▼もっとも売れたBL漫画ランキング▼


もっとも売れたBLランキング2020


▼このBLがやばい2020【ネタバレ】▼


【ネタバレ】このBLがやばい2020 BL漫画ランキング


▼1巻まるごと無料のBL漫画▼
【無料】ビーボーイ旬コミオメガバース 6th

【無料】ビーボーイ旬コミオメガバース 6th

君に想ふ、碧 分冊版 1

君に想ふ、碧 分冊版 1

のみ×しば 分冊版 1

のみ×しば 分冊版 1

【無料】ビボピーコレクション vol.2

【無料】ビボピーコレクション vol.2

不純な純真 1

不純な純真 1

消しゴム彼氏 分冊版 1

消しゴム彼氏 分冊版 1

【無料】moment vol.18/2019 autumn

【無料】moment vol.18/2019 autumn


▼おすすめ神BLマンガランキング▼


【おすすめ】神BL漫画ランキング


▼みんなの感想ランキング▼


【おすすめ】みんなの感想ランキング


▼こんな攻めが読みたい!を叶えます▼


こんな攻めが読みたい!を叶えます


▼こんな受けが読みたい!を叶えます▼


こんな受けが読みたい!を叶えます




▼【Renta!】ボーイズラブ特集ページ▼


【レンタ】ボーイズラブBLマンガ特集ページ


▼絶対に読んでほしい1冊▼


絶対に読んでほしい1冊【特設サイト】


▼明るく楽しいエロエロBL漫画まとめ▼


明るくて楽しいエロエロBL漫画まとめ


▼ガチで選んだ推しBLマンガまとめ▼


【推しBLマンガ】ガチで選びました




▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼このBLがやばい2020ランキング▼


【ネタバレ】このBLがやばい2020 BL漫画ランキング

  • ホーム
  • »
  • BLコミック・作品名【ら行】

カテゴリ:BLコミック・作品名【ら行】

BLコミック・作品名【ら行】のカテゴリ記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2017-06-22 恋愛小説家の事情
「恋愛小説家の事情」のネタバレ感想です。猫田リコ先生の新刊は世話好き編集者×恋愛小説家のじれったいほのぼのラブです。くっつくの?とうとうくっつくのね?とワクワクドキドキしていたらギリギリのところで寸止め。じれったくてソワソワしながら不器用で真面目な2人をニヤニヤと見守るのが楽しいお話です。小さい書き文字や小物にも大注目。特にエロ小説のタイトルが最高でした。それでは以下「恋愛小説家の事情」の感想です。...

記事を読む

No Image

2017-05-10 レッドべリルにさよなら
レッドべリルにさよなら1巻の感想です。みちのくアタミ先生の新刊BLは高度経済成長期の60年代を舞台にした人間×吸血鬼のシリアスストーリーです。アタミ先生の初の人外もので時代物ということで、まず表紙がかっこよくてうっとり。表紙の彼が元人間で現吸血鬼の受けです。イケメンばかりのキャラクターや吸血シーンの妖艶な色っぽさにゾクゾクしました。タイトルにある「レッドベリル」とは別名「赤いエメラルド」ともいわれる希少...

記事を読む

No Image

2017-03-02 ラブ・セクサロイド
ラブ・セクサロイドの感想です。一風変わった設定がユニークな天城れの先生の新刊BL「ラブセクサロイド」を読みました。シリコン系男子、ゴリラ系男子たもつの受難、ツンデレ就職難の3つの中・短編集です。どれも突っ込みどころ満載のぶっとんだ設定なのに、キャラクター同士は真面目にきちんと恋をしていて好感度が高かったです。ラブドールとか精液を飲む吸精鬼とか二次元ツンデレキャラとか、意表を突いた世界観であっても恋す...

記事を読む

No Image

2016-02-04 裸族の花嫁
せら先生の「裸族の花嫁」ネタバレ感想です。エロいです!(第一声がソレ?)それもそのはず、もともとは18禁のアンソロ「PINK GOLD」の掲載作でした。裸族のお話なので、出てくる人たちはみーんなすっぽんぽんです。見事な脱ぎっぷり、というよりはそれが彼らの「普通」なんですね。何事にもおおらかですっぽんぽんな裸族の皆さんと一緒に、こちらも頭をスッポンぽーんにして読むと、たいそう楽しいお話です。(すっぽんぽーんっ...

記事を読む

No Image

2015-11-13 ろくでなしの愛し方
ろくでなしの愛し方 ネタバレ感想です。日野晶先生の2冊目のコミックです。1冊目の「恐ろしい童貞」が好みだったので、紙とほぼ同時発売だった「ろくでなしの愛し方」は電子書籍で買いました。どちらもホストがらみのお話です。今作は表紙がステキで目をひきますね。一瞬、子連れリーマンものかショタものかと思いましたがちょっと、いやだいぶ違いました。ろくでなしの愛し方【電子限定かきおろし付】[著]日野晶【あらすじ】いじ...

記事を読む

No Image

2015-10-31 ラストフライデイ
「ラストフライデイ」のネタバレ感想です。絵津鼓(えつこ)先生2冊目のBLコミックスです。デビュー作が気に入ったので2冊目も楽しみにしていました。初コミックの表紙もスタイリッシュでしたが今作のこの表紙も目をひきますね。ブラックの背景にネオンカラーがよく映えます。ほんわかした絵柄がかわいくて、シンプルな線で読みやすいのは初コミックと変わらずホッとします。ノーエロスですが明るくてほのぼのしていて最後まで楽しめ...

記事を読む

No Image

2015-10-17 リンクス
キヅナツキ先生のBLコミック「リンクス」のBLドラマCD化が決定しました。「ギヴン」に続いてですね。しかもキャストが豪華です。このキャストを見ると、新旧入り混じってバラエティに富んでいていいですね。BL常連組と若手組がバラけていて、なんだか新鮮な印象です。【キャスト】新発田諒:村田太志関屋真人:前野智昭新津秋葉:野島裕史燕弥彦:羽多野渉亀田葵:古川慎、荻川佑成:花江夏樹佐渡隆晃:新垣樽助中条忍:斉藤壮馬...

記事を読む

No Image

2015-02-07 リンクス
リンクス キヅナツキ先生の新刊 ネタバレ感想です 待ってましたのキヅナツキ先生のBL新刊。もう映画のような美しい流れのオムニバス形式のBLで、満足感は非常に高かったです!「リンクス」というタイトルの通り4組のカップルの各ストーリーが微妙にリンクして終幕へと進んでいきます。オムニバス形式のBL。4組のカップルがどこかでリンクしているんですが、強引さがないというか、ああここでつながるのかとストンとおちてくるよ...

記事を読む

恋愛小説家の事情 ネタバレ感想 猫田リコ

「恋愛小説家の事情」のネタバレ感想です。

猫田リコ先生の新刊は世話好き編集者×恋愛小説家のじれったいほのぼのラブです。くっつくの?とうとうくっつくのね?とワクワクドキドキしていたらギリギリのところで寸止め。

じれったくてソワソワしながら不器用で真面目な2人をニヤニヤと見守るのが楽しいお話です。小さい書き文字や小物にも大注目。特にエロ小説のタイトルが最高でした。

それでは以下「恋愛小説家の事情」の感想です。ネタバレにお気を付けください。
 

恋愛小説家の事情 電子書籍



» 記事の続きを読む

レッドべリルにさよなら1巻 ネタバレ感想 みちのくアタミ

レッドべリルにさよなら1巻の感想です。

みちのくアタミ先生の新刊BLは高度経済成長期の60年代を舞台にした人間×吸血鬼のシリアスストーリーです。

アタミ先生の初の人外もので時代物ということで、まず表紙がかっこよくてうっとり。

表紙の彼が元人間で現吸血鬼の受けです。イケメンばかりのキャラクターや吸血シーンの妖艶な色っぽさにゾクゾクしました。

タイトルにある「レッドベリル」とは別名「赤いエメラルド」ともいわれる希少価値の高い宝石のこと。

赤い血(レッドべリル)との決別(さよなら)とは何を意味するのか。永遠の命とは、果たして幸せなものなのか。

それでは以下みちのくアタミ先生の「レッドべリルにさよなら」1巻のネタバレ感想です。

レッドべリルにさよなら みちのくアタミ 電子書籍


レッドべリルにさよなら 1

レッドべリルにさよなら 1

レッドべリルにさよなら 1


» 記事の続きを読む

ラブ・セクサロイド ネタバレ感想 天城れの

ラブ・セクサロイドの感想です。

一風変わった設定がユニークな天城れの先生の新刊BL「ラブセクサロイド」を読みました。

シリコン系男子、ゴリラ系男子たもつの受難、ツンデレ就職難の3つの中・短編集です。

どれも突っ込みどころ満載のぶっとんだ設定なのに、キャラクター同士は真面目にきちんと恋をしていて好感度が高かったです。

ラブドールとか精液を飲む吸精鬼とか二次元ツンデレキャラとか、意表を突いた世界観であっても恋する気持ちは変わらない。そこに複数の男子がいる限り。

というわけで以下天城れの先生の「ラブセクサロイド」ネタバレ感想です。

ラブ・セクサロイド 電子配信


イーブックジャパン先行配信です。今回はイーブックジャパン限定の描き下ろし特典が付いています。

» 記事の続きを読む

裸族の花嫁 ネタバレ感想 すっぽんぽん裸祭り!

せら先生の「裸族の花嫁」ネタバレ感想です。

エロいです!(第一声がソレ?)それもそのはず、もともとは18禁のアンソロ「PINK GOLD」の掲載作でした。

裸族のお話なので、出てくる人たちはみーんなすっぽんぽんです。見事な脱ぎっぷり、というよりはそれが彼らの「普通」なんですね。

何事にもおおらかですっぽんぽんな裸族の皆さんと一緒に、こちらも頭をスッポンぽーんにして読むと、たいそう楽しいお話です。(すっぽんぽーんって言いたいだけなんじゃ。。。)

とにかく日常のアレやコレにイライラしがちなときに、心と頭をすっぽんぽーん(しいつこい)にして読むと、癒し効果抜群でした。

「すっぽんぽん」を連呼しちゃって、読みにくいレビューになっていたらゴメンナサイ。(このワードが気に入ったらしい)

裸族の花嫁

裸族の花嫁

裸族の花嫁



新人俳優のミチル(受)は裸族の取材のためにジャングルを訪れるも、取材班とはぐれてしまいます。

リアルだと、こういう現地取材系は今なら若手芸人とかの仕事になるかと思いますが、それはそれ。これはこれ。

そこでミチルは、裸族に見つかり捕らえられてしまいます。裸族はその名のごとく全員裸なのがデフォルト。開放的で性におおらかな裸族のみなさんは、欲望にもっとも忠実です。

ヤリたくなったら村のあちこちでヤリはじめ、人目があろうがなかろうがそんなことは全く気にしていません。いちゃこらいっちゃこらせっせっせ。

そういう文化なので、気に入った者同士が愛し合うのは当然のこと。積極的にエロスについて学びあったりと、みんなエロエロです。

そこはもう新しいパラダイス。ワンダーランド。いいぞもっとやれ。パッと開いたページにもすっぽんぽんな人がいるかHしてるかなので、なんだか楽しくなってきます。


美形裸族のすっぽんぽんBL


捕らわれたミチルは最初村人達にビビッてしまいますが、そんなミチルを気に入ったのが裸族の美形青年ロディ(攻)

彫刻のようなボディに美しい顔立ちのロディの嫁にされ、最初は嫌がりながらも、ロディの無理強いしない優しさや笑顔に触れるうち、少しずつ心惹かれていくミチル。

ミチルも新人俳優という設定なので、整ったかわいい顔立ちなんですよね。(表紙左がミチル)

ロディをはじめとしてこの裸族は美形の部族ということで、せら先生の美しい絵でイケメン達を拝むことができて眼福です。

ミチルは結局マネージャーに見つかって日本に連れ戻されるも、ロディが日本に迎えに来てくれて、最後は裸族の花嫁として村に帰るというハッピーエンド。

明るくて甘々なラブコメ(エロコメ)として、笑いながら楽しめました。せら先生、絵柄も綺麗で大好きだー!

都合がよすぎるとか展開が急すぎるとか、つっこみどころを探してつっこむのもひとつの読み方ですが、頭も心も「すっぽんぽーん」にして楽しむほうが幸せかと思います。


18禁ゆえに修正ががが


もともとが18禁のアンソロ雑誌の収録マンガなので、単行本化にあたっての修正はお察しの通りです。「すっぽんぽーん」が「すっぽん」になったような感じ。(なんだそりゃ)

あとがきにバナナや葉っぱの効果的な使い方講座(違)もあったりと楽しいですが、全年齢向けとして発売することヘのせら先生の工夫やアイデアや苦心が伝わってきました。

18禁のコミックで大人向けに発売して、雑誌掲載時のまますっぽんぽんで出版しても良かったんじゃないかなあとも思いますが、大人の事情でなかなか難しいようで。。。


ロディのカタコトがずるい。


あまりにもミチルが「帰りたい、帰りたい」と言うものだから、ロディはそれがミチルの名前だと思って「カエリタ、カエリタ」って連呼するのがもう憤死するレベルにかわいい。

「ロディきたヨ」もズキューンって感じで、ガタイのいい美青年のカタコト攻めはホントずるいです。

くっ。。。かっこかわいいとか何事だよ。好き。

エンゾウ先生の「マザーズ スピリット」(超傑作です!)も同じ時期に発売されたんですが、部族BLというか片言BLはイイですね!最高です。

「マザーズスピリット」がストーリー重視なら、「裸族の花嫁」はよりエロスに特化したライトコメディというかんじ。

愛がたっぷりな良い身体のイケメンが、カタコトで攻めるのが可愛いやらキュンするやらで大変でした。思い出してもニヤけてしまいます。

すっぽんぽんになりたい人(オイ)、とにかく裸体を眺めたい人(コラ)、疲れた脳みそをちょっと休めたい人(やっとまともなのが)におススメです。

せら先生のおっしゃる通り悩みがすっぽんぽーんになるような、読後に笑顔で良い気分のまま本を閉じられる良作です。

みんなで頭すっぽんぽんになりましょう(違)

【Renta!】裸族の花嫁(せら)

その他各電子書籍サイトでも配信されています。ご利用の状況に応じてどうぞ。

【BookLive!】裸族の花嫁

【ひかりTVブック】裸族の花嫁

【コミックシーモア】裸族の花嫁

【eBookJapan】裸族の花嫁



エンゾウ先生のカタコト部族BLはこちら。素晴らしくて萌えたぎるお話なので「裸族の花嫁」と併せておすすめです。



せら先生のその他BLコミックス。





王様にKISS!

王様にKISS!

王様にKISS!



BL小説の挿絵も数多く担当されています。

溺愛紳士と恋するマカロン

溺愛紳士と恋するマカロン

溺愛紳士と恋するマカロン



せら先生のその他BL漫画一覧

せら先生のBLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。

【BookLive!】でBL漫画を探す

【ひかりTVブック】でBL漫画を探す

【コミックシーモア】でBL漫画を探す

【eBookJapan】でBL漫画を探す

 カテゴリ
 タグ
None

ろくでなしの愛し方 ネタバレ感想 僕にはこの人の悲鳴が聞こえる

ろくでなしの愛し方 ネタバレ感想です。

日野晶先生の2冊目のコミックです。1冊目の「恐ろしい童貞」が好みだったので、紙とほぼ同時発売だった「ろくでなしの愛し方」は電子書籍で買いました。どちらもホストがらみのお話です。

今作は表紙がステキで目をひきますね。一瞬、子連れリーマンものかショタものかと思いましたがちょっと、いやだいぶ違いました。




【あらすじ】

いじめっ子のクラスメイトを蹴散らしてもらって以来、なおとはキリに懐いている。キリは、無神経で寂しがりやでお金のためなら何でもするホストだ。

「今はこんなだけど、いつか絶対僕がキリさんを幸せにする!」そう宣言して10年――。なおとは一途にキリを思い続けていたが?

ろくでなしの愛し方【電子限定かきおろし付】日野晶



僕が大きくなるまで まっていて



ホストのキリは、いじめられている小学生のなおとを助けて以来、なおとに懐かれます。毎日ストーカーのようにキリにつきまとって、「けっこんしてくだたい」とか噛んじゃうなおとがかわいいw

ホストといえばお金。キリはお金に執着があり、カネのためなら何でもするというスタンスです。

そんなキリですが実は子どもの頃、お金がなくて苦労して親も自殺してしまったというつらい過去がありました。そのせいでお金にこだわりを持つようになったキリ。

ちょこまかとまとわりつくなおとに対して、キリはだんだんほだされていき、親に放置されているなおとをひきとって一緒に暮らすようになります。

昔の自分となおとが重なって見えるのでしょう、なおとの身の回りの世話を焼き、学校関係の費用も払い、高校まで行かせます。



「俺に抱かれたいんだよな?」

「ううん逆だよ(キッパリ)」



高校生になったなおとは、ある時キリの愛人の男にお金よりも大切なものがあると信じられるまでキリのそばにいると宣言します。

なおとは親から放置されて育ちましたが、お金よりも愛!というタイプなんですね。

お金があってもなくても愛情は変わらない。そう信じているなおとは、とても純粋で、まっすぐにキリを想う気持ちにも幼少期から揺らぎません。

一途で健気ななおとが眩しいです。



あるとき、愛人の男がキリに借金取りの仕事を頼みます。しかし取り立ての仕事をするたびに、貧しかった昔のことを思い出して苦しむキリ。

そんなキリを見て、なおとはキリの愛人とぶつかります。

結局、愛人とキリの関係はうやむやなまま(あきらめたのかまだ水面下で三角関係なのか微妙。。。)最後はキリとなおとがくっつくという形で終了。

急展開ながらも、なおと攻めというオチ(?)もついて、高校生と30代の歳の差カップルとなりました。なおとの10年以上の一途な想いが実って良かったです。

キリのほうも、なおとというお金よりも信じられる人をようやくお相手として認識して、愛人との関係はスッパリというわけにはいかないかもしれませんが、これから少しずつまた変わっていくのでしょうね。

ビジュアルから途中までキリが攻めだと思って見ていましたが、逆と知ってから読み返すと、確かに小学生のショタなおとの言動は、すでに年下攻めの雰囲気があったなーという新しい発見がありましたw



ページ数の関係でしょうか、キリのなおとへの気持ちが見えにくかったこともあり、後半は唐突で展開を急いだように感じた部分が正直あるので、次回はじっくりと長編を読んでみたいです。

短編集なので他にも4作の短編が収録されていますがどれも楽しくて、日野晶先生はシリアスよりもこういうラブコメのほうが得意なのかもと思ったり。。。

1話ごとの配信だった「皇帝と宦官」も最近ようやく7話で完結したし、次回作にも期待したいと思います。

3冊目もお待ちしています。




日野晶先生の初コミック。



「皇帝と宦官」は1話ごとの配信でしたが完結しました!



日野晶先生のその他BLマンガ一覧

 タグ
None

ラストフライデイ 絵津鼓 ネタバレ感想 彼女じゃなくて彼氏じゃダメ?

「ラストフライデイ」のネタバレ感想です。

絵津鼓(えつこ)先生2冊目のBLコミックスです。デビュー作が気に入ったので2冊目も楽しみにしていました。

初コミックの表紙もスタイリッシュでしたが今作のこの表紙も目をひきますね。ブラックの背景にネオンカラーがよく映えます。

ほんわかした絵柄がかわいくて、シンプルな線で読みやすいのは初コミックと変わらずホッとします。

ノーエロスですが明るくてほのぼのしていて最後まで楽しめました。

ラストフライデイ 絵津鼓 電子書籍



» 記事の続きを読む

リンクス キヅナツキ先生の美しいBLがドラマCD化 せっせとセッ…してるらしいw

キヅナツキ先生のBLコミック「リンクス」のBLドラマCD化が決定しました。

「ギヴン」に続いてですね。しかもキャストが豪華です。

このキャストを見ると、新旧入り混じってバラエティに富んでいていいですね。BL常連組と若手組がバラけていて、なんだか新鮮な印象です。

【キャスト】

新発田諒:村田太志
関屋真人:前野智昭
新津秋葉:野島裕史
燕弥彦:羽多野渉
亀田葵:古川慎、
荻川佑成:花江夏樹
佐渡隆晃:新垣樽助
中条忍:斉藤壮馬
佐渡の兄:田丸篤志

movin★on公式サイト




オリジナルシーンも多数加え、SEなどもこだわって創りこまれたようなので、すごく楽しみです。漫画の方が映画のような読み応えのある秀作だったので、あれに音声がつくとかワクワクします。

漫画の感想はこちら。

リンクス キヅナツキ ネタバレ感想 まるで映画のような美しいBL

ドラマCD化では、どうやらラブが足りないということで、せっせとセッ・・・してるようですよw

2016年の発売が楽しみです。




リンクス

リンクス

リンクス



【あらすじ】

関屋×新発田……超絶フレンドリーおっさん・新発田に言い寄られ続けるコミュ障ラジオDJ・関屋は、自分の中のモヤモヤを、その美声をもってうまく言葉にできない。

弥彦×秋葉×ある男……ある事情から、何事にもメゲずに愛してくれるセックスの相手・弥彦を「恋人」とは呼べないまま、カフェオーナー・秋葉は思い出のピアノを弾く。

亀田×荻川……捨て猫が縁で親しくなった亀田と荻川。飲んで食って猫を愛でて……居心地のいい日常を「恋愛」にしないまま、ゆったりと日々を過ごす。

佐渡×中条……口ゲンカばかりだけど恋人として過不足なく見える佐渡と中条――しかし中条は佐渡を「手に入らないもの」だと諦め、嫌おうとしながらそばにいる。

好き、大事にしたい――はずなのに上手く伝えられない4組の”なりそこないの”恋人達が”リンク”。 完全で幸福な恋人になるまでを描くドラマチック・オムニバス。

「リンクス」 (キヅナツキ)


キヅナツキ先生の他BL作品はこちら。



【参考までにレンタの使い方】

レンタ!が初めての方へ

レンタ!のご利用方法

レンタ!で困ったときは


ギヴン given(1)

ギヴン given(1)

ギヴン given(1)



キヅナツキ先生のBL漫画一覧

 カテゴリ
 タグ
None

リンクス キヅナツキ ネタバレ感想 まるで映画のような美しいBL

リンクス キヅナツキ先生の新刊 ネタバレ感想です 

待ってましたのキヅナツキ先生のBL新刊。もう映画のような美しい流れのオムニバス形式のBLで、満足感は非常に高かったです!

「リンクス」というタイトルの通り4組のカップルの各ストーリーが微妙にリンクして終幕へと進んでいきます。オムニバス形式のBL。

4組のカップルがどこかでリンクしているんですが、強引さがないというか、ああここでつながるのかとストンとおちてくるような感じです。

絵がきれいなのはもちろんですが、私はキヅナツキ先生の言葉選びも素敵で大好きです。以下、ネタバレ感想になります。

リンクス

リンクス

リンクス



関屋×新発田

DJとカフェ店長のお話。新発田がかわいい。それにつきます。美声でささやかれたら、新発田でなてくもみーんな、赤面しますよね。

弥彦×秋葉

恋人を亡くした過去をもつ秋葉が、ちゃんと前進できたから、もうそれだけで良かった。合鍵のシーンが印象的でした。

荻川×亀田 (亀田×荻川)

2人のやりとりがほんわかしてて、なんだかツボ。受け攻め逆か?と思わせぶりな感じがgood!リバありでしょうかね、やっぱり。

佐渡×忍

秋葉の亡くした恋人の弟が佐渡、その事故を起こしたのが忍という、背景が複雑な者同士です。ヤクザという設定なのに思いは純粋で切ない。最後に思いを吐露できてよかった。

最後に読み終えた後、キャラクターの笑顔につられてこちらまで笑顔が引き出されるような、満足度が高くてもう一度読み返してしまうよな実に味わい深い作品でした。

充実感を味わえるストーリー展開。魅力的なキャラクター、そしてきれいな絵。3拍子揃ったBLコミックです。しみじみいいもの読んだなあ。アニメ映画として映像化してもらって美しい音楽とともに楽しみたいです。

切なさあり、葛藤あり、ほろりと泣けたり、だけどラストは笑顔になれる。エロもほんどないのにもかかわらず、この満足感はすごい。

おまけの漫画もおもしろかったし各キャラクターのプロフィールもあったりと盛りだくさんです。

トータル200ページを軽く超える、それでいて内容が濃く手抜きの一切ない、お買い得感満載のコミック。BL初心者にも、ある程度BLを読み込んでいて目の肥えた人にもお勧めできる、完成度、満足度、ともに高い漫画だと思います。

うーん、短編集かあ、オムニバスかあ、どうしようかな…と悩んでおられる人にもぜひ。読んで損はないかと思います。

リンクス

リンクス

リンクス



【BookLive!】リンクス

【ひかりTVブック】リンクス

【コミックシーモア】リンクス

【eBookJapan】リンクス



キヅナツキ先生の他BL作品はこちら。



ギヴン given(1)

ギヴン given(1)

ギヴン given(1)



キヅナツキ先生の「ギヴン」は、4人組のバンドものです。(もちろん男の子のみの4人編成バンド)バンド仲間、音楽仲間っていうのは、いつの時代になっても腐女子の妄想をかきたてる美味しい素材ですよねw

「リンクス」を読んでキヅナツキ先生の絵や作風が嫌いじゃなければ、ぜひ「ギヴン」もお勧めします。またそのうち感想も書きたいと思いますが、ギヴンもおもしろかった。続き物なので、次巻にも期待。早いペースで出してほしいなあ。

まだ1巻は謎も多くて登場人物の紹介という感じではありますが、現段階でもなかなか萌えられる作品になっています。

ところで気が早いですが「リンクス」は、もしかしたら今年の年末発売の2016年度版このBLがやばいにランクインしてくるでないか・・・と思わせるほどの力作だと思います。

優しくて切なくて大人向けの素敵なBLをお探しの人にはぜひお勧めしたいです。

キヅナツキ先生のBL漫画一覧

キヅナツキ先生のBLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。

【BookLive!】でBL漫画を探す

【ひかりTVブック】でBL漫画を探す

【コミックシーモア】でBL漫画を探す

【eBookJapan】でBL漫画を探す

 カテゴリ
 タグ
None

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます