっかけに幸運をつかみ取ること」「思ってもみないことを偶然発見する才能や能力」です。BLにおける攻め受けが、それぞれ自分に合った「お相手を見つける」という力や出会いが、この言葉にぴったり...

記事を読む

No Image

2015-10-29 ジャッカス!触っていいって誰が言ったよ?
待ちに待ったスカーレット・ベリ子先生の新作BLが、11月13日から電子書籍のRenta!でスタートします。スカーレット・ベリ子先生はTwitterもされていないし情報がつかみにくくて、なかなか出てこないなあと待ちわびていましたが、ようやくです。タイトルは「ジャッカス!~触っていいって誰が言ったよ?~」と副題つきで長めです。ジャッカスの意味は、ばか、まぬけ、雄のロバなど。「馬鹿で役に立たない愚かな男性」という意味もあ...

記事を読む

No Image

2015-10-29 孤独な鷹は人恋しくて
孤独な鷹は人恋しくて ネタバレ感想です。タイトルはシリアスっぽく、表紙はエロそう。あらすじを見る限り復讐モノのドロドロかなと、期待して読みました。実際は、どシリアスではなくほどほどで、エロかわいいお話です。暗い系の話はちょっとなあと思っている人にも読みやすくておすすめ。絵柄もきれいでかわいいです。この作品は「ちんしゃぶ」がキーワード。ちんしゃぶについては下記をどうぞ。ってみなさんの想像通りだと思い...

記事を読む

No Image

2015-10-27 うちの神様にはがっかりだ!
「うちの神様にはがっかりだ!」ネタバレ感想です。大好きな山田ユギ先生の新刊BLコミックスです。ずっとご病気とその養生のためにお休みされていましたがようやく復帰されました。おかえりなさい!待ってました。病気療養もさることながら、復帰に至っても心身共にまた厳しい世界でクリエイトしていくことの辛さや覚悟、そしてプレッシャーも相当だったと思います。山田先生ほど長く活躍されてきた人であっても、作家さんが一度お...

記事を読む

ラストフライデイ 絵津鼓 ネタバレ感想 彼女じゃなくて彼氏じゃダメ?

「ラストフライデイ」のネタバレ感想です。

絵津鼓(えつこ)先生2冊目のBLコミックスです。デビュー作が気に入ったので2冊目も楽しみにしていました。

初コミックの表紙もスタイリッシュでしたが今作のこの表紙も目をひきますね。ブラックの背景にネオンカラーがよく映えます。

ほんわかした絵柄がかわいくて、シンプルな線で読みやすいのは初コミックと変わらずホッとします。

ノーエロスですが明るくてほのぼのしていて最後まで楽しめました。

ラストフライデイ 絵津鼓 電子書籍



» 記事の続きを読む

ギヴンBLドラマCD 日野聡、増田俊樹などが追加キャスト

  •  投稿日:2015-10-31
  •  カテゴリ:BLCD情報
キヅナツキ先生の高校生バンドBL「ギヴン」ドラマCDの発売日が2016年2月25日に決定しました。

追加キャストも公開になり、日野聡や増田俊樹などすごく豪華な顔ぶれです。主演二人しか発表がなかったので、追加発表を楽しみにしていました。

さらに原作のキヅナツキ先生が、ツイッターにキャストの名前入りのキャラクターイラストもアップされています。ステキです。


ギヴン given(1)

ギヴン given(1)

ギヴン given(1)



【あらすじ】

好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日。上ノ山は、壊れたギターを抱えた真冬と出会う。

ギターを修理してやったら、途端に懐かれるが、偶然聴いた真冬の歌が、上ノ山に刺さって――。キヅナツキが描く、裸のオルタナティヴ・ラブ。

「ギヴン given」 キヅナツキ


【キャスト】

佐藤真冬役 斉藤壮馬
上ノ山立夏役 古川慎
中山春樹役 内匠靖明
梶秋彦役 日野聡

上ノ山弥生役 矢作紗友里
板谷役 榎木淳弥
植木役 八代拓
笠井役 本多真梨子
和果役 大地葉
柊役 増田俊樹
玄純役 濱野大輝

CROWNWORKS公式サイト


日野さん、BLでは久しぶりにお名前を拝見しましたが、まだ参加してもらえるんですね。久々に聞けると思うといっそう期待が高まります。

若手も多くて豪華でにぎやかな感じですね。

CROWN WORKSさんは最近だと金井桂先生の「営業二課っ!」ウノハナ先生の「声はして涙は見えぬ濡れ烏」など、私の好きな漫画をたくさんドラマCD化してくれるので嬉しいです。

「ギヴン given」も今から楽しみでワクワクします。

先生のツイッターの素敵イラストはこちら。




キヅナツキ先生のその他BL漫画。

リンクス

リンクス

リンクス



「リンクス」ネタバレ感想



キヅナツキ先生のBL漫画一覧

 カテゴリ
 タグ
None

テンカウント4巻ネタバレ感想 もっと汚してあげます、城谷さんの中

テンカウント4巻ネタバレ感想です。

黒瀬君の脚なめ表紙に思わず見とれるテンカウント4巻が発売になりました。あれ?舐め舐めしてるとばかり思っていましたが、キスしてるだけでしょうか。

収録は24話までで、またいいところで続くという流れです。ああもう本当に続きが気になって気になってモダモダします。くうう~~5巻はよってなりますね。

私の腐った脳内変換では、てっきり城谷さんの脚を入念に舐め舐めエロエロして、城谷さんがゾクゾクしてると(勝手に)解釈してるんですが。あら、私の変態妄想だったかしら。

帯によると、テンカウントは3巻で100万部を突破したそうです。すごい勢いですね。電子書籍化は11月13日に配信です。電子派の方はもう少しのガマンです。(追記:入荷しました!)




【4巻あらすじ】

「どうして欲しいですか?自分で言えたらもっと汚してあげます。城谷さんの中」黒瀬の指に、言葉に、翻弄される城谷。そんな彼に黒瀬は告げる。「城谷を好きになった理由」を。

ショックで黒瀬の元を飛び出した城谷は、疼く体に自ら手を伸ばしてしまい、ずっと目を背けてきたトラウマを呼び起こされる―。電子版限定おまけ付き、単行本未収録のカラーイラスト(1P)を収録。

「テンカウント」4巻 宝井理人

雑誌の方で流れは知っていますが、こうやって1冊の単行本になって1巻から棚に並んでいるのを眺めるのは至福の時間です。

さて4巻。

黒瀬家で、黒瀬くんからのプレゼントにもらった道具を使って、お尻を開発される城谷さん。神アングルにたっぷりのエロエロしい表情が拝めます。

はじめてなのに感じてお尻でイッちゃう城谷さん。さすがの黒瀬君も、無表情ながらも汗をかいて興奮している様子です。

その後着替え、黒瀬君に「好きになったのは城谷さんが潔癖症だから」と言われてショックを受けた城谷さんは、黒瀬くんに「気持ち悪い」と吐き捨てて家を飛び出します。


しかしシャワーも浴びずに飛び出してきて、まだお尻がうずいてしまう城谷さん。今までなら考えられない公衆トイレという雑菌だらけのところにかけこみ、自分でお尻をいじります。

城谷さんの頭の中では、妄想の黒瀬君が、不敵に微笑みながら城谷さんを導きます。エロい!またも冷たくもSな妄想の黒瀬君とのシーンがエロエロです。


そんな中、とうとう明らかになる城谷さんの過去。

子どもの頃を思い出す城谷さん。小学5年生にしては幼いただくん(城谷さん)は、お父さんのことが大好きです。

天使のようなショタ城谷さんですが、父子家庭ゆえに母親の役割も果たしつつ城谷パパもがんばっている様子。父子関係はとても良好な家庭でした。

しかしそんな仲の良い親子の間に、割って入ってきた女子高生(植田さん)。城谷パパの塾の生徒です。

城谷パパも、この子を家にまで上げたりして、微妙なお年頃のただくんは複雑な心境。植田さんの方も、ただくんのことを気にくわないようでライバル視しています。


そんな中、植田さんがかくれんぼと称してただくんを隠れさせ、城谷パパと自分の情事(未遂ですが)を見せつけます。

何も知らずにそれを見せられ、たまらず下半身を汚してしまうただくん。しかもそれを植田さんに見られたあげく「気持ち悪い」と言われてしまう。

それ以来、お父さんの情事を思い出しながら一人でシてしまうただくん。そしてそれに対して罪悪感を覚え手を洗う日々。


以前父親に、「頭に手を置くと考えが分かる」と言われたことを思い出し、父親の手も払ってしまうただくんは、子どもながらにも大好きなお父さんと、そんなお父さんの情事を思い出して自分でシてしまうことに苦しみます。

次第に「自分は汚い」「汚れている」と思うようになり手を洗い続け、汚い自分を悟られないように他人を避けて過ごし、ある日同じような症状の人がいることを知ります。

自分はこれでいいんだ、と手を洗い続けることを正当化し自分自身を納得させる城谷さん。そうして人を避け誰とも親しくならずに大人になりました。


黒瀬家を飛び出した後、2か月間おたがいにまったく連絡を取らずにいた2人。「運命の人だ」とまで言ったくせに、音沙汰なしの黒瀬君に、城谷さんは思うところあるようです。

だけど城谷さん自らアクションを起こそうとはしません。台風が近づく中、おつかいを頼まれる城谷さん。雑居ビルのエレベーターで偶然、黒瀬君と再会します。

そこへ停電でエレベーターが故障。閉じ込められた城谷さんは、狭く薄暗いエレベーターの中、黒瀬君に手を握ってもいいかとお願いします。


雑菌がたっぷりの密室の中、昔のことを思い出しつらくなってきた城谷さんのお願いでしたが、黒瀬君はまさかの拒否。

「気持ち悪いって言ったじゃないですか」「俺以外は嫌だって言って下さい」「手にキスしてください」条件を付きつける黒瀬君。

黒瀬君は、城谷さんの意思で自分をほしがったという証拠が欲しかったのでしょう。城谷さんは恐る恐るも今度こそ自らの意思を見せ、黒瀬君を頼りました。

黒瀬君の方も、精いっぱいのことをした城谷さんを受け入れ、支えると約束。黒瀬君の腕の中で号泣する城谷さんは、さながらあの日の小学5年生のただくんそのもの。

あの時から抑圧され止まっていた城谷さんの本心が、ようやくここで動き出しました。


ざっくり(いやぜんぜんざっくりじゃないか)4巻はこんな流れで城谷さんサイドの過去が明らかになりました。読みごたえありますね。

おまけ漫画は「黒瀬くんと城谷さんと指相撲」「黒瀬くんと城谷さんとサラサラ」「黒瀬くんと白いねことさば缶」の3つでした。

いつもながら、本編との落差よ。。。シリアスな本編とは違って、癒されるおまけ漫画でした。


その他各電子書籍サイトでも配信されています。ご利用の状況に応じてどうぞ。

【コミックシーモア】テンカウント4巻

【ひかりTVブック】テンカウント4巻

【eBookJapan】 テンカウント4巻

【BookLive!】テンカウント4巻

個別に話数ごとに長~~いネタバレ感想を書いているので、興味があれこちらをどうぞ。本当にいつもながら考察とか心の叫びとかを入れすぎて、すごく長い感想になっています。

お時間あれば。

テンカウント19話 ネタバレ感想

テンカウント20話 ネタバレ感想

テンカウント20.5 番外編ショート2本 ネタバレ感想

テンカウント21話 ネタバレ感想

テンカウント22話 ネタバレ感想

テンカウント23話 ネタバレ感想

テンカウント24話 ネタバレ感想


テンカウント5巻に収録される(4巻の続き)25話の感想はこちら。

テンカウント25話 ネタバレ感想


100万部突破記念に宝井先生からハロウィンイラストが。余裕顔の黒瀬君は相変わらずかっこよく、あわあわしてる城谷さんがかわいいです。






テンカウント(1)

テンカウント(1)

テンカウント(1)





テンカウント(3)

テンカウント(3)

テンカウント(3)



宝井理人先生のBL作品一覧

テンカウント5巻12月予約開始 宝井理人先生初イラスト集とカレンダーも発売

宝井理人先生のイラスト集「MIRROR(仮)」が12月上旬に発売される予定が発表されました。

発売を記念して東京と広島で複製原画展開催と記念グッズの発売も決定しています。

さらに、テンカウント5巻の予約が12月に始まります。4巻が発売されたところなのに、もう5巻の予約の話が出るとは早いですね。それだけ人気作ということでしょうか。

2016年のカレンダーの発売もあり、アマゾンではもう予約も始まっています。グッズがたくさんあってチェックが大変だと思っていたら、テンカウントの特設サイトもできました。

テンカウント特設サイト

宝井理人「テンカウント」カレンダー2016(B3)



「テンカウント5巻は、黒瀬陸×城谷忠臣のミニフィギュアセットつき特装版が発売されます。このために発表が早かったのかもしれませんね。

お値段など詳細は後日ということなので、続報を待ちたいです。

服巻き姿がかわいい!ただ、フィギュアは正直飾るところがないので、どうするかは検討中です。かわいいんだけどなー。






グッズの中ではイラスト集が一番楽しみかもしれません。宝井先生の美麗イラストの数々をちゃんとした書籍で眺められるなんて幸せすぎます。

これまでの作品のイラストも入るでしょうし、描き下ろしとかもあるのかな。中味の方も気になります。



そしてカレンダーのこの絵はズルい。。。

宝井理人「テンカウント」カレンダー2016(B3)



その他各電子書籍サイトはこちら。ご利用の状況に応じてどうぞ。

【コミックシーモア】で探す

【ひかりTVブック】で探す

【eBookJapan】で探す

【BookLive!】で探す

テンカウント(1)

テンカウント(1)

テンカウント(1)





テンカウント(3)

テンカウント(3)

テンカウント(3)





宝井理人先生のBL作品一覧

3月のライオン11巻ネタバレ感想 父親問題は一応の決着 でもあかりおねいちゃんが…

3月のライオン11巻ネタバレ感想です。アニメ化と実写映画化にもなる3月のライオン最新刊11巻の感想です。

ひたな達をあっさり捨てた父親が現れ、川本家3姉妹が振り回されるというつらい状況のなか、零の結婚宣言が飛び出すというトンデモ展開にもかかわらず謎の感動を読者に与えた10巻。

零は不器用ながらも、川本家を救おうと一生懸命頑張りました。あまりにイロイロとすっとばしすぎではありますが、その姿勢が胸を打ちました。

まだ10代の高校生ながらも決めるときには決めてくるのは、普段から勝負の世界に生きているからでしょうか。

零のサポートもありいったんは引いた父親ですが、11巻ではまた非常識な言動であかり達を追い込みます。後味はあまりよくはないですが、なんとかこの一件は11巻で収束。

ひなちゃんが大変なことになった3月のライオン10巻の感想はこちら。(ネタバレ注意です)

3月のライオン10巻 ネタバレ感想 零の爆弾発言でひなちゃんが大変なことに!

電子書籍化は紙のコミックスの発売から約1か月後でした。それでは以下3月のライオン11巻のネタバレ感想です。

3月のライオン11巻 電子書籍


3月のライオン 11

3月のライオン 11

3月のライオン 11


» 記事の続きを読む

俺と上司の恋の話 ナナメグリ 小野友樹×興津和幸でドラマCD化

  •  投稿日:2015-10-30
  •  カテゴリ:BLCD情報
ナナメグリ先生の「俺と上司の恋の話」ドラマCD化が発表されました。

正直、まだドラマCD化してなかったことにびっくりすくるらいの良い作品なので、すっごく楽しみです。

しかもキャストがまたBL界ではお馴染みの、売れっ子になってもBL音声から離れずにいてくれるこのお二人!小野友樹×興津和幸の組み合わせです。

これはぜひ原作漫画の3巻まで全部やってほしいな。発売を心待ちにしています。

CROWNWORKS公式サイト


俺と上司の恋の話

俺と上司の恋の話

俺と上司の恋の話



【あらすじ】

新入社員の高梨は、初めてできた上司の徳永がゲイであることを知る。しかも、彼の恋のお相手は社長の古谷で、そのことは周知の事実。

ゲイ受け入れモードの会社についていけないと思いつつ、一途な徳永の想いに触れ、気づけば徳永を目で追ってしまう高梨。あれ?この気持ちは恋?ノンケ部下とゲイ上司のキュートなラブストーリー。

「俺と上司の恋の話」 ナナメグリ


【キャスト】

徳永親:興津和幸
高梨智明:小野友樹
古谷:二又一成 他

発売日は2016年2月25日(木)予定です。

いやーこれは嬉しい!

「俺と~」シリーズは「俺と上司の恋の話」に続いて「俺と部下の恋の先」、と「俺と彼氏の恋の果て」3巻まであるんですが、この3巻まで読まないときっと良さが伝わらないと思います。

私は1巻はまあまあかなと思っていましたが、2巻からぐっと盛り上がって3巻まで読み終えると「本当に良かった神様ありがとう」な作品になりました。

2巻以降でつき合った後のいろんなリアルが2人の間に立ちふさがるんですが、切なくて切実で胸を打たれます。

ずっとシリアスではなくてキュンもあるので、さいっこうに萌えられるかと思います。(力説)

1巻から3巻まで全部1チケット(108円)で読めるのは破格の設定です。いいのかなこんな金額で、と心配になりますが感謝。

ドラマCDもキャストが安心しかない2人なので楽しみすぎます。ナナメグリ先生CD化おめでとうございます、そして素晴らしいBLをありがとうございます。


シリーズ第2巻。

俺と部下の恋の先

俺と部下の恋の先

俺と部下の恋の先



シリーズ第3巻。

俺と彼氏の恋の果て

俺と彼氏の恋の果て

俺と彼氏の恋の果て



ナナメグリ先生のBLマンガ一覧

 カテゴリ
 タグ
None

想定外ラブセレンディピティ ネタバレ感想 やってみよ、先っぽだけだから!

想定外ラブセレンディピティ ネタバレ感想です。

meco先生2冊目のコミックは3カップルの短編集になります。タイトルになっている「想定外ラブセレンディピティ」は2話目。

セレンディピティが言いにくいですが、意味は「ふとした偶然をきっかけに幸運をつかみ取ること」「思ってもみないことを偶然発見する才能や能力」です。

BLにおける攻め受けが、それぞれ自分に合った「お相手を見つける」という力や出会いが、この言葉にぴったりですね。


先っぽだけだから!




【あらすじ】

同僚のチャラ男・烏丸に同期の飲み会だと騙され連れ来られたのは、妙齢肉食系女子との合コン。

ガチで狩られそうな空気を察した清水は、何とかこの場から逃げ出すため、決死の決意で『ゲイ』だと偽りみんなの前で烏丸にキスをするも、冗談だと思われ信じてもらえず仕舞い。

店を出ても懲りずに後をつけてくる女子達を撒く為に、遂にはラブホテルへ入ることに!アルコールとラブホテルの雰囲気に呑まれ、『やってみよ!先っぽだけだから!』と好奇心旺盛すぎる烏丸に、自分が入れる方なら……としぶしぶ了承した清水。

だが、初めは気持ちよくないと文句を言っていた烏丸が、だんだん気持ちよさそうな声を出すたびに可愛く思えてきてしまい――!?

「想定外ラブセレンディピティ」meco



1話目「MANNERIXXX」

最初から表題作じゃないのは拍子抜けしましたが、このお話好きです。「マンネリ」カップルがメイン。

もう7年と長いつき合いの藤生と光。同棲しているしHはしますが、どうしてもマンネリは拭えない。これじゃあただの時々Hする同居人じゃん!と、光が同僚の烏丸に相談します。

教えてもらったプレイを散々試すも、奇想天外すぎて疲れてしまう2人。いろんな体位のエロが見られますが、ギャグっぽくて笑えますw

結局最後はゴムなし中出しに落ち着いて、なんだただのラブラブか末永くお幸せにね、と見送る母のような気持ち(どんなだよ)になれました。

なんだかんだ、つき合いの長いカップルがちゃんと愛し合う姿はほっこりします。



2話目「想定外ラブセレンディピティ」

ここてようやく表題作です。

1話で光が相談した同僚の烏丸(女好き)と、清水(童貞)のお話です。烏丸に連れて行かれた合コンで、肉食系女子から逃げるためにラブホへ行った2人。

この展開は、ちょうど同じく10月に発売されたおわる先生の「ハングアウトクライシス」と同じですね。王道です。

私はBLに多い、ひょんなことから肉体関係を持ったことをきっかけに始まるストーリーが好きなので大歓迎。心境の変化が少しずつ見えるのがいいですね。

好奇心旺盛な烏丸が、男とはやったことがないからやってみよう!と提案し、攻め受けのポジションのせめぎ合いなどもありつつ、結局は「先っぽだけだから!」と言った烏丸が、反応も良く受ける側に。

烏丸は清水とHしてから女の子に勃たなくなり、清水は童貞だったけど烏丸とHしたことでそっち方面に目覚めて、2人もノンケですがなんやかんや結局はハッピーエンド。

meco先生のほんわかした絵柄も相まって、烏丸の赤面顔も童貞攻めの清水も2人ともすごく可愛くて、こんなかわいいリーマンがいる会社で働きたい、いやこっそり覗いてたいとかうっかり思ってしまいました。



3話目「愛しみのシャディ」

上記2作はリーマンでしたが、最後のお話は大学生の後輩と先輩ものです。年下攻め。

ある日目が覚めたらとなりに香椎(先輩)が寝ていて、真面目な三守(後輩)は「責任を取る」と言いだします。

この先輩はちょっと曲者で、他に本命がいたり一見軽かったりと本音が見えにくいタイプ。だけど真面目な三守はだんだんとほだされて、惹かれていく。

個人的にはこのお話より最初の2作が気に入ったので、もう少し上2組のリーマンたちのお話を読みたかったかなというのが正直なところです。

「愛しみのシャディ」が悪いということではなく「MANNERIXXX」と「想定外ラブセレンディピティ」が私にはツボったので、じっくり違うエピソードとかも読んでみたかった。



かわいらしい絵柄で、しっとりした話よりは軽くさらりとしたお話に癒されたい人におすすめです。表紙のイメージのままの、可愛い短編集でした。

meco先生はこれがデビュー2作目ということなので、次のコミックも期待したいです。



meco先生の初コミック。



meco先生のマンガ一覧

 タグ
None

スカーレット・ベリ子先生の新作は11/13から電子書籍で ジャッカス!触っていいって誰が言ったよ?

待ちに待ったスカーレット・ベリ子先生の新作BLが、11月13日から電子書籍のRenta!でスタートします。

スカーレット・ベリ子先生はTwitterもされていないし情報がつかみにくくて、なかなか出てこないなあと待ちわびていましたが、ようやくです。

タイトルは「ジャッカス!~触っていいって誰が言ったよ?~」と副題つきで長めです。ジャッカスの意味は、ばか、まぬけ、雄のロバなど。「馬鹿で役に立たない愚かな男性」という意味もあるようです。

エロありかなあ?(さっそくソコ)副題からするとツンデレ受が主人公でしょうか。(追記:はじまりました!)

» 記事の続きを読む

孤独な鷹は人恋しくて 黒岩チハヤ ネタバレ感想 噂のちんしゃぶBL

孤独な鷹は人恋しくて ネタバレ感想です。

タイトルはシリアスっぽく、表紙はエロそう。あらすじを見る限り復讐モノのドロドロかなと、期待して読みました。

実際は、どシリアスではなくほどほどで、エロかわいいお話です。暗い系の話はちょっとなあと思っている人にも読みやすくておすすめ。絵柄もきれいでかわいいです。

この作品は「ちんしゃぶ」がキーワード。ちんしゃぶについては下記をどうぞ。ってみなさんの想像通りだと思いますw




ちんしゃぶセットとは


一時期ツイッターもざわざわしていましたが、乗り遅れちゃったという方のために、ちんしゃぶとはなんぞや?ということをご説明しましょう。

「孤独な鷹は人恋しくて」のドラマCD化が決定し、その初回限定盤には黒岩先生原案の後日談「勇誠のちんしゃぶ逆襲」が収録されるということが発表されました。

インパクトあるタイトルに加え、ドラマCDの初回限定盤が「ちんしゃぶセット」というネーミング。これはもうちんしゃぶの勝ちです。

孤独な鷹は人恋しくて ちんしゃぶ逆襲セット(初回限定盤)

我々はちんしゃぶにひれ伏すしかありません。ああちんしゃぶ。ちんしゃぶって言いたいだけじゃんっていうつっこみはナシでお願いします。

もちろん行為としてはフェ・・・お口でご奉仕のやつです。あ、今さらか。




先輩なんて、俺に堕ちればいい。


高校の時の弓道部の先輩・勇誠(攻)は、かわいがっていた後輩・穂鷹(受)に告白され動揺し、ひどい言葉でフッてしまいます。

自分にはよくなついていて、特に目をかけていた穂鷹。顔立ちも好みでお気に入りの子だけど、穂鷹は男。真正面からぶつかって来られると、腰が引けてしまうのも無理はありません。

限りなく愛情に近い友情か、それとも形はなくともすでにそれは恋心だったのか。勇誠には恋の自覚もなかったでしょうが、友情なのか愛情なのかなんて、それまで普通のノンケだった高校生には分かるはずもないですよね。

多くの場合、友情の延長に愛情が芽生えますが、勇誠にとってはこの気持ちに名前を付けるのは少し早すぎたのかもしれません。

切なくも若さゆえの、というやつですが、穂鷹をひどく傷つけてしまったことには変わりはなく、大人になった今も勇誠は後悔していました。ひどい言葉をなげつけてしまったことへの罪悪感をもつことができる、ちゃんとした男に成長した勇誠。


先パイのしゃぶりたい。。。


そんな勇誠の前に、会社の上司の恋人として現れた穂鷹は、昔のことなど忘れたような態度で接してきます。

6年ぶりの再会に戸惑いを見せる勇誠ですが、穂鷹は魔性のビッチになっていました。と見せかけて実は純情な穂鷹。

再会後、酔った勇誠のちんしゃぶを始める穂鷹は内心、勇誠をこちらに振り向かせてから、高校の時の復讐として同じようにこっぴどくフッてやろうと企んでいました。

だけど実情はピュアな穂鷹。

「せんぱいのおっきい」などと言いながらも、エロい行為の合間に時折見せる切なげな表情が、勇誠への忘れられない強い想いを表しているようでぐっときます。


やりたい放題エロス


再会以降なにかとからむ2人ですが、穂鷹は演じているのか天然ビッチなのか、電車で痴漢にあっても「触るのうまくて・・・」と興奮したり、その流れで勇誠の勇誠をもんだりと、やりたい放題エロスです。

勇誠のほうもがまんできなくなって、トイレで見た自慰に火がついて初Hへ。勇誠はちんしゃぶに屈したか、半ば流されるように穂鷹と関係を持ちますが、自分の気持ちも自覚しはじめます。

高校の頃は若さゆえに気づけなかったけど、本当は勇誠も穂鷹に惹かれていたんでしょうね。。。

穂鷹がビッチに見せかけて、さほどテクニシャンというわけでもなかったりするところも、なんだか微笑ましいです。


逆襲のちんしゃぶ


最初は穂鷹のちんしゃぶ攻撃に撃沈していましたが、次第に逆襲しはじめ、穂鷹を追いかけるようになる勇誠。気持ちを自覚したら、男らしくまっすぐで気持ちのいい男です。

うってかわってガツガツいく勇誠。しかしそうなると、追われると逃げたくなるのが人のサガで、今度は穂鷹のほうが逃げるようになります。

高校の時とは好きのやじるしが逆転したような2人。

復讐のための誘惑だったという穂鷹の告白などもありますが、結局最後はガシガシいく勇誠の押せ押せな強引さもあってラブラブに。


幸せだ・・・


強引だけど愛のある勇誠と、ツンデレな穂鷹の関係はエロエロしくて甘くて、どうなることかと思った前半とは違ってキュンキュンできました。勇誠はいい男になったなあ。

緩急のついた話でぐいぐい読めたし、なんといってもエロスがきちんとエロスでした。後半への甘エロへの持っていき方にも無理がなくてクライマックスへの流れも自然な感じでした。

最後の穂鷹が「幸せだ・・・」と布団の中で涙を浮かべるシーンには、温かい気持ちになってじーん。

傷つけた過去も復讐を企てた過去もなにもかも抱えて、2人で末永くお幸せに・・・と最後は笑顔で読み終えることができました。

ちんしゃぶという素晴らしいキーワードに恥じない甘かわいいお話で、2016年に発売のドラマCD「ちんしゃぶセット」も楽しみです。

【おまけ付きRenta!限定版】】孤独な鷹は人恋しくて

その他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に応じてどうぞ。

【BookLive!】孤独な鷹は人恋しくて

【ひかりTVブック】孤独な鷹は人恋しくて

【コミックシーモア】孤独な鷹は人恋しくて

【eBookJapan】孤独な鷹は人恋しくて



黒岩チハヤ先生のその他BL漫画。

ましたの腐男子くん

ましたの腐男子くん

ましたの腐男子くん





ぐうたら恋愛の製法

ぐうたら恋愛の製法

ぐうたら恋愛の製法





黒岩チハヤ先生のBLマンガ一覧

 タグ
None

うちの神様にはがっかりだ ネタバレ感想 山田ユギ まさかの触手プレイに釘づけ

「うちの神様にはがっかりだ!」ネタバレ感想です。

大好きな山田ユギ先生の新刊BLコミックスです。ずっとご病気とその養生のためにお休みされていましたがようやく復帰されました。おかえりなさい!待ってました。

病気療養もさることながら、復帰に至っても心身共にまた厳しい世界でクリエイトしていくことの辛さや覚悟、そしてプレッシャーも相当だったと思います。

山田先生ほど長く活躍されてきた人であっても、作家さんが一度お休みされたらいろんな意味で再始動がなかなか厳しいと思うんですよね。

出版社との関係やBL業界の流れ、読者層の変化など考えなきゃいけないことも多数あったはずです、そんな中よくぞ戻ってきてくださいました。

これからも応援し続けるのでぜひまた素敵なBLと萌えをお待ちしています。というわけで以下、山田ユギ先生の新刊「うちの神様にはがっかりだ!」感想です。

うちの神様にはがっかりだ 電子書籍



» 記事の続きを読む

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます