▼もっとも売れたBL漫画ランキング▼


もっとも売れたBLランキング2020


▼このBLがやばい2020【ネタバレ】▼


【ネタバレ】このBLがやばい2020 BL漫画ランキング


▼1巻まるごと無料のBL漫画▼
【無料】ビーボーイ旬コミオメガバース 6th

【無料】ビーボーイ旬コミオメガバース 6th

君に想ふ、碧 分冊版 1

君に想ふ、碧 分冊版 1

のみ×しば 分冊版 1

のみ×しば 分冊版 1

【無料】ビボピーコレクション vol.2

【無料】ビボピーコレクション vol.2

不純な純真 1

不純な純真 1

消しゴム彼氏 分冊版 1

消しゴム彼氏 分冊版 1

【無料】moment vol.18/2019 autumn

【無料】moment vol.18/2019 autumn


▼おすすめ神BLマンガランキング▼


【おすすめ】神BL漫画ランキング


▼みんなの感想ランキング▼


【おすすめ】みんなの感想ランキング


▼こんな攻めが読みたい!を叶えます▼


こんな攻めが読みたい!を叶えます


▼こんな受けが読みたい!を叶えます▼


こんな受けが読みたい!を叶えます




▼【Renta!】ボーイズラブ特集ページ▼


【レンタ】ボーイズラブBLマンガ特集ページ


▼絶対に読んでほしい1冊▼


絶対に読んでほしい1冊【特設サイト】


▼明るく楽しいエロエロBL漫画まとめ▼


明るくて楽しいエロエロBL漫画まとめ


▼ガチで選んだ推しBLマンガまとめ▼


【推しBLマンガ】ガチで選びました




▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼このBLがやばい2020ランキング▼


【ネタバレ】このBLがやばい2020 BL漫画ランキング

  • ホーム
  • »
  • BLコミック・作品名【ま行】

カテゴリ:BLコミック・作品名【ま行】

BLコミック・作品名【ま行】のカテゴリ記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2017-10-30 もっと結んで、ひらいてはやく
「もっと結んで、ひらいてはやく」の感想です。なりた晴ノ先生の2冊目のコミックスです。デビュー作「雑踏に遊ぶ魚」が好みだったので楽しみにしていました。ゲイの後輩プログラマー×縛られて興奮するドMの先輩というリーマンBLです。縛る描写がけっこう本格的にありプロの緊縛師によるレクチャーもあったので、エロティックで未知なる世界に足を踏み入れたドキドキ感がありました。SMプレイにもいろいろとあるんですね。ノンケ受...

記事を読む

No Image

2017-06-23 ミスター・フィクション
「ミスター・フィクション」ネタバレ感想です。碧本さり先生の新刊はQpaさんからの初コミックスです。高校の同級生がひょんなことから再会して嘘をついたことから関係をこじらせていく不器用な男2人の恋のお話です。読み終えての第一声としては、えっろい!美しい絵柄で乱れる汁たっぷりなエロスに大満足です。出てくるキャラクターは当て馬含めて全員美形なのも幸せポイントでした。表紙の黒シャツの彼は安心してください履いてま...

記事を読む

No Image

2017-05-24 魔法使いカウントダウン
「魔法使いカウントダウン」の感想です。麻倉カムイ先生の新刊はお尻大好きDT魔法使いのリーマンが主人公のほのぼのしたかわいらしいお話です。魔法使いといってもファンタジーではなく30歳までにDTだったら魔法使いになれる、という例のアレですね。ちびっ子の作画がかわいいことで定評のある麻倉カムイ先生なので、今作もちびっこ達がまぁかわいらしいこと。キャラクターのデフォルメ絵もですが、三頭身ほどのちびっこにきゅんき...

記事を読む

No Image

2017-01-31 MODS
ナツメカズキ先生の「MODS」ネタバレ感想です。デビュー作の「I HATE」がいきなりヒットして話題になったナツメカズキ先生の2冊目のコミックスです。通常ハードルが上がってしまいそうなところですが、あっさりと期待を超え初コミックス以上に好きな作品になりました。人生をあきらめた売り専のシロと、どこまでも普通にいい男な黒服の信虎。似て非なる2人が出会い、傷つけあい惹かれあい離れてもまた近づいて、かけがえのない未来...

記事を読む

No Image

2017-01-02 真夜中ラブアライアンス
「真夜中ラブアライアンス」ネタバレ感想です。2017年1作目のレビューはエッチなのがいいなと思ったスケベな私が選んだのは、外れのない作家さん&Qpaコミックスの間違いのない組み合わせ。「腐男子高校生活」のようなギャグもいければ「こっちむいて、愛」のような切ない系シリアスもいける。さらには「はじまりはナカから」のようなエロエロ特化なお話もいける。まだまだ新人さんの部類に入るのに長年この業界にいらっしゃるよう...

記事を読む

No Image

2016-07-27 無恋愛紳士
「無恋愛紳士」ネタバレ感想です。ARUKU先生の新刊BLはこれぞARUKU節炸裂の世界観で、じっくりじっくり1歩ずつ近づいては離れる2人距離感がたまらなく甘酸っぱくて身悶えしてしまいました。全体の1%にあたるといわれる恋愛感情や性的欲求を抱かない「無性愛者」を主役の受けにもってきたため、なかなか攻めとくっついてくれません。しかし何か起こるたびに描かれる微妙な心理描写が丁寧で、切なさや戸惑いなど心境の変化が余すと...

記事を読む

No Image

2016-02-25 妄想グラフィティ・妄想経験値上昇中
ねこ田米蔵先生の商業未発表の同人誌3作品が、待望の電子書籍化されました。「妄想グラフィティ」「妄想経験値上昇中」「思春期のヒミツ」の3冊が同時リリースです。同人誌までは手を出していない人にとっては、かなり嬉しいお知らせですね。「妄想グラフィティ」と「妄想経験値上昇中」は2013年に、「思春期のヒミツ」は2009年に同人誌として発売されたものです。ちなみに同人誌の時は3冊とも18禁だったのでエロいです。大事なこ...

記事を読む

No Image

2016-02-24 無自覚ラブファクター
「無自覚ラブファクター」ネタバレ感想です。S井(えすい)ミツル先生のBLデビュー作です。エロく明るくレッツH!みたいな漫画でとても気楽に楽しめました。お互いに無自覚な、でもこちらから見る分には両想いダダ漏れのザ・ラブコメです。ギャグBLって、笑わせるほうに傾きすぎるとBがLしなくなったり、いざそういうシーンになったら違和感を感じたりと、なかなか難しいと個人的には思うのですが、そのあたりのバランスが良かった...

記事を読む

No Image

2016-02-19 真夜中は相思相愛
村上左知先生の「真夜中は相思相愛」ネタバレ感想です。リバありかなあと期待しましたが、今作はリバなしでした。リバが苦手な人も、いつかひっくり返るんじゃないかとハラハラせず安心して読めると思います。あっさり風味ですが、互いの心境の変化が丁寧なお話です。反対にリバが好きな方は迷わず村上先生の「にゃあと鳴いたら」を読むとよろしいかと思われます。(先生ご自身もリバがお好きなようですね)村上先生は来年2017年で...

記事を読む

No Image

2016-01-09 みずのいろ。
「みずのいろ。」ネタバレ感想です。冲方丁先生の「天地明察」のコミカライズで有名な、槇えびし先生の10年分がつまったBLです。ページ数も300ページ近いですが、ただ分厚いだけじゃなくて中身のある厚さにずっしりと10年の重みを感じます。安心安定の画力に読みごたえも十分でした。少ない色使いの表紙に気を抜いていると、この重厚なお話に骨抜きにされるかもしれません。みずのいろ。[著]槇えびし一応、少しでも作品の内容に触...

記事を読む

もっと結んでひらいてはやく ネタバレ感想 なりた晴ノ

「もっと結んで、ひらいてはやく」の感想です。

なりた晴ノ先生の2冊目のコミックスです。デビュー作「雑踏に遊ぶ魚」が好みだったので楽しみにしていました。ゲイの後輩プログラマー×縛られて興奮するドMの先輩というリーマンBLです。

縛る描写がけっこう本格的にありプロの緊縛師によるレクチャーもあったので、エロティックで未知なる世界に足を踏み入れたドキドキ感がありました。SMプレイにもいろいろとあるんですね。

ノンケ受けの先輩のほうが色っぽく終始余裕があって、振り回され系の純情な後輩が不憫なところに思わずニヤリ。ハードSMはちょっと腰が引けるなという人にも優しいソフトな緊縛SM入門BLです。

それでは以下なりた晴ノ先生の「もっと結んで、ひらいてはやく」ネタバレ感想です。

もっと結んで、ひらいてはやく 電子書籍



» 記事の続きを読む

ミスター・フィクション ネタバレ感想 碧本さり

「ミスター・フィクション」ネタバレ感想です。

碧本さり先生の新刊はQpaさんからの初コミックスです。高校の同級生がひょんなことから再会して嘘をついたことから関係をこじらせていく不器用な男2人の恋のお話です。

読み終えての第一声としては、えっろい!美しい絵柄で乱れる汁たっぷりなエロスに大満足です。出てくるキャラクターは当て馬含めて全員美形なのも幸せポイントでした。

表紙の黒シャツの彼は安心してください履いてません。シリアス風に決め顔ですがコレは実は本人が悪ノリして自らパンツを脱ぎ捨てたそうです。表紙だからって浮かれすぎいいぞもっとやれ。

それでは以下碧本さり先生の「ミスター・フィクション」の感想です。ネタバレにお気を付けください。

ミスター・フィクション 電子書籍



» 記事の続きを読む

魔法使いカウントダウン ネタバレ感想 麻倉カムイ

「魔法使いカウントダウン」の感想です。

麻倉カムイ先生の新刊はお尻大好きDT魔法使いのリーマンが主人公のほのぼのしたかわいらしいお話です。

魔法使いといってもファンタジーではなく30歳までにDTだったら魔法使いになれる、という例のアレですね。

ちびっ子の作画がかわいいことで定評のある麻倉カムイ先生なので、今作もちびっこ達がまぁかわいらしいこと。

キャラクターのデフォルメ絵もですが、三頭身ほどのちびっこにきゅんきゅんと打ち抜かれてしまいました。

それでは以下「魔法使いカウントダウン」のネタバレ感想です。

魔法使いカウントダウン 電子配信



» 記事の続きを読む

MODS ネタバレ感想 ナツメカズキ

  •  投稿日:2017-01-31
  •  カテゴリ:MODS
ナツメカズキ先生の「MODS」ネタバレ感想です。

デビュー作の「I HATE」がいきなりヒットして話題になったナツメカズキ先生の2冊目のコミックスです。

通常ハードルが上がってしまいそうなところですが、あっさりと期待を超え初コミックス以上に好きな作品になりました。

人生をあきらめた売り専のシロと、どこまでも普通にいい男な黒服の信虎。

似て非なる2人が出会い、傷つけあい惹かれあい離れてもまた近づいて、かけがえのない未来に向けて動き出す救いと再生の物語です。

MODS ナツメカズキ 電子書籍


MODS

MODS

MODS


» 記事の続きを読む

真夜中ラブアライアンス ネタバレ感想 みちのくアタミ

「真夜中ラブアライアンス」ネタバレ感想です。

2017年1作目のレビューはエッチなのがいいなと思ったスケベな私が選んだのは、外れのない作家さん&Qpaコミックスの間違いのない組み合わせ。

「腐男子高校生活」のようなギャグもいければ「こっちむいて、愛」のような切ない系シリアスもいける。さらには「はじまりはナカから」のようなエロエロ特化なお話もいける。

まだまだ新人さんの部類に入るのに長年この業界にいらっしゃるような、活躍目覚ましいオールマイティなみちのくアタミ先生の新刊BLコミックスです。

短編3つなんですがひとつのバーを中心にしてオムニバス形式のようになっていました。ちょいちょい繋がりが見えたりして、キャラ同士の絡みもあるので見ていて楽しかったです。

安心安定のQpaさんだからバッチリエロエロでした。大事なことだから2回言っておきます。エロた~っぷりで大満足でした。

それでは以下「真夜中ラブアライアンス」の感想です。

真夜中ラブアライアンス 電子書籍



» 記事の続きを読む

無恋愛紳士 ネタバレ感想 ARUKU

「無恋愛紳士」ネタバレ感想です。

ARUKU先生の新刊BLはこれぞARUKU節炸裂の世界観で、じっくりじっくり1歩ずつ近づいては離れる2人距離感がたまらなく甘酸っぱくて身悶えしてしまいました。

全体の1%にあたるといわれる恋愛感情や性的欲求を抱かない「無性愛者」を主役の受けにもってきたため、なかなか攻めとくっついてくれません。

しかし何か起こるたびに描かれる微妙な心理描写が丁寧で、切なさや戸惑いなど心境の変化が余すところなく伝わってきます。後半で思いがつながるまでの流れは、静かなのに一気に押し寄せてきて胸に迫りました。

少女漫画のような大きな瞳に長いまつ毛といった絵柄の美しさに加えて、誌的な表現も多いのが特徴です。なのにギャグちっくな軽さもあり最後まで一気に読み終えてしまいました。

無恋愛紳士

無恋愛紳士

無恋愛紳士


» 記事の続きを読む

妄想経験値上昇中 妄想グラフィティ 思春期のヒミツ ねこ田米蔵先生の同人誌が待望の電子書籍化

ねこ田米蔵先生の商業未発表の同人誌3作品が、待望の電子書籍化されました。

「妄想グラフィティ」「妄想経験値上昇中」「思春期のヒミツ」の3冊が同時リリースです。同人誌までは手を出していない人にとっては、かなり嬉しいお知らせですね。

「妄想グラフィティ」と「妄想経験値上昇中」は2013年に、「思春期のヒミツ」は2009年に同人誌として発売されたものです。

ちなみに同人誌の時は3冊とも18禁だったのでエロいです。大事なことなので念のためお伝えしておきますw

ではまず1冊目。

「妄想グラフィティ」は「妄想エレキテル」の商業未発表作品。同人誌としては2013年発売されました。シリーズ1巻の前のお話です。



春平に気持ちを打ち明けられず、自分の置かれた状況にうんざりしていたふみ。それを見透かしたように、ふみの前へ現れた里中から、あることを提案され――。

さらに、恋人になった後も止まらない★ふみのエッチな「妄想」エピソードも収録。

妄想グラフィティ【電子特別版】ねこ田米蔵

「妄想エレキテル」の番外編なので、もちろん「妄想エレキテル」を読んでからのほうが楽しめると思います。



2冊目。

「妄想経験値上昇中」は、「妄想エレキテル」「オトナ経験値」の商業未発表のシリーズ番外編の短編集です。同人誌としては2013年発売されました。

ねこ田米蔵先生デビュー15周年記念の特典として、貴重な生線画を特別収録したうえ、Renta!限定の線画も追加収録されています。



【収録作品】

「U know」付き合い始めても相変わらずいじわるなマルに、不満なムーは……

「妄想裸エプロン」裸エプロンに夢中の春平に、ふみが怒りだして……

「ふみくんも妄想」ふみの妄想ワールド全開!初めてのお触りを思い出して……

「おんせんにて……」温泉旅行にやってきたふみと春平。日焼けしてしまったふみを、春平が介抱して……

妄想経験値上昇中【電子特別版・Renta!限定おまけ付】ねこ田米蔵

「妄想エレキテル」のふみと春平に加えて、「オトナ経験値」のマルとムーのお話もあるので、こちらも本編を読むといっそう楽しめます。(っておそらく番外編を読む人は本編ファンの人がほとんどだと思いますが)



3冊目。

「つよがり」に収録されている「夏休みのヒミツ」と、「酷くしないで」に収録されている「放課後のヒミツ」の2人の3年後のお話です。同人誌としては2009年に発売されました。



高校2年生の圭輔とアキは、遊びの延長でエッチする関係。でもある日圭輔に「今日はしたくない」と言われ、俺の身体に飽きた?とアキは凹みモード。実は背も高く男っぽくなった圭輔のカラダに「ヒミツ」があって?

思春期のヒミツ【電子特別版】ねこ田米蔵

本編の「つよがり」と「酷くしないで」はこちら。

つよがり

つよがり

つよがり


酷くしないで

酷くしないで

酷くしないで



3冊ともRenta!とKindle版ともに同時リリースです。その他各電子書籍サイトでも随時発売されます。

BookLive!

コミックシーモア

イーブックジャパン

ひかりTVブック





ねこ田米蔵先生のその他のBLコミックス。





神様の腕の中(1)

神様の腕の中(1)

神様の腕の中(1)





眼鏡cafeGLASS

眼鏡cafeGLASS

眼鏡cafeGLASS



ねこ田米蔵先生のBL漫画一覧

ねこ田米蔵先生のBLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。

【BookLive!】でBL漫画を探す

【ひかりTVブック】でBL漫画を探す

【コミックシーモア】でBL漫画を探す

【eBookJapan】でBL漫画を探す

無自覚ラブファクター ネタバレ感想 S井ミツル

「無自覚ラブファクター」ネタバレ感想です。

S井(えすい)ミツル先生のBLデビュー作です。

エロく明るくレッツH!みたいな漫画でとても気楽に楽しめました。お互いに無自覚な、でもこちらから見る分には両想いダダ漏れのザ・ラブコメです。

ギャグBLって、笑わせるほうに傾きすぎるとBがLしなくなったり、いざそういうシーンになったら違和感を感じたりと、なかなか難しいと個人的には思うのですが、そのあたりのバランスが良かったです。

攻め受けのキャラクターもしっかりしているので、ブレなくて面白かった!



真面目な黒髪メガネの外見に反してH大好きなサラリーマン神崎(受)は、セフレ男とのHに満足できず、刺激を求めてローターをお尻に装備したまま出勤します。

思った以上に気持ちよくて、お尻がムズムズしつつ仕事するも集中できずにトイレに行く神崎の前には、同僚兼上司の一ノ瀬(攻)が。

ガマンができなくなった神埼は、あろうことか憎たらしいはずの一ノ瀬と一緒にトイレの個室に入って、そのままヤッてしまいます。

堅物な一ノ瀬のほうはお説教しながらも神崎に付きあい、結局そのままズルズルと身体の関係を持つようになる2人。

そうこうするうちに神埼は、一ノ瀬が自分に好意を持っていることを感じとり、利用しようとするゲスっぷりが顔を覗かせます。

が、そんな神埼自身もセフレよりも一ノ瀬とのHのほうが気持ち良くて、無自覚に惚れているというミイラ取りがミイラになった状態。(ちょっと違うか?)


無自覚だった2人はその後、自分の気持ちを自覚してハッピーにはなるんですが、そこに行きつくまでに、ハイハイあんたたちもうお互いに絶対好きでしょー!なのにどうしてそうなるの!とつっこみながら楽しく読めました。

神埼と一ノ瀬の言動からはそこはかとなく「好き」が見て取れて、なのにちっともお互いには伝わらないというのがおもしろ展開を引き起こします。

自覚後も神崎はビッチですが安心安定のツンデレですし、もうどっちもかわいくておもしろくてラブコメっていいなと思えました。

当て馬というほどではなかったですがセフレの西条もいい人だったし、どこかで誰かと幸せをつかんでくれるといいなあ。

エロも愛があるので安心して見ていられるし、つっこみながらニヤニヤできて平和なお話にほっこりです。ドロドロしていないしエロも多めですがキュンすることもできてよかった。

リーマン好きな人、ライトなコメディ気分な人、BL初心者の人にも明るく楽しいお話なのでおススメです。

また楽しみな新人さんが出てきてくれて嬉しいです。S井先生の2冊目にも期待したいと思います。

【Renta!】無自覚ラブファクター

その他各電子書籍サイトはこちら。ご利用の状況に応じてどうぞ。

【BookLive!】で探す

【コミックシーモア】で探す

【eBookJapan】で探す

【ひかりTVブック】で探す



S井ミツル先生のBL漫画一覧

 タグ
None

真夜中は相思相愛 ネタバレ感想 村上左知

村上左知先生の「真夜中は相思相愛」ネタバレ感想です。

リバありかなあと期待しましたが、今作はリバなしでした。リバが苦手な人も、いつかひっくり返るんじゃないかとハラハラせず安心して読めると思います。

あっさり風味ですが、互いの心境の変化が丁寧なお話です。

反対にリバが好きな方は迷わず村上先生の「にゃあと鳴いたら」を読むとよろしいかと思われます。(先生ご自身もリバがお好きなようですね)

村上先生は来年2017年でデビュー20年だそうです。ひとつの仕事を20年も続けるのがいかに大変なことか想像に難くないですが、これからもぜひ頑張っていただけたらと思います。


真夜中は相思相愛

真夜中は相思相愛

真夜中は相思相愛



ヒモのような生活で適当に生きてきた大学生の留以(攻)は、ある日地味めなリーマンの貴明(受)に拾われます。

これまでずっとセックスで相手を満足させてつなぎとめて生活してきた留以は、当然のように貴明を抱くことで居場所を確保します。

たけど本当はセックスが好きじゃない留以。つなぎとめるためだけの手段になってしまっていたならHに嫌気がさしても仕方ありません。

そんな留以に、貴明は突如「もうセックスはしない」と言いだします。


貴明のほうはいわゆるむっつりというか無表情ですが夜はエロく、だけど健気て不器用ながらも食事を作ったりと留以に尽くします。

そんな貴明に、留以も少しずつ惹かれていく。2人が恋を自覚して想いあうも、すれ違ったり遠慮したり言葉が足りなかったり。

貴明がバイトをはじめたりと成長しながら、つらいことや小さな幸せを感じながら、ごく普通の恋人同士として変容していくカップルを微笑ましくも温かく見守りたいと思えるお話でした。

貴明が指輪を贈る日のことも見たいなあ。一生懸命選んだ指輪を、待っていてくれた貴明に照れながら渡すのを、柱の陰からじっと見ていたいです。

表題作の他のもう1篇も短いながら、ここからBがLするのねという「はじまり」をのぞき見しているようでにやにや。名前呼びにドキドキするとか高校生って清くて尊い。

豚骨ラーメンや味噌ラーメンは胃もたれするから、あっさり塩味のするするっと食べられる麺類のようなBLを読みたい人におすすめです。

奇をてらった設定もなく、大げさな事件も事故も何も起こりませんが、日常BLでちょこっとエロいのが欲しい時にもどうぞ。



村上左知先生のその他BLマンガ。



誰にも言えない

誰にも言えない

誰にも言えない











村上左知先生のBLマンガ一覧

 カテゴリ
 タグ
None

みずのいろ。槇えびし ネタバレ感想 僕を愛して

「みずのいろ。」ネタバレ感想です。

冲方丁先生の「天地明察」のコミカライズで有名な、槇えびし先生の10年分がつまったBLです。

ページ数も300ページ近いですが、ただ分厚いだけじゃなくて中身のある厚さにずっしりと10年の重みを感じます。安心安定の画力に読みごたえも十分でした。

少ない色使いの表紙に気を抜いていると、この重厚なお話に骨抜きにされるかもしれません。

みずのいろ。

みずのいろ。

みずのいろ。



一応、少しでも作品の内容に触れて感想を書いているので知りたくない人のために「ネタバレ」と記しましたが、なるべくネタバレなしで(先入観なしで)読むほうが、いい意味で後に残る作品になるかもしれません。

という断り書きをしておきます。


無秩序で危険な街「天国」を舞台に、トラウマを抱えた殺し屋の世都(セツ)と一緒に暮らすのは、記憶が欠如している少年・礼夏(リーシア)。

そこへ現れる世都を良く知る男・ロマネ。このロマネの登場により、お話は一気に展開していきます。ロマネはかつての世都の恩人であり元恋人でもありました。

ロマネによって明らかになる世都の傷や哀しい過去。かつて世都が手にかけた礼夏(リーシア)。そして礼夏の記憶も蘇っていきます。

もうひとりの少年・礼夏(シン)とロマネ、世都を想う2人の男と世都の望みとは。。。

最後に、世都はロマネのことを忘れている様子ですが、ロマネにとってこれはあまりにも辛いなあと切なくなりました。

しかし世都には礼夏が必要で。うーん、なんとも報われないロマネが不憫です。


ビジュアル的には礼夏が少年と子ども枠、世都は薄幸の美青年枠、ロマネは髭のおじさま枠という、見せ方の住み分けはきっちりされています。

キャラが立っていたので3人とも好きですが、その中でもロマネがだいぶ不憫に思えて、ロマネと世都のエロも少しだけどあっただけについついロマネに肩入れして読んでしまいました。

世都がロマネを想っていたのは事実だと思いますが、しかし礼夏への愛(執着)も確かなもので、なにより世都を救えるのは礼夏だけしかいない。

世都にとってはいったい何が幸せだったのか。考えれば考えるほど、やっぱりロマネが哀れに思えてしまいます。


ラストがハッキリキッパリ明瞭な描写ではなかったので、その点では賛否両論あるかもしれません。私は希望の持てる結末だと前向きに捉えましたが、人によっては微妙な気持ちになってしまうかも。

槇えびし先生の「天地明察」も読みましたが、時代物の「天地明察」に負けない厚みのあるお話で引きこまれました。

先生、まだBLを描いてくださるかな。いろんなBLをこれからももっともっと読みたいです。

1冊のハードカバー小説を読んだような、壮大な映画を1本見終えたような、足元から満足感が湧き出てくるような余韻にひたれる作品です。

難解な内容ではないので読みやすいとは思いますが、時間のないときにはお勧めできないかなあ。

時間をとってさあ読むぞと気合いを入れて読むにふさわしい、しっかりめのシリアスなBLです。

この結末はどういう意味だろう、人生って、幸せって何だろうなどと考えさせられて、読み応えたっぷりでした。

ちょっと分厚い(内容的にもページ数的にも)お話を読みたい気分の方や、サンプルの世界観が大丈夫で続きが気になった方にお勧めです。

【Renta!】みずのいろ。槇えびし

その他各電子書籍サイトはこちら。ご利用の状況に応じてどうぞ。

【BookLive!】みずのいろ。

【コミックシーモア】みずのいろ。

【ひかりTVブック】みずのいろ。

【eBookJapan】みずのいろ。



槇えびし先生のその他作品。

天地明察 1巻

天地明察 1巻

天地明察 1巻



きみにあげる。

きみにあげる。

きみにあげる。



槇えびし先生のマンガ一覧

 カテゴリ
 タグ
None

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます