▼もっとも売れたBL漫画ランキング▼


もっとも売れたBLランキング2020


▼このBLがやばい2020【ネタバレ】▼


【ネタバレ】このBLがやばい2020 BL漫画ランキング


▼1巻まるごと無料のBL漫画▼
【無料】ビーボーイ旬コミオメガバース 6th

【無料】ビーボーイ旬コミオメガバース 6th

君に想ふ、碧 分冊版 1

君に想ふ、碧 分冊版 1

のみ×しば 分冊版 1

のみ×しば 分冊版 1

【無料】ビボピーコレクション vol.2

【無料】ビボピーコレクション vol.2

不純な純真 1

不純な純真 1

消しゴム彼氏 分冊版 1

消しゴム彼氏 分冊版 1

【無料】moment vol.18/2019 autumn

【無料】moment vol.18/2019 autumn


▼おすすめ神BLマンガランキング▼


【おすすめ】神BL漫画ランキング


▼みんなの感想ランキング▼


【おすすめ】みんなの感想ランキング


▼こんな攻めが読みたい!を叶えます▼


こんな攻めが読みたい!を叶えます


▼こんな受けが読みたい!を叶えます▼


こんな受けが読みたい!を叶えます




▼【Renta!】ボーイズラブ特集ページ▼


【レンタ】ボーイズラブBLマンガ特集ページ


▼絶対に読んでほしい1冊▼


絶対に読んでほしい1冊【特設サイト】


▼明るく楽しいエロエロBL漫画まとめ▼


明るくて楽しいエロエロBL漫画まとめ


▼ガチで選んだ推しBLマンガまとめ▼


【推しBLマンガ】ガチで選びました




▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼このBLがやばい2020ランキング▼


【ネタバレ】このBLがやばい2020 BL漫画ランキング

  • ホーム
  • »
  • BLコミック・作品名【な行】

カテゴリ:BLコミック・作品名【な行】

BLコミック・作品名【な行】のカテゴリ記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2017-08-04 野田家の教えにより
「野田家の教えにより」ネタバレ感想です。碗島子先生の新刊を読みました。碗島子先生といえばの変態っぽさがかなり控えめで王道なストーリーです。王道のはずなのに碗先生だから新鮮という謎の逆転現象が起きていました。それだけ私の中では碗島子先生といえば一風変わったねっとりエロスという印象が強いんですね。今作はエロはあるけど変わったプレイもほとんどないため初心者の人にも楽しく読めそうです。それでは以下碗島子先...

記事を読む

No Image

2017-05-08 ナビガトリアに恋
「ナビガトリアに恋」ネタバレ感想です。佐久本あゆ先生の新刊はハーフのチャライケメン×かわいい系男前の高校生ほのぼの青春恋物語です。ナビガトリアとは北極星のこと。2人とも天文部なのでロマンチックな天体観測のシーンなどもあり、ふっと夜空を見上げたくなるような優しいお話です。攻めの慧が帰国子女ということもありスキンシップ多めで、それに戸惑う純日本人のユーリがかわいくてキュン。エロもありますがどこかピュアで...

記事を読む

No Image

2017-03-30 ネコにはいぬを
ぴい先生の「ネコにはいぬを」ネタバレ感想です。ぴい先生の通算7冊目の新刊BLコミックスということで期待して読みました。むっつりなイケメン×関西弁EDのドタバタラブコメです。エロくてかわいい2人がわちゃわちゃしていて頬が緩みっぱなしでした。身体から始まる関係で徐々に心も近づいていくお話です。それでは以下「ネコにはいぬを」感想です。ネコにはいぬを 電子配信ネコにはいぬを【電子限定漫画付き】[著]ぴいひかりTVブ...

記事を読む

No Image

2016-07-27 伸るか反るか
「伸るか反るか」ネタバレ感想です。あーもう好きだあ!尊い!生きる!と叫ばずにはいられない傑作です。「ふたりの熱量」に収録されている「右か左か」の続編ですが、40代のおじさまとはいえ容姿もボディも若々しく、かといって無理のない若さなのが絶妙なさじ加減です。お約束のベッドポジション争いもじゃんけんで決めるとか、何事も深刻すぎないのがこのカップルの良いところで、20年という長い期間の親友という強みが存分に生...

記事を読む

No Image

2016-02-19 にゃあと鳴いたら
「にゃあと鳴いたら」ネタバレ感想です。村上左知先生といえばリバ、みたいなイメージなのは私だけでしょうか。ダメな人は絶対ダメなリバですが、こちらは思いきりリバります。受け攻めがひっくり返るのは苦手な人や地雷な人はどうぞお気を付け下さい。大丈夫な方にはとってもおススメでございます。かわいいネコちゃんたちのリバップルが最高でした。にゃんにゃんが文字通りにゃんにゃんで激萌えです。にゃあと鳴いたら【Renta!...

記事を読む

No Image

2016-01-28 野良鬼拾いました
「野良鬼拾いました」ネタバレ感想です。灰崎めじろ先生のエロエロピュア短編集です。18禁の「PINKGOLD」からのものなど、とにかくエロい短編がたっぷりです。鬼・4P・監禁・ヤンデレなどバリエーションも豊かで、いろんなタイプのお話を楽しめます。基本的に愛があるので、読んでいて気持ちよく幸せです。ページ数も200ページ近くあるので、短編集ですが読みごたえがあってお腹いっぱいになりました。野良鬼拾いました[著]灰崎め...

記事を読む

No Image

2015-11-01 日報群雲浪漫
日報群雲浪漫 ネタバレ感想です。ふんどしエロスと聞いてわくわくしていました!現代ものではめったに見られない時代もの限定のふんどし。BLにおいてはトランクスやボクサーパンツが優勢な中、ブリーフは少数、ふんどしはさらにごく少数。普段は冷遇を受け隅っこに追いやられている(?)ふんどしが、チラチラ描かれていて歓喜です。私はなぜ熱くパンツ談義などをしているのか。。。というわけで以下、真生るいす先生の新刊「日報...

記事を読む

野田家の教えにより ネタバレ感想 碗島子

「野田家の教えにより」ネタバレ感想です。

碗島子先生の新刊を読みました。碗島子先生といえばの変態っぽさがかなり控えめで王道なストーリーです。王道のはずなのに碗先生だから新鮮という謎の逆転現象が起きていました。

それだけ私の中では碗島子先生といえば一風変わったねっとりエロスという印象が強いんですね。今作はエロはあるけど変わったプレイもほとんどないため初心者の人にも楽しく読めそうです。

それでは以下碗島子先生の初GUSHコミックス「野田家の教えにより」の感想です。

野田家の教えにより 電子書籍



» 記事の続きを読む

ナビガトリアに恋 ネタバレ感想 佐久本あゆ

「ナビガトリアに恋」ネタバレ感想です。

佐久本あゆ先生の新刊はハーフのチャライケメン×かわいい系男前の高校生ほのぼの青春恋物語です。

ナビガトリアとは北極星のこと。2人とも天文部なのでロマンチックな天体観測のシーンなどもあり、ふっと夜空を見上げたくなるような優しいお話です。

攻めの慧が帰国子女ということもありスキンシップ多めで、それに戸惑う純日本人のユーリがかわいくてキュン。

エロもありますがどこかピュアで上品で、安心安定のかわいらしい作画に王道ストーリーです。

それでは以下佐久本あゆ先生の「ナビガトリアに恋」感想です。

ナビガトリアに恋 電子書籍



» 記事の続きを読む

ネコにはいぬを ネタバレ感想 ぴい

ぴい先生の「ネコにはいぬを」ネタバレ感想です。ぴい先生の通算7冊目の新刊BLコミックスということで期待して読みました。

むっつりなイケメン×関西弁EDのドタバタラブコメです。エロくてかわいい2人がわちゃわちゃしていて頬が緩みっぱなしでした。身体から始まる関係で徐々に心も近づいていくお話です。

それでは以下「ネコにはいぬを」感想です。

ネコにはいぬを 電子配信



» 記事の続きを読む

伸るか反るか ネタバレ感想 橋本あおい

「伸るか反るか」ネタバレ感想です。

あーもう好きだあ!尊い!生きる!と叫ばずにはいられない傑作です。「ふたりの熱量」に収録されている「右か左か」の続編ですが、40代のおじさまとはいえ容姿もボディも若々しく、かといって無理のない若さなのが絶妙なさじ加減です。

お約束のベッドポジション争いもじゃんけんで決めるとか、何事も深刻すぎないのがこのカップルの良いところで、20年という長い期間の親友という強みが存分に生きた楽しいお話でした。

ラブコメと見せかけてストーリーもぐいぐいと読ませるという、肩の力の抜け具合と落ち着きのバランスが一級品で作家の実力を感じさせます。いやあまいった!好きすぎる。橋本あおい先生バンザイ。最高のおじさまBLをありがとうございます。

「ふたりの熱量」を読まなくても楽しめますが読むとおもしろさは倍増することは間違いありません。


» 記事の続きを読む

にゃあと鳴いたら ネタバレ感想 村上左知

「にゃあと鳴いたら」ネタバレ感想です。

村上左知先生といえばリバ、みたいなイメージなのは私だけでしょうか。ダメな人は絶対ダメなリバですが、こちらは思いきりリバります。

受け攻めがひっくり返るのは苦手な人や地雷な人はどうぞお気を付け下さい。大丈夫な方にはとってもおススメでございます。

かわいいネコちゃんたちのリバップルが最高でした。にゃんにゃんが文字通りにゃんにゃんで激萌えです。




高校の頃にゲイがバレていじめられたりしつつも、ゲイであることを隠さずに生きているカフェ店長の透。

そんな透に「キモい」などと言いつつも、ずっと友達としてつき合ってきたリーマンの杏里。同級生の2人は、社会人になった今も友人同士としてつながっていました。

しかし透にキモいと言い続けてきた杏里、実はこちらもゲイ。

同族嫌悪からか、はたまた自分を認められない鬱屈とした気持ちからか、透にはずっと「ホモキモい」と言い続け素直になれない杏里。

本当は透のことがずっと好きだったんですよね。自分の事も自分の気持ちも伏せて周りに合わせて暮らすのは、なかなかつらいことだったでしょう。


ところが、大人になり杏里は会社の男の上司からセクハラを受け、逃げてきたところで透の家に転がり込みます。

同居をきっかけに、杏里が透に「未経験なのが嫌だからつきあってほしい」と頼み、身体の関係を持つ2人。

うすうすは杏里もゲイであることに気づいていたのに他言しない透の器の大きさには感心します。

しかし付きあうと言ってもネコ同士ははじめての透。お互いにネコだからこそお付き合いに戸惑ったり躓いたりするも、労わりあうようなにゃんにゃんがエロくてかわいいです。

ネコだから抱かれたい。ネコだけど抱きたい。長く続いた友人ということからの葛藤もありつつ、2つの気持ちのバランスを保ちながら距離を近づける2人はネコ×ネコならではの優しさを感じます。


絵柄もそうですが全体を通して話もさらりとしているので、ねっとり系のリバを期待すると拍子抜けしてしまうかもしれません。

あくまでもかわいいネコ同士のじゃれあいを眺めるような気持ちで見守るのが良さそうです。

ネコ×ネコといっても女々しくならないさじ加減がうまいのが村上先生の巧さで、ちゃんと男同士である必要性を感じさせてくれます。

男と男ではありますが受けと受け同士なので、言い合うのもやっちゃうのもキャットファイトっぽくて、とにかくかわいいかった。

「にゃあと鳴いたら」というタイトルも秀逸だなあとニヤニヤしつつもほっこりできました。

表題作の他に「ルールそのいち」の理央とエツ(リバです)の同人誌からの再録で、大学生になった2人も見られます。とっても満足できました。

このカップルが気に入ったら前作もチェックです。



村上先生のツイッターによると、「にゃあと鳴いたら」のスピンオフか続編があるような気配です。やったね!






村上左知先生のその他BLコミックス。

真夜中は相思相愛

真夜中は相思相愛

真夜中は相思相愛





誰にも言えない

誰にも言えない

誰にも言えない









村上左知先生のBLマンガ一覧

 カテゴリ
 タグ
None

野良鬼拾いました 灰崎めじろ ネタバレ感想

「野良鬼拾いました」ネタバレ感想です。

灰崎めじろ先生のエロエロピュア短編集です。18禁の「PINKGOLD」からのものなど、とにかくエロい短編がたっぷりです。

鬼・4P・監禁・ヤンデレなどバリエーションも豊かで、いろんなタイプのお話を楽しめます。基本的に愛があるので、読んでいて気持ちよく幸せです。

ページ数も200ページ近くあるので、短編集ですが読みごたえがあってお腹いっぱいになりました。

野良鬼拾いました

野良鬼拾いました

野良鬼拾いました



「くちなしと白い鬼」

受けが健気でほろっとうるっときました。最近涙腺弱くなってきたなあ。鬼受けのとてもいいお話です。

「腹ペコ鬼にお腹いっぱい○×♡」

こちらも鬼受け。絶倫攻めにメロメログズグズになるのがかわいかったです。絶倫攻めイイネ!

「恋欲カルテット」

高校生の幼馴染もの。受けはひとりの4Pです。ば、場所を選ぼう?あ、野暮なつっこみでした。すみません。

「殺し屋のペット」

殺し屋×ペットなので監禁モノ。鎖と首輪がいい仕事してます。

「愛は暴虐の華の上で」

主従関係モノ!密かに好きな主従関係。エロでお仕置きはお約束ながら悪くないからニヤニヤしてしまいます。

「もぐもぐしたい!」

友達のアレをアレするという意味のもぐもぐです。もぐもぐ仕返したりしてかわいいおいしいです。甘~~~い!

「僕の先輩が可愛すぎる」

後輩×先輩BL。ガチッとした良い身体の先輩がかわいいけど男前で痺れます。

どのキャラクターも表情で魅せるのがお上手で、エロも攻め受け両者の高揚感が伝わってくるような感じです。

熱のこもった漫画を読んだなあという妙な充実感が得られて、いろんなテイストの絡みが読めるので非常に満足度が高いです。

エロエロなのにピュアというこの両立具合は愛ゆえ。灰崎めじろ先生の作品を初めて読む人にはこれを入り口におススメしたいです。

野良鬼拾いました

野良鬼拾いました

野良鬼拾いました



【BookLive!】野良鬼拾いました

【ひかりTVブック】野良鬼拾いました

【コミックシーモア】野良鬼拾いました

【eBookJapan】野良鬼拾いました



灰崎めじろ先生のその他漫画。

肉欲獣の調教テント1

肉欲獣の調教テント1

肉欲獣の調教テント1



SとSの愛玩ピエロ1

SとSの愛玩ピエロ1

SとSの愛玩ピエロ1





少年ポルノ玩具

少年ポルノ玩具

少年ポルノ玩具



灰崎めじろ先生のBL漫画一覧

灰崎めじろ先生のBLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。

【BookLive!】でBL漫画を探す

【ひかりTVブック】でBL漫画を探す

【コミックシーモア】でBL漫画を探す

【eBookJapan】でBL漫画を探す

 カテゴリ
 タグ
None

日報群雲浪漫 ネタバレ感想 真生るいす 変態で大いに結構なふんどしBL

日報群雲浪漫 ネタバレ感想です。

ふんどしエロスと聞いてわくわくしていました!現代ものではめったに見られない時代もの限定のふんどし。

BLにおいてはトランクスやボクサーパンツが優勢な中、ブリーフは少数、ふんどしはさらにごく少数。普段は冷遇を受け隅っこに追いやられている(?)ふんどしが、チラチラ描かれていて歓喜です。

私はなぜ熱くパンツ談義などをしているのか。。。というわけで以下、真生るいす先生の新刊「日報群雲浪漫」の感想です。




【あらすじ】

人生をのんびり穏やかに過ごしたい巡査の日吉。そんな彼を悩ます人物が二人いる。一人は、世間を賑わす怪盗・蜘蛛。一人は、新聞記者で同窓生の三井。

事件のたびに蜘蛛からは悪戯され、蜘蛛を捕り逃がしては、三井にその失態を記事にされる始末。それだけでも弱い胃を痛めているのに、なぜか二人から迫られて――。

変態で大いに結構。人は誰しも心の中にそうした偏りを抱えているものだ。蜘蛛逮捕に奔走する警察官と記者の捕物奇譚!

日報群雲浪漫【電子限定おまけ付き】真生るいす



怪盗&新聞記者×警察官



舞台は昭和がはじまってすぐの時代、巡査の日吉(受)は世間で騒がれている怪盗「蜘蛛」を追うことになります。

蜘蛛は毎回、自分の犯行の証拠を残して行く。警察をあざ笑うかのごとく、骨董品や宝石を狙い次々と犯行をくり返す蜘蛛。

しかしターゲットにするのは、裏で悪事を働くような輩の家のみというポリシーもあります。こういう設定、私は大好きです。お話としてなんだかワクワクする設定ですね。

いっぽう新聞記者で日吉の同窓生の三井(攻)は、蜘蛛を追いかけ記事を作る日々。実はこの三井こそが蜘蛛、という一番身近な人が実はなパターンのお話です。



変態で大いに結構



三井は日吉とは学生の頃からの友人です。しかし三井は、自分の家が傾いたときも変わらぬ態度でいてくれた日吉に心底惚れこんでいます。

蜘蛛として日吉に対峙する際は、覆面していることと日吉が真面目でどこか抜けているのをいいことに、捕えてはイタズラしたりと好き放題の蜘蛛。

そして蜘蛛に捕まってエロくいたずらされる日吉といえば、我慢して耐えながらも素直な体は反応したり、警官と盗賊でナニしてるんだという状態ですw

葉っぱプレイをしてみたりメガネプレイにいそしんだりと、なかなかの変体っぷりの蜘蛛(=三井)。



奇妙な三角関係



蜘蛛と日吉は会話もしているので声で分かりそうなものですが、日吉は蜘蛛の正体にちっとも気づきません。

天然というか鈍いというか。まあでも普通は、まさか友達(しかも新聞記者)が盗賊かもなんて考えもしないでしょうがね。

ある日、三井は日吉にキスをして好意を示します。蜘蛛と三井、2人の男から迫られる日吉。

三井の好意を知り、蜘蛛にイタズラされるも胸中複雑な気持ちになり揺れる日吉に加え、蜘蛛のことを考える日吉を見て、三井が蜘蛛に嫉妬するというおかしな三角関係も発生します。(自分に嫉妬するというすごい展開)


蜘蛛はイタズラをしても最後まではしません。ようやくきちんとエロに突入したのは最後の方で、三井と日吉でのHです。

日吉の心情は描かれはいませんが、学生の時から見知った関係で自分に強烈な好意を魅せる三井にほだされ、まじめな日吉も少しずつ惹かれていったのでしょう。

一途な攻めっていいなあ。三井の場合は思いつめすぎて変態が入ってますが、それだけ日吉を好きということですよね。



続編がありそうな気配



こういうお話は、正体がばれる!?ふうバレなかったーあわわ今度こそバレちゃう!?いやいやギリギリセーフ!ほっ。。。というスリルを楽しむのが定番ですが、日吉が鈍感で長いこと気づかないままというのがまたおもしろかったです。

結局正体はバレず終わったし蜘蛛も捕まらないままなので、これは続編がありそう。三井は「騙されて手放したお宝を取り戻している」というようなことを言っていたので、次なる展開を見てみたいです。


また、カチッとした警察の制服もいいですが、着物姿もあるのが時代物(といっても昭和)のいいところです。

なぜあんなにBLの着物というものはエロエロしく見えるのでしょう。私がそういう目でちょっとはだけた着物姿を舐めるように見るからでしょうか。ソレだ。

エロが大量というわけではありませんが、貴重なふんどしエロがあるので興味がある人はぜひ。




真生るいす先生のその他BL作品。

ゆずりは 橙 嫁が君

ゆずりは 橙 嫁が君

ゆずりは 橙 嫁が君



満員御礼 上巻

満員御礼 上巻

満員御礼 上巻





真生るいす先生のBLマンガ一覧

 カテゴリ
 タグ
None

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます