▼2019年一番売れたBL漫画ランキング▼


もっとも売れたBLマンガランキング【2019上半期】


▼このBLがやばい2019【ネタバレ】▼


【ネタバレ】このBLがやばい2019 BL漫画ランキング


▼おすすめ神BLマンガランキング▼


【おすすめ】神BL漫画ランキング


▼こんな受けが読みたい!を叶えます▼


こんな受けが読みたい!を叶えます


▼みんなの感想ランキング2018▼


【おすすめ】みんなの感想ランキング2018


▼電子コミックセール情報まとめ▼


お得なBLコミックセール情報まとめ




▼【Renta!】ボーイズラブ特集ページ▼


【レンタ】ボーイズラブBLマンガ特集ページ


▼今週のスタンプ作品▼


スタンプが貯まるお得な作品一覧


▼絶対に読んでほしい1冊▼


絶対に読んでほしい1冊【特設サイト】


▼エロエロBLランキング▼


【エロエロ】BLマンガランキング2018




▼年下攻めBL漫画ベスト20▼


【わんこ】年下攻めBLコミックベスト20


▼初心者向けおすすめBLランキング▼


【初心者向け】おすすめBL漫画ランキング


▼このBLがやばい2019ランキング▼


【ネタバレ】このBLがやばい2019 BL漫画ランキング

月別アーカイブ:2015年01月

2015年01月の記事一覧。BL好きの隠れ腐OLがテンション高めにいろんなボーイズラブを語ります。
No Image

2015-01-31 テンカウント
テンカウント BLドラマCD ネタバレ感想です。このBLがやばい2015のBLコミックランキング3位にも選ばれた、宝井理人先生の超人気作。テンカウントのドラマCDということで、楽しみにていました。原作コミック1.2.3巻のネタバレ感想もよろしければどうぞ。テンカウント1.2巻のネタバレ感想。1.2巻の落差に完敗。テンカウント3巻ネタバレ感想。65万部の実力と破壊力は、さすがです!というわけで、2014年12月発売のテンカウントBLCD...

記事を読む

No Image

2015-01-28 スロウデイズ
スロウデイズ 市川けい ネタバレ感想です。スロースターターの続編、スロウデイズのネタバレ感想です。市川けい先生の新刊、2014年12月発売の短編集です。いやあ、待ってて良かった。キヨとイノがまた読めるなんて感涙です。ちょっとややこしいですが、スロースターターの番外編としては「スロウデイズ」「スタートライン」「はなしをしながら」「スターゲイザー」「時には昔のはなしを」が掲載されています。「時には昔のはなし...

記事を読む

No Image

2015-01-26 このBLがやばい!
このBLがやばい2011年度版 BLコミックランキング20そろそろ、ああ懐かしいかも・・・っていうBLコミックもちらほら出てくるでしょうか。毎年の楽しみになっている「このBLがやばい」のコミックランキング。2015を読んだら、どうにも気になる昔のランキング。というわけで、復習復習。このBLがやばい!2015年度版 ネタバレ感想このBLがやばい!2014年度版 ネタバレ感想このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想このBLがやばい!...

記事を読む

No Image

2015-01-23 NightS
NightS ナイツ ヨネダコウ BLCD ネタバレ感想です。去年、「NightS」の続編として「NightS 或る夜」もレンタ!に入荷され、狂喜乱舞したのも記憶に新しいですね。以下、ドラマCDのネタバレ感想になります。NightS[著]ヨネダコウひとことでいうと、もう素晴らしい!小野友樹(唐島) × 野島裕史(穂積、間崎)このキャスティングだけでも、もう安心な感じがしますが、いやあ、ものっすごく良かった。思い出すとにやけるくらい...

記事を読む

No Image

2015-01-21 このBLがやばい!
このBLがやばい2012年度版 BLコミックランキングなにごとも復習が大切だ。というわけで、年末の恒例「このBLがやばい」の過去のコミックランキングを総復習してみましょう。懐かしのあの作品や、お気に入りのあの作品もベスト20入りしてるかも。まずはこれまでの入賞作をチェック!このBLがやばい!2015年度版 ネタバレ感想このBLがやばい!2014年度版 ネタバレ感想このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想このBLがやばい!20...

記事を読む

No Image

2015-01-18 私がモテてどうすんだ
腐女子が主人公「私がモテてどうすんだ」5巻発売!BL作家のぢゅん子先生の「私がモテてどうすんだ」5巻が発売されました。別冊フレンドの連載マンガなので、一応少女漫画というジャンルになるのかな。ただしヒロインが腐女子です。正しくまっとうに(?)腐っていらっしゃるので、腐女子あるあるがすごい説得力。笑いながら読めます。5巻の入荷に合わせるように1巻がまるっと無料で読めるキャンペーンをやってます。迷ってる人はぜ...

記事を読む

No Image

2015-01-16 このBLがやばい!
このBLがやばい2013 総復習腐女子たちの毎年の年末の楽しみ、このBLがやばい。ランキングといえば、過去のもやはり気になりますね。なりませんかね?私ですかね?wまずは今どこにいるかと、過去のベスト20をちらっと確認。今後のBLライフの参考にでもなれば幸いです。このBLがやばい!2015年度版 ネタバレ感想このBLがやばい!2014年度版 ネタバレ感想このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想 ←今こここのBLがやばい!2012年...

記事を読む

No Image

2015-01-14 憂鬱な朝
憂鬱な朝(日高ショーコ)4巻入荷!ようやくの電子化ですよ。待ってた、待ってましたよー!本棚がもういっぱいいっぱいという腐女子あるあるから、ずーっと紙媒体を買うのを我慢してたんですが、このたび電子書籍Renta!に4巻が入荷されまして、ほっくほくです。憂鬱な朝 4[著]日高ショーコ...

記事を読む

No Image

2015-01-10 さあ恋におちたまえ
無料でBL漫画を楽しみましょう!というわけで、大御所作家の完結ものBLコミックが1/19まで1巻まるっと無料で読めます。大和名瀬先生、もう何十冊も出版されているし、長くご活躍の先生なので安心感がありますね。レンタ!さんは毎週なにかしらBLコミックもBL以外のコミックも、1巻まるっと無料とか3巻まで無料とかをやってくれるので嬉しいです。気にいれば続きはそのまま借りられるのも便利ですね。さあ恋におちたまえ 1[著]大和...

記事を読む

No Image

2015-01-07 世界一初恋(雑誌エメラルド最新話)
エメラルド冬の号 世界一初恋ネタバレ感想です。前回の夏の号が、高野さんが待たされすぎて不憫な「律ちゃんが恋に落ちるまであと80日」だったんですが、さて今回はどれくらい進んだでしょうか?発売が月刊誌じゃなくて季刊誌なので、読者のほうも高野さんばりに待たされる感がハンパないですね。でも楽しいw参考までにこちらの感想もどうぞ。世界一初恋小野寺律場合19 ネタバレ感想世界一初恋小野寺律場合20 ネタバレ感想 ←今...

記事を読む

テンカウントBLドラマCD ネタバレ感想 腹黒瀬と天然城谷に萌えるBLCD 黒瀬×城谷(前野智昭×立花慎之介)

テンカウント BLドラマCD ネタバレ感想です。

このBLがやばい2015のBLコミックランキング3位にも選ばれた、宝井理人先生の超人気作。テンカウントのドラマCDということで、楽しみにていました。

原作コミック1.2.3巻のネタバレ感想もよろしければどうぞ。

テンカウント1.2巻のネタバレ感想。1.2巻の落差に完敗。

テンカウント3巻ネタバレ感想。65万部の実力と破壊力は、さすがです!

というわけで、2014年12月発売のテンカウントBLCDの感想です。以下、盛大にネタバレしてるので、お気をつけください。

テンカウント(1)

テンカウント(1)

テンカウント(1)

[著]宝井理人




テンカウント(3)

テンカウント(3)

テンカウント(3)



前野智昭×立花慎之介


原作がすばらしいため、発売前からハードルが高かったテンカウント1巻のドラマCD。

キャストが発表され名前を拝見した時、BLCDでお馴染みでキャリアも長い2人なので、きっと大丈夫だろうと思いながらも、ドキドキしながら聴きました。

テンカウント1巻にあたる部分のBLCD化になるので、お話としては大きく動くという感じではありません。淡々と丁寧に、原作にとても忠実にストーリーが進んでいきます。

受けの城谷を演じる立花慎之介氏の、透明感があるというか、つやっとした美人受け声は相変わらずで、2巻以降のエロい展開になったときが、もんのっすごく楽しみです。

今回のドラマCDでは、黒瀬くんと城谷さんが偶然出会って、城谷さんが黒瀬くんのカウンセリングを受けることになるんですけど、そう簡単に潔癖症がよくなっていくわけはなく・・・

ずーっと手を洗い続けている城谷さんの声を聴いていると、原作絵の手を洗いすぎてボロボロになっているあの手を思い出して痛々しくなります。

原作を見ながら聴くと、感情移入しやすいですね。

城谷さんが、いつもお世話になっている社長に対しても嫌悪感を感じてしまって、そのことで自己嫌悪して辛い思いをするシーンなんて、ほんと哀しげで、社長がいい人なだけにやるせない。

とても重くて辛い症状です。。。

黒瀬のカウンセリングの一環として、2人で本屋へ行くという訓練をするんが、本は電子書籍になるまで待つしかないという城谷さん。

ドアノブが握れない、本屋で本を買えない、電車のつり革も持てない。他人がふれた物には触れられないっていうのは、日常生活を送るのも大変でしょう。

しかし。

黒瀬にカウンセリングを受けるうちに、城谷さんがドキドキしはじめていく無自覚受けな感じが、今後の展開への布石としか思えない私の耳はもう腐ってます。

だって早く2巻以降のエロい展開を、あの美人声で聴きたいじゃないですか!次のBLCDがもう出ることは私の中では確定事項です。

そして、おそらくはドSであろう黒瀬くん。こちらは前野智昭氏が、抑えめの演技で淡々と演じてくれました。最初、前野ボイスというと、今なら暁のヨナのハクの声を思い出して、合うかな?とか思ってしまいましたが、やはりそこはプロ。

落ち着いた演技といいましょうか、まだ腹黒さだとかはそこまで感じさせない、暗いとまではいかなくても、クールというか無愛想な感じで、原作をブチ壊すことなく、ちゃんと黒瀬くんでした。


2巻の、城谷さんに対してぐーいぐいなドS黒瀬くんの豹変っぷりが、楽しみすぎる・・・!


ただ、2人で電車に乗って食事へ行く途中、城谷さん気持ち悪くなってしまい、倒れ込むのに「電車の床と俺、どちらがましですか」と黒瀬くんに問われて、城谷さんは黒瀬くんを選んでお姫さだっこされるんですが、このシーンに限っては、やはり絵があった方がいいなあ・・・と思いました。

気持ち悪くなった城谷さんは可哀想ですが、黒瀬くんのひとつの見せ場ですしね。なので、絵ありきで聴くと、黒瀬くんのかっこよさが際立ってくると思いました。

ちなみに、城谷さんの潔癖症を理解してくれている会社の同期の三上くんは、明るくてすごくいいやつでした。主役2人が淡々としているぶん、こういう元気ないいやつがいると、救われますね。

宝井理人先生のその他のBLコミックはこちら。

花のみぞ知る 1

花のみぞ知る 1

花のみぞ知る 1



花のみやこで

花のみやこで

花のみやこで



セブンデイズ MONDAY→THURSDAY

セブンデイズ MONDAY→THURSDAY

セブンデイズ MONDAY→THURSDAY



セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY

セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY

セブンデイズ FRIDAY→SUNDAY



BLではない漫画も発売されています。2014年11月発売の、宝井理人先生の意欲作です。

グランネリエ

グランネリエ

グランネリエ



オマケとして「黒瀬くんと城谷さんとアンドロイド?」は、もう、もう、城谷さんかわいすぎるー!!!黒瀬くんが「実は自分はアンドロイドで・・・」とか、いつものトーンで話し出すんですが、城谷さんがだんだん信じてしまうっていうw

城谷さん、ちょろすぎいやいや純粋でかわいすぎますね。腹黒瀬くんは内心絶対悪魔の微笑みでしょう。そりゃあ2巻でオオカミになるよね。うん、なるなる。しょーがないしょーがない。

というわけで、オマケに萌え転がってBLCDは終了。キャストトークも楽しそうでなによりでした。2巻への布石は十分だったBLCD。次からのCDが本番!くらいの気持ちで待ってます。

それにしても、いつになるかは分かりませんが、城谷さんが潔癖症を克服したら、どんなエロいことになるやら・・・。黒瀬くん(前野智昭氏)のドS腹黒攻めに、城谷さん(立花慎之介氏)のかわいい艶エロ受け声。

早く聴きたいです。

宝井理人先生のBL作品一覧

 カテゴリ
 タグ
None

スロウデイズ 市川けい ネタバレ感想 キヨとイノにまた会えた!エロたっぷりの短編もあって大満足な文句なしの1冊でした

スロウデイズ 市川けい ネタバレ感想です。

スロースターターの続編、スロウデイズのネタバレ感想です。市川けい先生の新刊、2014年12月発売の短編集です。いやあ、待ってて良かった。キヨとイノがまた読めるなんて感涙です。

ちょっとややこしいですが、スロースターターの番外編としては「スロウデイズ」「スタートライン」「はなしをしながら」「スターゲイザー」「時には昔のはなしを」が掲載されています。

「時には昔のはなしを」が描き下ろし。そしてそれ以外に短編として「とりとめのない恋の詩」「風の隙間」「あの箱庭」「かわいくないは正義!」が収録されていいます。

市川先生の短編をぎゅぎゅっと盛り込んだ1冊に、それはそれはもうドッタンバッタン萌え転がりました。あーやっぱり私、BLが好きなんだわと実感。

私はいつものように電子書籍で読みました。使い方も簡単でお手軽な電子書籍レンタ!を利用しました。

スロウデイズ

スロウデイズ

スロウデイズ



あーもーすげー好き!(帯より)


「スロウデイズ」では高校を卒業して一人暮らしを始めたキヨが、イノに合いカギを渡しているのに来ないことで悩んでぐるぐる。

だけどイノが酔っ払ったときに触りっこするけど、我にかえったら超赤面するとかかわいすぎる!

こういう、お互いにもう気持ちは認め合ってるんだけど相手に引かれないかとか、こんなこと考えてるのは自分だけじゃないかとか、いろいろ悩んでお互いぐるぐるしてるキヨとイノのピュアピュアなところが最高です。

どこまで進展するかなあ?と心配wしてまたが、やっぱりキヨとイノはまだまだ本番には至らないですね。じっくり時間をかけて、今度はお酒なしでピュアピュアHをするがいいよ。いつかまた見たいです市川先生。

「スターゲイザー」ではこれまたピュアピュアに、キヨが嫉妬して寝ているイノの首にkissするっていう安定のかわいらしさで。

もうキヨとイノはなにやってもピュアピュアでこっちが赤面します。最近萌えとキュンキュンがめっぽう足りない!悶えてないわ私!っていう方にはぜひお勧めします。

そしてこのままピュアピュアに浄化されたままかと思いきや、突然のエロ降臨!

「風の隙間」はエロとろR18に掲載されていた作品なので、ばっちりエロ補充もできます。

「風の隙間」は後輩×先輩もので痛いHでトラウマのようになったけど、それ以来後輩がなにもしてこないことにモダモダしはじめる先輩。

からのー!Sな後輩が言葉攻め。先輩は結局後ろでイッて「なんだよコレ・・・お前、俺になにしたの」とか言うからもうほんとありがとうございますありがとうございます!BLは永久に不滅です。

かと思いきや切なげなお話もありました。

「あの箱庭」では、学校で隠れて煙草を吸う2人が、2人の時間を大事に思っていて、だけど友達のまま離れていくという切ない話。最後の涙が切なかった。。。

短編集でこんなに満足できるとはさすが力のある作家さんです。スロウデイズはスロースターターの続編になるので、こっちを読んで気に入ったらスロウデイズもぜひお勧めです。

スロウデイズだけでも短編集として楽しめますが、やはり先にスロースターターを読んでからのほうがより萌え萌えゴロンゴロンできるかと思います。

市川けい先生のインタビューも掲載されています。色々もっさりしているとおっしゃる市川先生wなんか親近感がもてますね。

ご自身の掲載誌を直視できず光の速さでページをめくるとかもステキですwインタビューが気になる方はこちらをどうぞ。

市川けい先生のBL漫画や今後の野望についてのインタビューはこちら。

エロも書けるしピュアピュアも書ける、そしてちょっと切ない系も書けることが判明した市川けい先生。二次創作で活躍されていた作家さんなのでもうすでにだいぶ有名でしょうが次作もまた楽しみです。

切ないお話はそれはそれで余韻を残す感じがまたいいんですけど「あの箱庭」の2人は、5年後とかに再会してくれたりしても誰も文句は言いませんことよー!

そして今後はできればぜひドエロな感じのものももっと読みたいです。これ重要。エロもちゃんと美味しく書ける作家さんなので期待は高まります。

ちなみに今回の「スロウデイズ」の表紙は描き下ろしから続く表紙絵となっていて、そういう粋なはからいも素晴らしいですね。キャラクターへの愛を感じます。

スロウデイズ

スロウデイズ

スロウデイズ



「スロウデイズ」はその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。

【BookLive!】スロウデイズ

【ひかりTVブック】スロウデイズ

【コミックシーモア】スロウデイズ

【eBookJapan】スロウデイズ



スロースターター

スロースターター

スロースターター



市川けい先生の他BL漫画。





カラフルライン

カラフルライン

カラフルライン



ステップワン

ステップワン

ステップワン





市川けい先生のBL漫画一覧

市川けい先生のBLコミックスはその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に合わせてどうぞ。

【BookLive!】でBL漫画を探す

【ひかりTVブック】でBL漫画を探す

【コミックシーモア】でBL漫画を探す

【eBookJapan】でBL漫画を探す

 カテゴリ
 タグ
None

このBLがやばい2011年度BL漫画ランキング20 ネタバレ感想

このBLがやばい2011年度版 BLコミックランキング20

そろそろ、ああ懐かしいかも・・・っていうBLコミックもちらほら出てくるでしょうか。

毎年の楽しみになっている「このBLがやばい」のコミックランキング。2015を読んだら、どうにも気になる昔のランキング。

というわけで、復習復習。

このBLがやばい!2015年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2014年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2012年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2011年度版 ネタバレ感想 ←今ここ

このBLがやばい!2010年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2009年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2008年度版 ネタバレ感想 

ほんの数年前ですが、当時そういえばすっごく盛り上がったなあとか、萌えたわあとかいろんな感情を呼び起こされそうですね。

それでは2011年このBLがやばいコミックランキング20です。

» 記事の続きを読む

NightS ナイツ ヨネダコウ BLCD ネタバレ感想  小野友樹(唐島)×野島裕史(穂積) 穂積の余裕たっぷり受け演技がうますぎる・・・!

  •  投稿日:2015-01-23
  •  カテゴリ:NightS
NightS ナイツ ヨネダコウ BLCD ネタバレ感想です。

去年、「NightS」の続編として「NightS 或る夜」もレンタ!に入荷され、狂喜乱舞したのも記憶に新しいですね。

以下、ドラマCDのネタバレ感想になります。

NightS

NightS

NightS

[著]ヨネダコウ



ひとことでいうと、もう素晴らしい!


小野友樹(唐島) × 野島裕史(穂積、間崎)

このキャスティングだけでも、もう安心な感じがしますが、いやあ、ものっすごく良かった。思い出すとにやけるくらい、良かったです。

お2人とも、BLCD界においてすでに有名ですし、実力も申し分なしで、心配はしてなかったですが、それでも聞くまでは原作ぶち壊しになってないかとすこーしハラハラしながらだったんですが、なんのその。


CV野島裕史、すごい!


完っっっ全に、完全に!穂積そのものでした。ドン引きするくらい、野島氏の声がバシッとはまってたと思うのは私だけでしょうか?

穂積の、あの余裕。あの間。あの存在感。あの落ち着き。あの気だるさ。10歳下の唐島を、いつも余裕でかわしたりいなしたりするあの貫録。

個人的には「余裕たっぷりな受け」って、難しいなと思うんですよね。

よっぽどしっかりとキャラ設定しておかないと、うさんくさくなったり、Hが軽くなったりするような気がするんです。年齢が若すぎてもどうもしっくりこないし。

だがしかし。

ヨネダコウはやっぱり、ただ者ではなかった。

よくもまあ、こんなにも魅力的で「落ち着きのあるかっこよくて色気たっぷり艶たっぷりな余裕のある受け=穂積(間崎)38歳」を作り出してくれたなあと、ほんと尊敬します。

そしてそれを見事に音声にしてくれた 野島裕史(穂積、間崎)には、さすがのひとことです。

こういう難しい受けを、女々しくならずに包容力のある大人の男に演じられるのは、ほんと巧い声優さんなんだなと思います。

そして、まだまだ未知数な男として、粗削りで、間崎より10歳下の攻めの唐島も、 BLCD界の若手の王様に君臨しそうな勢いの小野友樹氏が熱演してくれました。この人もホントうまいですよね。

それにしても、やっぱり野島裕史の間崎は絶品ですよ。


「そういやらしい顔をするなよ。」


全然エロいシーンとかではなく、「金次第だ」というようなことをのたまう唐島に向かって、穂積が言った軽口なんですが、この言い方のさりげなさと艶やかさに、思わずリピートしましたよ、私。

こういうセリフに絶妙な軽さが出せると、ドラマCD全体に、ぐぐっと奥行きが出てきますね。

唐島から電話がかかってきて、出たときの「はい」も、このひとことだけで包容力をかんじさせる優しげな「はい」でね、もうほんと最高だわ、野島ボイスの穂積!

で、その電話のやりとりで、小野ボイスの唐島のセリフ。


「穂積さん、どこ住んでんの」


この言い方もすんばらしくかわいかった。前半の、ちょっと困ったみたいに笑いながら「穂積さん」後半の、まいったするから教えてよって感じの「どこ住んでんの」

小野友樹氏も負けてないですね。穂積に対しては必死な唐島の熱量と、暗い過去や生い立ちを背負った20代の男としての唐島を、見事演じきっていました。

そして野島氏による、唐島を逃したあとに唐島に向かって正体を明かしたときの穂積のセリフ。


「そう喜ぶなよ。照れるだろ」


この言い方のさり気ない感じも、大人の男を感じさせる余裕っぷりが伝わってきて、ほんと秀逸です。ほんとこのキャスティング考えた人、神だわ・・・。

そして、特に野島裕史氏の穂積にやられます。原作ファンも、そうではない人にもお勧め。ぜひ聴いてみてほしいです。

原作が気にいったら、ずぇええええったいに読んだほうがい続編。これ、同人誌として発売されてて、オークションで高値になっててずっと読めなかったんですよね。

それが満を持しての、レンタに入荷!待ってましたー!



ヨネダコウ先生の大大ヒットの他BL作品たち。今さらですが、この先生のBLコミックは全部ハズレなしです。











BL小説の挿絵も書かれています。

聖夜 −榎田尤利作品集−

聖夜 −榎田尤利作品集−

聖夜 −榎田尤利作品集−



いとしの悪党

いとしの悪党

いとしの悪党



狼と狐の夜

狼と狐の夜

狼と狐の夜



ヨネダコウ先生も、作家買いする人が多い作家だと思いますが、NightSはアングラものが苦手な人にでも、重すぎないからお勧めです。

「或る夜」のほうのラストが、ものすごく思わせぶりで、続編をにおわすような終わりかただったんですが。どうやらちまたの噂では、続編も期待できそうな感じのようです!

囀る鳥は羽ばたかない3も、近々動きがあいそうですし、今年もヨネダコウ作品には大いに期待してます。

ヨネダコウ先生のBL作品一覧はこちらから。

 カテゴリ
 タグ
None

このBLがやばい2012年度BL漫画ランキング20ネタバレ感想 ほとんど知ってる自分を褒めたい

このBLがやばい2012年度版 BLコミックランキング

なにごとも復習が大切だ。

というわけで、年末の恒例「このBLがやばい」の過去のコミックランキングを総復習してみましょう。懐かしのあの作品や、お気に入りのあの作品もベスト20入りしてるかも。まずはこれまでの入賞作をチェック!

このBLがやばい!2015年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2014年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2012年度版 ネタバレ感想 ←今ここ

このBLがやばい!2011年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2010年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2009年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2008年度版 ネタバレ感想 

» 記事の続きを読む

私がモテてどうすんだ 5巻 清く正しい腐女子の名言 「王子様のとなりには王子様」 

腐女子が主人公「私がモテてどうすんだ」5巻発売!

BL作家のぢゅん子先生の「私がモテてどうすんだ」5巻が発売されました。別冊フレンドの連載マンガなので、一応少女漫画というジャンルになるのかな。ただしヒロインが腐女子です。

正しくまっとうに(?)腐っていらっしゃるので、腐女子あるあるがすごい説得力。笑いながら読めます。5巻の入荷に合わせるように1巻がまるっと無料で読めるキャンペーンをやってます。迷ってる人はぜひ。



【あらすじ】

私は芹沼花依(せりぬま・かえ)。男の子同士が仲よくしているのを見たり妄想するのが大好きないわゆる腐女子♪ ある日、愛するアニメキャラが死んだショックで体重が激減。

すると、校内の4人の美男子からデートの誘いを受けちゃった!私とじゃ萌えないのに!まさかのモテ期でどうすんだ――!!?

「私がモテてどうすんだ」 ぢゅん子

もともと作家のぢゅん子先生はBLの世界の方なので、腐女子への理解はバッチリ。その力をあますところなく発揮され、清く正しい腐女子像をきちんと描写されていて、かなりツボです。

腐女子が読んでも納得できて、腐女子でない人には正しい腐女子像を伝えてくれる漫画だなあと思います。どっちの立場の人が読んでも、不快感を与えないって大事。

参考までに、私の感想はこちらをどうぞ。

試し読みはこちら。











ぢゅん子先生のBL作品はこちら。

コンビニくん。

コンビニくん。

コンビニくん。


キミノート

キミノート

キミノート



やっぱり花依は、誰かとくっついて終わるんでしょうかね。少女漫画なので、そうなるのかな。だとしたら、先輩が一番合うような気もしますが、果たして。

個人的には、ボーイズが無意識にラブ言動しているところを、花依が見て(or妄想して)萌え転がるっていうパターンを、もっともっと見たいんですけどね。

連載が少女漫画誌だから、やっぱり難しいでしょうか。

ぢゅん子先生のBL漫画一覧

 タグ
None

このBLがやばい2013年度版コミックランキングベスト20 ネタバレ感想 ボーイズラブも復習が大切です

このBLがやばい2013 総復習

腐女子たちの毎年の年末の楽しみ、このBLがやばい。ランキングといえば、過去のもやはり気になりますね。なりませんかね?私ですかね?w

まずは今どこにいるかと、過去のベスト20をちらっと確認。今後のBLライフの参考にでもなれば幸いです。

このBLがやばい!2015年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2014年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2013年度版 ネタバレ感想 ←今ここ

このBLがやばい!2012年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2011年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2010年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2009年度版 ネタバレ感想

このBLがやばい!2008年度版 ネタバレ感想 

電子貸本レンタ!で読むようになる前は切実に本棚問題が迫っていたので、そうじして出てきたときにブログに記憶しておけば、いつでも見られるじゃない!ってことで。

このBLがやばい2013度版コミックランキング、ベスト20の総復習です。

» 記事の続きを読む

憂鬱な朝 感想 日高ショーコ 暁人の執着となかなかデレない桂木がまた一興

憂鬱な朝(日高ショーコ)4巻入荷!

ようやくの電子化ですよ。

待ってた、待ってましたよー!

本棚がもういっぱいいっぱいという腐女子あるあるから、ずーっと紙媒体を買うのを我慢してたんですが、このたび電子書籍Renta!に4巻が入荷されまして、ほっくほくです。


憂鬱な朝 4

憂鬱な朝 4

憂鬱な朝 4

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

さあ恋におちたまえ 大和名瀬 感想 無料でBL漫画を読めます

無料でBL漫画を楽しみましょう!というわけで、大御所作家の完結ものBLコミックが1/19まで1巻まるっと無料で読めます。

大和名瀬先生、もう何十冊も出版されているし、長くご活躍の先生なので安心感がありますね。

レンタ!さんは毎週なにかしらBLコミックもBL以外のコミックも、1巻まるっと無料とか3巻まで無料とかをやってくれるので嬉しいです。気にいれば続きはそのまま借りられるのも便利ですね。



大和名瀬先生、もうBLコミック界では大御所クラスで絵の安定感たるやすごいです。

少女漫画っぽいといいましょうか、漫画絵に手抜きがない感じ。ちょっとごちゃごちゃしてるような気もしますが、これは慣れれば大丈夫。

ちなみにこの「さあ恋におちたまえ」は1巻の発売が2003年で10年以上前ですがすでに絵がきれい。10年前かあ。私、何してたっけ?なーんにもたいしたことしてないなあw

コメディの要素もおもしろくてクスッと笑えるし、ほろっとさせられるところもあり、かと思えばHシーンもけっこうしっかりしてて絵のきれいさだとかも含めてバランスのいい作品だと思います。

印象としては人の目が大きくて少女漫画っぽい絵で、BL初心者にもお勧めできるかと。イロモノではないので万人受けしやすいかもしれません。

ボンボンのくさいセリフだとかに悶絶しがちですが、こういう金持ちはどこか浮世離れしてるものだと思えばねw

家族ネタもあったり子供も出てくるのですが、そういうファミリー要素が出てくるのが嫌じゃない人にもおすすめです。

基本的には金持ち×庶民の組み合わせなんですが、ザ王道って感じで、3巻なのも読みやすいですね。坂下家いいなー。双子ちゃんもかわいい。

家族愛がなかなかいいスパイスになっています。攻め受けの、まわりの人のキャラがしっかりしてるのも作品を盛り上げてます。

1巻まるっと無料のキャンペーンを読むには電子貸本Renta!で会員登録が必要です。(無料)

電子貸本レンタ!の会員登録など「初めてご利用の方へ」はこちらをチェック。

ちなみに大和名瀬先生は、ひきこもりがちで根っからの腐女子だそうでwわお、気が合いそうwwますます先生を応援したくなりました!インタビューも気になる人はぜひどうぞ。

根っから腐女子という大和名瀬先生のインタビューはこちら

先生の他作品はこちら。もういっぱい出版されているのでとても全部は紹介できませんが一部のみ。







ちんつぶ1

ちんつぶ1

ちんつぶ1





となりにケダモノ

となりにケダモノ

となりにケダモノ





作家買いする人も多いくらいファンのついてる先生なので、とりあえず1巻だけでもって感じで入ってどんどんハマる。。。っていうのも腐女子あるあるです。

大和名瀬先生のBL漫画一覧

大和名瀬先生の漫画はその他各電子書籍サイトでも発売されています。ご利用の状況に応じてどうぞ。

【BookLive!】でBL漫画を探す

【ひかりTVブック】でBL漫画を探す

【コミックシーモア】でBL漫画を探す

【eBookJapan】でBL漫画を探す

 タグ
None

世界一初恋11巻ネタバレ感想 小野寺律の場合20 エメラルド冬の号 律ちゃん初めての!?

エメラルド冬の号 世界一初恋ネタバレ感想です。

前回の夏の号が、高野さんが待たされすぎて不憫な「律ちゃんが恋に落ちるまであと80日」だったんですが、さて今回はどれくらい進んだでしょうか?

発売が月刊誌じゃなくて季刊誌なので、読者のほうも高野さんばりに待たされる感がハンパないですね。でも楽しいw

参考までにこちらの感想もどうぞ。

世界一初恋小野寺律場合19 ネタバレ感想

世界一初恋小野寺律場合20 ネタバレ感想 ←今ココ

世界一初恋小野寺律場合21 ネタバレ感想

世界一初恋小野寺律場合22 ネタバレ感想

エメラルド冬の号もまた豪華でした!中村春菊先生あーざーっす。

» 記事の続きを読む

Copyright © 腐女子OLがBLアニメBL漫画BLCDの感想と評価をするブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます